マグロな彼女との体験

これはとある日の出来事です。
私は付き合ってしばらくになる彼女がいます。
この彼女はキスは大好きなのですがエッチ自体はあまり好きではなく、ベッドに行ったときは非常に淡白でした。
それがお尻を使い始めてから変わったのです。
きっかけは些細なことでした。
たまたま一緒にAVを見ることになった時に女優さんがお尻を使っていたのです。
それを見て私は「今度やってみる?」と冗談で言ったつもりが彼女は真に受けたようで「私頑張る」と意気込んでしまったのです。
(どうやらこの時、彼女自身も淡白だったことを気にしていたらしく1つのきっかけにしようとしていたみたいです。
) お尻について無知だった私は急いで勉強しました。
とりあえずローションを手に入れ、無理をしないことと挿入時は病気防止のためにゴムをすることを心において始めました。
ローションをつけて彼女のお尻を触るとマグロ気味の彼女から甘い声が普通に漏れました。
これはと思いつつ、徐々にほぐしていくと同時に彼女の反応もよくなっていきました。
その後挿入もしましたが前の穴に入れたときとはまるで違う反応で感じていることをストレートに表現してくれる彼女を見て私も嬉しくなり、私のアソコもギンギンでした。
お互いすごく気持ちよくなってすぐにイってしまいました。
その日はお互いが満足するまで何回もしてしまいました。
今ではマグロ気味の彼女は影を潜め、前の穴でもしっかりと反応してくれるようになり2人の仲もよりいっそう深くなりました。
ただエロくなってしまった彼女の相手は大変で毎日求められて私の精力はギリギリです。