ママ友に連れて行かれて初めてのスワッピング

私が初めてスワッピングを経験したのは3年前でした。

保育園のママ友に誘われマンションの一室へ連最初でした。

ママ友は、よく来ているらしく部屋に入るなり、いきなり上着を脱ぎ男女が絡んでいる中へ入って行ってしまいました。

普段はみせない女の顔です。

ママ友の方は既に完全な3P状態とかし男性2人が彼女を、いじりまくり彼女は物凄く感じ、あえいでいるのです。

そんな彼女を見ていると私まで最近なかった感覚が目を覚まし興奮しているのです。

自分で濡れてきているのがわかります。

そんなとき背後から男性に抱き付かれ、耳元で、ここは現実を忘れるところ、普段の自分を捨てる場所。
とささやかれ、その男性にキスされました。

もう、どうでもよくなった瞬間です。

男性とディープキスをし胸を揉まれて、その瞬間もう一人の男性が私の足元から来ました。

太ももを触られながら太ももから秘部にかけて何度も執拗にキスと舐めまわされ
クリトリスを舐められ指で貝をかきまわされ優しく触られ頭がおかしくなりそうでした。

下半身を責められ上半身も責められ気が付けば、あえぎまくる私。
上半身を責めていた男性が気が付けば彼の息子を私の口元に持ってきました。

気が付けばフェラしている自分がいます。

いつの間にかバックの体制になりフェラしている私に背後からクリトリスを優しく愛撫する、もう一人の男性。
はぁぁ~~ん、言葉にならない気持ちよさ。

完全に自分を失っていました。

クリトリスの愛撫の気持ちよさで意識がもうろうとしていると背後から太く固い一物が侵入してくるのです。ゆっくりと。

うっと声がもれ、その瞬間、激しいピストンです。

脳まで電撃がはしったかのような衝撃と同時に気持ちよさに襲われました。
もっとちょうだい、自分で叫んでいました。

ピストンが激しくなり彼はいってしまいましたが、すると今までフェラをしていた男性が今度は私を騎乗位にしたのです。

そして私は思わず腰をふりまくり、あえぎまくっていました。
さっきいってしまった男は気が付けば騎乗位の私の乳首を吸っています。

隙のない攻撃が次から次へとやってきます。
騎乗位のまま私は彼といってしまいました。

彼女のふりをして

唐突な彼女になってのお願い

男友達に「ちょっとだでいいから、俺の彼女になって」と言われました。
「何、ちょっとだけって」と不機嫌に返すと、「一日だけでいい」と言いました。

男友達は、ある場所に行く為にはカップルのふりをしないと入れない、と言いました。
カップルでしか入れない、と聞くと思い浮かんだのはプリントシールのコーナーでした。

ゲームセンターでも、プリントシールのコーナーが別になってる場合、男性だけでは入れないことがあるのです。

私は軽い気持ちで「それならいいよ」と約束したのでした。

待ち合わせをして、ついていくと、飲食店の並ぶ小道に入っていきます。

「ねえ、私じゃなくてもよかったんじゃない?」
「いや、お前がいいと思ったんだよ」

恋愛感情はないけど、悪い気はしませんでした。
連れて行かれたのは、バーのような薄暗い場所でした。

カウンターに通されると、好きな飲み物を頼み、男友達と並んで座りました。
「見て、後ろ」
と指差す方を見ると、カップルがいちゃいちゃしていました。

「なに? あれ」
「俺たちも、ボックス席行こうぜ」

引っ張られてボックス席に座ると、ここはさらに暗くなっていました。

男友達が体を触ってきました。

その時、そうか、ここはハプニングバーだ!と気づいたのです。

同じボックス席に、別のカップルがやってきて、目の前で行為をはじめました。
「やだ、やめて」
言っても聞いてはくれませんでした。

すぐ隣ではカップルが腰を振っています。

すると、別の男性客が私を羽交い締めにして、後ろから指でクンニをはじめました。
もう逃れることができないと思った私は、男友達と、ほかの男性客に交互に犯されました。

その状況に興奮してしまいました。

