メンヘラちゃんと…

私の一つ年下の後輩Mちゃんは、いつもおどおどしていて友達の少ないメンヘラちゃんでした。
彼女は他人に囲まれると泣きそうになる程人が嫌いで、私以外に心を開かずにいました。

彼女は高校卒業後に就職し、なんとか社会的にも安定してきたと連絡が来て、久々に会うことになりました。

遊ぶ場所は前と変わらず、ゲームセンターやカラオケなど
遊戯施設を転々としました。彼女の好みが変わっていなくて安心しました。
しかし、カラオケの個室に入ると唐突に「ねえ、私ずっとあなたとセックスしてみたかったんだけど、いいかな」と聞かれました。人見知りするし他人と必要以上に関わりたがらない、むしろ怖がるほどの彼女がそんなことを言い出すなんて思ってもいませんでした。
私にだけは懐いていたので私は特別な存在なのかもしれませんが、ただ驚きました。

Mちゃんに押し倒された私は力が入らず、Mちゃんに服を脱がされました。
「胸は私ぐらいの大きさだね、可愛い」と楽しそうに笑うMちゃんが可愛くて、私はむしろMちゃんを襲いたくなってしまいました。
「Mちゃん、先輩押し倒すなんて失礼だよ、私が先にMちゃんを襲うね」と腕を引き私の上にMちゃんが覆いかぶさる形になりました。

彼女の鞄の中には玩具がたくさん入っていて、バイブやローター、媚薬が何個もありました。
私は太いバイブでMちゃんのクリを刺激し、その姿を録画しました。
あんっ、と小さく喘ぐMちゃんを見ながらオナニーすると、とても気持ち良かったです。
「先輩の指でイきたい」と言うので、指を3本中に入れてやりました。
潮を吹いてびくびくする姿は可愛くて今でも鮮明に覚えています。

メンヘラな彼女が異常なほど私に執着して求めるのが可愛かったです。
またしてみたいと思います。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!