ラグビー部の先輩達との関係

「王様ゲームでゲイの世界へ導かれ…」


大学時代、僕にはゲイのセフレがいました。
入学当初はゲイだったわけではなく、いたってノーマルだったんです。
しかしラグビー部の先輩達に、ゲイの世界へと導かれました。

ある日のラグビーの練習後先輩3人に連れられ、カラオケボックスへと行くことになった僕。
お酒を飲んだり歌ったりと、普通に時が流れていました。
そんな中突然先輩が「王様ゲームしようぜ」と言い出します。
当然男同士でして何が面白いのかと思ったものです。

ところが先輩達は目をギラつかせて、ゲームを本当に始めてしまいます。
そうなると僕も参加しないわけにはいきません。
最初はデコピンとか、ほっぺにキス等、罰ゲーム感覚。
しかし何故か王様になった先輩が、「1番が2番にフェラ」と言い出しました。
僕は2番でした…。

1番の先輩は「マジか~」と言いながらも嬉しそう。
そして3人がかりで僕のパンツを脱がし、ペニスをおしぼりで軽く拭いて咥えてきます。
パニックに陥った僕は身動きひとつ取れず、先輩の舌の感触を黙って受け入れてました。
なかなか勃たないペニスを激しいフェラで勃たせ、先輩は口内射精するまでずっと続けていたんです。


その後も王様ゲームは終わることなく、僕は別の先輩にもフェラをされました。

この時になってようやく先輩達がゲイで、王様ゲームが仕組まれていると悟った僕。
先輩に逆らうこともできず、早く時間が過ぎて欲しかった…。

2回もフェラで射精させられ、流石に終わりだと思いました。
でも先輩たちはそれだけで終わらせるつもりはなかったんです。
まだフェラもしていない先輩と僕が、セックスをするという指令を出す王様。
ニヤニヤしながら「なんだよ、その指令~」と言う先輩、実にわざとらしかったと言う他ありません。

僕は先輩たちと部の寮へと戻りました。
そのまま先輩に連れられ寮のお風呂へ。
夜遅かったので僕達4人しかいません。
3人に体を洗われ、浣腸までされ、恥ずかしいの一言。

指令を受けた先輩の部屋へと招かれ、僕は先輩に服を剥ぎ取られました。
ちょっと恐怖を感じて震えていたかもしれません。
先輩は僕を汗臭い布団の上に寝かせると、ペニスにむしゃぶりついてきます。
すでに2発も射精しているので勃ちは悪かったものの、先輩は1時間近くフェラを飽きることなく続けていました。


「フェラしてくれないか?」と言うお願いは拒否しましたが、先輩の強い力で抱きしめられキスをされてしまった僕。

逃げ回る僕の舌に先輩の舌が襲ってきます。
四つん這いにさせられた僕は睾丸や肛門を舐められ、乳首も先輩の舐めた唾液がベットリと残っていました。

潤滑ゼリーを出してきた先輩は、ゴムを着用したペニスに塗りつけます。
僕のアナル周辺にもゼリーを垂らすと、満足そうな表情を浮かべているのです。
そして僕に「少し力抜いて」と言うと、アナルにペニスを一気に挿し込みます。
先輩が指や舌でアナルを解してくれていたからか、痛みを感じることも無く根元まで迎えいれてました…。
gei03

自分でも「何で?」と思ってしまいましたが、先輩とのセックスがなかなか良かったんです。
先輩のペニスがアナルを強烈に刺激し、僕のペニスは指で長時間弄ばれ、思わず喘ぎ声を漏らしてしまいました。
そんな僕に対して先輩は決して激しくすることはなく、優しくずっとセックスをしてくれていたんです。
怖かった気持ちからも解放され、ただ快楽だけが僕を覆っていました。
そうなると先輩のキスもそれほど嫌だとは感じず、僕から先輩にキスしていってしまったほど。
先輩が果てた後はフェラもしてあげ、先輩はとても喜んでくれていました。


朝まで先輩にいっぱいフェラとセックスをされ、僕の体と心は一夜にして変わってしまった感じです。

結局その先輩とは卒業するまでずっとセフレの様な関係が続きました。
時々フェラをした他の先輩達とも関係を持ちましたが、最初にセックスをした先輩が一番良かったと思っています。
今振り返ってみると大学時代はラグビーよりセックスばかりしていた気がします。