男友達とはその後、会うことはありませんでしたが、今は恋人といっしょにあのバーへ行っています。

彼氏の性癖に付き合わされて・・・

付き合ってた彼氏がスワッピング趣味持ち

そうだと知ったときの正直な感想は「ありえない」でした。

もっとチャラ男でヤリチンな奴が好きなプレイだと思ってましたから、美容師として働いてる彼氏のイメージとはかなり乖離がありましたね。

なんでも、自分じゃない男相手に彼女がイかされてるところを見ているとギンギンにアソコが硬くなるんだとか。

その状態でするセックスは腰が抜けそうになるくらい気持ちイイんだそうです。

ある程度気心が知れていて、もちろん病気なんかも持ってない相手が望ましいと。

友人に理解がある奴がいて(類友だな、オイ)
今までの元カノにもお願いしてきたそうです。

性欲は恥かしいことじゃない。むしろ色々な形があっていい。
性に開かれたカップルは素晴らしいと思う。

そして俺の性癖を最大限に満たすプレイがスワッピングなんだと説かれました。

つまりお前が気持ちよくなりたいんだろうが!

冗談じゃないと断り続けて半年、根負けしたのは私の方。

絶対変な相手じゃないことを確認し彼の家でスワッピングを行うことになりました。

それが、あの、私の相手の男っていうのがエラく上手い奴でして。特に性欲魔人って顔でもなかったのに。

クンニも手マンもされてる途中は感じまくりで挿入されるときにはもうグチョグチョでした。
ところがいざ、ってときに相手の男にバックから抱えられて座らされ、思い切り脚を広げられたんです。大股開きの私のすぐ前には女と絡む彼氏。

「まさか!」って思ったときにはもう先端が膣の中に埋められていました。
バッチリ目が彼氏と合ったまま。
そのあとは私はいい様に揺すられて突き上げられるしかありませんでした。

シーツに染みを作るくらいに濡れまくって、中で擦れる度に音が出るのも分かることに羞恥心が止められません。

結局何回イッたか覚えていないのです。
その後彼氏は「お前最高にエロかったよ。次は人数増やしてやろうな」と機嫌がよかったです。

エッチしている友達を見ながらするエッチの快感

夜に友達と二人で街を歩いている時にナンパ

ナンパされることは良くあるのですが今までついていったことはありませんでした。

しかしこの日は二人共丁度彼氏と別れたばかりのタイミングで寂しさもあり、退屈でもあったのでOKし一緒に遊びました。

男性も二人組で飲みに行った後にカラオケに行ったのですが何となく男女一組になって会話したり飲んだりしていました。

ほとんど歌は歌わず場所だけを使っている状態でした。

途中私がトイレに立ち、女子トイレに入ろうとした所

追いかけて来た男性に手を引っ張られて男性トイレに連れ込まれました。

個室トイレに引き込まれてキスをされたり胸を触られたりしてお酒とはじめての経験に興奮してしまいされるがままになってしまいました。

フェラまでしたところでドアをノックされ、その時はバレずにやり過ごしたのですがそれで少し冷静になり友達のことも気になったので部屋に戻ることにしました。

しかし、部屋に入ると最初は部屋の暗さでわかりませんでしたが二人は抱き合っていて友達は胸を露出し、下は何も履いていない状態でした。

エッチしているんだ、とわかった時には私もソファに押し倒されてそのままエッチしてしまいました。

カラオケの店内ということもありすけるドアの外から見えないかが気になり凄く興奮しました。

それからカラオケを出て男のマンションに移動すると

今度は組み合わせを変えてスワッピングしよう、と言われ何のことかよくわかりませんでしたが友達とエッチしていた男性に押し倒されてそのままエッチしました。

友達も私がカラオケでした相手とやっていました。

カラオケの店内は暗かったのでハッキリ見えませんでしたがマンションの部屋は明るかったため友達の乱れる姿が見えてそれを見ながらされることに激しく興奮しやみつきになりました。

