ボインの大きい可愛い子とセックスフレンドになりました。

三重のナガシマスパーランドで遊び終わり、その帰りにボインの大きい女性が一人でいました。
私は友達といたのですが、友達と別れてボインの大きい女性をナンパをしに行くことにしました。
二十代後半ぐらいの可愛い顔した女性でした。
いきなりナンパを迫ったのですが、ノリが良くて簡単にナンパに成功しました。
逆にナンパをしてくれてありがとう的な事を言われて率直に嬉しかったです。
その後は私の自宅に連れていき、食事等を楽しく作り、仲良く話しながら食事を食べました。
そして、お酒を飲み更に仲良くなっていきました。
酔ってきたことにより、私はHをしたい興奮から彼女の胸を突然のように触りました。
彼女も酔っていましたので、もっと強く触ってと言ってきました。
そこから彼女の服を勢いよく脱がせ彼女の体中を舐めました。
興奮が収まらず、私のアソコも思いきりしゃぶらせました。
とてもお互いがすごく感じていましたので、感じている声がすごかったです。
そして、ゴムを付けて挿入して温かい感触で何回もピストンを連呼して中に出しました。
終わってからすごい気持ちかったねて語り合い、また会う約束をしました。
それから幾度となく彼女と会ってはセックスだけをしていました。
彼女自身も、私のHの仕方が大好きということで付き合う付き合わない関係なくただ本当にお互いが体目的でHをしていました。
今もこの関係はずっと続かれており、私たちは付き合うことなくセックスフレンドのままの状態です。

 

三重でのナンパ体験

私は昔三重県でよくナンパをしていました。
私がしていたのは四日市駅です。
四日市駅は三重県の中でも栄えている方で色々な人がたくさんいます。
なのでナンパをするには最適な場所で、気になる人がいたら手当たり次第声をかけていました。
その中でも1番記憶に残っているのは、四日市駅の中にある服屋で買い物をしていた女性のことです。
1人で買い物をしていたらしく様子を見ていると暇そうだったので声をかけてみました。
すると私の予想通り暇だったらしくそのまま遊びに行くことにしました。
年齢は当時21歳で大学生と言っていたのですが、かなり大人びた印象を受けました。
いろいろ話をしていて気があいそうだったので一緒にバーに行くことにしました。
その子は酒が強いらしく一緒に飲んでいたのですがすぐに酔っ払っていました。
それがとても可愛くて抱きたくなったのでホテルに誘ったところ彼女も酔っているせいかすんなりとついてきました。
ホテルにつくと彼女は足元がおぼつかない感じでしたが、すぐに抱きついてきました。
酔っ払うとエロくなるタイプらしくその後はシャワーを浴びる事なくセックスしました。
びっくりしたのは彼女は見た目は清楚な感じだったのですが、Tバックを履いていてブラジャーはつけていませんでした。
かなり大胆な格好だったので意外と変態だなと思いながら抱いたのを覚えています。
その後彼女とはしばらくセフレの関係が続きましたが、少し住んでいたところが離れていたので自然と関係は消滅していきました。

 

伊賀でナンパしました。

私は忍者で有名な三重県の伊賀市に住んでいる女子大生です。
最近は忍者は外国人に有名なので、たくさんの外国人の男性と街中で出会います。
そんな中で、とびきり格好いい外国人男性に声をかけられました。
忍者に会いたいと彼が言ったので、家に忍者がいると嘘をつきました。
そして、私のアパートに連れ込みました。
ビールを飲むように言うと、彼はお酒に弱かったようで真っ赤な顔になりました。
私は彼を挑発するように、胸の谷間をちらつかせました。
彼が私の胸を見ているのがわかりました。
そして彼の太ももをさすったりしていたら、彼のあそこが大きくなるのがわかりました。
私は彼のズボンを下ろして、大きくなったあそこを見ました。
日本人よりもずっと大きなあそこでした。
私は一生懸命口の中にあそこを入れて、フェラチオをしました。
一生懸命頭を振って、彼に感じてもらうようにしました。
彼は、英語で気持ちがいいと言う声を出しました。
そして、彼はついに我慢できずに、私の事を抱きました。
おっぱいを激しく舐めると、大きなあそこを私の中に入れてきました。
今まで味わったことのないような衝撃があそこをつらぬきました。
気持ちよくって、ずっとやめてほしくないと思いました。
彼が果てた後も、私はすぐにフェラをして何度も彼のあそこを勃起させて、セックスを繰り返しました。
彼はごめんなさい、もう無理ですと言って、部屋を出ていきました。
また格好いい外国人を見たら部屋に連れ込んじゃおうって思ってます。

