丸岡城の急階段で見えた紫色のパンティーの女学生との一夜

単身赴任で福井に住んでいた頃、福井市内や福井県、更には石川県や富山県にも足を延ばして様々な歴史スポットなどを訪れては、週末を過ごしていました。単身赴任も何年か経験すると、生活の不便は感じなくなりますが、自宅に戻らない週末に、1人でマンションにいると寂しく、カメラ片手に日帰りや1泊の旅を楽しんでいたのです。
その週末は土曜日も仕事で、遠出はできず、日曜日に坂井市の丸岡城を訪れました。丸岡城は福井平野の丸岡市街地の東に位置する小高い丘陵に築かれた城で、柴田勝豊が築城したものです。小さな天守閣が残されています。観光客はパラパラといるだけで、この城を訪れるのは城マニアか、私の様に暇な人のいずれかなのかも知れません。
そんな事を考えながら、天守閣に登るべく入り口を入ると、急な階段と言うより縄が垂らされた梯子が天守に続いていました。その階段を見上げると、驚く事にミニのフレアスカートの中に紫色のパンティーとむっちりとした白い太ももが目に飛び込んで来たのです。
特別覗き趣味などありませんが、偶然のなせる仕業でした。しかし男性として生唾を飲み込んだのも事実で、何となくラッキーな気分になったものです。そんな気分で見上げていると、天守のフロアーに登り切ったその女性が、後に続く私の気配を感じ、ちらっと私の方を見ました。
天守閣から外を眺めていると、その女性が近づいて来て「見えました?!」と話しかけて来ました。私は妙な生返事より、あっけらかんと返した方が良いだろうと「見えました!いいものを見せてもらいました。」と微笑みながら答えました。この返しが良かったのか、定年も近い中高年のオジサンに警戒心がなかったのか、色々とおしゃべりを始めました。
福井の大学に通う4年生と言う事で、卒業までに福井の名所を廻っておこうと考えて休日に私同様あちこち訪れているとの事でした。少し娘の様な気もし、夕食を福井市内に戻って御馳走しました。
彼女は少々酔ったようで、いつしか私にもたれかかり、抱き付かんばかりに身を任せて来ました。娘の様な女性を抱くわけにはいかないと思いつつも。気が付くとラブホに連れ込んでいました。彼女は抵抗するどころか、私の手を取り、それを自分のあそこに導いたのです。
これを合図にまだ熟れ切っていない若い女性の身体にむしゃぶりつき、年甲斐もなく激しく突きまくり、久しぶりに2発も頑張ってしまいました。たった一夜の出来事ですが、娘の様な若い身体に魅了された夜でした。

同級生に間違えられて・・・


福井県の西武百貨店で買い物をしていると、すごく久しぶりの友人に出会いました。
彼女とは小学校が同じで、中学まで一緒だったのですが、それからは会っていなかったのです。
突然声をかけられ、再開を喜び、連絡先を交換して、そのときはバイバイしました。

そんな出来事と同じ日に私は一人の男性から「○○中学校の人だよね?」なんて声をかけられました。
しかし、まず、在籍中学校が違う。
これは明らかに人違いだと思い、「違います」と、丁寧にお断りしたのですが、そこから会話を広げてくる彼。
ちょっとウザイと思いながらも、話を聞いているうちに時間がたち、「ここで立ち話もなんだからどこかお茶しない?」と言ってくるのでした。

会話もそこそこ楽しかったし、特に予定があるわけでもなかったので、彼と一緒にお茶に付き合うことにしました。
その時に、今日久しぶりに会った友人の話をしてみたり、いろいろなことを彼に話していました。
ほかにも、好きな食べ物や恋愛のこと、仕事のことなんかも話していました。

彼とはどんどんいいムードになって行き、お酒の酔いもあり、ホテルで少し休むことになったのです。
テレビを見ていると、AVは流れていて、私はすごくドキッとしてしまいました。
「興味あるの?試してみる?」

