メンバーで彼氏彼女がいるのに

これから話すのは、大学の卒業旅行で実際に起こった出来事です。

当時、私は卒業を間近に控えていた大学生でした。卒業論文も終わり、ようやく一息ついて仲の良いメンバーで旅行に行く計画を立てていましたメンバーはちょうど3組のカップルで男女6人でした

行き先は長野県のスキー場で温泉つきの宿だったのでみんな楽しみにしていたと思います。部屋は男女別々で合計2部屋を借りて、夕食が終わったあと温泉に入り、そのあと飲み会の予定でした。飲み会開始直後はまったりとした雰囲気だったのですが、お酒が進むにつれメンバーのテンションが徐々にあがりだしました

そして、普段あまり私たちがしないようなエッチな会話が

始まりました。お互いのセックスについて語りだすと、男性陣のテンションは一気に高くなり、私も体がほてりだしました。それからメンバーの一人のA君が脱ぎだし、なんと“乱交”を提案したのです。通常時でしたらみんな拒否していたと思いますが、お酒を飲みエッチな話で盛り上がっていた私たちに拒否するものはだれもいませんでした

初めはお互いのパートナーとセックスしてそれから交代しました。

二番目の相手のA君は正直あまり気持ちよくありませんでした。決してあそこが小さいわけではありませんが、なんというかテクがイマイチでした。三番目のR君が予想以上に気持ちよくて驚きました。彼氏とまではいきませんが、意外に女慣れしている感じでした。

お互い別々のところに就職して、今は彼氏以外と会うことはほとんどありませんが、機会があればまたこのメンバーで旅行したいです。そのときは大部屋を一部屋借りられるのが理想ですね

乱交パーティーで色々な人とのエッチ

私にはセフレがいます。それも1人ではなく3人ほどです。

なぜセフレがいるのかというと、理由は彼氏彼女の関係が面倒くさいからです。数年前までは普通に恋愛して好きな人とだけエッチするのが良かったけれど、付き合っていると色々と制限かかってくるのが嫌になってきました

何人かと付き合っているうちに、したいときにだけして割り切りに近い関係が楽だと思うようになりました。セフレが数人いると色々な人とのエッチが楽しめます。彼氏が一人いるよりもセフレが複数いるほうがエッチ好きの女子にはおススメです

先日、セフレの一人が乱交パーティーに誘ってくれました。

こちらのセフレT君は私と同じように複数のセフレがいます。T君はお金持ちで一人降暮らしにマンションで3LDKの部屋に住んでいます。乱交パーティーの主催者はT君でそのマンションでやるということでした

私は少し躊躇しましたが、男友達をT君が何人も連れてきてくれるというので、参加することにしました。当日、私はバイトがあって遅れていったのですが部屋に入った途端、女性のあえぎ声が聞こえてきました

なかでは既に男4名と女2名が代わる代わる交代でエッチ

していたのです。食べかけのピザや酒ビンが散乱していましたが、誰も気に留めていませんでした。乱交パーティーに参加していた私以外の女の子たちは、おそらくみんなT君のセフレでしょう。それなりに可愛い子たちでした

その後、私も上着を脱いだらすぐに男たちに導かれ、服を脱がされました。こんな異様なパーティーは初めてだったけれど、色々な人たちとエッチができてとても楽しかったです

近いうちにまた第二回の乱交パーティーをT君に開催してもらいたいです

ブラック企業だったからこそ仲良くなれた

私にはセックスフレンドがいます。

このセフレと出会ったのは私の前職場でした。私が勤めていた前の会社はブラック企業でした。今ではブラック企業に勤めていたおかげでセフレができ、感謝しています。今回はこんな展開もあるんだということで私の体験談についてきていただければと思います。

私は40歳になった独身の男です。前の会社では残業があたりまえで女子社員も平気で会社に泊まりこむことが多かったのです。そういったこともあり、社員同士の仲はよかったと思います。社員は男が2人と女が3人でした。

男は私と私の上司ですので上司は残業はしないで基本的には客先勤務です。そして女子社員の2人はパートの奥さんです。そして私のセフレでもある女子社員は20代後半のデザイナーです。事務仕事も一人でやっており、勤勉な印象がありました。私もその女子社員も会社でとにかく残業をしていたと思います

