ハプニングバーへぽっちゃり彼女と一緒に

ハプニングバーへぽっちゃり彼女と一緒に
同棲している彼女と最近ハプニングバーに行ってきました。
私の彼女は自慢の体型をしていると思っています。

ちょっとぽっちゃりではありますが、ウエストのくびれはあり、おっぱいもすごく大きいです。
大きすぎないところも魅力だと思っています。
そんな彼女との関係は良好で、定期的にセックスも楽しんでいます。

しかし、最近彼女には物足りないカンジがあったのでした。

私は彼女には言えない願望を抱いていることに薄々気づき始めていたのでした。

彼女がほかの男に抱かれてアンアン感じているところを見てみたい。
そんな思いが私にはあったのです。
しかし、それを彼女に言うことができませんでした。

それでも、願望をかなえるために、私は彼女と一緒にハプニングバーに行ったのです。

最初はハプニングバーの店内に困惑していた彼女でしたが、私は彼女に沢山お酒を飲ませるのでした。
酔いが回ってきた彼女はお店の雰囲気にも慣れてきたのか、ほかの男性にもオープンなカンジでいました。

彼女がほかの男性に連れられてセックスをせまられていたとき、私のほうを見ていましたが、私はここで「どうしたい?」と問いかけてしまったのです。
「このまま1度だけしてもいい?」と聞いてくる彼女。
その表情にも興奮し、私は彼女がほかの男からエッチをされているのを見物することができたのです。
そして、興奮が収まらなくなり、最後には私の元気MAXになっているモノを彼女の中に挿入して楽しんだのでした。

ハプニングバー 友人に誘われて訪れたら


友人からすごく気になるところがあると言われて一緒に行こうと誘われました。

どこだろうと思いながらも私も友人と一緒にそのお店へと向かったのです。

すると、お店に入ってみるとだんだん怪しい雰囲気がしました。

中に入ってみると、いたって普通のバーカウンターのようでしたが、来ている人の服装はすごく挑発的なものばかりでした。
女性はおっぱいが見える格好をしている人もいて、私はここがきっと普通のバーではないんだろうと思い始めたのです。

友人も、ハプニングバーと言うものがどんなところなのかをあまりしらなかったらしく、でも気になっていたようでした。

しばらくすると、私達の前に2人の男性がやってきて、しばらく4人で軽くお酒を飲んでいました。

お酒が入ると、私の友人もどんどんオープンになっていき、エロいトークで盛り上がるようになって行ったのです。

どこが感じるとか、どんなセックスをするのが好きとか、そんな話もオープンに話していました。

すると、一人の男性が「奥の部屋で試してみよう」といってきたのです。

私達は最初は少しためらいましたが、流れるように従うことにしたのでした。

そして、奥の部屋に行くと最初は2人に分かれてセックスを楽しんでいたのですが、一通りセックスが終わると、交代してまたセックスが始まりました。

気がつけば乱交状態になっている私達のセックスは最初は恥ずかしかったのですが、どんどん気持ちよくなっていくのでした。

最後には連絡先を交換してセフレとして、彼らとのお付き合いは続いているのでした。

ハプニングバー 彼女と一緒に行った体験談


彼女とのセックスがマンネリしていた頃のことでした。

マンネリを解消するために、彼女にどんなセックスをしてみたいかたずねたところ、「誰かに見られながらのセックスをしてみたい」と言われ、その時に私はハプニングバーの存在を知るのでした。
そして、彼女と一緒にハプニングバーへ行くことにしたのです。

スタッフの人に地下に案内され、通されると普通にバーカウンターがあったのです。

バーカウンターでは、数組のカップルがお酒を楽しんでいました。

私達も、彼女と軽くお酒を楽しんでいたのですが、しばらくすると、奥の部屋から喘ぎ声が聞こえてくるのです。
そして、バーカウンターでも、キスをしてイチャイチャしている人たちが出てきました。

私達は始めての場所だったので、すごく緊張していましたが、だんだん彼女もその気になって良き、私に大胆にキスをしてくるのでした。
彼女の大胆さにすごくドキっとした私は、そのままプレイルームへと足を運び、彼女とのセックスが始まったのです。

