レズバーでついついナンパを。

先日、新宿のある場所にあるレズバーに行ってきました。
レズバーと言っても、中には普通のバーというか飲み屋という感じでした。
何か特別なイベント等を行う店というよりは、ただレズの人が集まって雑談をするという感じでした。
私はとりあえず席に座ると、ビールを頼みました。

マスターはギャル系の女の子でしたが、話し方はしっかりとしており、意外と育ちは良さそうに感じました。
そして、そのマスターと話をしていると、地元が同じ台東区だということでかなり盛り上がり、
地元トークや恋バナに花を咲かせました。
そうしていると周りに自然と常連さんが集まってきました。

その中で、話が盛り上がるうちに一人の女性が私に親しげに、ボディタッチを繰り返してきます。
振りかえると、彼女はうれしそうな顔をして微笑みます。
流れ的に、私も彼女と仲良くなりお互いにいろいろと話を始めました。
彼女はこのお店の常連らしくAという名前だそうです。

Aは、見た目はハーフっぽく目の周りはアイシャドーで真っ黒です。
服装も、女性ロック歌手がしそうな革ジャンとジーンズをはいています。
それから、髪型は金髪で短髪と、もう本当にロッカーという感じですね。
A「ここはじめなん?」
私「そうです。普段レズの人と会えることってないから、一度来てみたかったんだよね」
A「ここおもろいよ。仲良くなって普段合うようになった人も多いし。」
という具合に、お店の話をしているうちに、お互いの話に及ぶようになりました。

Aは見た目通り、バンドを組んでいるらしく3年前に神戸から上京をしたらしいです。
しかし、鳴かず飛ばずで音楽で生計を立てているというよりは、普段はウェイターのバイトをして糊口をしのいでいるようです。
そんな私も、一時期フリーターをしていたので彼女に対して親近感を抱くようになりました。

私も彼女に今までの人生のことや、付き合った人の話をしているうちに、
彼女も真剣に話を聞いてくれていたので、とても楽しい時間を過ごしました。
そして、私は自然と彼女のことが好きになり、この後も一緒に過ごしたくなりました。
私「またどっかで飲み直さない?」
A「いいね、ビジホの部屋とって朝まで飲もうよ。」

とうまい具合に私たちは、その後新宿のあるビジネスホテルに居ました。
はじめはお互いに、ビールを飲みあい話をしていましたが、二人してホテルに入った時点で目的はあれです。
私たちは二人して服を脱ぎ、裸で抱き合い私は彼女のピンクの乳首をしゃぶっていました。
彼女は、見た目とは違い子猫のような声で喘ぎます。

その後は、彼女持参のバイブでお互いに刺激をしあい、私は彼女のアソコを思いっきりつきまくりました。
A「やばいってぇぇぇー こんなん初めて!!」と言わしめたときは勝った!と思いました。
そして、私たちは朝方になるまで乳繰り合いを繰り返し、女同士の夜の運動会を繰り広げました。