ハプニングバーは東京旅行で

ハプニングバーは東京旅行で

以前からどうしても行ってみたかった、ハプニングバーで念願叶って行って来ました。

私がハプニングバーを知ったのは、東京へ転勤で行った女友達から話からでした。
彼女とは男歴の多さから共感を得て親しくなった、同僚でした。
下ネタや男とはどんなエッチをしているかなど気兼ねなく話せる、数少ない関係の友人でしたので、東京でハプニングバーへ行ったよーのラインをもらった時は羨ましくて仕方ありませんでした。

私も東京へ行ったら必ず行きたい!そんな風にいつもいつも友人のラインや電話で話していました。

先月、久々に東京へ仕事で行けることが出来たのです、勿論東京へ主張が決まった時は真っ先に友人に連絡をしてハプニングバーへ連れて行ってねと伝えました。

当日は仕事をとっとと済ませて、20時に彼女と待ち合わせ!一番ハプニングバーが賑わってくる時間だと言われて、期待感アップ。
友人は今やハプニングバーの常連さん。

中へもスムーズに入店できて、ドリンクを受け取りカウンター席で待機!
彼女が遊んでみる?と聞いてきましたが、正直びびりました。

カウンターには同じく常連さんの男性やカップル席にはカップル2組がいました(レースのカーテン越しにチラチラ見えました)

その後、置くのブースからは満たされた中年女性が出てきて、こちらににっこりと挨拶。

私と彼女はスタッフさんと談笑!その日はハプニングバーの様子を見て楽しんだだけですが、転勤願いを私は出しているので、もし東京に住めることが叶えば、絶対に通うと心に決めました。

人生のハプニングバーではちょっと雰囲気に飲まれてびびりましたが、次は積極的に行きたいなと思ってます。



ハプニングバーはお昼でも凄く盛り上がれます


私がハプニングバーに行くときは、夜に行く事が多いのですが、最近は昼間にハプニングバーにいってみました。
昼間でもハプニングバーはやっていて、夜ほど人はいませんがそれなりに盛り上がっていました。

ハプニングバーに来ている女性のほとんどが人妻で、ご主人とのセックスだけでは物足りないと言う人が多かったです。
人妻の方のハプニングバーにいる時間帯はそんなに長くはないので、エッチをしようといえば、エッチをするまでにそれほど時間はかかりません。

下ネタを話しながら太ももを触ればあっという間にイチコロです。
欲求不満な人妻からはものすごくエロく感じさせられます。

奥の部屋に行けば、次々と人妻の女性が私に群がってきます。
2人同時に私のモノをフェラしたりおもちゃを使って女性たちを絶頂させたりと、凄く興奮しました。

そして、その中から私は2人の女性のナカで気持ちよく絶頂しました。

一人目は、立ちバックで周りのギャラリーに見せ付けるように交わりました。
そして、彼女も恥ずかしそうではありましたが、オープンに喘いでくれました。
しまりもよく、私の高速ピストンで、何度も喘ぎ、乱れ狂っていました。

もう一人の女性は、おもちゃが大好きな人で、後ろの穴におもちゃを突っ込みながら正常位でピストンをしました。

2人とも凄く開放的に乱れ狂い、セックスが終わった後は凄くすっきりとした顔をしていました。

昼顔妻の性欲処理にはすごくぴったりなのかもしれないと思ってしまいました。



ハプニングバーで黒ギャル女子を・・・


先日、ハプニングバーで、黒ギャルの女の子とセックスをしました。
普段は色白の女の子とセックスをすることが多いのですが、この日はたまたま黒ギャルの女の子と意気投合し、セックスをすることになったのです。

正直、白い女の子とセックスをした時よりすごくエロさを感じました。

カウンターで、お酒を飲んでいていると、ギャルの女の子が私に話しかけてきたのです。
最初はあまり興味がなかったのですが、彼女の気さくな笑顔に私は気を許してしまいました。

そして、会話をしていると、凄く楽しく、意気投合したのです。
黒ギャルの女の子は私の中では凄くさめた感じでとっつきにくい印象がありましたが、彼女は違ったのです。
でも、凄く欲求がたまっているようなのか、エッチな会話になると、さらにテンションがあがりました。

私は少し彼女に期待して「エッチしたいな」と言うと、彼女も凄く待っていたかのようにうなづき、エッチが始まるのでした。

彼女は凄く巨乳で、お肌も綺麗な人でした。
下着からはぽろっとおっぱいが零れ落ちています。
おっぱいには凄くボリュームがあるのですが、後かはしっかりとしまっているのです。

早速おっぱいにしゃぶりつくと、彼女は凄くエロい声で喘ぎます。
おっぱいを刺激しただけなのに、凄く感度がいいのか、喘ぎ声だけでもすごくエロく感じました。

フェラも凄く強烈に上手く、彼女はテクニシャンのようでした。

立ちバックで挿入し、思い切り突き上げ、彼女は今までよりもさらにエッチな声で興奮しました。
調子に乗った私はその状態で思い切りピストンを繰り返しました。
高速ピストンに彼女も大興奮。
さらに興奮した彼女は数分でイってしまうのでした。