ハプニングバー常連の女性に乾いた射精をする。

「お、久しぶり」
そのハプニングバー常連の女性。
手を挙げるしぐさは、あえて肉桃を揺らす大げさな物でした。
自分の巨乳が目を引くことを良く分かっている動きです。全裸ならなおさらだと。
近づくと当然のようにペニスを握ってきます。
「今日は何回出したの?」
「二回」
「じゃあ私に三回ぐらい出してよ」

フェラが上手いので、液が切れても無理やり立たせてくる腕利きです。
舐めて立たせて、布団に座ります。のしかかり、正常位。
濡らされていたおマンコはスムーズに私の一物を迎え入れます。

「んん、いい、いいよ。もっともっとおチンチン」
ゴリゴリおマンコ内部を削りつつ、本気で後三回やらされるだろうから体力を温存しなければ、などと考えます。
とはいえ、一回ずついかせてもらいたがる相手ですから、あまり温存の余地はありませんが。
一回二回とどうにかこなし、ついにノルマの三回目。

たぶん射精しても一物が痙攣するだけで出ないだろうな、と思いつつ、バックから攻め立てます。
「あひ、っひ、もうだめえ、おかしくなる。おかしくなるっ」
涎を垂らさんばかりにしてわめき散らす常連女性。
そこまで喜ばれるとこちらも楽しくて仕方ありません。
バックからではよく見えませんが、声に唾を大量に飛ばす音が混じるのでどのぐらい涎が出ているのかなんとなく分かります。
いく、いくと叫び、体を硬直させる女性。当然おマンコも締まり、気を抜くや私も絶頂に達しました。
後で見たゴムには何も出ていませんでしたが、やはり射精は射精、気持ちいいものでした。



ハプニングバーのメイン男

ハプニングバーに行き、いくらか時間をかけたものの奥の部屋に進みます。
プレイルームと言う奥の部屋がハプニングバーのメインですが、男一人だと入れない仕組みなのです。
女性に誘ってもらわなければならない形です。
中に入ってしまえば、やりっぱぐれは余りありません。
呼んでくれた女性とまずはし始めます。

「おほ、大きい」
言われてにんまり。ぶらぶらさせて見せます。
やはり初めて会う女性は新鮮な反応をしてくれていいです。
キスしつつ、下に手を伸ばします。

ハプニングバーに来る女性ですから、プレイルームに入る途中ですでに濡れ始めているようで、あっさり指が入ります。
これなら、とLサイズのゴムを見せると少し考えてから女性は頷いてくれます。
前戯もそこそこに、もう本番に行きたいというのを受け入れてくれたわけです。
ゴムをつけ、片足を持ち上げる形で立って挿入。
「ああ、もっと掻き回して。デカチンポで掻き回してっ」
私に抱きついてきながら叫ぶ女性。
可愛く思わないわけがありません、期待に応え、掻き回します。
「いぐっ、もういぐっ!」

絶頂の声は、部屋中に響くほどですが誰も気にしません。
似たような声は時々上がっているのですから。
一息ついていると、横から別の女性に声を掛けられます。
すぐにそちらと開始。
盛り上がっている時間は無制限ではないのです、楽しむには急がなければなりません。
ソファーに手をつかせ、尻を突き出させてバックからバンバン。
「あの人のより大きいっ」
夫でしょうか、恋人でしょうか。
もはやどうでもよく、二回目を出します。
三回目をこなして、ようやく満足、周りの騒ぎも収まりつつあったので私も店を出ました。



ハプニングバーで、デカチンなんだって?

ハプバーは楽しいと彼女に言われ、わけもわからずやってきます。
ハプバーと言うのがハプニングバーだと言うことも知りませんでした、もちろんナニをするところなのかもです。
中に入ると普通のバーのようで、なんだか分かりませんでした。
しかし奥にいくと、驚きます。
複数の男女がその辺で集まり、セックスしているのです。
「これって」
「大丈夫、デカチンだから恥ずかしくない」
彼女が肩を叩いてきます。
確かに私の一物は結構な大きさですが、恥ずかしいとか恥ずかしくない以前に参加するかどうかを私が悩むと言う発想は彼女にはないのでしょうか。
驚きましたが、さっさと輪に加わっていくのを止めることは出来ませんでした。
強引なところが魅力的でしたが、限度があるでしょう。
と、いつの間にか横に見ず知らずの女性が立っていました。思わず肉りんごに目がとられます。すぐに目をそらしますが。と、袖を引かれます。
「見たい? それじゃ君も見せてよ。聞いてたよ」
耳に口を寄せてきます。
「デカチンなんだって?」
太股に手。這い上がってきて、股間に触れます。
逃げないととか、彼女をこんなところにいさせられない、と言う理性は、一物が硬くなるにつれて消えていきます。
気づいたときには全裸で、騎乗位で女性とつながっていました。
もちろん気づいたときになどというのは嘘で、そこに至るまでも普通に意識があり、ただセックスしただけの話ですが。
騎乗位で入れていると、当たり前のように別の男性が彼女の後ろから挿入してきます。後ろからですが、後ろにではありません。
前に私と一緒に入れました。
こういうのもありなのかと目を開かれる思いでした。
その日から私のハプバー通いが始まりました。他所の男にやられている彼女と別れる、などという話にならなかったのは言うまでもありません。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!