 

乱れると方言が漏れる彼女

出会い系サイトの「今すぐ会える」掲示板で「話しを聞いてくれる男性」を希望している女の子と会うことになりました。

待ち合わせ場所で会い自己紹介。
彼女は23歳で僕より3つ下です。
美人でスタイルも良く、どうしてこんな子がこのサイトで出会いを求めているんだろうというほど可愛い女の子でした。

さっそく喫茶店に入り話しを聞いていきます。
彼女はデザイナーでした。三重から東京に行き、自分の可能性を信じて頑張ってきたようです。
でも会社の男性デザイナーに嫉妬され、色仕掛けで仕事を取ったなどと噂を広められ、女性として才能をだせずにもがいているようでした。
そんな最低な男に自分も腹を立てながら、彼女は絶対に評価されるべきだと思い彼女を元気づけました。
その日は少しお酒を飲んだところで彼女が時間切れになってしまい、彼女は申し訳ないとLINEを交換してくれました。
その後も食事をしたり話しを楽しむようになり、その後も会ってくれるようになりました。
彼女の地元の伊勢の話しをしたり、僕も行ったことがあるスペイン村の話しで盛り上がったり。
そんな等身大の彼女を感じ、お互いに打ち解けてきたのを感じていました。

次の関係に進みたいと思い、彼女についに好きだと告白しました。
「恋愛は出来ないけど一緒に過ごす関係なら」と意外な返事が。
男のいやらしい面が抑えられず、それでもいいとOKします。

そして彼女とはセフレとして関係を続けることになっていきました。
彼女の裸体は想像した通りスラっとくびれのある身体で透き通った肌、大きな胸。
美人の彼女にふさわしいスタイルです。
仕事も出来てこんなに綺麗な彼女と、自分みたいな男が夜を過ごせることに嬉しさが止まりません。
身体に手を回して彼女の胸や周りを愛撫していきその下へも進んでいきます。
彼女のため息が喘ぎ声に変わってきたところで彼女の中に入っていきます。
彼女の喘ぎ声や時々漏れる言葉が三重の方言になってきているのがわかります。
「可愛い言葉だね」と言うと「無意識に出ちゃう」と彼女は恥ずかしがります。
そんな彼女をさらに激しく突いていくと彼女の喘ぎ声はどんどん大きくなっていきます。
美形の彼女から可愛らしい三重の言葉が漏れるのを聞くとそのギャップに興奮し、またそれが激しさにつながっていきます。
そしてとうとう彼女は絶頂をむかえてフィニッシュ。
終わって一緒に抱き合っていると、彼女もこうやっているだけで癒やされると言ってくれます。

それからも彼女とはセフレの関係が続いています。
そしていつかは恋人になれることを願って。

 

三重県の伊勢神宮で最高の女性と遭遇

私は1人旅行が大好きで、旅先で出会った女性と楽しい時間を過ごすことが一番の楽しみであります。私は先日三重県の伊勢神宮に旅行に出かけ女性と楽しいセックス体験をして帰ってきました。私は学生時代からナンパが大好きで、ナンパした女性は今まで100人を超えています。女性は内心では男性とセックスをしたいという欲望を強く持っているのが普通であり、私はそんな女性達と楽しい性体験を積み上げています。

今回の伊勢神宮の旅行でも女性をゲットするべく私はやる気満々で伊勢神宮に向かいました。三重県は初めての旅行ですが、伊勢神宮では本当にパワースポット巡りをしている若い一人旅の女性が多く、私は伊勢神宮の近くの小さなホテルで泊まることになりました。そのホテルには複数人の一人旅行をしている女性がいて、私は喫茶店でその女性と相席をすることで会話を始めたのです。