セックスの内容は、いつもどおりに普通にセックスをしていたのですが、ただ、人に見られていると言うだけで、すごく興奮を隠すことができなくなっていたのです。
人に見られていると言うだけで、ここまで違うものなのだろうかと、思わされました。

いろいろな人に見られながら興奮する彼女にいつものように気持ちよくさせている私もすごく興奮し、それ以来セックスにマンネリした時にはハプニングバーに行っていろいろなセックスを楽しむようになっていくのでした。

ハプニングバーにはまった私の体験談


1度ハプニングバーにはまってから週2のペースでハプニングバーに通うようになっています。

刺激的なことが起こったり、何もなかったりと、いろいろでしたが、やはり刺激を求めてやってくる人たちばかりなので、刺激的な体験のほうが沢山感じることができました。
ハプニングバーでは、いろいろな女性にオープンにエロいトークをすることができるのもすごく魅力的な部分です。

そして、こんな人がどうしてこんなお店にと突っ込みたくなるほどに美しい女性が来ていることもあり、今回はそんな女性から話しかけらのです。

よろしくと挨拶をされ、最初は軽い雑談をして盛り上がり、だんだんエッチな話へと流れて行ったのです。

長くさらさらとした髪に、細身なのにおっぱいの大きな女性の服装はすごく挑発的なものでした。

「すごく綺麗ですよね」

そういうと、彼女は少し照れたカンジで「そんなことないですよ~」と言います。
私は彼女の手をとり、自分のモノに当てると、彼女もまんざら嫌なカンジではなさそうでした。

「すごく大きくなっているでしょ」

すると彼女は、「私の体を見てこんなに大きくなってるなんて・・」
そういうと、プレイルームに誘導させられ、私のものを思い切りフェラをするのでした。

すごく美人な顔をした女性が私のモノを思い切りフェラをしている・・・

そう思うだけでもう我慢できず、彼女の口の中に出したのでした。

しまったと思った私でしたが、私が出したものを丁寧に飲み干してくれて、さらに興奮し、下の口でも思い切り楽しむのでした。

ハプニングバーに職場の後輩と一緒に行ったときの体験談


職場の後輩と一緒にハプニングバーに行ったときのこと。
彼女は、私が入社して3年経ったころに新人入社でやってきて、教育係として、彼女にいろいろなことを教えることになったのです。

彼女と一緒にいる時間が増えるに連れて、どんどん親しくなっていき、だんだんお互いに異性としてみるようになって行ったのです。

そして、ある日ついに体の関係を持ってしまったのです。

それからは私達は職場の先輩後輩の間柄とセフレの関係になったのでした。

そんな彼女を連れてアブノーマルなセックスを楽しもうと、ハプニングバーに行きました。

お店に入ると、もうほとんどの人がエッチな声で盛り上がっていました。

後輩は店内の様子にすごく興奮している様子で、私もそんな後輩を見て、興奮を隠すことができませんでした。

プレイルームには、コスプレ衣装やおもちゃなども置いてあり、その中から、電マやローターをもってプレイを始めることにしたのです。
おもちゃを使ってもセックスや、ギャラリーに囲まれながらのセックスは私達は今回が初めてだったので、すごく刺激的な時間をすごすことができました。

電マをアソコに当てるだけで、すぐに濡れ始め、今までに聞いたことのないような喘ぎ声で乱れていく後輩に私に興奮は収まらず、早速挿入をしました。

そして、いつも以上に沢山ピストンをし、何度も後輩をいかせたのです。

私も、いつも以上にいってしまい、最後には2人してぐったりとしていたのでした。

それ以来、後輩とエッチをするときには、ハプニングバーに通うようになっています。
ほかの人に見られたり、ほかの人もエッチに乱入してきたりと毎回違う展開を味わうことができるのも魅力的です。

ハプニングバーで気持ちのいい体験ができました。


私はいつも彼氏とハプニングバーに行きます。最初にハプニングバーに誘ったのは彼氏の方です。私と彼氏はもう5年付き合っていて少しマンネリしていた時です。また、彼氏は私が他の男性とセックスしているところを見たいという気持ちがあったようです。