セックスフレンドなんて絶対に嫌だ、と自分は考えていましたが一度味わうと恋人の面倒臭さがなく欲望に素直になれるため止めることが出来ません。

スワッピングに異様に興奮した体験

自分に恋人がいる時に少しセックスの悩みがありました。

それは刺激がなくなってきたという分かりやすい悩みです。

私はそのまま放置していたのですが彼女がスワッピングをしたいと言ってきました。
スワッピングという言葉を聞いて意外に感じたので色々とその後調べました。

彼女はスワッピングに積極的で友人を誘っていました。
私は流されるように友人の恋人とスワッピングをすることになりました。
自分は彼女が喜ぶならスワッピングをしても良いという考えです。

そして、スワッピングが始まるといつもと全く違うセックスを体験したのです。

友人の彼女は自分の場合とは全て違っていたと思います。

最初にスタイルも違うので新鮮な感覚を感じました。
また、友人の彼女はセックスが上手くて常にリードされました。

私はどこかで相手にリードされたい願望があったので異様に興奮したのです。
こういったスワッピングなら私はまた体験したい気持ちです。

スワッピングをした後も何度か同じ行為をしました。

自分の彼女はスワッピングにはまって常にそういった行為をしたいと言われました。
自分も違う相手に少し興奮を感じたのでスワッピングを続けたのです。

結果的には何人かの友人とスワッピングをしてお互いの欲求不満は解消できました。
また、スワッピングをした後に彼女とセックスをするといつもよりも興奮するということがありました。

私は興奮するという点ではスワッピングは凄いと思います。
彼女もそういった話を聞いていたからこの行為に挑戦したのだと今は感じます。

彼女の友人とセックスしました。

私は40代の男性です。

妻のともだちの女性がよく家に遊びに来ます。
私もたまに顔を出して、いろいろ話をします。

その中に、とても私と話が合って趣味も合う女性がいました。
A子さんといいます。

なので、彼女がいると私もトークに参加して、たまにふたりで話し込むこともあります。
妻も友達と私が仲が良いのは嬉しいようです。

私は好きなバンドがあって、よくそのコンサートに行きます。

妻も付き合ってコンサートに行くので、チケットはいつも二枚とります。

先日も二枚チケットをとって、妻にコンサートの日を伝えると、用事があっていけないという事です。

どうしようかなと思っていると、妻はA子さんを誘えばいいといいました。
たしかにA子さんは妻よりも、そのバンドの事が好きで、いつか一緒に行きたいと言っていました。

妻は、そうしようと言い、彼女に電話をかけました。
私はそういうわけでA子さんとふたりでコンサートに行くことになりました。

そしてコンサート前に、会場の近くの喫茶店で待ち合わせをしました。
彼女は会社帰りなので、服装がビジネスモードです。
家に遊びに来るときよりもおとなっぽく見えました。

ふたりで楽しく話しているうちに、お互いを見つめあう時間が増えてきました。
そして、コンサートの時間はふたりで何をしても、妻にはばれないという事に同時に気付いたのでした。

