ハプニング・バーで初めての体験

先般、池袋の飲み屋で小宴会が終わってから付近の盛り場や風俗画を

ブラブラとうろついていた。ネオンが一段と眩しいくらいの或る風俗ビルに、何気なく足が向いて一軒の風俗店入った。このお店は薄暗い感じのするところで、割りと静かな雰囲気のバーのような店でしたが、どうやら以前、友人から聞いていたハプニング・バーのようだった

玄関に立っていた受付のような女が「お一人ですか、ご案内いたします」といって店の係に声を掛けると、スマートな一人の男性がやってきて慇懃に「お連れさんはいらっしゃいますか」と聞いた。

酔いもあって多少ぶっきらぼうに「初めてだよ、そんなのいねーよ」

というと「判りました、どうぞお掛けください。どなたか紹介しましょうか」。ココは素直に「ああ、よろしく」。早速ながら、カウンターにいた女の子が席にやってきた。小生の腕を取りながら嬉しそうに「あの、よろしくね」といった。

ビールを戴きながら、女の身の上話やチョットした身の下の話などをしながら、話がスッカリ弾んでしまった。そしてこの店の様子の説明を受け、女の子の透けて見える胸元を見ながら、小生の性的欲求段々と増してきて、チョット、ウズウズしてきた

女が察したのか「隣のお部屋に行きましょうか」と言って

案内してくれる。手を引きながら部屋へ入ると、女はスリップを残して服を全部脱いだのだ。女のボデイは美事にセクシーだった。女の抱き心地を思うだけで既に勃起しているところへ、柔らかい手が更にマッサージをしてくれる

うわーっ、天国だーー!”、その内、女の口に挿入してやった。膨らんだ胸をモンでやると、女も「アーン、アーン」と気持ちよさそうに喘いでいた。「入れてもいいのかい」と聞くと「今回はだめ、この次にね」。小生もその極致にたっして遂に噴射した。

終わって女のニッコリ笑顔を見ながら、料金を聞くとデリヘルなどの風俗に行くよりもかなり安い金額であった。次回、逢うのを約束して店を出た。



ハプニングバーでコスプレエッチを楽しみたい!

私はコスプレが好きな大学生です。高校時代からコスプレをする

ようになり、最近は自作衣装で撮影会に行くことが増えてきました。自分の作った衣装を自慢したいという気もちからコスプレしているのですが、ふと、コスプレしながらセックスがしてみたいと思うようになりました。

女子高生のコスプレをしてイケメンのお兄さんに、気持ちよくされたいという願望が生まれたのです。ハプニングバーでは女装している人もいて、コスプレしている私もそんなに珍しいという訳ではありませんでした。

初めてハプニングバーにきた私に皆さん優しくしてくれました。

衣装を自分で作ったと言うと可愛いと言ってくれて嬉しかったです。セックスしたいと思っていた理想のお兄さんも話しかけてくれて幸せでした。そのお兄さんとセックスできることになり、運がいいのかもしれないと思いました。

彼の激しいセックスは男性からも女性からも人気で上手でした。下に触られただけでイってしまいそうになりました。女子高生のコスプレが気に入ったようで、可愛いと言いながら写真を撮ってくれました

セックスの最中の写真もありました。

後で見せてもらったら理想が叶ってよかったなと思えました。彼は言葉で攻めてくるのも特徴で、恥ずかしさのあまり泣きそうになりました。でもそんな気分になるのも快感でした。

奥まで思い切り突かれた時は痛かったけれど、彼のモノでいっぱいになる感覚が気持ちよかったです。初めての経験でしたが、激しいセックスができてよかったです。彼も幸せそうでした。

彼とはセフレの関係になり、ハプニングバーに行くといつもセックスしています。彼のために新作の衣装も用意しています



体を密着させてくる女性の先輩社員との営み

私が大学を卒業して採用されたのが、中小企業の広告宣伝企画の会社

でした。そこの営業部署に配属されて仕事を、教えて貰ったのが女性社員のAさんです。Aさんは独身で30歳は過ぎていましたが、見た目は年齢より若く見えとても綺麗な方です。

こんな綺麗な人に仕事を教えて貰えるのかと思うと、嬉しくて会社に行くのが楽しくて仕方がありませんでした

ある日のこと、Aさんと共にお得意先を何件か訪問した後、

休憩を取ろうと言われました。公園でベンチに座ったのですが、ジュースを買ってきてと言われ彼女からお金を貰って、指定されたジュースを買ってきました。Aさんがペットボトルを三分の一くらい飲み干しました

そのあとペットボトルを渡され、残りを飲んでもいいよと言われました。言われた通りペットボトルに口を付けると、ほんのりと口紅の香りがしたのです。Aさんとの間接キスになることで興奮してしまい股間が膨らんでしまいました

その時、Aさんが突然体を寄せてきたのです。

首を私の方に傾けて、べったりとはたから見ればカップルそのものです。そしてAさんは私の股間に手を置いてきました。柔らかいAさんの手の感触が心地よく、私の股間は膨張してしまい、その場でAさんの唇を奪ってしまいました。

こうなるとお互い抑えが利かなくなり、勤務中でありながらホテルに出向き、二回セックスをしました。Aさんは細身ながら感度が良くすぐに濡れてしまいます。小ぶりなおっぱいの乳首を吸うとビクッと反応するのが、とても可愛くて完全に惚れてしまいました。

それからAさんとの関係は続き、彼女の自宅のマンションに入り浸るようになりました。セックスの相性は最高で彼女と当分関係を続けたいのですが、結婚は考えていません。

まだ若いし仕事も覚えたてで、結婚なんて現実感がないのですが、最近結婚したいと告られているのです。彼女は好きなんだけどその辺が悩みの種です