ニューハーフにナンパされた


居酒屋風の小料理店で夕食を取りながら飲んで居ると、ちょっと怪しげな女性らしき人物がこの席に合席大丈夫ですかと聞かれたので、こちらも1人りで飲んで居るので軽い気持ちでいいですよと返事をして、1時間ほど同席で飲んで居ると、お互いの事も少し判り始め打ち解け駆け出したころに、酒も話も弾み意気投合しはじめ飲んで居るとどうも女性ではないところも節々に感じる様になってきたのですが、すでに酔いも回ってきているので気になってもまぁいいかと飲んで居ると、怪しげな誘いの話が飛び交うようになってきましたが、更に飲み続けていると露骨にやりたいと打ち明けられ、誘いに乗ってしまい近くのラブホに入ってしまい、ここまで来たのだからと思いシャワーに入っていると、彼女も裸になってシャワールームに入ってくるではないか、肩幅がなんか少し女性より広いのではないかと感じ、マジヤバイ多分ニューハーフではと思い、ヒップラインを観察なんかおかしいしかし、ここは既にラブホのシャワールーム諦めるしかない無いと心に決めて、ベットインするも逆に受け身一辺倒に徹して、彼女の行動に任し結果的に一夜を共にしました。
朝になり退出時間間際に、携帯の番号を教えてほしいとの事で、教えると一週間ほど経ったある日に電話が有り一緒に飲みに行かないかと誘われ、飲みに行くこととなりその日もお泊りとなりこれはニューハーフにナンパされた様でしたが、結構テクニックはありまぁいっかぁの乗りで半年ほど付き合いました。

他の人が知りたくて・・・登録しちゃいました


私はどちらかというと経験が少ないほう、です。

初めての人と結婚してしまったので・・・
この人しか知らないまま人生終わるのかな?なんてもんもんと思い始めて。

気がついたら出会い系に登録してしまっていました。
夫以外の人を知りたくて・・・出会いを探したかったんです。

そこで出会ったのがAさん。
Aさんもいわゆる既婚者で、不倫と言えば不倫とも言えなくもないんですけど、
なんていうか「浮気」に近い感覚かもしれません。

お互いHがしたくて会うような・・・そんな感じですね。

夫しか知らなかったので、AさんのHは新鮮というか。
正直、AさんのほうがHがうまいのかな?なんて思います。

あと、夫相手だと乱れるのが恥ずかしいって言うんですかね・・・いやらしい言葉とか言えなくて。
淡々としたHになりがちなんですが、Aさんにはそういう恥ずかしさみたいなのがないので。

思いっきり乱れることができる、って感じです。
Hに没頭できるんでしょうね。自分から求めたり、自分で気持ちいい場所を探して上になって腰を振ったりとか。
普段では考えられないような、恥ずかしいこと、いっぱいしちゃっています。

でも。今度はAさん以外の人ともHしたいな、なんて思い始めてるんですよね・・・。
Aさんと知り合ってからは、出会い系、やめてたんですけど。
改めて、別の名前で登録して始めようかな、なんて考え中です。

街を歩いていても、この人はどんなHをするのかな?なんて。想像しちゃうんですよね。
自分でも「いやらしいな」って思います。でも・・・やめられそうにありません。

Fカップの誘惑セックスフレンド


彼女がいる時に、他の女の子とセックスをするなんてことはまったくもって考えていませんでした。そう言ったことは悪いものだと思ってました。自分がまさかその一線を越えるなんて思ってませんでした。

でも、キスされて、『いやだ?』とかわいい顔で言われたら、もうどうしようもなくなるのが男の本能。酔っ払うとキスをしてくれるその子はとってもかわいくてFカップ。彼女がいたからと言って、そんな子に迫られたら、もう逃げられません。

浮気って、するつもりがなくてもやってしまうものなんですね。だって、とてもおいしいものを目の前に出されたら食べてしまうのが人間です。かわいい子とヤレる状況が来たら、ヤってしまうのが男です。そんな状況でも逃げられる人がいたら、ぜひ体験談を聞いてみたいです。

お互い酔っ払っていたから、次の日には、何もなかったフリをして、会った時にもセックスのことには触れずに、関係がつづています。でも、酔った時に2回目も同じ様なことになりました。その子の家で飲んでしまうのも、これまたあまりよくないところです。いや、気持ちがいいからいいのかもしれないけど・・・酒の力ってものすごいって思います。

