ハプニングバーはよくあるタイプ

ハプニングバーはよくあるタイプ

三十七歳男です。私がいくハプニングバーはよくあるタイプで、男性一人の客は結構入場に高い金を取られます。
それでも行く価値があると思うのでわりと通っています。
木曜の昼間になじみの店に入ります。
表は普通のバーで、奥がプレイルーム。単身の男は誘われないと入れない規則です。
ですが大体は、誘ってもらえます。
太り気味でぱっとしない見た目ですが、それが絶倫そう、溜まってそう、と見られ、やり目的の女性にとっては期待が持てる雰囲気だそうです。
その日も主婦だという常連女性に声を掛けてもらい、プレイルーム入り。
中はいくつもソファーが並んでいて、喫茶店の雰囲気もありますが窓がありません。もともとあったのを壁で塞いだのでしょう。
とりあえず近くのソファーに座り、その奥さんと体を密着させます。
「デカ金に溜まってるんでしょ。全部私がもらうわ」
股間を下からもみあげてくる奥さん。笑って相手の股間に手をやります。スカートの下に手を入れるともう濡れ始めていて、よほど欲求不満らしいと伝わってきます。
こちらも、ジッパーを下げられて薄暗い中でぬらりと光る一物が剥き出しになります。
「うれしい、もうできるじゃない」
「じゃあ入れましょうか。薬はいつも通りでしょ」
「飲んでるけどまだ無理よ。旦那のならいけるけど、これはぶっといから。濡らして」
望むところと手マン。十分濡らしたら、いったん立ち上がってズボンを下ろし、下を脱いで再び座ります。もどかしげに奥さんが上半身を私の上に預け、もぞもぞと挿入準備。
腰を下ろし、お互いほとんど服を着たまま合体。
近くを通る奥さんの友人が、また私を銜え込んでいると囃し立てます。
「今日は私が一人で呼んできたんだから、独り占めよ」
そういって、奥さんは腰を動かします。
宣言どおり、その日は数度出しましたがすべて彼女の中になりました。



ハプニングバーへ行くチャンスがきた


1年前にハプニングバーの話を聞いた時に、行って見たい~と内心思いましたが、その話題になったのがママ友達とでしたので、なかなか行きたいとは堂々と言えない自分がいたのです。

そのまま自分の中でハプニングバーが気になったままでしたが、勿論普通の人妻が1人で行けるわけはありません。

しかし、ひょんな事からハプニングバーへ行くチャンスがきたのです。

それは子供の学校のバザーを一緒にやる係りになったママさんとの出会いでした。

彼女は少し周りには敬遠されがちの元ヤンキー系のママさんです。でも一緒に丸2日間行動をしているうちに、ざっくばらんで良い人という印象を受けたので、それから親しくなりました。

彼女は×1で今はシングルですが、実家が近くにあるようなので、比較的生活も時間も貧窮しておらず、たまに2人で飲みに行く様にもなりました。

何でも話せる友人となったので、思わずハプニングバーのことを話してみました。

びっくりなのが、元旦那さんと行ったこともあるそうで、面白いよ!行ってみる?と言われたのです。

思わず、いくいくいくーと行ってしまい、それから数日後にとうとうハプニングバーデビューをしたのです。

彼女の話では、男性が誘ってきたら、カップル席でいちゃつくのもよし、気が合えば別室でするものよしと言われました。

初めて行くハプニングバーはとても刺激的でしたが、2人組のサラリーマンが誘ってくれましたが、なんせ初回なので少し控え目に!4人で飲んでお互いボディタッチして楽しみました。

次回は別室へ行くのもありかなと思いました。またママ友と2人で行く約束もしています。



ハプニングバーに彼女を連れて行ってみた


彼女の性欲は強すぎるので、僕のテクニックでは満足させられません。

お互い好きではあるのですが夜のセックスだけは納得いかないようです。それなら仕事のストレス発散のために内緒で通っていたハプバーに彼女を連れて行ってみようと思いました。普段から性的な刺激を求めている彼女は、お店に入るなら笑顔で楽しそうにしています。凄いお店だよねと言いながら裸の男性のチンコをガン見したり、奥の部屋でやっているカップルを見て興奮しているようです。お酒も入って来たので、彼女にみんなにオナニーでも見せてみたら?と冗談で言ってみると、奥のソファにM字開脚になり出します。するとどこからともなく男女問わず人が集まりだし、彼女の周りに群がります。興奮したのか彼女はオナニーをし始めました。凄い根性だなと感心しながらも自分の彼女が色んな人からオナニー鑑賞されている姿を見て、後ろの方で勃起してしまいます。見ている男性が途中から手伝いをし始めて、彼女のマンコに指を入れ始めました。それで感じ始めた彼女は大きな喘ぎ声を出して潮吹きまで披露しています。

知らない男にセックスをせがまれましたが、そこは僕に気を使ってくれたのか彼氏がいるから無理と僕の所へ全裸で戻って来ます。かなりすっきりしたような笑顔です。そこで家に帰り彼女の火照った体を一生懸命慰めてあげました。その日は僕もう興奮していたのでいつも以上に激しく腰を動かして、彼女も気持ち良さそうに腰を動かします。お互いにいい刺激になって良かったともいます。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!