ハプニングバーは彼女と楽しむ

ハプニングバーは彼女と楽しむ

私と彼女が最近ハマっているのは、ハプニングバーに行くこと。
お互いにほかの人とセックスをしているところを見るとすごく興奮してしまいます。
それ以来、定期的に通うようになったのです。

この日もハプニングバー平気、最初は軽くお酒を楽しんでいました。

すると、私たちと同じようにカップルでやってきた人がいました。
その人たちと仲良くなり、いろいろと話していると、何と私たちと同じように、ほかの人とセックスをしているところを見るのがすごく興奮すると言うのです。

息が合った私たちは、お互いのパートナーを入れ替えてエッチをすることにしました。

私は相手の彼女とエッチをすることに。
自分の彼女とは違いすごく巨乳な女の子です。
でも、乳首の感度は彼女のほうがいいかもしれないとおもいました。

彼女は相手の彼に抱かれながらすごく喘いでます。
そんな彼女を見て興奮し、一気に元気になってしまいました。
そして、フェラをしてもらうと、驚きのフェラテクに興奮し、いっきにフィニッシュしてしまいました。

自分の彼女とはまた違う魅力を秘めていて、すごく興奮しました。
そして、中に挿入し、激しくセックスを楽しむのでした。

お互いにすごく興奮し、盛り上がり、セックスの後もみんなで意気投合し、この日も楽しい時間を過ごすことができました。

また彼らと会ったらセックスを楽しみたいと思っています。
やはり、ほかの男に抱かれて感じている彼女を見ると興奮してしまいます。



ハプニングバーでセックス三昧


妻のことはすごく愛しているのですが、子供ができてからは毎日エッチをすることができなくなり、すごく欲求がたまってしまいました。

そんなある日、友人からハプニングバーの話を聞き、私はすごく気になってしまいました。
出会ってすぐにセックスすることができる場所があるなんてすごく気になります。

初めてでしたが私は行ってみることにしたのです。

私が行ったハプニングバーは明るい雰囲気の場所でした。
カウンターはいたって普通なカンジ。
しかし、奥にドアがあり、そこにはいると、すごくピンクの世界が広がっていたのです。

至る所から女性の喘ぎ声が聞こえます。
あまりのすごさに圧倒された私はカウンターに座って飲みなおすことにしました。

すると今度は私の隣に巨乳の女性がやってきます。

ぽっちゃりな女性ですが、全体的にグラマラスでエロかったです。
会話を楽しみながらも、視線はすごくおっぱいに釘付けになっていたのです。
すると、彼女は微笑みながら、私の手を自分の胸に当ててきます。

私のモノはもう興奮状態。
彼女から誘われるがままにプレイルームへと入り、激しくおっぱいを揉み、硬いモノを彼女の中で思い切り楽しむのでした。
この日以来、ハプニングバーへ行くといろいろな女性とセックスを楽しむようになりました。

彼女とも、セフレの関係になり、ハプニングバー以外でもセックスを楽しむようになりました。

ハプニングバーすごく最高です。
妻には悪いですが、やめられません。



ハプニングバー 40歳で、、、


僕は、40歳になり、今まで行ってみたくて、行ったことのなかった
ハプニングバーへ行って来ました。
ちょっと気合を入れて行きましたが、結果、
大満足でした。
ドキドキしながら、ハプニングバーのドアを開きました。
そこには、裸まがいの男女が談笑していました。
僕は、まず、カウンターに向かいました。
一人、まず店内の雰囲気に慣れる事にしました。
近くに、一人の男性がいたため、女性がいるより気を使わずにすみました。
まずは、裸まがいの女性に目をやるのに、せいいっぱいでした。
緊張している様子が分かったのか、近くにいた男性は僕に声をかけてくれました。
ここ、初めて?ハプニングバーへは来たことあるか?
と聞かれました。
ハプニングバー自体、初めてと答えました。
そうか。まあ、ゆっくり楽しんでいくといいよ。と言われました。
そして、気に入った女性のとこに話にいくのもいいし、向こうからやってきたりもするし。と言われました。
そして、その男と話している間に、緊張がほどけてきました。
その後、二人組の女性が僕達のところへやってきました。
僕と話していた男がウィンクをしてきました。
なあ。こんな具合だとでもいう感じでした。
その二人は、かなり若く、綺麗系でした。
僕と、話していた男、それぞれ一人づついい感じになりました。
そして、ソファー席へ僕と一人の女が、僕と話していた男ともう一人の女が移動しました。
僕の緊張はどこへやら、この女といちゃいちゃし、
だんだん過激になっていき、セックスまでいっちゃいました。