なんて冗談っぽくいう彼に私は思わず「優しくしてください・・・」と言ってしまいました。
ムード的にセックスしてもいいと思い始めていたので、私は彼とそのままセックスするのでした・・・

西武百貨店で友人と間違えて・・・


西武百貨店に用事があった私は、歩いている途中で、女友達・・・に似た人を発見する。
かなり仲のいい友達だったので、すごく軽いノリで声をかけてみたのですが、人違いだと分かったときには、遅かったのです。

私は、すごく恥ずかしくなり、「申し訳ありません」と謝ると、彼女もすごくいい人で、笑顔で許してくれました。
そして、おそばをおごって欲しいと言うのです。

友人に似ていながらも、友人にはない可愛らしさを持っていた彼女。
これって結果的にナンパになったのか?なんて思いつつ、私は彼女と一緒におそばを食べに行きました。

それから、西武百貨店でお買い物をし、すっかり長居して夕方になりました。

彼女は、ここから近いところに家があるからと、私を家にお招きしてくれたのです。
そして、手料理を振舞ってくれました。
「ありあわせのものなんだけど・・・」と言いながらもすごく美味しそうな食事を出され、私はすごく満足でした。

ご飯を食べながら、まったりとしていると、彼女は私にシャワーを勧めてきました。
「私も入ろうと思ったんだけど、どうですか?」と・・・
勧められるのでシャワーを浴びることになったのですが、浴びている途中に彼女が入ってきます。

びっくりした私に、彼女は「第一印象からすごくタイプだったんです・・・」そういうと、私に抱きつき、キスをしてきます。
私の体にくっつく彼女のおっぱいはすごく柔らかく、私のモノは一気に成長するのでした。
そして、お風呂場でバックで思い切り突きまくるのでした・・・

エルパでナンパされた体験談


私はよく、福井県にあるエルパに買い物に行きます。
この日も夕方まで一人で買い物を楽しんでいました。

お腹もすいてきたのでそろそろ帰ろうとしたのですが、そのとき、一人の男性から声をかけられたのです。

彼は見た目はイマイチ惜しいと言った感じでしたが、服装はそこそこ良かったです。
少しおしゃれで個性的な印象です。

「一人でご飯食べるの寂しいから一緒にどう?おごるよ?」
私は、おごると言う言葉に弱く、丁度お腹がすいていたので一緒にご飯を食べることに。

ご飯を食べながらいろいろとお話をします。

彼は、ナンパをしにやってきたことを正直に告白し、私は少しウケてしまいました。
馬鹿正直にナンパしてたっていう人は初めてだなと思いつつ、私は遠慮なくご飯をおごってもらうことに。

ご飯を食べて、そのまま解散しようと思ったのですが、彼が面白いので、もう少し一緒にいたいと思い、私は彼とカラオケに行くことに。
片町まで一緒に行き、カラオケのお店に入ります。

そして、2時間ほど、歌って楽しみました。
歌の好みが逢うのはすごくいいと思いました。
彼はすごく歌が上手く、聞きほれてしまうほど・・・

そして、だんだんいいムードになっていき、キスをして、おっぱいをもまれ・・・
アソコを指でいじられ、喘ぎ声を抑えながら私は彼の指でイカされてしまいました。

その続きはホテルで朝までじっくりと行われるのでした。
彼とは、その後もセフレの関係として仲良くしています。

友人と一緒にエルパでナンパ


福井県にあるエルパというお店では、友人いわくナンパに成功する確率が高いのだとか。
私は、友人の誘いで、エルパで一緒にナンパすることにしました。

エルパにつくと、一緒にナンパをするのかと思ったらそうではないらしく、お互いに別行動でナンパをすることになったのです。
私は、ナンパ慣れしていないので、なかなか捕まらなかったのですが、友人は開始早々にナンパで女性をゲットし、お持ち帰りをしてしまいました。

一人になった私は、このまま独りでいても・・・と思い、帰ろうとしていたのですが、最初のほうでナンパをした女性と出会い、「どうも」と声をかけると、「ナンパ成功しなかったんですか?」と・・・
お恥ずかしい話ですが、そのとおりなんです・・・