時間でいうなら8時出勤の2時帰宅です。それが週5.6のペースですから当然プライベートも何もありません。お互い同じ時間を過ごすことも多く、会社で寝泊りすることも多かったのです

そして、ことは起きました。

彼女が会社のソファでだらしなく寝ていたところ、下着が見えており、私の目は釘付けになってしまいました。私もそのときはピンサロにも行くことができずに毎日がモンモンとしていました。彼女のことは可愛いなと思っていましたが高嶺の花だと思っていましたので潔くあきらめていたのです

私はどうしても我慢ができなかったので会社のトイレでその彼女の下着の中を想像し、オナニーをしました。実はそれを見られてしまったのです。厳密には行為そのものをみられたわけではなく、私の愛液を見られてしまったのです。そして彼女はそのことについて詳しく聞いてきました

私は本音で彼女に対し、おかずにしたと伝えました。

すると意外な答えが返ってきました。おかずにしてくれるなんてうれしいと告げられました。昔の彼女の話ではブスでもてなかったらしいので本当にうれしいとのことでした。

それから小一時間ほどはなすにつれ距離がちじまり、その30分後にはエッチしました。お互い、仕事に縛られていたのが開放され、満足な笑顔を初めてみることができました

それから私はこの会社を辞め、別の会社で働いておりますが今でもセックスフレンドの関係は続いています。今度は一緒に乱交パーティーに行こうとも冗談交じりに話しています。

乱交は最低でも三~四人の男女が入り乱れて


不特定の異性と性交することですから、昨今の日本では大っぴらにされる趣向ではありません。グループセックスとも呼ばれ、その魅力は非日常な状況での性的興奮だといえます。AVなどではそこそこ見られるシュチュエーションですが、実際に体験しようとなるとそれなりの下調べと手順を踏む必要があります

まず会員クラブやネット掲示板などで乱交パーティを出来る場所や相手などを見つけなければなりません。クラブなら会員になる必要がありますし、金銭の取り扱いに注意しないと公然わいせつに当たってしまい摘発の目が厳しいため、細心の注意を払いましょう。ホテルの一室や、一軒家をその間だけ借りて参加メンバーをそこに集めるといった方法もとられています。

私はまったく偶然に乱交パーティに

近い状況に参加することになったことはあります。場所はとあるハプニングバーです。女性二人を三人の男性が縛り上げて鑑賞し、ローターで絶頂させたりフェラチオさせたりしていたのですが女性たちが最近は逆に珍しいギャル系でかなり若くじっくり眺めていると男性の一人と目が合い、声をかけられました。

これから個室になっている部屋に移動してプレイに入るがいっしょにどうか、というお誘いでした。いつもは眺めているだけなのですが集中していたせいか自分も発情しており、店員からゴムをもらって参加しました。聞くとこの男性が女性二人を連れてきており、他の男性は自分と同じように途中参加だというのです。

部屋の中ではすでに始まっていました。

女性の片方は四つんばいで挿入されながら他の男性のフェラチオをしており、もうひとりのギャルは先ほど絶頂したばかりでまだ目隠しされたまま太めのディルドが膣に挿入されています。この女性にリーダーらしき男性が近づき、一気にディルドを引っこ抜くと私にすぐに挿入していいと言ってきました

慌ててズボンを引き下ろしてゴムを被せ、まだ少し口を開けている女性の膣に入れます。何の抵抗もなくするっと入り、脚を抱えあげて揺さぶるとおっぱいがぶるんぶるんと揺れました。

情けないことにあんまり長持ちしなかったのですがそのあとお掃除フェラやもう一人の女性にも挿入し久しぶりに枯れたと感じるまで精液を出すことになりました

集団ナンパから乱交パーティーへ

私は最近彼氏とはセックスレスでした。

彼氏は最近仕事が忙しく、忙しいながらにも私と会う時間を作ってくれるのですが、セックスは淡白なもので終わってしまうので物足りず、最近ではセックスをすることもなくなってきたのです。

私は毎日セックスをしたいと思っていたので、友人にそんなことを相談していると、乱交パーティに誘われたのです。友人も彼氏がいるのですが、セックスの相性があまりよくないらしく、乱交パーティに行っては性欲を満たしていると言います。