私のターゲットの女性は非常にかわいく清楚な感じのする女性で、話をしていると非常に面白く思ったよりも積極的な女性でした。私は今日の夜ホテルで一緒に酒を飲まないかと誘い、その女性はすぐに承諾してくれました。私たちはお酒を飲みながら身の上話で盛り上がり、そのまま女性とセックスをすることになったのです。女性の方もこのことを望んでいるらしく、楽しい性体験を経験することが出来たのです。

旅先のナンパは成功する可能性が高く、私は何度も旅先でセックスを楽しんでいます。三重県での旅行も私にとって本当に充実したものになりました。

 

三重県のセックスフレンドはとても積極的

私は最近非常に楽しくてたまらないことを見つけました。それは自分の住んでいる都道府県以外の地域でセックスフレンドを作ることです。私は愛知県に住んでいますので、その近辺の都道府県でセックスフレンドを作ろうと思い、出会い系サイトを利用して現在多くの女性と関係を持っています。

その中でも複数人の女性と良い人間関係になり、食事に行ったり楽しい観光旅行などをしながら人間関係を作っています。その中のほぼ7割近くの女性が私と性体験を求めており、なんだか最近はセックスするのに全く困ることがなくなりました。つい最近は三重県の女性が私と会いたいと言うことになり三重県まで旅行に出かけてきました。彼女は三重県の普通の会社員であり、一人暮らしをしている女性です。私は彼女と待ち合わせをして鳥羽水族館に行きました。そこで昼食を食べその後は彼女のアパートで一泊することになったのです。

当然することはお酒を飲むこととセックスをすることであります。私は彼女と濃密なセックスを体験しながらとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。彼女も最近ほとんど男性経験がなく寂しい思いをしているらしいので、私は彼女と連絡先を交換して今後定期的に遊びに行くことを約束してくれました。彼女は働いているのでほとんど食事代やホテル代などは彼女が出してくれるようです。これで三重県に私は最高のセックスフレンドを作ることが出来ましたので、楽しい人生を味わうことが出来そうであります。

 

三重県で友達の女性とセックスを楽しみました

私は大学時代の友人に三重県出身の後輩がいて、私はいつも毎年三重県のその後輩の家に遊びに行っています。以前は大学時代の友達数人で集まっていましたが、現在は私1人が彼女の家に遊びに行くことになっています。他のみんなはそれぞれ社会人になり忙しくなっていますので、時間が空いているのは自営業の私1人であります。彼女と私は学生時代から仲がとても良く、恋人以上恋人未満の関係を保っており、私は彼女が好きなようで好きなのかどうかよく分からない状態でした。

この間彼女の地元の三重県の鈴鹿サーキットで彼女と遊んでいると、彼女が今日はホテルで泊まらないかと私を誘ってきました。とても恥ずかしそうに言ってきましたが、私は最近女性とのセックス体験がほとんどないのですぐに了解をしました。彼女は非常にシャイな部分がありますが、積極的なところもあり、私と彼女は鈴鹿サーキットの近くのビジネスホテルでお互いセックスを体験することになったのです。彼女は意外に胸が大きくスタイルも服を脱ぐと抜群でした。いつも体のラインを見せない服を着ている場合が多かったので、彼女がこんなに男性好みの体をしていることに今まで気づきませんでした。

私は彼女と最高のセックスを終え、彼女は私にまたすぐに会いたいと言ってきました。私は三重県で非常に楽しいセックスを体験して、彼女と今後も楽しいセックスをすることになったのです。本当に男女の関係はどうなるか分かりませんので、今後の展開が楽しみであります。

 