最初は罪悪感があったけど、段々と気持ちよさがそれを超えてきて、人間って変わってしまうものですね。セックスフレンドはいてもいいとは思うけど、病気と妊娠だけには気をつけたいです。お互い気持ちのいい関係をつづけるために、リスクのない状況を守りつづける努力はしたいものです。

出会い系援助から


現在30歳、彼47歳。年の差17
出会いは22歳の夏深夜3時
会社をうつ病、パニック障害で退社しバイトもできず
一人暮らし、生活が苦しくて電気、ガスが止められた
明日携帯の支払いしないと携帯すら使えない。
正直容姿には自信があった。いい援助してくれるオジサマと
1回限りで・・・とアダルト出会い系サイトで検索・・・
深夜0時この時間から会える人・・・
でも会って連れ去られ殺人とかあるかも!怖すぎる
不安いっぱい、だけど不安より携帯代欲しさが勝ってしまった。

3人の方が条件的にヒットした
で1人の人と待ち合わせ。セックス2万で。
深夜1時待ち合わせ場所で待つ・・・待つ・・・待つ・・・
連絡するもう少し時間がかかると、で
待つ・・・連絡する・・・キャンセルされた。

もう最悪!
1時過ぎたまだ誰かいるかな・・・
検索して3人候補だった中のもう1人に連絡
即OK。セックスなし、フェラで○○という条件。
携帯代は9千円。大丈夫

で、深夜3時
そう今の彼との待ち合わせ。

聞いていた車が到着する
怖い・・・

勇気だして助手席のドアを開けで
こんばんは~♪
にっこり笑顔で乗り込んだ・・・・

一瞬私はビビった
こんな深夜にサングラス
イカツイ
しかも顔を見てくれない

そんな事もう気にしてられない!
どこでする?と私が言うと車を走らせとある人気のない駐車場へ
さっそく、フェラを開始・・・そして終了

財布から○○をハイって渡されて
私がこれで携帯いまから支払うのっと彼に話すと
イカツイ顔が柔らかくなり笑ってコンビニへつれていってくれた。

で、すぐ帰るつもりが
いろいろ何故か彼に質問した
仕事や家族の事
嫁も子供もいる、仕事はウェブデザイナー
月収までも教えてくれた。一応経営者
会社員よりしっかり稼いでた。
私の夢も語ったら優しく聞いてくれた。
いっぱい話して眠くなり朝6時別れた。

1週間もたたないうちに
彼から連絡
会いたいと・・・
お金ないしと会った同じ条件で
それから週2回程度数回会った
そしてセックスを許した
セックスすると○○くれた。

2か月たった頃かな
仕事手伝ってと彼の仕事を手伝う事になった
君を助けたい、なんとかしてあがたいと・・・
その仕事の説明で私の家に来た彼
イカツイ顔してるのに彼が緊張しててかわいかった。

ぶっちゃけまったくタイプではない顔。

仕事をこなし会う回数が増え
彼が手を震わせ、声を震わせ
大好きになった付き合ってほしいと告白してきた。

ごめんなさい
セックス受け入れこんな事いうのはなんだけど
不倫でもめたりするのは嫌
付き合えないと断った
もうその時はお金の援助も受け取ってなかった。

すると彼
ウチにいる時間がどんどん長くなって
半同棲に近くなった
奥様のいる家に帰ってほしいとお願いしてもダメで

でそうこうしていると奥様に見放され離婚する事に。

私は離婚なんて求めてなかった
だって愛してなかったから。。。

でも本当にやさしくて
優しすぎて申し訳なくなって離婚といっても
裁判での離婚。
彼は家を出た。家決めたんだと
住所を教えてくれた
なんとウチから200mも離れていない場所に(笑)

お金がない私には
正直ラッキーだった
一緒にご飯したら浮くし・・・
で、とうとう私は家賃が支払えなくなり
彼に話して家賃を借りた。
支払い、同時にマンションを出た。