お見合いのようなカンジで乱交パーティが始まり、

1人につき1時間で男女合わせて10人いました。制限時間でセックスをしあい、みんな同じ部屋でセックスを楽しみます。ほかの人のセックスを見ながら興奮してセックスをすることができるのも、乱交パーティならではの楽しみなんだとか

セックスをして交わっている人や、オナニーを見せ合っている人などもいました。中にはすごく腰使いの上手い人もいて、私は興奮しながらも感じていました。いろいろな人を相手にエッチをするのはすごく恥ずかしいけど、それ以上に興奮を味わうことができました

彼とするエッチでは味わうことのできない

刺激や快感を沢山味わうことができたのです。年上のおじさまから、年下の人まで幅広い年代でいたので、すごく充実し、欲求も満たされていきました。大人のおもちゃもあり、電マも初めて使い、セックスがこんなにも気持ちが良かったと言うことをこの日初めて知ったのでした

アルバイト先の憧れの女の子とセックスをした体験談

大学に通いながらアルバイトをしていた頃のこと。

バイト先にはすごく可愛い女の子がいたのです。全体的にはぽっちゃりとした体型でしたが、しまるところはしまっていてグラマラスな体型をしていました。愛想がよく、笑顔のすごく可愛い女の子で、私の憧れの女の子だったのです

そして、1度彼女とセックスをしてみたいと言った下心もあったのです。私は、彼女に猛アタックをして仲良くなり、友達として、プライベートでも遊ぶ仲になったのです。性格もすごくいいこで、一緒にいて楽しかったです。

ある日、バイトの飲み会があり、彼女も参加したのです。その帰りに、男3人と女2人でカラオケに行くことになったのです。もう一人の女の子もすごく可愛い女の子で、彼女ともすごく仲のいい友人でした。

歌って楽しみ、すごく盛り上がったところで、

トイレに行き、再び戻ってくると、すごく信じられない光景になっていたのです。4人はなんとセックスモードに突入していました。でも、カラオケボックスなので、場所を変え、ここから近く一人暮らしをしていると言う男性のアパートに行くことにしました。

家に行くと、早速乱交状態になっていきます。一人暮らしのアパートにしては広いと思うほどに快適なつくりをしていましたが、5人はさすがに密着して感じます。

私は憧れだった彼女と何とディープキスをすることになり、彼女もいろんな人に見られることに抵抗を感じるけど、私とのセックスだったらしてもいいと言い、私は乱交状態の中、ほかの男性と一緒に彼女を犯し、もう一人の女のこのことも気持ちよくするのでした

集団ナンパから乱交パーティーへ


宮城県仙台市の繁華街の外れはナンパスポットとして有名です。個人個人で楽しむナンパから、集団で行うナンパまで様々ですが、今年の夏は私にとっても忘れられない夏になりました。ある夏の夜、暇だったので友人たちとナンパしに行きました。こちらの人数は男3人、なので女の子も同じくらいの人数を目当てに集団ナンパを行うことになりました

最初の目的は女の子たちと楽しくお酒が飲めれば良いとだけ思っていました。ナンパを始めてから数時間、なかなか三人組のナンパに成功せずグダグダと時間だけが過ぎて行きましたが、やっとのことで3人組の女の子のナンパに成功しました。彼女たちは大学時代の友人同士みたくプチ同窓会の帰りみたいでした。

そんな彼女たちと軽くお酒を飲みながら

語り合っていると、話しはお酒の影響もあり段々と過激な方へと盛り上がりました。下ネタから性欲のこと、セックス体験、そして話は乱交経験はあるのかという話になり、みんな乱交の経験はないということから話しは進みなぜか今から乱交をやってみようという流れになりました

今思えばとても流れ的におかしな方向だったと思いますが、男も女もその時は不思議と流れるまま乱交パーティーの方向へ向かっていきました。場所は女の子が住んでいるマンションの一室、彼女のマンションは家族暮らしですが父親と母親が仕事の関係で長期で留守のため広い部屋で一人で住んでいました。

順番にシャワーを浴びて、

お酒の勢いで乱交パーティーがいきなり始まる、次々と入れ替わりながら女の子たちとエッチをする口を犯しながらもう一人は下を責める、または女の子たちは二人でフェラチオをしたり一人は顔面騎乗、もう一人はフェラチオなど次から次へと貪るようにセックスをしていました。

