ハプニングバーは最高です

ハプニングバーという言葉を聞いたことのある方々も少なくはないでしょう。
ハプニングバーという場所は、知り合いの方や初めて会った人とのハプニングを期待し、たくさん刺激のあることをする場所ですよね。
恋人や知り合いと行くのもいいですし、一人でハプニングバーへ出向くのもいいかもしれません。
ハプニングバーでは様々なことを体験できますし、おそらく興味のある人も多いのではないでしょうか。
私は過去に数回ハプニングバーへ行きましたし、現在も利用していますが、やっぱり、ハプニングバーは最高です。

それは、過激な趣味を持つ人もたくさん来ているので、これまでに経験できなかったエロ体験をすることもできるのです。
私は初めてハプニングバーへ行ったときは、キャバ嬢たちとかなり乱れ合いましたね。
クン二や拘束をしたり、縄で縛ったりと何でもアリでした。
すごく興奮しましたし、忘れられないです。
普段、性欲をなかなか解消できないという男性であれば、ぜひハプニングバーで女性たちと乱れちゃいましょう。

電マやローターで女性をガンガン責めるのもいいですし、反対に女子から濃厚に責められるのも面白いのではないでしょうか。
コスプレプレイなども可能ですし、ハプニングバー内でたくさん興奮してください。
女性のエロい格好を見てムラムラしない男はいないですよね?
思いっきりハプバーでエロエロなことをして、日頃の性欲を思う存分解消してください。
ハプニングバーはすごく楽しい場所なのでおすすめですよ。



ハプニングバーの存在を知る

私は最近友人からセフレができたことを知らされるのでした。
すごくうらやましく思った私は。友人にどうやってセフレを作ったのかを聞いてみたのです。
すると、友人はセフレをハプニングバーで作ったといいます。

私は、そのとき初めてハプニングバーの存在を知るのでした。
友人から「一緒に行ってみる?」と言われ、行ってみることになったのでした。

初めてのハプニングバーですごく緊張しましたが、友人は常連になっているようでもう手馴れたものでした。

店内に入ると、さっそく乱れた雰囲気が立ち込めていました。
普通にお酒や軽食を摂っている人もいましたが、さらに奥に入ってみるとセックスをしている人もいました。

いろいろな人がいろいろな人とセックスをしていて、周りは乱交状態になっていました。
気がつけば友人も、セフレの女の子とセックスをしていました。

私は一人ぼっちになってしまい、なれない空間にどうしていいか分からなくなっていました。
とりあえず、カウンターでお酒を飲んでいると、一人の女性から話しかけられました。

彼女は常連の人らしく、少し雑談をした後、私のズボンに手を伸ばし、ズボンを下げてきました。
私は彼女にやることを止めることをせず、興奮しながらもされたい放題にフェラをされ、気持ちよくなっていました。

どんなハプニングが起こるかわからないのがハプニングバー。
その後は彼女が許す限りいろいろなことをやりたい放題に楽しみました。

エッチをしてお互いに絶頂し、彼女はすごく満足してくれました。
その後にはお互いに連絡先を交換し、セフレになったのでした。



ハプニングバーでであったぽっちゃり女子

私は、どちらかというと、細身な女の子がタイプでした。
ハプニングバーに行くと、セックスをする相手はどちらかというと細身な女の子とのセックスがほとんどだといってもいいくらいです。

しかし、今回私がハプニングバーで出会った女の子はぽっちゃりな女の子でした。

彼女のほうから話しかけてきて、私は最初は余り興味を示さずに雑談をしていました。
しかし、彼女と過ごす時間が長くなるほどに、どんどん彼女が魅力的に見えるのでした。

やわらかそうな大きなおっぱいを見てすごく興奮してしまった私は、だんだんアソコを固くしていくのでした。
私は彼女に、「すごくいい体つきだね。大きくなってきたよ」というと、彼女はニヤッとしながら私に「私が欲しいの?」といってきます。
これはお誘いだと思った私は「ほしいよ」といい、その場で彼女にキスをするのでした。

彼女と場所をかえ、セックスを始めます。
周りではいろいろな女性のあえぐ声が聞こえてきてすごく興奮する空間でした。
そんな空間の中で彼女のおっぱいに吸い付き、念入りに乳首を堪能し、彼女もだんだんあえぎ声が大きくなっていきました。

私はその先までしたくなり、彼女のアソコを思い切り愛撫し、びちょびちょになったアソコに挿入しました。
彼女の中はすごく締りがよく、私たちはお互いに感じながら最後には同時フィニッシュをするのでした。

むっちりとした女の子がこんなにもやわらかくて気持ちいなんて、このとき私は初めて、ぽっちゃりさんの魅力に気づくのでした。