ハプニングバーは思い立ったら即出陣。

26歳会社員、しばらく彼女いなくて刺激を求めていた。
ふと、俺は「ハプニングバー」にいってみようと思ったんだ。

初心者だが、経験としていっときたいのもあるし、なにか未知の世界が開かれるかもと思ったのもあった。

しかし一人で乗り込むのはなかなか勇気がいるものだ。
自分を奮い立たせいざ出陣。

店に入り、受付を済ますとカウンター席についた。
まだ客はあまりいないようだ。

1人で酒をのんでいると、パンツ一枚、局部は丸出しの男が俺のそばにやってきた。
局部にはローターらしきものをつけている。

変態きたあ!!
心の中で叫び、面白い展開になってきそうでわくわくした(笑)

少し話をしていると、彼は一人でするのが趣味らしい。
変態でどんなやつかと思いきや、普段はごく普通のサラリーマンで、ここにはたまに気晴らしに来ているということだ。

そいつと話しているとついに、お待ちかねの女子がやってきて、俺たちの横に座った。
彼氏と待ち合わせしているようだった。

局部丸出し男は、なんどかその女と会ったことがあるらしく、自然に俺も輪に入ることができた。
その女の彼氏は、自分の彼女を寝取られたりするのが好きなやつらしい。

ってことで、丸出し男は少しすると彼女とハグしたり、でかいおっぱいを服の上から揉み始めた。
俺の興奮はやばかった。
こんなことが許されるこの店は天国だな。(笑)

流れで俺も彼女に触れることができ、ついには彼女のおっぱいを生で揉みまくることができた。
歴代彼女でこれほどの巨乳はいなかったので、最高の体験だった。

彼氏が来るまでだったので、これ以上はできなかったが、初回にしては満足だった。
二回目は誰かと最後までやれると期待している!



ハプニングバーのエッチにドキドキしてしまい・・・。

当時私は付き合っていた彼氏と別れたばかりで、気持ちが沈んでいました。
それも、別れた原因と言うのが彼氏の浮気。
付き合った初めの頃は、デートの度にエッチを欠かさなかったのに、ここ数ヶ月はそれもマンネリ気味でした。
そんな矢先に彼が他の女の子と一緒に出掛けたり、一緒にホテルに行ったなんていう事実が発覚して別れました。
私って、女としての魅力がないのかな・・・と不安に思った私は、大学のサークルが一緒だったAくんに失恋の傷を癒してもらおうと一緒に呑んでいました。
そこでかなり酔っぱらってしまった私は、Aくんにあろうことか元カレとのエッチの話をしてしまいました。
それも、かなり詳しく・・・ちょっとアブノーマルのプレイをしてしまったことまで。
私が、実はすごくエッチなことを知ったAくんは、『ハプニングバー』に行かないか?と言ってきました。
Aくんは、前から興味があったけれど一緒に行ってくれる相手がいなかったこと、ハプニングバーではエッチな遊びをしたい人がたくさんいて、そういう人たちのことを見ているだけでも面白いということを教えてくれました。
そんなお店に行ったことがなかった私は、少し悩んでしまいましたが・・・でも、女としての魅力を確かめたい好奇心に負けて一緒に行くことに。

薄暗い店内では数人の男女が、エッチなことをしていました。
奥に座っている女の人はもう服を着ていなくて、隣にいる男性に胸を揉まれています。
よく見ると、女の人は普通に椅子に座っているのではなく、男性の上に跨って座っているようでした。
遠目からは本当にシているのかは分からなかったのですが、女の人の気持ちよさそうな声が響き渡っています。

それを見た私は、はじめて見る他人のエッチにドキドキしてしまい、一気に興奮してしまいました。
元カレとは何か月もエッチしていませんせでしたし、ふと隣を見ると一緒に来たAくんの股間が大きくなっているのが分かりました。
私がそれを意識したのに気付いたAくんは空いている席に私を誘導すると、早速胸を揉んできます。
粗っぽいその行動に下半身の力が抜けてくるのが分かります。
ああ、このままAくんとエッチしちゃうんだろうなぁ・・・と思っていたら、周りにいた男の人や女の人まで、私の体を触り始めました。
驚きましたが不思議と嫌な感じはせず、私はそのまま気持ちよさに身を委ねていきました。

久しぶりのエッチな体験でしたが、私はまだまだ女として魅力的なんだな、と自信が持てました。
Aくんとは、また一緒にハプニングバーに行く約束をしています。



ハプニングバーは体験する価値がある。

ハプニングバーと言うネーミングを初めて聞いた時は、なに?なんのころ?ハプニングだなんて怖い場所?
な~んて思ってしまいました。

そのネーミングがとっても気になり、自分なりにハプニングバーを掘り下げてみました。
すると、かなりエッチな体験が出来る合法的な場所である事を知ってからは、私の中でハプニングバーが気になり仕方がありませんでした。

幸い、私の自宅は都内にある事から、行こうと思えばいつもで行ける距離である事から、いつかチャンスがあれば行ってみたい、いや絶対に行こうと思う気持が募りました。
そしてその事を思い続けてから約半年でハプニングバーデビューをしたのです。

密かにハプニングバーのHPを見つけて、そこの様子を見ていました。するとレディスデーがあったり、女性にお得な日がある事も分かり、一人でハプニングバーを訪れる人もいることが分かりました。
私のお店へ送れるメッセ欄から1人で入店可能か?確認をしたら、全然問題がないとのことなので、遂にハプニングバーデビューを果たしました。

当日はちょっと張り切ってメイクを濃い目にしてセクシー系のワンピを着ていきました。
お店の人の計らいで孤独感もなく、ちょっとドキドキ体験もさせてもらつつ2時間程満喫しました。

その日は紹介してもらった男性客(2人)と少しエッチな会話をして、周りで気持ちよくなっているダブルカップルをまじかで見させてもらいって、失礼しました。
また次回も1人参加する予定です。