初めて体験した乱交パーティー、あまりにも快感が強かったせいか、その後もセフレとしてお互い時間がある時に今でも会っています。ナンパから乱交へこの刺激的な体験は今でも忘れられません

セフレを通じて参加した最高の乱交パーティー

私は都内で働くOLです。

仕事で夜遅くなることも多かったため合コン等にあまり行けませんでした。そんな生活をずっと続けていましたので、30代に差し掛かる頃になっても彼氏が出来ずに寂しい日々を過ごしていました。

そんなある日、寂しさを紛らわそうと出会い系サイトで年上の40代の男性と会うようになりました。この男性はセックスがお上手です。今まで男性が一方的に私の体で性欲を満たすことが多かったのですが、この男性は私の身も心も気持ちよくしてくれます。気が付いた時にはセックスから離れられなくなっていました

私は彼が乱交パーティーに

参加していたのを知っていたので、頼み込んで複数の男性とセックスさせて下さいとおねだりをしました。二つ返事でオーケーをもらい、先週ついに初の乱交パーティーに参加してきました。場所は都内のとあるホテルです。

三組のカップルがそれぞれフリータイムで入室し、一部屋に集まって乱交パーティーを行いました。初めは照れ臭い気持ちもあったのですが、えっちな話やボディタッチをされているうちにすっかり興奮してしまい、いつの間にか初めて会った男性のアソコをしゃぶっていました

精液の香りが口の中いっぱいに

広がり、さらに興奮した私はその男性の膝の上にまたがり生で中に入れていただきました。他のもう一人の男性は私の胸やお尻の穴を弄って来て、すごく恥ずかしかったのですが自分でクリトリスを弄りながら思いっきりイってしまいました

その後はもう一人の男性ともセックスをし、女性のアソコを舐めたりと性欲に溺れた時間を過ごすことが出来ました。普段のOL姿からはとても想像出来ない淫らな自分の姿に、今でも興奮を覚えます

普通の主婦ですが・・・

学生時代から特に目立った事もなく、

どちらかと言えば印象は薄いと言われる44歳のごく普通の主婦です。容姿も美人とか可愛いとか言われた記憶はないので、どこにでもいるタイプです。私は30歳で結婚をしましたが、夫との間には子はいません。

週に4回のパートタイムをしていますが、友達も多いほうではないので、普段は飲むに行ったりすることもありません。結婚して10年は普通に本当に普通に暮らしていましたが、一度の人生これでいいのか?と自分で自分を問うようになりました

そんな時にある出会い系のサイトで

私より6つ年上の男性と知り合いました。彼にも家族がいて、彼もどちらかと言うとイケメンではなく、特にお金を沢山持っているわけでもなく、普通のサラリーマンです

そんな普通なところが合ってか? メッセージを交わす事半年・・・一度会いませんか? とお誘いを頂きました。そんな事から彼と出会いまして、それから4年間セックスフレンドとしてお付き合いをしています

私は今まで男性経験は夫を入れて二人でしたので、

あまり性的に豊かな知識がありませんでしたが、彼に出会って本当に沢山の性的なことを教えてもらっています1人でするHの仕方から、男性を満足させる口テクニックから潮をふく経験もさせてもらいました

自分がこんなにも大胆な性格だったの?と驚くことの連続の4年間です。今は毎日を彼と過ごせる日だけを楽しみに生きている感じです。自分の人生に楽しみを与えてくれた彼に感謝しています。そして少しでも彼を世喜ばせるテクを身につけたいです。

職場の同期の中にはすごく淫乱な女性がいるのです。


彼女は私の同僚なのですが、職場ではすごくまじめに働く女性なのです。しかし、プライベートでは職場とはまた別の顔を持っているのでした

それは飲み会のときでした。職場の人たちとの飲み会では、彼女はすごく解放的になるようです。仕事は仕事だからまじめにこなしているけど、オフは仕事のことを忘れて開放的になりたいと言うのです

お酒を飲むと、すごく楽しくなり、

周りの雰囲気も明るくしてくれます。しかし、飲みすぎるとすぐにつぶれてしまいます。1次会が終わり、2次会はカラオケに行くことに。2次会では1次会の半分の人数になり10人くらいいました。

