マッチョな男達が私を回すスワッピング

友人の家に行ったら、知らない男達がたくさん居ました

みんな年上の男性のようで、少しやんちゃな男性ばかりでした。

日に焼けた肌が凛々しく、体は筋肉質です。
みんな小さなタンクトップを着ては、ダンベルやストレッチをやっていました。

まるで、ラグビー選手のようないでたちに、思わずドキドキしてしまいました。
そんな男性達は、私が来たら、こちらを見てはヒソヒソ話をしています。

何か嫌な予感はしましたが、友人は「座って」と言います。
そして、「前からスワッピングしたかったでしょ」と言っては、服を脱ぐように促すのです。

「へっ?」と思っているのも束の間

マッチョな男達は、私の周りに来ては私をいじり出します。

その手のいやらしさは、今までの男とは違います。
筋肉質な胸に抱かれると、アソコが妙に濡れてしまいました。

男性が座った大勢になり、私が男性の膝の上に座ります。
そして、私の腰を前後させるのです。

イチモツが入っている私は、もうヘロヘロです。
それを見ながら、周りの男達はアソコをシゴクのです。

次に、私を窓側に立たせ

後ろから激しく突いてきます。

外から誰かに見られているようで、実に気持ちが良かったです。
その男性がイってしまうと、今度はソファの上に座っていた男性にバトンタッチです。

座っている男性の上に反対側に座らされては大股開きにさせられ、下から勢いよく突かれます。
ソファの上に男性が仁王立ちになり、私の口の中にイチモツを入れては、精子を出してきました。

友人の方を見れば、友人は3人の男達に3つの口の穴に同時に入れられ、扱かれていました。

その光景を見て、もっとアソコが感じてしまい、イってしまいました。