私としては最初、彼氏を裏切るような気持ちでしたが段々「彼氏公認で他の男性とセックスできるなんてもしかしたらラッキーかもしれない。」と思ったのです。彼氏にハプニングバーに連れて行ってもらい、私はタイプの男性を探します。初めての時は一人で来ていた男性が気に入りました。彼氏に声をかけてきてもらい、私たちが座っていた席に連れてきてもらいました。そこで三人で話をしていましたが、私が席を少し経っている間に彼氏と男性で話が行われていました。私が席に戻ると話がまとまっていて男性が私に「じゃあ、部屋に行きましょうか。」と言いました。私は彼氏に目配せをして男性と部屋に移動をしました。

部屋に入ると男性は「彼氏は最後までしていいと言われたけど本当にいいの?」と私の意思を確認してくれました。私は「もちろんです。」と言い男性に抱きつきました。「あなたを選んだのは私なんですよ。セックスしましょう。」と言い私の方からキスをしました。男性はスイッチが入ったのかベッドへ私を押し倒しワンピースを脱がしました。すぐに荒々しく挿入してきました。私は少し強引にされるのが大好きなので男性のセックスはツボでした。私も男性も気持ちが良くて貪るようにセックスをして男性はイキました。男性は身なりを整えると部屋を出て、彼氏を連れてきました。彼氏は私を見て「気持ちよかったんだね。」と言いなぜか大きくなっている彼氏のものを入れてきたのです。そして、あっという間にイッてしまいました。

短時間に男性二人に中出しされたのは初めてでしたが、とても気持ちの良い体験でした。

ハプニングバー!最高だった!


先日、酔った勢いで友人とハプニングバーに潜入してみました。

給料日だったこと、友人も一緒だったことで、気が大きくなっていました。

気さくに話しかけてくれる人もいたのですが、なにせどうしていいかわからず1時間ぐらい様子見でした。
半裸の男女がうろうろしていて、はじめは興奮というよりも驚きのほうが大きかったように思います。
そこでも飲みはじめて、緊張がとれてきたので自分たちも軽く脱いでリラックスしながら話していました。
すると女性二人組が自分らのテーブルで一緒に飲み始めてくれました。
二人ともけっこう酔っているようで、けっこう積極的で、ここでいかないとなんもないまま終わっちゃうかもと思い大胆になりました。
ベロチューとか、軽く胸揉んだり。

いつの間にかカップルみたくなっていて、女性にリードされる形でプレイルームっていう別室に行きました。
たぶん常連さんだったんだと思います。
そこでいきなりフェラされて、止める間もなく口に出しちゃいました。
「えーもうできない?」って甘い声でせがまれたので、なんとかもう一回たたせて、合体しました。
最近彼女もいなかったし、セックスが久しぶりすぎてやばいくらい気持ちよかったです。
「○○ちゃんのアソコ最高」「締め付けやばい」とか言ってました。

その子が「あ、いきそ…」って言うので動き早くしたら自分もいきそうになって一緒にフィニッシュしました。
そこからしばらくいちゃいちゃして、ライン交換して帰りました。
けっこう簡単に素人とセックスできるもんだな、っていうのが感想です。
友達もうまくいったみたいです。
でも男ばっかりになっても困るんで、あんまりオススメしないで秘密にしておきます。

ハプニングバーに行って寝取られ願望のある彼氏と


この前彼氏に性癖を告白されて、ハプニングバーに行ってみました。
彼氏の性癖は、寝取られ願望でした。
付き合って半年ぐらいで突然告白されて戸惑いましたが、いろいろ考えて一度だけしてみようということになりました。
嫌な気持ちと、彼氏がどういう反応をするのかという興味、半々でした。

彼氏も初めてらしく、最初は二人ともどうすれば良いのかわからなかったのですが、来た意味がないからと私から男性に話しかけました。
絶対に無理っていう人とはしたくないし、彼氏もそこはわかってくれたので、普通のサラリーマン風の男性にしました。
正直に彼氏の寝取られ願望の話をすると、その男性も興味を持ったらしく協力してくれることになりました。
彼は一切セックスに参加せず、ただ見ているだけで、私はされるがままでした。
でもその男性はすごくキスが上手くて、少しトロンとしてしまいました。
何度も彼を見ましたが、彼はじっと見ているだけで何も言いません。

