ピーシーマックスの飲み屋の女への私怨も被せ、ドSな欲望を満たす夜

■ニックネーム:MASASHI 28歳男性
飲み屋で知り合った女の子に数ヶ月奢り続けて、イイ感じになったと思ったのに、彼氏持ちだったことが判明したときのショックを皆さんはご存知ですか?
そんな鬱憤を晴らすべく私がすがったのが、出会い系サービスの老舗PCMAXでした。もう女なんて信じられない!と恨みモードでスタートし、適当に褒め倒していくと、返信をくれる子もチラホラいました。
そんな中でもかなり気に入った、22歳のお花屋さんSちゃんにビビっときて、同郷だったのがきっかけで話が弾み、会ってもらえることになりました。アダルトカテでセフレ希望なのが信じられないような今時の子ってかんじで、女なんて信じられないモードに入っていた私は、さらに女への不信感を強めました。
しかし、憂さ晴らしにヤるだけの女にしては、もってこいの条件でした。待ち合わせは駅前の某大手雑貨屋さん店頭、伝えられたどおりの水色のふんわりワンピースで登場しました。
その完璧なまでの清楚さと、セフレ希望という実態のギャップが、私のドS魂にさらに火をつけました。そんなこちらの私的な境遇を知らぬSちゃんは、話し方、笑い方のすべてにおいて、ふんわり系癒し女子を装ってました。
余計な出費はしたくないので、ホテルへ誘うと、若干苦笑いでしたが、OKしてくれました。ホテルに入ると、私はエレベーターから淫語を浴びせ始めました。セフレ希望なんてよほどのド淫乱じゃないと書けないはずなので、容赦はありませんでした。
最初は怪訝な表情で黙り込んでいましたが、入室しても尚、続けていると、だんだんと恍惚の表情になっていきました。想像した通り、完全にドMと化したSちゃんは、ふんわりキャラが崩壊し、牝猫のようによがってくれました。

PCMAXで出会った子と信号を横切る旦那を眺めながら車内フェラ


■ニックネーム:ノリさん 31歳男性
先週のPCMAXの出会い、なかなかスリリングな経験でした。プロフをチェックしていく中でも、唇から下のバストトップのプロフ写真を上げ、いかにも挑発してるってかんじのKちゃんを発見、24歳の人妻さんなので、夕方前に会える方希望とのこと。これはわかりやすくセフレ希望ということなので、さっそく人妻を攻略するべく、秘密厳守や時間厳守を訴えつつ、誘い込んでいくと、会える約束OKが出ました。
世間様の人目を避けたい人妻はホテルで会うパターンの希望が多いですが、このKちゃんはデート気分を味わいたいというので、近所のスーパーの駐車場で待ち合わせることにしました。
目印の大き目の白い帽子で現れたKちゃん、車内に入って軽く挨拶。
帽子の奥から覗く、デカ目カラコンがなかなかゴージャスでした。車を走らせ、ホテルには向かいました。
私の個人的な性癖として、あまり親しくなる前にHなことをしたいという願望があるので、会話もそこそこに、車内フェラをお願いしました。
あまりに当然のように言い放つ私に、え?という様子で私の顔を覗きこみましたが、表情を変えない私を見て「出会い系ってこういうものなんだ…」と観念したのか、まだ軟体でしかないムスコを引っ張り出してくれました。
舐めてもらいつつ、信号で止まったときは「ふぅ~」と頭を上げるKちゃん、するとある交差点で止まったとき、「はっ!」という凄い勢いで顔を伏せました。
理由を聞くと、営業の移動と思しき旦那が信号待ちしているという。どの男がそうなのかを聞き出し、その男を見ながらフェラを再開させました。あちらは視線に気づきませんし、時間にしてわずか1分程度でしたが、最高に興奮しました。
その後はホテルで、旦那への優越感も加わり、エロい時間を過ごしました。

PCMAXデカ目+舌出しの21歳ギャルを焼肉で釣った夜


■ニックネーム:タケ 32歳男性
いやー、友達が早くやれやれうるさいもんで、見るだけ見てみようと思って覗いたものの、登録してる女の子の写真を見たら、ガチで可愛い子が多くてびっくり!
PCMAXの名前は方々の遊び人たちから聞いていたんですが、なるほどねってことで、アカウント登録してまだ一ヶ月にも関わらず、既に成果が出ちゃいました。
ビギナーズラックだか何だかわからないまま、辞める理由は何もないイケイケ状態の私が、先日、サクっと出会ってきたのは、21歳のアッパーなギャルでした。
お金がなくなるたびに短期で携帯ショップでバイトしてるという、お気楽ライフの遊び人Aちゃん。デカ目+舌出し写真がいかにもな、ライトな出会いにはちょうどいい女の子です。
とにかくお金がないとのことで、焼肉を奢る約束をしたらホイホイ出てきました。待ち合わせは駅前のドンキ、想像通りの派手さで登場のAちゃん、私に気づくと飛び込むように腕を組んでくる人懐っこさに若干、苦笑いしつつ、いざ焼肉屋へ。
こういう子はA5ランクの肉なんて食べさせなくても、焼肉と名がつくならばチェーン店でも問題なしなので、ガヤガヤしたチェーン店を目指しました。
美味しそうに食べるAちゃんは可愛く見えたし、お酒も進んではだけた胸はなかなかのもんでした。食事を終えて外に出ると、「どうぞ♪」ってかんじの潔さで、ぐにゃっと身を委ねてくる彼女、ギャルのこういう律儀なところ、素晴らしいです。
それではと腰に手を回し、ホテル街へと連れ込み、エレベーターからベロチューを交わす勢いで、若い身体を堪能しました。

