三重で楽しいひと時を

私は出会い系サイトで知り合った、Aさんという女性と会うことになりました。
彼女はサイトに掲載されていた画像を見る限りでは、綺麗な女性に見えました。
目がぱっちりとしていて、色白な子です。
普通に、モデルさんにいそうな顔立ちです。

それから、私たちが待ち合わせをすることになったのは、JRの四日市駅前です。
それは、彼女の自宅がその近くだからです。
私は、車で駅前で待ち彼女が現れるのを、固唾を呑んでまっていました。
すると、出会い系サイトの画像と似た雰囲気の女性が現れました。
私は、車を降りて彼女を呼びに行きました。

そうすると彼女は「○○さんですよね!!」
と満面の笑みで私に向って叫びました。
私も嬉しく思い、すぐさま彼女を車に乗せ、郊外のラブホテルに行きました。
受付を済ませ部屋に入ると、お互いに軽くキス。
その後、興奮が高まり彼女のほうから、私のシャツを脱がして着ました。

私も負けじと彼女の、ストッキングからパンティ、そして上着を残してベッドに行き、
今度は濃厚キスで更に興奮度を高めます。
お互いに下半身だけを露出した状態で、行為が始まりました。
次は、彼女が私のアソコにかぶりついてきて、奥までアソコを加えエロイ音を立てながら、しごいていきます。
私も我慢汁が結構出ており、彼女の口からも溢れていました。

次は、私が彼女のアソコを指でぐちゅぐちゅし、我慢できなくなった彼女は更に私のアソコを求めてきました。
そうなれば、後は挿入をするのみです。
私は彼女のアソコに自分の竿を入れ、無我夢中に後ろから突きまくりました。
いろいろと体位を変えようと思いましたが、久々のエッチだったので我慢できず、
ひらすら立ちバックで彼女を逝かせまくりました。
彼女も久しぶりのエッチだったらしく、「いやああああん いっちゃーう やめてえええ」と大声で叫んでいました。
そして、最後は彼女のお尻にザーメンをぶっかけフィニッシュです。
この夜のおかげで私は、四日市でとても気持い思い出を作れました。