私はゆっくり服を脱がされ、乳首をいじられたり、パンツの中に手を入れられたりしました。
その人とはずっとディープキスをしたままで、なんども唾液が溢れて顔がべちゃべちゃになりました。
手マンされたとき、今まで彼にされたことのないような動きをされて、一瞬で理性が飛びました。
男性が彼氏に「いいんだよね?」と確認すると、彼氏は「はい」と答えていました。
男性に入れられて、彼と違うところをずっとアソコで攻められて、私はもう演技なんかできない状態でした。
動きをとめられると、反射的に「もっと」と言ってしまうような状態です。
「もっと気持ちよくなりたいなら、彼氏のほうみて『このおちんちん気持ちいい』って言ってごらん」と言われ、それに従ってしまいました。
彼氏はひとりでオナニーしながら、私を凝視していました。
それからずっと、おちんちん気持ちいい、またいっちゃう、とかずっと言っていました。

店を出たあと、彼の反応が怖かったのですが、彼はすごく満たされたそうです。
また彼にお願いされたら…と思うと、ドキドキと濡れてくる感じがするので、すごく変な感じです。

ハプニングバーの大げさな五回連続セックス。


ハプニングバーのプレイルーム。
ようやく入ると、外での悶々とした時間が嘘のような異空間が広がってしました。
なかなか誘っても応じてもらえなかったのが嘘のように、グループに混ぜてもらうと次々と女性が私を求めてくれます。
そして終わると、すぐに次の男性に交代です。
順繰りに女性を相手にしていく形で、あくまでも女性が中心でした。
それでも、もちろん楽しいことは楽しいのです。

「いいっ、もっとついて」
騎乗位の女性。後ろから女性器に挿入すると驚くほど喜んでくれます。
やはり二本挿しといったら女性器以外にありません。後ろだと初心者はきついですが、女性器ならセックス経験がそれなりなら問題ないのですから。
他の男性のモノと触れ合うのは多少引っかかりますが、それもゴム越しだし、ハプバーは異空間だからと納得します。
そういう刺激的な形をしていると、時々驚くぐらい回数をこなしてしまうことがあります。
魔法ではないので終わってからどっと疲れが来ますが、その分満足感もひとしおです。
騎乗位の相手に出してから、もう四回目だと気づきます。
私は大体、普通は二回で終わりです。

四回というともう無理をしすぎですが、別の女性が声を掛けてくれ、咥えてくれるとまた立ってきます。
五回め、と言うのは私にとってはほらとしても大きすぎる話ですが、正常位で突っ込むとなかなか美人の相手が嬉しそうに声を上げてくれ、もう奮い立つしかありませんでした。
出した後ゴムを外してみると、何も出ていません。射精の形だけだったようです。
本当に限界を超えているのだなと思うと、それだけ楽しんだと言う喜びも沸いてきました。
とはいえさすがに完全に体力の限界なのでそこで店を出ます。楽しい一日でした。

ハプニングバーの手マンは最高に気持ちがいい


ハプニングバーに行って、いい雰囲気になった男性と、ソファーに腰かけていると、彼が手マンをはじめてきました。

その体勢は彼がまず座り、その膝の上に私が座って、うしろから抱きかかえられて足を広げられて…というスタイル。私もかなりお酒が入っていたし、触られると気持ちがいいし、なんだかされるがままでしたね。私はスカートをはいていたので、手マンをしても人からは見えない状態。でも近くで見たら表情などから、やっていることはバレバレですよね。それに反応して足を止めた人や声をかけた人には、彼が私のスカートをめくって、手マンをしている部分を見せるのです。私は恥ずかしさもありましたが、焦らしてくれる彼の手マンがもっと刺激がほしくて、もっと激しくしてほしかったです。鑑賞したい人は、私たちの目の前のソファーに座ってみる人もいました。ちょっとだけ見て去っていく人もいました。中には、一旦鑑賞して離れた後に、ローターを持って戻って来た人も。そのときは、彼がマンコをまさぐり、もう一人の男性はローターでクリを刺激するというダブル攻撃で、私は恥ずかしくも潮を吹いてしまいました。

