ハプニングバーへぽっちゃり彼女と一緒に

ハプニングバーへぽっちゃり彼女と一緒に

同棲している彼女と最近ハプニングバーに行ってきました。
私の彼女は自慢の体型をしていると思っています。

ちょっとぽっちゃりではありますが、ウエストのくびれはあり、おっぱいもすごく大きいです。
大きすぎないところも魅力だと思っています。
そんな彼女との関係は良好で、定期的にセックスも楽しんでいます。

しかし、最近彼女には物足りないカンジがあったのでした。

私は彼女には言えない願望を抱いていることに薄々気づき始めていたのでした。

彼女がほかの男に抱かれてアンアン感じているところを見てみたい。
そんな思いが私にはあったのです。
しかし、それを彼女に言うことができませんでした。

それでも、願望をかなえるために、私は彼女と一緒にハプニングバーに行ったのです。

最初はハプニングバーの店内に困惑していた彼女でしたが、私は彼女に沢山お酒を飲ませるのでした。
酔いが回ってきた彼女はお店の雰囲気にも慣れてきたのか、ほかの男性にもオープンなカンジでいました。

彼女がほかの男性に連れられてセックスをせまられていたとき、私のほうを見ていましたが、私はここで「どうしたい?」と問いかけてしまったのです。
「このまま1度だけしてもいい?」と聞いてくる彼女。
その表情にも興奮し、私は彼女がほかの男からエッチをされているのを見物することができたのです。
そして、興奮が収まらなくなり、最後には私の元気MAXになっているモノを彼女の中に挿入して楽しんだのでした。



ハプニングバー 友人に誘われて訪れたら


友人からすごく気になるところがあると言われて一緒に行こうと誘われました。

どこだろうと思いながらも私も友人と一緒にそのお店へと向かったのです。

すると、お店に入ってみるとだんだん怪しい雰囲気がしました。

中に入ってみると、いたって普通のバーカウンターのようでしたが、来ている人の服装はすごく挑発的なものばかりでした。
女性はおっぱいが見える格好をしている人もいて、私はここがきっと普通のバーではないんだろうと思い始めたのです。

友人も、ハプニングバーと言うものがどんなところなのかをあまりしらなかったらしく、でも気になっていたようでした。

しばらくすると、私達の前に2人の男性がやってきて、しばらく4人で軽くお酒を飲んでいました。

お酒が入ると、私の友人もどんどんオープンになっていき、エロいトークで盛り上がるようになって行ったのです。

どこが感じるとか、どんなセックスをするのが好きとか、そんな話もオープンに話していました。

すると、一人の男性が「奥の部屋で試してみよう」といってきたのです。

私達は最初は少しためらいましたが、流れるように従うことにしたのでした。

そして、奥の部屋に行くと最初は2人に分かれてセックスを楽しんでいたのですが、一通りセックスが終わると、交代してまたセックスが始まりました。

気がつけば乱交状態になっている私達のセックスは最初は恥ずかしかったのですが、どんどん気持ちよくなっていくのでした。

最後には連絡先を交換してセフレとして、彼らとのお付き合いは続いているのでした。



ハプニングバー 彼女と一緒に行った体験談


彼女とのセックスがマンネリしていた頃のことでした。

マンネリを解消するために、彼女にどんなセックスをしてみたいかたずねたところ、「誰かに見られながらのセックスをしてみたい」と言われ、その時に私はハプニングバーの存在を知るのでした。
そして、彼女と一緒にハプニングバーへ行くことにしたのです。

スタッフの人に地下に案内され、通されると普通にバーカウンターがあったのです。

バーカウンターでは、数組のカップルがお酒を楽しんでいました。

私達も、彼女と軽くお酒を楽しんでいたのですが、しばらくすると、奥の部屋から喘ぎ声が聞こえてくるのです。
そして、バーカウンターでも、キスをしてイチャイチャしている人たちが出てきました。

私達は始めての場所だったので、すごく緊張していましたが、だんだん彼女もその気になって良き、私に大胆にキスをしてくるのでした。
彼女の大胆さにすごくドキっとした私は、そのままプレイルームへと足を運び、彼女とのセックスが始まったのです。

セックスの内容は、いつもどおりに普通にセックスをしていたのですが、ただ、人に見られていると言うだけで、すごく興奮を隠すことができなくなっていたのです。
人に見られていると言うだけで、ここまで違うものなのだろうかと、思わされました。

いろいろな人に見られながら興奮する彼女にいつものように気持ちよくさせている私もすごく興奮し、それ以来セックスにマンネリした時にはハプニングバーに行っていろいろなセックスを楽しむようになっていくのでした。