喫茶店を出ると、一番近くにあるラブホテルに入りました。

彼女の友達とこんなことはいけないと思いながらも、興奮します。

彼女のおっぱいを揉みながら、こんなに大きかったんだと思いました。
そしてあそこを触ったら、びしょびしょでした。
ずっとしたかったと、彼女は言いました。

気が付くと私は脱がされていたんです

スワッピングというか半分輪姦みたいにされた話。

彼氏が友人との飲みに私を誘ってきた。

自分は人見知りなんで正直遠慮したかったけど、彼氏が「絶対楽しいって!相手の彼女もいるからさ」と言われ女の人がもう一人いるならいいかあ、と思っていた。

居酒屋で初めて顔を合わせた相手はなんというか、肉食って顔に書いてあるような男だった。

秋なのにタンクトップだったし。腕には絵があった。
彼女の方は話は面白かったけど化粧が濃かった。
あとから知ったけど風俗嬢をしていた。

とはいえ最初の方はそこそこ楽しくて、私はお酒に弱いのに少し飲みすぎていた。

今思うとやたらとアルコールをすすめられていた気がする。
彼氏は私が弱いことを知っていたはずだし。

そうして気が付くと彼氏の家で飲みなおすことになっていた。

私は自分の家に帰ってもよかったけど彼氏の家の方が近かったし、自分は飲まずに酔いを冷ましていこうと思った。

部屋に付いた途端、もう飲めないと言っておいたのに彼氏と友人カップルがやたらとビールをすすめてきた。

これ以上拒むと場が白けると飲み干し・・・
気が付くと下着を脱がされ、服はたくし上げられていた。

そして私の足の間には友人の彼女の顔が。
クンニされていたらしい。思わず悲鳴をあげると彼氏と友人彼の笑い声。
私以外全裸だった。男どものチンコは勃起してた。

それから何本もの手が伸びてきた。

乳首を吸われ、胸を揉まれ、咥えさせられて体勢もくるくる変えられた。

「今、安全日だよな?」と彼が言ったと思うと思い切り脚を広げられてアソコに生でずぶずぶと挿入された。

揺さぶられているところを友人彼女が「かわいい~。次は私とね」と私にキスしてきた。

ちなみに彼女も自分の彼氏に突っ込まれていた。

翌日ヘロヘロで彼氏に問い詰めるとスワッピングに私を巻き込んだらしい。
お前、そんな趣味だったんかい。

ご近所夫婦と

僕と妻の百合はセックスが生活の中心

百合は外出する時は膝丈までの長さのスカートを履いているし、品も良いので、周りは気付かないと思った。

近所で最近親しくなった夫婦がいた。
普通の感じの良い二人だった。

ただ、そこの奥さんは、おっぱいが大きかった。
僕の妻はBカップだが、そこの奥さんはDカップはありそうだった。

ある日、その鈴木さんの奥さんにバッタリ道であった。

薄着をしていて、薄ピンクのシャツから乳首の突起らしきものがうっすり映っていた。

ノーブラらしい。やるなあ。とおもった。
その日から、スワッピングの対象に鈴木さんの夫婦がよぎるようになった。

僕はそれを妻に話した。妻は初め、スワッピングには興味がなかった。
が、妻は鈴木さんの旦那にばったり道端であった。

妻は愛想良く会釈をした。その時、僕の言ったことを意識してしまったのだ。
彼の股間に視線がいってしまったという。

そして彼はそれに気づいたようで、妻の瞳を見つめ、妻の胸の膨らみ、腰周り、ヒップと見つめられたという。

僕は、さりげなく鈴木さんの旦那の反応を見ることにした。

また外であった際、ちょっと下ネタをはなしてみた。
この間、妻の百合が道端であったそうで。

百合、この間、君の身体に視線が行ってしまったようで。
ああ見えて、ちょっといやらしかったかな。失礼。と言った。

鈴木さんの旦那はごくりと唾を飲み込み、いやあ。ドキッとしました。
百合さんのような品の良い方に見つめられて。と言った。

僕は持ちかけた。実は僕達、セックスが好きでね。スワッピングに興味があるんだ。
どうかな?と尋ねた。

そして鈴木は僕の妻のお尻を早速いやらし気に撫で回した。
僕は鈴木さんの奥さんの巨乳に埋もれた。

僕の妻の友人カップルと

僕と妻は結婚して10年が経過している。

僕と妻の間には子供はいない。
が、セックスは日々色々と研究し、刺激し合い、仲が良かった。

野外セックス、カーセックスと刺激を求めた。
そして、最近、二人で、スワッピングの話をするようになった。

妻の百合の地元に僕は住んでいて、妻は友達が多かった。
妻は言った。良く下ネタトークで盛り上がる友達が一人心当たりがあると言った。
今度会った時、さらっと過激なセックスの話をしてみようかしら。と言った。

