ハプニング・バーで初めての体験

先般、池袋の飲み屋で小宴会が終わってから付近の盛り場や風俗画を

ブラブラとうろついていた。ネオンが一段と眩しいくらいの或る風俗ビルに、何気なく足が向いて一軒の風俗店入った。このお店は薄暗い感じのするところで、割りと静かな雰囲気のバーのような店でしたが、どうやら以前、友人から聞いていたハプニング・バーのようだった

玄関に立っていた受付のような女が「お一人ですか、ご案内いたします」といって店の係に声を掛けると、スマートな一人の男性がやってきて慇懃に「お連れさんはいらっしゃいますか」と聞いた。

酔いもあって多少ぶっきらぼうに「初めてだよ、そんなのいねーよ」

というと「判りました、どうぞお掛けください。どなたか紹介しましょうか」。ココは素直に「ああ、よろしく」。早速ながら、カウンターにいた女の子が席にやってきた。小生の腕を取りながら嬉しそうに「あの、よろしくね」といった。

ビールを戴きながら、女の身の上話やチョットした身の下の話などをしながら、話がスッカリ弾んでしまった。そしてこの店の様子の説明を受け、女の子の透けて見える胸元を見ながら、小生の性的欲求段々と増してきて、チョット、ウズウズしてきた

女が察したのか「隣のお部屋に行きましょうか」と言って

案内してくれる。手を引きながら部屋へ入ると、女はスリップを残して服を全部脱いだのだ。女のボデイは美事にセクシーだった。女の抱き心地を思うだけで既に勃起しているところへ、柔らかい手が更にマッサージをしてくれる

うわーっ、天国だーー!”、その内、女の口に挿入してやった。膨らんだ胸をモンでやると、女も「アーン、アーン」と気持ちよさそうに喘いでいた。「入れてもいいのかい」と聞くと「今回はだめ、この次にね」。小生もその極致にたっして遂に噴射した。

終わって女のニッコリ笑顔を見ながら、料金を聞くとデリヘルなどの風俗に行くよりもかなり安い金額であった。次回、逢うのを約束して店を出た。

ハプニングバーでコスプレエッチを楽しみたい!

私はコスプレが好きな大学生です。高校時代からコスプレをする

ようになり、最近は自作衣装で撮影会に行くことが増えてきました。自分の作った衣装を自慢したいという気もちからコスプレしているのですが、ふと、コスプレしながらセックスがしてみたいと思うようになりました。

女子高生のコスプレをしてイケメンのお兄さんに、気持ちよくされたいという願望が生まれたのです。ハプニングバーでは女装している人もいて、コスプレしている私もそんなに珍しいという訳ではありませんでした。

初めてハプニングバーにきた私に皆さん優しくしてくれました。

衣装を自分で作ったと言うと可愛いと言ってくれて嬉しかったです。セックスしたいと思っていた理想のお兄さんも話しかけてくれて幸せでした。そのお兄さんとセックスできることになり、運がいいのかもしれないと思いました。

彼の激しいセックスは男性からも女性からも人気で上手でした。下に触られただけでイってしまいそうになりました。女子高生のコスプレが気に入ったようで、可愛いと言いながら写真を撮ってくれました

セックスの最中の写真もありました。

後で見せてもらったら理想が叶ってよかったなと思えました。彼は言葉で攻めてくるのも特徴で、恥ずかしさのあまり泣きそうになりました。でもそんな気分になるのも快感でした。

奥まで思い切り突かれた時は痛かったけれど、彼のモノでいっぱいになる感覚が気持ちよかったです。初めての経験でしたが、激しいセックスができてよかったです。彼も幸せそうでした。

彼とはセフレの関係になり、ハプニングバーに行くといつもセックスしています。彼のために新作の衣装も用意しています

体を密着させてくる女性の先輩社員との営み

私が大学を卒業して採用されたのが、中小企業の広告宣伝企画の会社

でした。そこの営業部署に配属されて仕事を、教えて貰ったのが女性社員のAさんです。Aさんは独身で30歳は過ぎていましたが、見た目は年齢より若く見えとても綺麗な方です。