三重県でナンパをされました

三重県に旅行に行きました。
三重県と言うと、神社が有名ですが、鳥羽や志摩などの観光地もあり、食事も美味しくて素敵な場所だと思います。
私は海辺でのんびりしたくて、おにぎりとお茶をコンビニで買って、砂浜でぼーっとしていました。
数時間ひとりで海を見ていると、いつの間にか雨が降り出していました。
周囲にたくさんいた人たちはすでに、いなくなっていました。
どれだけぼっとしてたんだろうなんて反省しながら、喫茶店に入りました。
喫茶店はマスターがひとりだけいる、カウンターだけの格好いいお店です。
マスターがびしょ濡れの私を見て、タオルをとってきて貸してくれました。
奥さんのジャージも持ってきてくれて、これに着替えてと言いました。
私は親切に甘えることにしました。
それまできていた服は乾燥器で乾かすから、一時間くらいゆっくりコーヒーでも飲んでてとマスターは言ってくれました。
コーヒーを飲みながらほっとして、マスターとお話ししました。
これから行く観光地の相談などをしていると、マスターが明日お店が休みだから案内してあげると言いました。
その日も、乾いた服に着替えた後、ホテルまで車で送ってくれました。
そして次の日マスターの車で観光をしていました。
誰もいない砂浜の近くでマスターが車を停車すると、私にキスをしました。
奥さんに申し訳ないからと私が言うと、もう冷め切っているんだとマスターは言いました。
たくさん面倒を見てもらっていたので、マスターを拒む事ができず、一度だけと約束をして、そのまま車の中でセックスをしました。

 

志摩でナンパされました

先日観光旅行で三重県の志摩に行きました。
結婚をしているので、一人旅は久しぶりです。
旦那が海外出張をするのに合わせての旅行でした。
観光遊覧船があったので、乗ってみました。
リアス式海岸などを見る一時間くらいの遊覧船です。
そこで居合わせた男性に声をかけられました。
私は専業主婦で、こどももまだいませんので、異性と話すのは久しぶりでした。
その男性は40歳くらいの落ち着いた雰囲気で、話しやすくて楽しい時間を過ごせました。
彼はレンタカーを借りて旅行をしていたので、私も乗せてもらう事にしました。
展望台から海を見たり、大きな橋を渡ったり、まるでデートみたいでした。
彼にも奥さんがいるようで、これでは不倫旅行みたいだねと笑いました。
最初は冗談でそう言っていたのに、一緒に夕食をとる頃には本当の不倫カップルのようになりました。
そして夜景を見ながらキスをして、彼は興奮して、野外だと言うのに私の胸を揉みました。
そして股間に手を伸ばし、あそこを愛撫しだしたのです。
私はせめて車の中に移動してとお願いしました。
彼は少しそこで冷静になり、ラブホテルに車を入れました。
二人でそれぞれの宿泊予定のホテルにキャンセルの電話を入れた後、抱き合いました。
旅先での遊びだとふたりとも割り切ってのセックスでした。
なのでその分燃え上がり、激しいセックスになりました。
そのまま宿泊し、次の日駅まで送ってもらい別れました。
もちろん旦那にはこのことは内緒にしています。

 

志摩スペイン村でセフレができました

私は20代になりたての女性です。
仕事は事務職をしています。
小さな会社なので、会社にいる男性とは一通りデートなどをしたのですが、どの人も決め手にかけました。
なので、恋愛対象は外部に求めないといけません。
なので、婚活ではないですが、近所の観光地などに積極的に出向いて出会いを探しています。
今回は志摩スペイン村に行きました。
アトラクションやレストラン、宿泊施設もある、スペインのテーマパークです。
カップルや家族連れが多くて、女性一人なんて私くらいだったので、これは失敗したなと思いました。
しかし、似たもの同士といいますか、男性で一人で遊びに来た人がいました。
自然とお互いを意識して、ついに彼が話かけてきました。
私の会社の近くの会社で営業職をしているそうです。
顔も割とイケメンだし、背も高いので彼女がいそうなのに、どうしてひとりでここに来ているのか聞いてみました。
すると、両親と一緒に来ていて、ふたりで仲良く遊んでいるので、ひとりでぶらぶらしていたとのことでした。
親孝行なのもいい感じです。
私はまずは身体の相性を大事にするタイプなので、彼を私の部屋に誘いました。
彼と一緒にお風呂に入り、あそこを触って大きくしました。
十分合格ラインです。
彼も私の裸を見て満足しているようでした。
それからセックスをしました。
身体の相性も良くて、気持ちのいいセックスでした。
連絡先を交換してその日は別れました。
その後会社帰りに会って、セックスを繰り返すセフレになりました。
まだ恋愛には発展していないけれど、まずはその第一歩になりました。