その子は、真理といい、巨乳のフェミニンな子だという。

研究職の旦那がいるそうだ。
百合はミニスカートを履き、真理と会うといって外出した。

ガールズトークが盛り上がり、エッチトークへ移行して行った。
百合は、野外セックスの刺激などを話した。
真理は私も彼を誘ってしてみようかな。と目を輝かせた。

そして百合は話を続けた。
でもね。最近、他の事に興味が出てきているんだ。と言った。

真理はどんな事?と百合の顔を覗いた。
百合は小声で耳打ちした。スワッピング。と。
スワッピングって刺激的で愛が高まるんだって。と言った。

真理は百合に相手いるの?と言った。まだ見つけてない。と言った。
どう?真理達が興味があったらいつでもね。連絡待ってるから。と百合は言った。

それからしばらくして、真理からTELが来た。

あのう。この間の話をふざけてしたら、旦那が乗り気で。
私は迷ってる。といった。まあ、真理、今週末旦那さんと遊びに来なさいよ。
迷いの答えが出ちゃうかもね。と笑った。

そして週末、二人はやってきた。
真理は相変わらず、薄ピンクのガーリーなワンピースが似合い、胸元の巨乳は女性でも綺麗だと感心した。

僕は真理の身体を見てドキドキした。綺麗だね。真理ちゃん。と言った。
妻の百合は早くもジェラシー。真理の旦那の徹の体に触れて、素敵な胸板ね。と言った。

そして、僕達は相手を交換し、刺激的な時が始まった。

妻の友人カップルとの体験記

僕の妻の百合は長年親しくしている、真理という友人がいた。

最近、僕達は彼女の地元に引越しをした。
それからというもの真理とよく会って話をしているようだった。

お前、今日も真理ちゃんと会ってたのか。何話してんだ?と尋ねた。

色々とね。夢だったり、人生だったり、エッチトークもね。と言った。
真理ちゃんもそういうトーク好きか?と旦那は興味津々に聞いてきた。

真理はちょっと特別。

まあね。私と同類でかなりエッチ好きと言った。

カーセックスとかね。色々と話す。と。旦那は言った。
なあ、真理ちゃんとこ、スワッピング興味あるかな?と。

私は、このバカ。ドスケベと笑って拗ねた。そしてまた真理とあった日、旦那がね。
真理ちゃんとことスワッピングなんて言い出したのよ。と言った。

真理は、あら?本当?私達、スワッピングに興味があるの。と小声で囁いた。

私は、しばらくその真理の言った話を旦那に伝えなかったが、ある休日ポロっと言った。真理のとこやっぱりエッチ。スワッピング興味があるんだって。と言った。

僕は答えた。よし。話が早い。自宅に二人を招こうとなった。

真理と樹が自宅にやってきた。

真理ちゃんは上着を脱ぐと、透け透けセクシー衣装だった。

妻も負けじと、マイクロミニスカートを履いた。妻の足は細く美しかった。
僕は、真理ちゃんを引き寄せた。真理ちゃんの透け透け衣装の下のおっぱいが刺激的だった。

そしておっぱいを触った。樹が僕の妻の脚を舐めまわし、身体を妻に擦り寄せた。

壁一枚を境に僕は真理ちゃんを連れて隣の部屋へ移動した。
樹はすでに、僕の妻を壁に押し付けていた。妻のマイクロミニスカートに手をかけていた。

僕は僕で真理ちゃんのワンピースの中に入り、おっぱいを吸いまくった。