こんな綺麗な人に仕事を教えて貰えるのかと思うと、嬉しくて会社に行くのが楽しくて仕方がありませんでした

ある日のこと、Aさんと共にお得意先を何件か訪問した後、

休憩を取ろうと言われました。公園でベンチに座ったのですが、ジュースを買ってきてと言われ彼女からお金を貰って、指定されたジュースを買ってきました。Aさんがペットボトルを三分の一くらい飲み干しました

そのあとペットボトルを渡され、残りを飲んでもいいよと言われました。言われた通りペットボトルに口を付けると、ほんのりと口紅の香りがしたのです。Aさんとの間接キスになることで興奮してしまい股間が膨らんでしまいました

その時、Aさんが突然体を寄せてきたのです。

首を私の方に傾けて、べったりとはたから見ればカップルそのものです。そしてAさんは私の股間に手を置いてきました。柔らかいAさんの手の感触が心地よく、私の股間は膨張してしまい、その場でAさんの唇を奪ってしまいました。

こうなるとお互い抑えが利かなくなり、勤務中でありながらホテルに出向き、二回セックスをしました。Aさんは細身ながら感度が良くすぐに濡れてしまいます。小ぶりなおっぱいの乳首を吸うとビクッと反応するのが、とても可愛くて完全に惚れてしまいました。

それからAさんとの関係は続き、彼女の自宅のマンションに入り浸るようになりました。セックスの相性は最高で彼女と当分関係を続けたいのですが、結婚は考えていません。

まだ若いし仕事も覚えたてで、結婚なんて現実感がないのですが、最近結婚したいと告られているのです。彼女は好きなんだけどその辺が悩みの種です

まずハプニングバーが他の風俗と違うのは、店内で発生する性的な


行為はあくまで「お互いが合意の上での客同士のハプニング」であり店側、店員などが客であるこちらに積極的にサービスをしてくることはない。店員は客に色々な道具を貸し出したりすることはあるが、自分は加わらない。

店員は派手な格好をしていることも多いが、それはいうなれば彼らは舞台装置のようなものであり、ハプニングバーで主役は客だということだ

バーの中で行われている事といえば、カップルがお互いの

パートナーを交換しあっていたり、女装した男性が男性とセックスしていたりと運によっては見応えのあるものも見られる。単独で行くと肩身が狭いかと思うとそんなこともない。手持ち無沙汰ならば店員と話していればいいし、ひとりで飲んでいると逆ナンなども起こる

もちろん、好みど真ん中のお相手が来てくれる保証はどこにもないが、そういった時は自分が今どこにいるのか思い出すとよい。ここは「ハプニング」を楽しむところなのだ

ちなみにコンドームの着用は絶対。ハプニングバーはどこでも

そういった面は厳しくしている。店員に言えば即貰えるので、まさに後は心意気次第である。プレイルームは一応は別室だが、他の客に見られることは知っておこう。むしろそれが目当てで来店している客も多いだろうが。

複数の男女が絡む乱交に誘われるなんてことも、もしかしたらあり得るのだ。ここで何が起こっても動じないぜ、くらいの気持ちで構えていよう。

歌舞伎町・元コマ劇裏の蒼ビルの半地下で・・・

そこはちょっとお洒落なカクテルバーのように、一見してみえる。

しかし、その実態はとんでもないバーだった。私は翌日出かける用事があり、朝5時まで営業しているという、そのバーの表示に時間を潰しながら好きなカクテルでも楽しもうかと、うかつにも入り込んでしまった

はじめは何ひとつ他と変わらないバーに見えた。深い飴色のカウンターに6~7個のスツールが並び、内側ではバーテンの若い男がシェイカーを振っている。そして、2人用の直角型のソファと小さなテーブルのカップル用の席が、5個程度緋色の絨毯の上に行儀よく並んでいた。

いつも最初に飲むシンガポール・スリングを楽しんでいた私だったが

そこで奇妙なことに気がついた。そのとき、私を除いてスツールに3人、ソファに2人ほどのお客がいたのだが、全て男性でしかも1人客しかいない。私が、珍しいけど、そういう日もあるのかな?と気楽に考えていたとき、私の前に鮮やかな青色のカクテルが置かれた。ブルーハワイ。

