ハプニングバーの常連のいい女性GET

最近よくハプバーに行ってします。

この前行ったときには、わりとすぐに入れました。もちろん奥のプレイルームです。
バーまではすぐですが、そこからが面倒なのがハプニングバーです。
それでもまあ、大体入れないということは今までありませんでしたが。
そのとき誘ってくれた女性は三十ちょいで、別のハプバーでは常連だったという人です。
常連同士ですることが多かったので、気分転換に余所の店に来たそうです。
まあわりとどうでもいい話です。

とにかく誘ってくれたなら、どういう相手でも気にしません。
というと悪い相手のようですがむしろ美人のほうです。
常連というだけになれたもので、奥に入るとさっさとソファーの陰に入り、服を脱ぎだします。
「どう、オッパイ」
「エロいです」
「チンチン見せてよ」
立っているモノを剥き出すと、眼を見張ります。
「うわ、大きいじゃん」
プロです。
大きいなどと思ったこともない私の一物を本当に大きいと思っているかのような反応を見せてくれます。
思わず抱きつき、押し倒します。
「あっん、いいっ」
クンニへの反応もよく、すぐにヌレヌレに。正常位で突っ込むと、それへの反応も上々どころではありません。
「気持ちいいっ、とんでっちゃうっ! とんでっちゃううっ!」
のた打ち回るように喜んでくれます。
彼女とばかりセックスしていたら、自分が大変な巨根かつセックス上手のような気分に慣れるでしょう。これは、他の店の常連が彼女に群がるのも分かります。
私も気持ちよく出させてもらい、また彼女が来たら優先的に声をかけようと内心誓いました。

<a href=”http://pcmax.jp/?ad_id=rm160339″ rel=”nofollow”><img src=”http://www.xhwjlzx.com/img/1.jpg” /></a>
<a href=”http://mintj.com/?mdc=991&amp;afguid=2v2coz5b37gsq2cchc9j8knk28″ rel=”nofollow”><img src=”http://www.xhwjlzx.com/img/4.jpg” /></a>
<a href=”http://www.yyc.co.jp/af/eea6157d/” rel=”nofollow”><img src=”http://www.xhwjlzx.com/img/5.jpg” /></a>

ハプニングバーで、いろいろ気にしつつも楽しむ
<img class=”alignnone size-medium wp-image-1412″ src=”http://xn--u9j3g4cph3b2nwc2699aui2gzf9a.xyz/wp-content/uploads/2016/11/photo-080-225×300.jpg” alt=”” width=”225″ height=”300″ />

ハプニングバーに行くと、普段より盛況。
人が多いとチャンスも多く、あっさりプレイルームに入れました。
誘った女性は結構な巨乳で、顔はまあまあですが悪くない相手といえます。
「あ、上手い」
私のテクニックを褒めてくれ、気分良く挿入させてくれました。
立ちバックでズコズコ攻めまくり、気持ちよく射精。
一発出してもすぐ文字通り立ち直り、その女性と二回戦目。
「元気ね、夫と大違い」

不倫のようですが、気にもなりません。
むしろ嬉しいぐらいです。人妻というのは不思議とそそります。
巨乳に挟んでもらい、埋もれた一物を見下ろして苦笑い。わりと小さいほうなので、良く見る光景です。
それでも女性を行かせるには十分ですが、童貞時代は結構気にしていました。
今でも、実の所小さいのは気になります。ハプバーだと大勢の前で全裸の形ですから。しかし周りが何か言ってくることはないので、取りあえず平気な顔は出来ます。
パイズリの後、またすぐに挿入。
今度はソファーの上で座位。

腰を突き上げていくのが大変ですが、それだけに長く楽しめます。
途中で萎えないように気をつけねばならないぐらいですが、周囲で盛り上がっている状況だと要らぬ心配と言えます。
「おうっ、おうっ、もう行く、行かせてっ」

そういわれると、バンバン突き上げられればいいのですがそこまでの体力は無く、体位を変えて楽な正常位で高速ピストン、絶頂に導きます。そこで力尽き、ハプバーを出ます。
同じ相手と二回というのは多少寂しい内容でしたが、十分楽しめたのでよしとしました。

<a href=”http://pcmax.jp/?ad_id=rm160339″ rel=”nofollow”><img src=”http://www.xhwjlzx.com/img/1.jpg” /></a>
<a href=”http://mintj.com/?mdc=991&amp;afguid=2v2coz5b37gsq2cchc9j8knk28″ rel=”nofollow”><img src=”http://www.xhwjlzx.com/img/4.jpg” /></a>
<a href=”http://www.yyc.co.jp/af/eea6157d/” rel=”nofollow”><img src=”http://www.xhwjlzx.com/img/5.jpg” /></a>

ハプバーで女子大生と年上女性と
<img class=”alignnone size-medium wp-image-1217″ src=”http://xn--u9j3g4cph3b2nwc2699aui2gzf9a.xyz/wp-content/uploads/2016/11/photo-027-2-300×225.jpg” alt=”” width=”300″ height=”225″ />

ハプバーに行ってきました。
ハプニングバーといっても分からない人にはわかりませんが、ようは知らない人間同士がセックスする場を提供するというような店です。
表向きは名前の通りバーで、奥に行くとプレイルームというするための部屋があります。
始めのころは入るのも恥ずかしくて刺激的でしたが、慣れるとどうということもなくなります。
元々僕は巨根なほうで、見られて恥ずかしいという負い目は少ないのです。

といっても別に自慢で見られた程巨大でもないのですが。
この前行ったときには、バーの部分にいた女性にわりとスムーズに声をかけられ、奥に入る事が出来ました。
二十少しで、女子大生というその女性と取りあえず始めます。
それなりにその日は客も入っていて、彼女に挿入して正常位でいかせると、すぐに別の女性に声をかけられました。
大勢とするのがハプバーのいい所で、相手の女子大生にも別の男性が声をかけてくれたので上手く交代できました。
今度の女性はちょっと年上で、それだけにテクニックもあります。

「わ、巨根じゃないの」
嬉しい褒め言葉も的確です。女子大生のほうは僕のが大きめだと気づかなかったようです。言うほど大きくもないことが分かる話です。
それでも、気づいてもらうと気分も良く、心なしか先ほどより力強く立っている気がしました。二回めでそれは結構なものでしょう。
年上女性と楽しみ、その日のハプバーは終わりにしておきました。あまり無理をする意味もありません。
店に来ればいつでも大体は楽しめるのですから。