そう同棲の始まり。
そのころ離婚は成立。

どんどん情が芽生える。
彼のおかげで心が落ち着き
仕事復帰
感謝でいっぱい

彼も私と生活しだして
収入がどーんと上がった

そして猫を飼いだして
ご近所では夫婦としてみられ
地域活動にも参加するよまでに・・・

それから早8年
結婚はしてない
同棲はかわらず続いてる事実婚。

心地よい最高のパートナー
私はもう彼を愛してる

出会い系サイトからの出会い


自分は元々あまり女性との出会いがありませんでしたので、出会いを求めていました。しかしなかなか新しい出会いが見つからず、どうすればいいのかと途方にくれていました。
あるとき携帯などから利用できる出会い系サイトというものがあることを知り、多少戸惑いましたが利用してみることにしました。
料金はポイント制のサイトでして自分が利用したい分だけ購入すればいいので無駄な出費がありませんでした。とりあえず飲み友達がほしかったのでそちらの掲示板で募集をかけてみました。
数時間後返信がありましたので、お互い軽く自己紹介をしました。そこからはお互いが食事に行きたいので、会いましょうとなるまでに時間はかからず、すぐに連絡先も交換しました。
そして緊張しながら当日を迎え、指定した駅の周辺で待ち合わせました。
そして実際に見事会うことができました。そこから相談して居酒屋に行くことにしました。お互いが新しい出会いを求めている、といった話題を中心に話は盛り上がりましたので、時間が過ぎるのは一瞬のようでした。その人とは今のところ食事が中心でそれ以上の発展はありませんが、いつかそれ以上の関係にしたいと思いますし、決して悪い感触では無いと思うのです。
出会い系サイトの場合はきちんと自分をアピールしていくことで実際に会うことができましたし、サクラといわれる存在を上手に避けることで見事会うことができたのです。戸惑いもありますが、利用する価値はあります。

家庭教師先のお父さんとやっちゃった


私は花の女子大生。勉強に遊びに何でも一生懸命、彼とも楽しくやっているの。バイトに家庭教師しているわ、中学3年生の男の子。高校受験を来春に控えてるから責任重大、というのは私だけかな、彼はどこでもいいから入ればいいとお気軽であまり勉強しないのよね。
ご両親も大らかであまり勉強の方は期待していないみたい。この間のテストも一番良いのが60点で、40点ぐらいが平均で酷いのは20点。でも本人とご両親は成績が上がった先生のお蔭ですって喜んでるの。
部活はバスケット熱心にやってたみたい、県大会で良いとこまで行って、自分はチームのエースで活躍したから女の子にもモテる、追っ掛けもいるんだと自慢してた。おじいさんがフランス人とかで彫りの深い顔立ちしたイケメンなので自分で云うようにモテるのかもしれない。頭良くないけど・・・お父さんも口ひげを生やしたいい男でいつも笑顔を絶やさない。
ある日いつものように家庭教師に行ったらお父さんしかいなくて、今日は息子用事があって居ない、先生に連絡しませんでしたか?という話でまいったなと思っていたらお茶でもというので取りあえずおじゃまする。
ブランディを淹れた紅茶、フランス仕込み?をご馳走になる。体が少し熱くなったわ。お父さん急に真面目な顔になって、先生って叫んで急に襲ってきたの。
突然でびっくりして声も出なかったわ。押しのけようとしたら、力強く抱きしめられちゃって、キスされたのね。嫌々って首振って逃げたんだけどスカートに手を入れられていきなり恥丘をぐりぐりされて、先生って耳元で囁かれたら力抜けちゃった。感じちゃったの。彼に悪いな。罪滅ぼしにもらったお小遣いでお昼でもご馳走するわ。