慌てて周りを見渡すとソファにいる男の1人が軽く手を上げていた。年は30前といったところかしら。1人でカクテルを飲んでいて、見知らぬ相手に奢られたりなんてことは、たまにあることだから私はあまり気にもせず、お礼に会釈をした。すると、バーテンがもう1つカクテルを滑らせてきた。今度は透明な赤っぽいオレンジ色。カンパリソーダ。

思わずバーテンを見返すと彼は左を顎で差した。そちらへ顔を

向けると1つ椅子を空けて、別の男が座っていた。彼もソファの男と同世代のようだった。普通、2杯のカクテルを同時に奢ってくる、というのはありえない。私はどうしようかと目の前の鮮やかな2色を前に悩んでいたら、いつの間にか2人の男たちが私の左右に立っていた

「え・・・な、なんですか?」「どっちを飲む?
ソファの男が話しかけてきた。

「は?」
さっぱり意味の分からない私に、今度はスツールの男が言った。

俺達は、どっちを選んでも文句言わないよ。それとも、両方がいいかな?
「え・・・?どういう、意味・・・?」

「アレレ、知らないで入ってきちゃったのかぁ?」
ふーん。でも、ここのルールには、そんなの関係ないよね

男たちは訳の分からないことを勝手に話している。なんだか怖くなってきて、私は席を立とうとした。

「わ、私・・・もう帰りますから・・・」
「もう、遅いよ」
カクテル、せっかくプレゼントしたんだから、ちゃんと飲んでくれなきゃね

2人の男に立ちはだかられて帰るに帰れず、仕方なく私は椅子に

座ってカクテルを一気に飲んだ。早く飲んでしまえば、帰れると思ったから・・・でも・・・。2杯とも大して濃いカクテルじゃない筈なのに、なんだか、頭がぼーっとして、体がどんどん熱くなって・・・

「あらら、両方とも飲んじゃったよ、この子」
意外と好きモノってことかな?

男たちの話す声がなんだか遠く聞こえる。おかしい・・・こんな量で酔うほどお酒には弱くはない筈なのに。と、いきなりソファの男が、私の右腕を掴んで荒々しくスツールから立たせた

ん・・・・っ、」
思わずその感触にビクリ、と全身が震える。おかしい、おかしい・・・私、なにこれ・・・

おー、もう効いてるよ、イイ声
「へぇー、胸もデカイね、この子・・・楽しめそう」
そう言って、左側のスツールの男が、グッと私の胸を掴んできた

ああっ!
こんな、見ず知らずの男にこんなことされて、イヤなはずなのに・・・イヤ・・・じゃない・・・。ううん、もっと・・・もっと・・・って、思ってる。私っ・・・欲情、して、る・・・?

「さ、奥の部屋に行こうか」
両方飲んでくれたんだから俺達2人で、めいっぱい可愛がってあげるよ

男達はニヤニヤと私を見下ろしながら、もうすっかり力の抜けた私を抱え込むようにして奥のドアを開けた。そこには数個のドアが並び、ドアの向こうはラブホテルの部屋そのものになっていた。

私には、全く予想もつかなかった。まさか、このバーが、ナンパバー&ラブホバーだったなんて・・・!!

私を強引に落とす気だった男達が、そろってセックスドラッグを混ぜたカクテルを寄越したのだった。私は朝まで男達に散々喘がされ、自分からもノリノリで3人でのセックスを楽しんでしまったのだった

そして、それから・・・。週末になるとその店に通う私の姿があった。相手は彼らのこともあるし、新しいヒトと楽しむこともある。もう、セックスドラッグなしでも、十分スリルを味わって楽しめるその店に、私はすっかり虜になってしまった・・・

初めてのハプバー潜入


「はじめてのハプバーはとってもドキドキして…」


25才女性です。

私は、仕事のストレスはHで解消するタイプなのですが、もうずっと彼氏もいなくて、Hはしたいけどそのために彼氏を作るのも面倒だなって思っていました。

だからと言って出会い喫茶に行ったり、ネットで知り合うのも怖い気がしたので、雑誌で見たハプニングバーに行ってみよう!と思い立ちました。
一人では怖いので、遊びなれてそうな子を3人誘ってみましたが、そのうち一人から、「ハプバーは警察の潜入捜査で摘発される危険があるから、一見さんお断りのところが多いんだよ。」と聞きました。