 

三重県の長嶋スパーランドでセフレをみつけました

私は30代の独身女性です。
結婚や恋愛にはあまり興味がないのですが、性欲がすごく強いです。
なので、セフレがいつも数人います。
でも、最近は立て続けにセフレが結婚をしたりして、いなくなってしまいました。
なので、セフレを探すためと、体をいやすために長嶋スパーランドに行くことにしました。
遊園地やショッピングモールと長嶋温泉が併設されている施設なので、ずっといられます。
私は温泉目的ですので、温泉宿に宿泊することにしました。
まずは遊園地で男性を物色しました。
すごい素敵な男性がいたので、声をかけようとしたら、隣に女性がいました。
彼女がいるのかと思って立ち去ろうとしたら、何やらケンカをしています。
彼が浮気したのが原因のようで、彼女は怒ってその場から立ち去りました。
私はチャンスだと思いさっそく声をかけました。
彼はびっくりしていましたが、私を見て、にこっと笑いました。
私は自分で言うのもなんですが、男好きのする顔をしていると言われています。
一緒に食事をした後、部屋に彼を連れて行ってセックスをしました。
彼は正直に言って、バカっぽいタイプですが、性欲は強いですし、あそこも大きいのでセフレには最高です。
一度彼が果てた後、また彼の竿を触ったらすぐに大きくなりました。
そして二度目のセックスをしました。
彼をセフレのひとりにすることを決めて、連絡先を交換しました。
次の日は彼以外にもセフレ候補はいないかと捜し歩き、もうひとりセフレをみつけました。
友人に帰ってから報告すると、あきれられてしまいました。

 

志摩地中海村での出会い

先日は三重県の志摩にある志摩地中海村に行きました。
ここは志摩スペイン村ほど全国的に有名ではありませんが、隠れた人気スポットです。
地中海の白い建物が東京ドーム二個くらいの大きな場所に立ち並んでいて、とってもロマンチックです。
クルージングもできるので、もし彼氏が出来たら行きたいと思っていた場所でした。
その下見と言ってはなんですが、会社の同僚と一緒に遊びに行きました。
すごくかわいい噴水とかがあって、ふたりともテンションが上がりました。
絶対男女で来たら楽しいのになと思っていた頃、男性二人組に声をかけられました。
正直女性二人でこの場所にいるのはきついと感じていたので、ダブルデートとなりました。
友達は背の高い体育会系の男性と仲良くなり、私はメガネをかけた背の低い男性と仲良くなりました。
ちょっと二手に分かれてみようと言って、別々に行動することにしてみました。
そうすると、別に恋愛感情はないのに、恋人気分にどんどんなっていくものです。
家の陰に入ると、彼が私にキスをしました。
私もキスをこばまず、ディープキスをしました。
彼は車で来ているからと、車の場所まで私を連れて行くと、後部座席に座らせました。
そして胸を揉んだし、あそこを触ったりしてきました。
私もすっかり欲情していたので、彼のあそこを触って大きくして、口の中に入れました。
彼は私のパンツを脱がせると、財布の中から出したコンドームを付けて私の中に挿入しました。
こうして私たちは、本当のカップルになりました。
それから一年以上続いているので、良い出会いになったと思います。

 