彼の刺激でクリは大きくなり、赤く充血していました。潮を吹いた私を見て興奮したローター男性はそのまま私にクンニを始めました。私は彼に後ろから膝を抱えられ、思い切り広げられた状態でクンニをされてもう最高に気持ちがよかったですね。ここまで満足した愛撫はこれまでになかったかもしれません。

ハプニングバー はじめてのレズ体験


ハプニングバーで知り合った男性と、エッチの部屋に消えた時、既にその部屋には、数組のカップルがいました。

はじめはその光景に驚きましたが、次第に冷静に見れるように。でも彼はその光景に刺激をされて、私に襲い掛かってきましたね。ベットがあいていなかったので、私たちはまず立ったまますることに…。私は彼のクンニをしたから受けながら、必死に壁にもたれて立っていました。でもなかなかの気持ちよさに膝ががくがく震えるほど。そうするとほかのカップルがベットに誘導をしてくれたのです。そこには合体したカップルが既にいましたが、そのカップルの彼女はレズの気もあったのでしょう。

ベットに移動した跡、男性と合体しながら、相手カップルの胸を触ったりキスをしたり。そして自分たちがいって終わると、今度は私たちの行為に参加をしてきたのです。彼は挿入をしていましたが、その横から、女性は私のクリを刺激し、男性は私の胸を揉みしだく。最高に気持ちがよかったのは、彼女の指さばきです。女性なので、女性の気持ちの良い場所を知っているのでしょう。私は挿入ではいけないタイプだったのですが、彼女の指さばきのお陰で、彼が挿入しているときに、私はいってしまったのです。

初めての経験です。それに女性に触られたのも初めての経験です。でも最高に気持ちよかったな。

これまでレズなんて考えたこともなかったけれど、こんなに気持ちいいならレズもありかもと思った瞬間でした。

ハプニングバーについて


一般にハプニングバーといってもピンからキリまであるようです。自分はいったところは、プレイルームなどもあり、そしてのぞき穴もあるようなきわめてマニアックなバーであったことを今でも覚えております。これは友人がいったことのあるハプニングバーでありますが、とてもロマンティックなバーであったようです。

ボーイさん以外にも女性店員さんもいるようであり、そしてライブやお笑い芸人が立つステージもあり、見知らぬ男女のためにライブを行い、その二人が、個室ルームにいくようにあおったり、場を盛り上げるようなことを行っているようでした。お酒の種類などもきわめて豊富にそろってあり、カクテルなどもバーテンダーの技術がすごく、美味しいカクテルを飲むことができたと絶賛をしているようでした。ハプニングバーというよりはお見合いバー的なイメージが自分に強まりました。自分もその話を聞いていつかは行ってみたいとおもっております。金額としてもきわめて良心的な価格であり、オープンから閉店まで5000円というリーズナブルな値段であります。

中には赤いドレスなどを着用した女性などもいて、ステージの舞台にたって、スペインらしきダンスをしていたそうです。足のステップもきわめてきよらかであり、素晴らしいダンスをみせてもらったということらしいです。そこは大阪のミナミに存在をしているようであり、極めて目立たないところにあり、ちょっとした隠れ家的なハプニングバーであったそうです。