幸い、その子の知り合いの知り合い・・・ぐらい遠い友人関係の人が、東京のハプニングバーの会員らしいので、私たちも紹介してもらうことにしました。


田舎在住の私はプチ旅行気分で東京行きのバスにのり、日中は買い物を楽しんだ後、いよいよ会員の女の子と待ち合わせし、4人でハプニングバーへ。
店内は普通のおしゃれなラウンジみたいな感じでした。
ダーツやビリヤード台も置いてありました。

奥に個室があり、そこからはすでに男女の声がかなり聞こえてきています。まず受付をしてもらい、店員さんから色々と説明を受けました。
そのお店は基本的に、女の子が嫌がることを無理やりするのはNGだと聞き、少し安心しました。私たちの年代は若い方らしく、他のお客さんたちからだいぶチヤホヤしていただけました。

お客さんのうち一人の、40代ぐらいの男性とトークで打ち解け、「個室いく?」と誘われたので、OKしました。
i


他の人が覗けるようになっている個室と、完全に2人だけになれる個室の2タイプがあり、恥ずかしいので完全個室を選びました。

ビビリの私はまたまた怖くなったので、挿入はなしで、ペッティングと、オーラルだけにしてもらいましたが、個人的にはすごく満足でしたし、相手の男性にも「気持ちよかった」と言ってもらえました。

他のお客さんたちは、盛り上がって3Pしてる人もいれば、コートの下に何も着ないでただお酒を飲んでるだけの人や、それをひたすら眺めている人もいて、楽しみ方は人それぞれなんだなぁって思いました。

口でするのが大好きな高身長外国人とハプニングバーで


ハプニングバーに行かないかと誘われました。いったんは断った
のですが、友人によるとそのお店に最近すごい外国人の女性が現れるのだというのです。スタイルがすごいらしいのですが、友人も見たことはないとのことで、いまいちだったら今度ご飯をおごらせることを約束し、行ってみました。

すると意味がわかりました。そのお店は入店した人はみんな下着姿になる決まりだったのですが、巨乳、くびれ、巨尻、というすごいスタイルの女性がいました。それも、立ち上がった彼女は身長が2メートル近くあるというおまけがついていました。

見ているものの縮尺がおかしくなったみたいに感じました。

そして彼女は私を見て近づいてきました。後から聞いたことによると、私は身長が160センチもないのですが、そういった低身長の男が好みだそうです。彼女は日本語が普通に話せました。

なにしにきたのかと聞かれたので、ちょっと考えて君に会いに来たと言ったら彼女は私を連れて別室に入りました。そしていきなり私のペニスをくわえてきました

しゃぶりながら彼女は、セックスは嫌いだけれども口でするのは

大好きだから、好きなようにしてくれといいます。頭をつかんで腰を動かせというので、おそるおそるやったら彼女が自分から激しく動いたので、私はだいたいそのくらいなんだな、と思って動かしました。

えずくような声を出していましたが、彼女が全然逃げないのでそのまま射精までピストンしました。ふと気づくと小窓からいろいろな人が私たちを見ていました。いまさら緊張していたら、彼女は全然平気そうに別の男を探しにまた店内に戻っていきました

中年の私が女子大生とハプニングバーで遊びまくってます

私はもう40になる中年ですが、最近は女子大生とよく遊んでます。

女子大生のナンパの仕方は、大学近くの喫茶店やゲームセンターなどで女性に声をかけると、成功するか失敗するかはわかりませんが、たいてい女子大生です。女子大生のよさはやはり、若さですね

私くらいの中年になってくると、あの若い肌を見るだけで興奮ものです何とかがんばって一人でも女子大生と仲良くなれたら、紹介してもらったり、グループに入れてもらって遊んだりしてくれます。