四日市の夜景で口説かれました

私は、三重県四日市で働いているOLです。
先日工場夜景を見ることができるというクルーズに参加をして、その場で口説かれました。
暮らしていたのに全然しらなかったのですが、四日市って、全国有数の工場夜景を見れる都市なんだそうです。
そのこと場所を紹介してくれたのが、会社の同僚です。
五歳くらい年上の男性で、正直あまりイケメンでもないし、モテないタイプなのですが、知識が豊富なのでおもしろい人です。
その彼に、どこか面白いところはないかと聞いたら、そのクルーズを紹介されたのです。
せっかくなら一緒に行こうと私は彼を誘いました。
下心とか全然なくて、クルーズなので男女の方がいいし、いろいろ説明してくれた方がいいと思ったからです。
そして、実際に乗船し、海の上から工場地帯を見ると、とても幻想的でロマンチックなのでした。
夜のクルーズって、大人の熟年カップルとかがすごく大胆にキスをしたりしているのですが、この時も数人のカップルがそうでした。
彼も興奮してしまったらしく、手をつないできましたが、それくらいならとほおっておきました。
しかし彼はどんどん興奮して、胸をもんだりしてきたので、さすがにやめてもらおうと彼の方を振り向きました。
すると彼はキスで唇をふさぎ、私は何も言えないまま、愛撫を続けられてしまいました。
下船する頃にはあそこがびしょびしょに濡れてしまい、彼の車がラブホに入っていくのも止めることができませんでした。
そして、彼は私を抱きました。
思ったよりもセックスが上手で、私は彼を見直しました。
そしてそれから彼とお付き合いが始まりました。
彼は優しいし真面目なので今の所満足しています。

 

御在所ロープウェイでの出来事

三重県には世界有数のロープウェイがあります。
それが御在所ロープウェイで長さは二キロ以上あって、高さも八百メートル近くあるんです。
ロープウェイ好きの私はぜひ乗りたくて、会社の創立記念日を利用していきました。
平日だからだと思うのですが、あまり人がいなかったので、すぐに乗れました。
すごい雄大な景色に大興奮しました。
一度だけだとせっかく来たのにもったいないので、二度目にチャレンジしました。
二度目は私と男性だけでした。
会釈をすると、彼は実は二回連続で乗ってるんですと、笑顔で言いました。
私もなんですと言うと、彼は大笑いしました。
二人ともすごく高いところが好きなんですね、つまりバカってことかもしれませんねと笑いあいました。
高いところが好きとはいえ、高い所にいるとドキドキします。
それは吊り橋効果と同じで、このドキドキが恋のドキドキと同じだと錯覚してしまうような感じでした。
二度目の乗車が終わった後に、もう一度乗りましょうかと彼が言いました。
目がうるんでいて、色っぽい目です。
私は黙ってうなづきました。
また今度もふたりだけです。
発車してすぐに私たちはキスをしました。
時間は約12分間ですが、その間彼はディープキスをしながら、私の胸をもみました。
私はもう気持ちが良くて果ててしまいそうなほどでした。
結局彼と一緒にその後ラブホテルに行って、セックスをしました。
でもロープウェイでの愛撫に比べると、ちょっと興奮が足りませんでした。
なので、その後は一度も会っていません。
吊り橋効果、ロープウェー効果って本当なんですね。

 

熊野古道での出会い

三重県にある熊野古道に行きました。
女性一人でこんなところに来る物好きはいないよなと思っていたのですが、結構いるのでびっくりしました。
基本一人で来ている人が多くて、みんな孤独ながらも連帯感があるような感じで楽しい雰囲気でした。
分かれ道でどうしようか考えて地図を見ていたら、男性が声をかけてきました。
すごく素敵な男性です。
一目ぼれをしたと言っても過言でもないほどの衝撃でした。
彼は地図を見ていたので迷ったと勘違いして、親切心で声をかけてくれたようでした。
私は、その彼の勘違いに乗って、迷ってしまったので困っていますと言いました。
彼はだったら一緒に行きましょうと言ってくれたので、一緒に歩くことになりました。
私は嬉しくてうれしくてたまりませんでした。
こんなチャンスはもうないと思い、さりげなく胸を強調するポーズをとったり、彼にタッチしたりしました。
彼も少しずつ、性欲を感じてきたようでした。
足が痛くなったふりをすると、彼がおんぶをしてくれたので、胸を彼に押し付けました。
彼がびくんとするのが分かりました。
しばらくして、私も歩きだし、彼の手を握ると彼は私にキスをしました。
大成功です。
私は少しだけ嫌がる素振りをして、彼をさらに興奮させました。
そして、もう大丈夫だと思ったところで、ホテルに行こうと言いました。
ホテルまで彼の性欲が落ちないように気を使い、チェックインをして、彼に抱かれました。
こんなに気持ちのいいセックスは久しぶりでした。
彼が果てると、またあそこをくわえて勃起させて、何度もセックスを楽しみました。