その中には彼女もいて、すごく盛り上がっていたのです。そして、途中から人数が減っていき、私もいったんトイレに行ったのでした。すると、男トイレからエッチな喘ぎ声が聞こえてくるのです

除いてみると、同期の彼女でした。

彼女は酔ってつぶれそうになると淫乱になるのだそうです。淫乱になった彼女に4人の男からのエッチな攻撃をされ、嬉しそうに「アンアン」いっている彼女の姿がありました私も途中から混ざり、彼女の中に挿入したのです

すると、突然彼女から「前から好きだったのお」と告白され、ドキっとしました。複数の男のモノを握り締めたまま私に告白してくる彼女を思い切り私は犯しました。さすがに中にはマズイと思い、顔に思い切りフィニッシュしました。

人妻限定の乱交パーティに参加した時の体験談

先日、乱交パーティに参加してきました。

人妻限定と言うことで、すごくいやらしい女性たちばかりが集まっていました。誰かのものと言うだけでも興奮を思えてしまう私でしたが、そんな女性が沢山いていろいろな人とセックスを楽しむことができるのはすごく楽園のようだと思いました

人妻さんにどうして乱交パーティに参加するのか聞いてみると、やはりたいていの人は旦那さんだけでは物足りないからと言った理由なんだそうです

仕事で疲れている旦那さんにセックスをさせる

のはすごく酷なのよね~なんていいながらも、すごく楽しそうに話している奥さんを聞いて、女の欲求ってすごく大きなものなんだなと改めて確信してしまいました

私は一人の女性と会話をしながらセックスをすることにしました。彼女は旦那さんにセックスをおねだりするときは、自分のおっぱいを見せて触らせるんだそうです。そして、男のモノを手コキして、その気にさせると言います。

そんな話を聞きながらも興奮した私は、

彼女にキスをします。そして、大きなおっぱいを思い切り揉み、乳首をたくさん舐めたりして愛撫をします。それだけで、彼女もすごく濡れ濡れになっており、思い切りアソコを広げて「早く・・ほしい・・・」なんておねだりをしてきます。

私は、彼女の要望どおりに挿入し、思い切り腰を振ってピストンをします。途中でおっぱいをもんでみたりしながらピストンをだんだん激しくしていきます。

彼女もだんだんエロい声になっていき、絶頂に達するのでした

サークル仲間と一緒に乱交パーティ体験談

私は、社会人になって仕事と家の往復に

少し退屈になっていたので、社会人のテニスサークルというものに入ったのです。サークルの雰囲気にも慣れ始めてきて、だんだん楽しくなってきた頃、サークル以外でも飲みにいったりと友達のような感覚になってきたのでした

そんなある日、サークルで知り合った男友達から「童貞を卒業したい」と切実に言われ、私は最初なんて応えていいか分からなかったけど、彼は結構私のタイプだったので、「私でよかったら相手になるよ」というと、すごく喜んでセックスをする日を決め、私の家にやってきたのです。

最初は彼一人だと思っていたのですが、

来たのは3人の男性でした。「一人じゃないの?」思わず、そんな一言を言ってしまうのですが、「みんな切実に悩んでいるんだよ」なんて意味不明なことを言われ、私はちょっと戸惑ってしまいました。しかし、断ることはできずに、3人の男性を家に入れるのです

私と彼らの4Pセックスはじわじわと始まって行ったのです。乱交状態になっていく私たちでしたが、そのセックスはすごく楽しいものでした

みんなに、すごくいい体つきだとほめられ、

それぞれのセックスが違う形で気持ちよく、いろいろな快感をいっぺんに感じているような感覚になり、すごく贅沢な気分になったのです。

騎乗位でのセックスで、一人の男性のモノをフェラし、もう一人はひたすら私のおっぱいを愛撫します。敏感なところを同時に気持ちよくされるのはすごく気持ちよく、気がついたときには「もっとして」「もっと突いて~」と叫んでいました