私はだめもとで彼女に「良かったら今からご飯でもどう?」と誘ってみると、少し同情されたのか付き合ってくれることに。

ソバージュがかった茶髪のロングへアに、白とベージュがメインの服装をした清楚系の女性でした。

一緒にご飯を食べた後、カラオケに行き、彼女の好きな歌が私の十八番だったので、ここで一気に彼女をお持ち帰りするチャンスがやってきました。
そして、彼女に密着し、キスをし、おっぱいを触り、感じるところを愛撫していくと、すごくエロいといきをもらします。

「続きはホテルに行きたい・・・」
彼女ももう我慢できないようでした。

私はこの後彼女と一緒にホテルへ行き、思い切りセックスを堪能するのでした。

出会い系で知り合った彼と初めての出会い


福井市内にすんでいる私が出会った彼は隣にすむ岐阜県の人でした。
はるばる遠いところから、わざわざあいに来てくれるという彼と、この日初めて会うことになったのです。

LINEを交換してからすごく話は弾み、何度も電話をしているので、どんな人だろうと言ったドキドキよりもすごくワクワクした気持ちでいっぱいでした。

彼と写真の交換もしていたので、彼がどんな人なのかも大体想像できていましたが・・・

実際に彼に会うと、写真よりもかっこよかったことにテンションがあがりました。
彼とは福井駅で待ち合わせをしました。

そして、近くの居酒屋さんでご飯を食べて、話していたのですが、電話をしていたときのようにすごく盛り上がっていました。
出会い系って実際に出会ったらあまりいい印象ではなくなるようなそんなイメージだったのですが、そうではないと思っていました。
彼は私の中で合格点だと思いました。

しかし、彼はエッチをすることが目的だと言います。
そのために私に合いに来たのだとか。

その発言を聞いて、私は少し引いてしまったのですが、大人の出会いってそんなものなのかとも思い、私は彼とラブホに向かいました。

彼は、合格点だったので、そんな人とエッチをするならいいかなと思い、彼に身を任せてみると、セックスのテクニックもすごく上手なことにびっくりしました。
私は、ただ身を任せるだけだったのですが、彼のテクニックにひたすら喘いでいました。
それが、彼にとってはすごく良かったようです。

出会い系で知り合った看護師との体験談


出会い系で看護師の女性と知り合った私。
彼女は私のすんでいる石川県の隣の福井県にすんでいます。

丁度仕事の用事で、福井県に行くので、彼女と食事の約束をしました。
私は車だったので、福井駅で彼女を拾いました。

車から出て、彼女とご対面。
すごく清潔感があり、明るい茶髪のロングヘアの女性でした。
淡い色の服のコーディネートがすごく似合っていました。

軽く食事をした後、ドライブに行きました。
彼女は5つ年下の女性ですが、すごくしっかりとした考えを持っているこだと思いました。
仕事面では・・・ですが。
私生活では、仕事に追われていて、休みの日でも仕事のことばかり思い出す日々が続いていたからか、仕事がなれると休みの日がすごく寂しくかんじるんだとか。

私は、気分転換にその日は彼女をいろいろなところに連れて行くことにしました・・・
と言っても、夜なので、あまりいけるところはないのですが。

カラオケに行ったり、映画を見たり、時間の許す限り楽しみました。

彼女は明日はお休みだと言います。
私も明日はお休みなので、この日はお泊りができます。

一人暮らしをしている彼女の家にお邪魔することになりました。
車を適当なところに停め、彼女の部屋に行き、しばらく2人でまったりとしています。

夜も遅いので、彼女は眠たくなってきたようです。
私も帰ろうかと思ったのですが、彼女から添い寝して欲しいと言われ、私はシングルベッドに一緒に転がり、添い寝をすることにしました。
そのまま彼女は眠りにつくのですが、私のあそこはもう興奮状態。
彼女の隣でオナニーをしていました。