結婚が決まった男友達との期間限定セフレ体験


今年の夏、久しぶりに連絡をとった男友達と久しぶりに飲もう!という事になり
待ち合わせの場所に行ってみると、そこには共通の友達のK君がいました。
「懐かしいね」なんて言いながら3人で居酒屋に入り、どうしてたの?とお互いの近況報告を。
すると、K君は今年のクリスマスに結婚が決まったという事で、あらためて乾杯!!
よかったね〜!どんな人なの?とからかったりしながら時間は過ぎ、終電も近くなりお店を出る事に。
3人とも、帰る電車も方角も違うので駅の改札で解散。
久しぶりの再会に楽しくて、ちょっと飲み過ぎちゃったかな?と思いながらエスカレーターに乗りホームへ。
すると後ろからいきなり抱きしめられて、パニックになっていると耳元で「まだ一緒にいようよ」と。
その声は、紛れも無くK君のもの。
私にも彼氏がいるし、K君は結婚が決まっている。
でも、なぜか迷うよりも先に唇を重ねていました。
その後は、K君の一人暮らしをしているマンションへ行って、会話するのももったいないくらいに
服を脱ぎ捨て、彼女ともエッチしてるであろうベッドで、そんな事も忘れて求め合っていました。
でも、私も彼氏と別れるつもりもなく、K君も彼女と別れるつもりも無く。
それでも体を求めずにはいられないような、セフレという程「エッチ出来れば良いや」という軽い感覚でもなく
週1回じゃ足りないくらい、何度も何度も体を重ねていました。
そしてK君が結婚するクリスマスのある今月になり、
「あぁ、彼女は胸も小さいから、これでこんなに大きな胸を触るのも最後になるんだな」なんて言われながら
今までで一番激しくて、嫌らしい声も沢山出ちゃう程のエッチをして「セフレ」を解消しました。
恋人は大事だけど、こんな関係も刺激的。キレイでいる為にもいいのかな?なんて都合のいい事を考えつつ
他の人とまたこんな関係になるもの良いかもしれないなと思ってしまうのでした。

数年ほど前に会社の先輩につれられてゲイバーに通い始めました。


先輩の行きつけということもあり、価格もサービスも良心的で居心地のよいお店でした。このお店は女性らしい格好をしてなかったというのも、馴染みやすかった一つの理由だと思います。

私もだいぶそのお店になれてきて、店長さんとも先輩を含んで外で飲めるようになった頃、三人で軽く飲んでいると、きれいな人たちが私達のテーブルまでやって来ました。

なんだろうと思っているとどうやら店長さんや先輩のお知り合いのニューハーフの方のようでした。そのままニューハーフの方(2名)が合流し、5名で飲んでいました。

先述したように、とてもきれいな人たちでした。
声も高く、ほとんど女性と変わらないと感じました。

また、話も面白くかつよく聞いてくれて、かなり話しましたし、かなり飲みました。

ニューハーフの方Aさんと話があい、話し込んでいると、そろそろ解散になると先輩が行ってきました。
せっかくなので、Aさんと引き続き飲めるか聞いてみると、Aさん的には問題なさそうだったので、先輩と別れて飲みに行きました。

お酒は強く無いのに、かなり飲んでしまい、気が付くとAさんの家につれてきてもらってました。

意識が戻ってくるときにはAさんはシャワーを浴びていて、なんとなく帰りにくい状況になっていました。
Aさんが上がって来たので、そろそろ、帰りますねと伝えると、引き止められもういっぱいだけという感じで、飲み始めました。

飲んでいるとAさんが近づいてきて、ほっぺにキス。
驚いて振り向くと、口にキス。

私が驚いて固まっていると、OKのサイトと思われそのままDキスをされてしまいました。その後は言わずもがな。Dキスからお口での奉仕、最後は挿入(ここは死守しました。当然入れる側を。)

かなり驚きでした。やってしまったこともですが、超絶気持ち良かったのです。
口での奉仕に至っては、掃除機にでも吸われているかのような吸引力と、別の生き物のように動く舌が未知の領域でした。

私自身はノンケのつもりですので、いたした後は特に連絡先などは交換せず、お別れしました。

それ以降は私の支店移動があったりなどで彼女?とは会えていないですが、またあった際に迫られたら、断れない気がしています。。

めちゃめちゃ舐められたい


私は舐められるのが好き。入れるのも好きだけど彼氏は淡白な方・・・。
なので、友達とセックスをたまーにしています。
友達も彼女が居るんですが淡白なのであんまりさせてくれないそうなので、お互いの希望が一致して依頼しています。

セックスする時は、する気満々なのでエロ下着とかつけて行きます。
そう、彼氏との為じゃなくその子とのセックスの為に。
向こうも私用にバイブとか買ってくれます。
エロい下着で相手に脱がせて貰う時、ゾクゾクします。
「エロい」「スケベ」「淫乱」などと言われると興奮するので言ってもらうようにしています。