大人の飲み会と称して開催されたのが、仲間内で集まった


飲み会です。もともと出会い系で知り合った友人などを招いていたので、健全な飲み会にはならないだろうと思っていました。でもはじめはみんな部屋のみで楽しく飲んでいたのです。料理はケータリングで美味しかったし、お酒も度数が強いもので結構ゲームをしながら罰ゲームで飲まされたりして結構酔いが回っていましたね。そんななかゲームで一番負けた男の子が眠ってしまったのです。

そしたらそのセフレの彼女が、ちょっといじめようかと

ズボンを下げたのです。それから彼女がセフレをフェラし始めました。彼は完全に熟睡。反応もしません。でも彼女がフェラしたことにほかの男性が興奮したのか、フェラしている彼女を後ろからクンニし始めたのです。彼女はとても気持ちよさそうで、途中でフェラを辞めてしまいました。そしてその彼を受け入れる体勢に。

それを見ていた私たちも酔いも合って、興奮してきて

みんなでさわりまくりになってしまいました。私も男性の上に抱っこされた状態になり、後ろから股間をまさぐられました。その股間を見えるように足を広げて抱っこするので、みんなが嫌でも見るのです。

私は恥ずかしかったけれど、段々濡れてくる自分がいるのが分かりました。その刺激も合って彼が指を激しく動かすとわたしはもう座っていられない状態になり、四つん這いに。下からは男性に胸を吸われ、後ろからは挿入され、これまでで一番激しいエッチを経験しました

乱交パーティーの呼び込みに捕まった

ある時に飲み屋街を歩いていると、1人の男性に声を

かけられました。その人が凄くイケメンだったのです。そして話をきくと、パーティーをやっているからきませんかと。女性は飲み放題で2時間2000円だから格安なんだと

私はその人がイケメンだったことに気を取られ、あまりなんのパーティーか確認をすることなく、ついていってしまいましたそして会場に到着してビックリ

そこで初めて乱交パーティーの会場だと知ったのです。

でも彼曰く、別にエッチをしてもいいし、断る権利もあるからしなくてもいいと。でも来たからには楽しんだ方がいいよと言ってくれました。わたしはちょっと驚いたけれど、中を見てみるとひとりで座っている女性もいる。そのために好奇心から少し入っていることにしたのです

私は不安だったのでその一人で座っている女性の隣に行きました。そして少し話をしたのです。彼女も何と呼び込みに捕まった女性。やはり好奇心からはいって見たと。そのあと何人かの男性から声をかけられ同じ席で話をしました

男性は何とか私を連れて行こうと話の最中にも太ももに手を伸ばしたり、髪を触ってきたり…。私は嫌ではなかったけれど、さっきのイケメンの呼び込みがいいなあと思いながら、その誘いに乗ることが出来ないでいました

一緒にいた彼女もそうです。なかなか男性についていく勇気が持てないと言っていました。乱交パーティーはとても自由な感じで結局私たちは何事もなく終わったのです

メールで知り合った人と乱交パーティーに参加

以前から興味はあったものの、勇気がなくて

乱交パーティーに参加できずにいました。でもある時にメールで知り合った人と、一緒に参加をしてみようかということになったのです。そのメールの相手は出会い系で知り合った人。その人も乱交パーティーに興味があったけれど、今まで躊躇して参加できずにいたというのです。

それから私たちはどんなものに参加をしようか話し合いました。そして選んだのはその週末に開かれるあるパーティーです。彼と会うのも初めてだったけれど、一緒に乱交パーティーに行くのも不思議な巡り合わせです

僕たちも初めて会ってやったことはないけれど、今日やっちゃうかもねと話しながら行きました。会場につくと、そこで女性席と男性席に分けられたのです。そして女性席にいると男性が後からまとめて入ってきました。

男性はみんなはいって来る時にコンドームを

手渡されて持っていましたね。そして我先にと女性の席をめがけて突進してくるのです。女性は全部で8人。それに対して男性も同じ数でした。すぐに女性を脱がせる人もいるし、少し会話をする人もいる・・・不思議な光景でしたね。

私に来てくれた人は、すぐに私の下着を脱がせて股間に顔をうずめる人でした。私はビックリしましたが、ソファーでとても気持ちよくなって足を広げてしまいました

それからみんな一ラウンド終わると、自然にメンバーが変わり、次々に男性が自分の元に。私の股間はもうひりひりするくらい痛かったけれど、楽しいパーティーでした。