中年の私の武器は経済力くらいしかないですが、トークも自然に

面白おかしく出来れば心開いてくれますよ。この前なんか、ナンパが成功した女子大生の子がたくさん女の子呼んでくれて、みんなでカラオケに行きました。おじさん一人に5人の女子大生!とてもハーレム気分を味わえます

女子大生の子達も二十歳は超えていたので、お酒もたくさん飲みました。女の子たちも酔っ払ってくるといろんな愚痴とともに下ネタをよく言うようになります。おじさんのあそこってまだ使えるのかな?なんて一人の女子大生がいいいました。

使えるでしょ!とほかの女の子たちはノリノリでした。私も5人全員

相手にしてもいけるでといいました。じゃあためしにいこうよといって結局ラブホへ、5人の女子大生と私でいったのです。みんな酒も入ってるので服を脱ぎ始めました。若々しい肌にきれいな生足。

5人の裸を見たら、なぜか射精してしまいました。女の子たちは笑っていました。私はいってしまいましたが、女の子一人づつにテマンをして5人全員いかしてあげました。

いい一日でした。また遊んでくれるみたいだったのでよかったです

ハプニングバーで気付いた瞬間

私はたぶん変態なんだと思います。貞操観念があまりないんです。

興味本位で行ったハプニングバーにすっかりハマってしまい、一番ハマってた時は週に3~4日お店に行っていました。その頃の私はソフトSMや複数プレイなどに興味があったので、完全にノーマル嗜好な彼氏のHには全く満足していませんでした

そんな時にこのお店で知り合ったのが、40代のAさんでした。Aさんは私の嗜好を聞くと「俺と試してみる?」と言い私の手を引きソファーの方へと導きました。シャワーを浴びてからそちらに・・・と言ったのですが

Aさんは少し強めに私の手を引きソファーへ押し倒すと、すぐに

スカートをめくりパンティに顔を埋ずめ、何度も匂いを嗅ぎながらしゃぶりつきました。とても恥ずかしくほんの少し抵抗してみたのですが、洗っていない蒸れたオマンコの匂いを嗅がれ、更にパンティの横からペロペロと直接オマンコを舐められ続けました

そのうちに嫌な気持ちよりも高揚感の方を強く感じてしまい、そのまま身を任せる事にしました。Aさんはするりとパンティを脱がしオマンコへの愛撫を続けます。他の部分には目もくれずとにかく集中的にオマンコだけを責め続けてきます。

着衣のまま下着だけを脱がされて、汚れたままのオマンコだけを

ひたすら愛撫され続ける・・・。私はこの非日常的な行為にすっかり興奮し何度も喘ぎ声を漏らしてしまいました。そして、遂に挿入というときになり、ふとある事に気が付いたのです。遠目ではありますが、数人のお客さんが私達の痴態を息を潜めてじっと観察していたのです!

後から聞いた話ですが、Aさんは私とのプレイを始める前に周りのお客さんに、私達の行為を見て貰えるようお願いしていたそうです。「見られていた!」と気づいた瞬間にとてつもない快感が全身を走り抜け、それと同時にAさんの暖かく力強いモノが私の中に入って来て、あっという間に登り詰めてしまいました。

その後、Aさん以外の方とも何度かプレイしましたが、あんな風に全身を駆け抜けるような快感を得られたのは、後にも先にもあの時一度きりです

ハプニングバーで人気グラビアアイドルに


通い続けているハプニングバーに人気グラビアアイドルに似た女性が最近来ていると、友人から教えてもらったのがきっかけでした。
友人は何度も胸で射精させてもらったらしく、そのグラビアアイドルで今も抜き続けている私を思い出して伝えてくれました。友人から彼女が来店している大体の日時を教えてもらい、すぐさまバーに向かいました。
バーで入店の手続きを済ませてから、友人の言っていたグラビアアイドル似の女性はすぐに見つかりました。飲み物を飲みながら本を読んでいて、体つきや顔が本当にグラビアアイドルにそっくりでした。あまりの感動に私はすぐに胸で挟んでくださいと言ってしまい、彼女は驚きながらもすぐに了解してくれました。
軽く話をしてから行為用の部屋と移動することにしました。
彼女は服はこれしかないので、胸でする時の格好に着替えたいと浴室に入りました。
数分後ビキニ姿の彼女が現れて、ビキニ姿は正しく本人にそっくりでした。
私はすぐにスラックスから硬くなった股間を取り出して、彼女は大きいね、今にも出そうだね、と楽しそうに私の股間を見ていました。
彼女は手荷物からローションを取り出して、私に胸を触らせながらローションで濡らしました。
彼女も私の股間をローションで濡らしてくれて、その最中に彼女の胸目がけて射精しましたが、そのままローションと一緒に彼女の胸に塗りました。
塗り終わってからは、彼女にずっと胸で気持ちよくしてもらいました。
自分の顔や胸が私の精液まみれになっても、私のことを気遣いながら何度も射精させてくれる素晴らしい方でした。