会ってホテルに入ると、キスをしかもぐちょぐちょなやつをするとすでに濡れて太ももまで流れ出します。
下着ははいてるか解らない位の小さな生地。
殆ど脱毛しているあそこの毛。
その下着をずらして、舐めてもらいます。
自分でクリトリスを剥きだしにして、相手が舐めやすいようにしてクチュくチュと舐めて貰いいったら指を入れて貰いまたいったらバイブを入れて貰い、今度はフェラでお返しです。
感じながらのフェラなので声が漏れたり、身体が勝手に動いたりするけどそれを見ながらフェラされるのがお好きのようでお互い興奮しています。
それから入れて、上に乗って思いっきり感じたら向こうもいって、お風呂に入って2回戦。
朝まで裸で寝て、朝起きたらそのままセックス。
こんなふしだらな獣みたいなセックスは彼氏となんかできません。
会った後はまたしたくなるまでお互いに連絡しませんがこんな関係がもう2年も続いています。

バンコクのニューハーフ


海外旅行でバンコクに遊びに行った時の事です。いま、思い返せばひっかかる仕込的な事が旅行に行くメンバーからありました。
その仕込的な事というのは、今回の旅行でニューハーフとセックスをするのが目的としきりに僕に向かって公言していたのを思い出します。
僕の方は特にニューハーフとのセックスは目的にもなくて、普通にタイガールをナンパしてセックスするのが旅行の醍醐味でバンコク旅行を楽しむのが最大の目的でした。
バンコクで泊まるホテルは少し変わっていて、ホテル棟と呼ばれるどこにでもあるようなホテルの建物がコの字型に建ち、その中に5棟ほどの2階建のコテージがとまる場所でした。
コテージの中は素晴らしく1Fにリビングがありトイレとキッチンルームに6人掛けのテーブルに6人掛けのソファーが備わっています。2Fには独立した部屋が2室ありそれぞれにトイレとバスルームが備わっています。
今回は4泊5日でその部屋を利用する事になります。初日と2日目はバンコクでのソープランドを満喫していました。
珍事件が起こったのは3日目の夜でした。その日はそれぞれに別行動ということで、男同士4人旅だったのですが、2人2組になりそれぞれにタイガールをナンパしてコテージでパーティーをしようという事になりました。
僕の組の方はタイガールをナンパできずにコテージへと帰ってきました。すると別の組がナンパに成功したとのことでタイガールをを連れてきていました。
しばらくパーティー的な飲み会が続き、ふと横をみると、一人のタイガールがどう見ても僕を誘ってきています。メンバーの了承を得て2Fの寝室へと彼女と移動します。
部屋に入り濃厚なキスを楽しみます。胸をもみ徐々に下半身を触ろうとして、異変に気付きました。確実に男の証が備わっていました。そう彼女はニューハーフだったのです。

親友のビッチちゃん


人と関わることがつい最近まで苦手だった私。
大学に入学してバンドを組んでからは明るくなり、友達もたくさんできるようになりました。

同じバンドでドラムを務めている親友がいます。
その子は男友達が多く、中にはセフレもいると聞きました。
そんな友人、ビッチちゃんはいつでも私に優しく接してくれて、私の一番の理解者でもあります。

ビッチちゃんは紳士気質で、私のことをお姫様と呼び大切にしてくれています。ある日彼女とカラオケに行くことになったのですが、その時に初めてのセックス、しかも同性同士でしてしまいました。
帰りが遅くなり辺りが暗くなってきたところで、ビッチちゃんの車の中でセックスしました。最高に気持ちよかったです。

しなやかな手で丁寧に服を脱がされ、片手でブラのホックを外された時は恥ずかしかったですが、ちょっと嬉しい気もしました。
友達が少なかった私の理解者である彼女と深い関係になれることをどこかで望んでいたんだと思います。

オナニーはよくしていましたが、同性同士でも他人に触られた方が気持ちいいことがわかりました。乳首を摘まれるだけで自分でも信じられないくらい高い喘ぎ声が出ました。
私がビッチちゃんを気持ちよくする番になったのですが彼女はセフレもいるせいか自分の気持ちいいところをよく分かっていてそこがいいとか、もっと奥がいいとか、中に指を入れると
弄ってほしいところを教えてくれたのがとても可愛かったです。
お互い恥ずかしいところを攻めて何度もイキました。
その時の声が録音してあり今もとっておいています。

また気持ちよくなりたいなと心から思います!