PCMAXやってない頃は人生を無駄に浪費してました


■ニックネーム:カズ 29歳男性

モテない友達には勧めるようにしているPCMAX。私自身、PCMAXがある人生とない人生じゃ、正直大きく変わりました、いろいろな事が。
女の子にモテようと思うと、以前より見た目に気を使うようになったし、話を弾ませるために世間の話題や流行に興味を抱くようになりました。すると次第に出会える率が上がっていき、良い結果に結びつきやすくなりました。
会ってもらえて、Hまで持っていけると、自分に自信が持てるようになり、性格も明るくなっていきました。かつての仕事と酒とゲームしかなかった頃を思うと、人生を無駄に浪費してたなとすら思えます。
と、前置きが長くなりましたが…先日の良き出会いを一つ紹介します。普段は雑貨屋さんで働いているという可愛らしい雰囲気の23歳、Mちゃん。
きっかけは彼女がアップした「最近買ったもの」画像のセンスを私が褒めたことでした。私自身も輸入雑貨が好きなので、話を膨らませることに成功しました。
そこから、あまり雑誌などには載ってないお店を私が知っていたので、同行するお誘いをして、会うことになりました。
ただの友達を作りたいなら、一般的なSNSをやってればいいわけで、こうして出会い系サイトに登録してる段階で、きっかけさえ作って会えれば、高確率でヤれるので、野暮な言葉はいりません。
約束どおり、駅前改札で待ち合わせてお店に直行、趣味を楽しんだ後は、お互いの仮面を外してホテルへ向かい、可愛らしい洋服の奥で火照っているいやらしい身体を楽しみました。

旦那に相手にされてない人妻はピーシーマックスに集まっている


■ニックネーム:ヤックン 31歳男性

ネットのエロ画像サイトの脇の広告をたまたま見て、興味が湧き、そのときのキャンペーンが好条件だった勢いを借りて、アカウントをとってみたPCMAX
体験談みたいにうまくいくのかなと半信半疑な部分もありましたが、やってみないことには信用しない現場体験派の私は、一歩前進しました。とりあえず結果から言えば、大正解。
特に女の子の若さにこだわらない私にとって、エロい人妻さんがわんさかしてるこのサービスは、秘密厳守なのも含め、妻ありのこちらにとっても好都合なのです。
そんな私が先日、出会いに成功した女性は、25歳の人妻Sさん、しっとりとした大人の色香と、若く見られたいがゆえに盛ったエロさがいいかんじでブレンドした、「うっわヤりてー!」と一目で仰け反った女性でした。
昼ドラに出る良い塩梅のエロ担当の名前も知らない女優みたいなかんじ、ってわかりますかね。
とにかく股間に火がついた私は、旦那が帰ってくるまでの時間なら大丈夫というので、有給をとってしまいました。指定された彼女の最寄り駅から一駅の駅ビル改札で待ち合わせました。
現れたSさんは、上品な薄手のカーデガンでは隠し切れないほどの胸をムニュっと盛り上げつつ、リアルでもいやらしい雰囲気を漂わせての登場でした。
時間がないのでいきなりホテルへ、旦那に相手にされてない彼女を癒すべく、相手を何度もイカすことに固執するようなプレイをすると、お返しとばかりの情熱的なフェラからのパイズリは人生でも最高と思えるほどの快楽で、フィニッシュを迎えることができました。