初めて行った名古屋のハプニングバーで・・


もう3年以上前になりますが、以前、飲み屋で働いていた時に知り合ったお客さんに名古屋のハプニングバーに連れてって貰いました。ハプニングバーはカップル喫茶と似たようなシステムだと聞いていましたが、初めて行った時は金曜日の晩ですごく盛り上がっていました。
まず、カウンターやボックス席、小さなステージがあり、ショーパブのような雰囲気があります。入った時にはよく分からなかったんですが、よく見たらボックス席で女性が男性にフェラしていますし、キスしながら胸を揉んでいるカップル、スカートとパンティを捲り上げてクンニしている男性など、かなり刺激的なことをしていました。
もちろん、普通に飲んでいるカップルもいましたが、いきなりなので正直、驚いたというかすごく興奮してしまったことを覚えています。それで私たちは最初は大人しく飲んでいたんですが、カップルの様子を見ていたら相手が興奮しちゃって私の体を触り始めてきたんです。
キスしたり、胸を揉んだり、アソコに指を入れたりしているうちにショータイムが始まりました。ボンテージファッションを着た女性二人と下着姿の男性がステージに上がり、ソフトSMショーが始まり、鞭で叩いたり、クンニをさせられたりしていました。
それを見ながらお客さんがお酒を飲んでいる感じで、中にはフェラをしている女性もいましたし、見ながらオナニーをしている客もいたりして・・途中、トイレに行ったらトイレでカップルがやっていてなかなか入れず、困った時もありましたが、こんな世界もあるんだと思いました。

ハプニングバーでナンパ成功!


僕は、友人とハプニングバーへ行って来ました。
ナンパ目的でした。
僕たちは、次々と二人組の女性達に声をかけていきました。
しかし、残念ながら、空振りしまくりで、
女性達は、他へ移動してしまうという状況でした。
今日は無理かと思い、半分あきらめて、
友人と、カウンター席について、飲み始めました。
もう、ショーでもみて、今日はあきらめて帰ろうかと
思い始めていました。
その時、一人の可愛い女性がカウンター席へやってきました。
僕達は二人だし、二人組の女性を狙っていたけれど、
声をかけました。
すると、この可愛い女は、複数プレイに興味があることが
分かってきました。
複数プレイか。
じゃあ、僕と友人二人で、攻めちゃっていいってことかな?って
軽く聞いてみると、いいわ。とのことでした。
なんか、こんな展開になるとは想像していず、僕も、友人もびっくりしてしまいました。
そして、セックス部屋いけるの?と聞いてみると、
ここでは、ダメ。
ラブホテルでしましょう。と言われて、
ハプニングバーを出て、ラブホテルへ3人で向かうことにしました。
こんな可愛い女の子と遊べるなんて、大逆転の展開になりました。
そして、僕と友人でこの女の子の服を脱がしていきました。
この可愛い女の子にフェラを頼み、友人と僕のものを交互に舐めてもらいました。
上目使いが可愛く、良かったです。
そして、僕たちは、この可愛い女の子のおまんこを観察しました。
その後、僕と友人で、交互に挿入して、楽しみました。

セフレと一緒にハプニングバーへ


セフレになって半年の彼女がいます。
体の相性がすごくよく、定期的にセックスを楽しむ仲になっています。

しかし、半年付き合うと、体の関係もマンネリ化してくるのです。
そこで、私たちは刺激を求めてハプニングバーを訪れたのです。

彼女とハプニングバーへ行くのは初めてだったので、すごくドキドキしてしまいました。
彼女の体型はすごく良い体つきをしていて、ハプニングバーへ行けば早速周りに男性がたかってきたのです。

そして、彼女はほかの男性とセックスしているのを私はしばらく見物していました。
ほかの男性とセックスをして乱れている彼女を見てすごく興奮しました。

そして、我慢できなくなった私も、彼女のところに行き、セックスに混ざったのです。
大勢の男にいろいろなところを愛撫されながら、私は彼女の中に挿入したのです。
いつも以上にすごくエロい喘ぎ声をだし、乱れくるっている彼女。

「そこ・・・気持ち良い」

「そこ・・・、クリクリ、ぺろぺろしてぇー!」
「もっと~!もっと~!」
などと、すごく激しく喘いでいるのを見て、私もいつも以上に激しくピストンをしました。

彼女はそれからもいろいろな男性に何度もイカされ、私も彼女以外の女性ともセックスに燃えていました。

そしてこの日は彼女以外にもセフレができたのでした。

彼女とのいつもとは違ったセックスを楽しむことができ、彼女以外のセフレができ、ハプニングバーに来て本当に良かったと思いました。
しばらく、私も彼女もハプニングバーにはまってしまいそうです。