パパ活を楽しむ旦那様

友人の旦那様はとても熱い人です。元ラガーマンで、体はガッチリ、筋肉ムッキムキというイカツイ見た目ですが、心はとっても優しく(と友人はのろけるんですが)大の子供好きだと聞いていました。
結婚して1年、友人夫婦が待ち望んだ妊娠がわかりました。旦那様も飛び上がって喜んだそうです。友人はほどなくして悪阻期に突入、かなりひどい悪阻だったようです。
食べ物も飲み物も受け付けない友人を見て、旦那様の生活が一変。それまで、専業主婦だった友人が全ての家事をまかなっており、女は家を守ってくれと実際に言われていて、旦那様が家事を行うことは一切なかったそうなんです。
それが、文句のひとつも言わず、簡単な料理や掃除、洗濯などほとんどを代わりにやってくれたとか。きっと旦那様のパパ活スイッチが友人の悪阻の酷さでONになったんだと思います。
もともと、こだわり出したら止まらないタイプの人で、最初は友人の指示に従ってやっていた料理や家事のやり方をパパ仕様にいろいろと工夫されていったそうです。
例えば、調理器具などは友人サイズだと旦那様には扱いづらいようで、新しく旦那様用を買い足したり・・・それは、いずれ子供が生まれた後も、子供に料理を作ってあげたり将来的には一緒に料理がしたい!とどんどん楽しい未来を想像した上での行動だったようです。
ベビー用品を選ぶ際も、かなり熱心に店員さんに質問したり、抱っこ紐の試着も数々行ったそうで、それはそれは熱心にベビちゃんを迎える準備をしたとのことでした。
その後めでたく友人は元気な女の子を出産、旦那様は目の中に入れても痛くないほど可愛がっています。もちろん、パパ活も輪をかけてレベルアップしていて、休みの日には離乳食も作ってくれたりするそうです。
そこまで出来るパパの話は私は聞いたことがなかったので、びっくりするやら羨ましいやら・・・。私もいつかそんな風にパパ活を楽しめる旦那様と結婚したいです。