下ネタ全開の奥様と昼間からセックス

配達の仕事を半年ほど熊本で行っていました。基本的に荷物は段ボール箱に入っているので、中身をうかがい知ることはできません。もしも強引に知ろうとすれば、顧客からも会社からも怒られてしまいます。しかし、ある女性に届けられる荷物の内容だけは配達する度に知ることができました。荷物の受取人である女性が、箱の中身を私に伝えてきたからです。普通は遠方から届けられた果物などを想像するかと思いますが、実際には大人の玩具が入っていたようです。それを嬉しそうに話す女性は、荷物を受け取ってからの行動も詳しく教えてくれました。
同じ女性の家を配達員として訪れることが何度もあり、その回数を数えきれないほどの時期になると私にとっては嬉しいことが起こりました。なんと、私の仕事が休みの日に訪ねてくるようにと女性から誘われたのです。夫が帰ってくる時間までは、女性宅を自由に訪問することが許されました。
初対面のときから下ネタを多用する女性なので、私が来客として訪ねてきた日に何が行われるのかは想像できていました。どんなセックスが始まるのだろうと思いながらリビングに招かれると、真っ黒なカーテンが締め切られた部屋にバイブやオナホが並べられていたのです。女性と私が真っ裸になると、大人の玩具の使い心地を試すように相手を責め始めました。次第に我慢できなくなった女性は、早く挿入してほしいとお願いしてきました。そのときにはエロいことしか考えられなくなっていたので、女性を強く抱きしめながら絶頂を迎えるまで腰を動かしました。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!