ハプニングバーで出会ったコスプレ女性との体験談


身近にあるハプニングバーに久しぶりに足を運んでみて、コスプレ姿が性的な女性と素晴らしい体験をできた話です。
なじみのバーに行き、いつも通り部屋で気持ちいいことをしてくれる女性を探して歩いていたら、裾がほつれた感じのミニスカートに、ノーブラの上にコルセットに近い服を着た女性を見かけました。
私の股間は彼女を見てすぐに反応を示したため、今回の相手は彼女にしようと彼女に近づきました。
まずコスプレ姿を素晴らしいと伝えたら彼女は笑顔で、感謝の言葉を伝えてくれました。
とても人当たりのいい女性で話が弾み、向こうも今回のお相手を探していそうなので、そのまま同室することになりました。
お店側に部屋を借りる許可を取り、部屋へ向かう間も彼女の体を見て興奮したままでした。
ノーブラのため、歩くたびに揺れる胸、歩いているだけでも中が見えてしまいそうなタイトミニスカート。
私の股間はすでに限界を迎えていました。
体をじろじろと見られていると知りながらも、彼女はまた微笑んでくれてその笑みで射精してしまいました。
部屋に着いてから射精してしまったことを伝えたら、彼女は私のスラックスから息子を取り出して、手で何度か動かして硬さを戻してくれました。
せっかくだから、着衣のまま行為に及ぼうということになって、彼女は胸の谷間に私の股間を上手く挟んで動いてくれました。
射精したばかりの精液で滑りがよくて、さらに快感が押し寄せてきました。
それから間もなく射精して、このまま胸で続けてほしいと伝えたら、彼女は嬉しそうに了承してくれて、胸で何度も気持ちよくしてもらいました。

ハプニングバーは風俗より楽しい


私は以前から興味があったハプニングバーに行きました。

ハプニングバーは本当はカップルや夫婦、誰か相手がいて行くのが普通みたいですが、私は相手もいなったので1人で行きました。最初に受付で色々説明を受けて店内に入りました。薄暗い感じの照明で、バーカウンターがあり男女がもう10人ほど居ました。積極的に声をかけたかったのですが、緊張と戸惑いでなかなか上手くいきませんでした。とりあえずカウンターに座りお酒を飲んでテンションを上げていこうとしたところ、横に30過ぎの女性が座って声を掛けてきてくれました。

白いシャツを着ていたのですが良く見ると下着を付けていなく乳首が丸見えでした。話が盛り上がってくると女性に奥の部屋に行こうと誘われました。奥の部屋=セックスです。私はもちろん誘いにOKで部屋に行きました。ここは部屋が3部屋あり、1室は今まさにセックス中で喘ぎ声がガンガン聞こえてきました。声を聞いていると燃えてきてこっちもガンガン女性を責めました。

またこの女性の喘ぎ声が大きく外まで絶対聞こえているなと思いました。セックスが終わって部屋を出ると、1人の女性がすぐに声を掛けてきました。部屋に逆戻りしました。さっきの喘ぎ声を聞いて私のセックスが物凄いと思ったみたいです。さっきの女性は別としてもセックスには自身はあります。

当然この女性も潮吹きさせてて気持ちよくイカしてあげました。休憩を入れながら結局は4人の女性とセックスをしました。初めて行ったのですがこれだったら普通の風俗より全然楽しいと思いました。