旅先でのナンパ体験談


この日は仕事帰りでした。
福井駅に着き、家に向かっている途中で、一人の男性から声をかけられました。
彼は、自分が宿泊する先のホテルにどうやって行っていいか迷っていたようです。
私は彼にホテルまでの道のりを案内すると、次に彼はどこか美味しいお店紹介して欲しいというので、駅の東側にあるボルガライスのあるお店を案内したのでした。

私がすごく好きなお店というのを彼に言うと、「おごるから一緒にどう?」というのです。
仕事帰りでお腹がすいていた私は、食事だけならと、一緒に夕飯を食べることに。

いつ食べても美味しいボルガライス。
すごく美味しい夕飯を食べながら、彼の趣味の旅行の話や仕事の話、恋愛の話などをしていました。

ご飯を食べた後、彼の宿泊するホテルにお邪魔することに。
ここでお酒を飲みながら一緒にテレビを見ました。
そして、彼とのトークも弾み、会話の内容はどんどんディープなものになっていくのでした・・・

そして、彼からキスをされ、私は彼の上手いキスを受け入れるのでした。
下を絡ませ、続いて首筋や耳もせめられ、すごくドキドキしてしまいました。

胸を触られ、どんどん下に行くにつれて、あえぎ声はどんどん漏れていきます。
ワンナイトラブは今までに経験ありませんが、嫌ではありませんでした。
一度はこんな経験をしてもいいかなと思っていたので、私は彼に流されるがままにワンナイトラブをしたのでした。

セックスが終わり、私は彼と連絡先を交換しました。
「良かったらいろいろ案内してよ」と言われたのですが、仕事があるので案内することはできず・・・
仕事帰りに彼と食事を楽しみました。

出張に来た男性に声をかけられて・・・


仕事帰りの福井駅はあまり人がいませんでした。
少し寂しい感じもしましたが、家に帰るだけなのであまり気になりません。

いつものように電車の方向に向かって歩いていると、一人の男性に声をかけられました。
彼は出張で福井にやってきたらしく、どこかお勧めのお店を教えて欲しいというのです。
私はあまり、お店には詳しいほうではないので、福井名物のソースカツ丼のお店を教えてあげました。

彼は喜んで、そこお店に行ってみようとしたのですが、「よかったらご一緒にいかがですか?」といってくるので、「おごってくれるなら・・・」といい、私は彼についていきました。

ソースカツ丼を美味しそうに食べる彼を見て、ほほえましく思いました。
彼と仕事の話をしたりしているうちに、お互いに合うような感じがしました。
私の仕事帰りでスーツ姿なので、お互いにスーツ姿でのナンパがすごく不思議に感じました。

ご飯を食べた後、彼から「飲みに付き合って」といわれ、近くのバーにのみに行きました。
そこでお酒を楽しみながら、彼との時間を過ごしていました。
話も弾んでお酒も弾んだところで、私は酔いつぶれそうになったのです。

彼の宿泊しているホテルにお邪魔することになり、私はしばらく彼の部屋で休憩をすることにしました。
あまりにも無防備に寝転がる私。
「スーツしわになるから脱いだら?」
といわれ、彼に脱がせてもらったのです。
大胆な行動に出ている私。

だんだんエンジンがかかってしまい、彼にキスをし、そのまま抱きつきました。
雰囲気がそんな感じだったので、流れに間ませてそのままセックスをするのでした。

酔った勢いで激しいセックスをした体験談


福井県片町にある居酒屋で私たちは女2人で飲んでいました。
私はその日、出会いがなく彼氏ができないことにすごく悩んでいたのです。
誰でもいいから付き合って欲しいとさえも思ってしまうくらいにすごくやけになっていました。
友人はそんな私の話をただひたすら聞いてくれていたのです。

少しお酒が入ったときには私も友人も舞い上がるように盛り上がっていて、2人ではしごをすることにしたのでした。

もう1軒のお店に向かっていると、2人組みの男性から声をかけられました。
「一緒に飲まない?」とノリよく言われ、私たちも酔った勢いで一緒に飲みに行くことに。
そして、彼らのおごりでもう1軒居酒屋に向かいました。