昔ほどモテなくなってきたオヤジサーファーでもPCMAXはヤれます


■ニックネーム:リュウ 34歳男性

出会い系なんて利用しなくても、ナンパでそれなりに成果を上げてきたサーファーの私も、おっさんになってからはそうもいかない日々が続きまして。
脳裏によぎった出会い系という、何だかんだいっても廃れることなく存在し続ける出会いの場、藁にもすがる思いで選んだのがPCMAXでした。とりあえず実動しはじめて3ヶ月ほど経ちましたが、もっと早く知っておきたい世界だったわと後悔しました。
正直、病み付きになって廃人になる心配だけが怖いとすら思えてきたこのサービス、風俗は金がかかる、恋愛紛いはトラブルめんどう、こっちは単純にレクチャーとして快楽を楽しみたいんだよ!っていう私のような根っからの遊び人には、確実に重宝されるであろう有り難いサービスですね。
下手なプライドとこんな素晴らしいサービスを軽視してた若造の自分を殴ってやりたい!とすら思える勢いで、もはやPCMAX信者ですw
そんな私が先日、楽しんだのは、アクセサリー屋で働くという24歳のKちゃん。日焼けはチャラいと敬遠されがちな昨今ですが、その子はサーフィンもたまにやったりもするというアクティブ娘だったので、意気投合しました。
サーフィンを教えてあげる名目で海デートをGETした私は、車を飛ばし、待ち合わせのコンビニ駐車場へ急ぎました。 思ってたより若いという言葉に気を良くした私は、海までハイテンションで向かいました。
海に浮かびながら夕暮れまで練習し、太陽が落ちるムードを利用して、目が合った瞬間、キスをしました。驚いた様子でしたが、照れ臭そうに下を向くだけでした。
いいムードで陸に上がって、車に戻ってもう一度、今度はお互いが求め合うようにキス。そうなればその後は言うまでもなく、郊外のいかにもなラブホへチェックインしました。

花見のお誘いをきっかけにPCMAXで21歳のE~Fカップ女子大生をGET


■ニックネーム:TORU 27歳男性

PCMAXで「花見したいけど友達がいないw一人で花見するのもさびしいしなー」みたいなことを書いていた21歳の女子大生、Nちゃん。住んでる場所がちょっと遠そうでしたが、こんな美女とお近づきになれるならどこでもいくわと思った私は、花見の誘いをしてみたところ、OKしてくれました。場所取りやお酒やつまみ類はこちらでするので、手ぶらでフラっときて下さいという高待遇が功を奏したようで、出会い系の鉄則である「入り口は超絶イイ人」に徹してみてよかったです。迎えた当日、場所取りをするべく車を飛ばす私。クソめんどくさいこんな作業も、ヤらせてもらうための恩を着せる作業だと思えば、楽しくて仕方ありません!
彼女はそれだけ尽くす値打ちのある、推定E~Fはある現役JDであることを念頭に、最善を尽くすべく早く出たおかげで、結構、良い場所がとれました。
良い場所が取れたことを知らせると、あまりに早い私の出撃に驚きに、恐縮ってかんじの感謝メッセが届きました。そして予定より早く、来てくれました。
少し肌寒い日でしたが、上着の中の歩くたびにポヨンポヨン揺れる胸は、遠くからでも目立ちました。やっぱこれだね~♪と頭の中で長瀬くんが歌いました。簡単な挨拶をして、さっそく乾杯♪お酒を飲み、ルックスを褒め続けていたら、緊張が解けてきた様子でした。
寒くなってきたので、夕飯も兼ねて居酒屋に場所を変えました。居酒屋に詳しくない彼女を先導し、偶然を装って個室にしました。話していくうちに、彼女は人とこうやって会うのは元々嫌いじゃないけれど、男関係で嫉妬されて女友達全員に無視されたのが、今、友達がいない原因とのことでした。同情して励ましていると、彼女は涙し、もたれ掛かってきました。終始、明るく振舞っていた彼女をギュっと抱きしめ、キスをしました。
生理現象で勃ってしまった私に気づくと、彼女はニコリと微笑み、「次…、連れてって下さい」と呟きました。

恥ずかしさも吹き飛んだワクワクメールの凄い男。素になれた私のエッチな性分。


■ニックネーム:れいこ 43歳女性

あれは3カ月ほど前の体験です。女友達と誘い合って一緒にはじめた出合い系サイトですが、だいぶ慣れてきたので、サイトで何人かの男性のうち、体力が一番ありそうな男らしい人を選びました。
セックスが好きですから、あれのほうもだきるなら、硬くて大きくなる人がよかったのですが、こればかりは出合い系メールで聞くわけにもいかないので、想像するだけにしていました。
実際に会ったのは、慎重の高い人で、日焼けが似合う笑顔のいい人でした。腕を組んだときも、ごつい筋肉がはっきりと分かるほどで、ベッドに入ったときのことをすぐ連想してエッチに気分になってしまったのを覚えています。
コーヒーを飲んで、お話を少しして、さっそくホテルに入りました。構想のホテルで、窓から見る晴れた日の東京の町並みはとても鮮やかでした。シャワーを二人で浴びて、すでに浴槽で一回しました。壁に手をつかされて、バックから責められました。シャワーの音がするなかで、何度も何度も突かれて、へとへとになってしまいました。
まだ身体が火照ったままの私を今度はベッドへ運んで、今度もまたバックでするのを誘われました。私は、窓際のベッドで、窓から裸の様子が見られているような気がしたのですが、みえるひはずもなく、気分は恥ずかしいこともあって、いっそうエッチな気分が強まりました。彼は、なかなかイってしまわないタフさがあって、私は声も上げていたと思いますが、そんなことに構わず、どんどん突いてきました。
何度イってしまったか、よく分からないほどでした。彼も最後にはイって、ため息をついて、ほめてくれたのです。しばらくそのままで休んだあと、また再びセックスをしました。濡れたままで、もう恥ずかしいことは何もなくて、彼の大きなものも口にくわえて私はとても楽しかったのです。