ここでも、私たちは沢山お酒を飲み、彼らとの会話も盛り上がり、たくさんお腹を抱えて笑いました。
それからカラオケに向かうのですが、その途中で私と友人でどっちの彼がいいか確認しあい、上手い具合に分かれたので、私たちはお互いにターゲットにした彼にモーションをかけることに。

すると、自然にカップルが成立していき、私は久しぶりに恋人ができたような錯覚に酔いしれていたのでした。

カラオケから出ることには、みんなのテンションは少しダウンしており、私たちはお互いに解散。
お目当ての彼と2人になった私は流れるようにラブホにいき、ベッドに行くとさっそくセックスが始まったのでした。
シャワーを浴びることなく、貪るように求め合う私たち。

久しぶりのセックスはすごく激しいものになったのでした。

それ以来、彼とはお付き合いにまではいたっていませんが、セフレとして仲良くしています。
体の相性はすごくいいんです。

居酒屋で2人組の女性をナンパした時の体験談


友人と仕事帰りにのみに来ていた私は、2人のギャル系の女の子に声をかけ、相席することに成功するのでした。
私は、自分からはなかなか声をかけることができず、友人が声をかけてくれたことにただ、感謝していたのでした。

女性たちもすごくノリが良く、年齢も近いことが判明しました。
そして、話もすごく会うのです。
2人ともすごく可愛くて体つきも私のタイプです。

離しやすい子たちだったので、私も気軽な感じで彼女たちと一緒に会話を楽しんでいました。
私はひたすら友人をほめまくり、友人を持ち上げる作戦へ。
でも、わざとらしくないように、会話の節々に友人をほめまくる。
すると、私の印象も友人の印象も同時に上がるのです。

会話も弾んでお酒も弾んだところで、2次会に行くことに。

居酒屋を出た後は、ダーツバーに行き、ダーツを楽しみました。
そのときにはもうカップルが自然と完成していました。

私たちは、ダーツが割りと得意なほうだったので、カッコいいところを見せることに。
その効果は抜群でした。

ダーツでカッコいいところを見せ、お酒を軽く飲ませた後、私たちはよって意識をなくしかけそうな彼女を連れて、友人ともバイバイしてホテルに向かうのでした。

彼女もまんざらでもない様子。
ベッドに寝かせると、「服脱がせて~」なんてすごく無防備な状態になっていきました。

すごくグダグダな彼女ですが、セックスをしているときの彼女はすごく激しかったです。
いい一晩を過ごすことができました。

お買い物途中にナンパされた体験談


この日は土日で、お仕事がお休みだったので、久しぶりに一人でお買い物に来ていました。
福井駅近くにある、西武百貨店でお買い物をしているところに、一人の男性が声をかけてきました。

「暇だから買い物つき合わせて~」
何とノリの軽い人だ・・・
私はお断りしようとしたのですが、すごく粘ってきます。
そして、私のお腹の虫も思い切り聞こえてしまい、恥ずかしくなってしまいました。
彼はその音を聞いてランチ行こうといい、西武百貨店にあるお蕎麦屋さんに行きました。

おごりだからいいかと私はおそばをご馳走になったのですが、そこでの彼との会話はすごく盛り上がりました。

仕事のことや福井名物のこと、お互いにハマっているものなど、すごく沢山離しているうちに時間もすごくたっていました。

彼とショッピングを楽しんでいて、まだ話したりないと思った私は、彼の家でお酒を飲むことになったのです。

お酒が入ると、会話の内容も少し深いものになっていくのでした。
セックスの話などもするようになっていき、どんなセックスがすきなのかなど話しているうちに、「試してみよっか」なんていいながら、彼と少しずつ密着していくのでした。

密着して、キスをすると、私たちはそこからどんどん進んでいくのでした。
彼にあっという間に服を脱がされ、彼の裸を見ると、すごく筋肉がしまっていて、男性らしい体にすごくドキっとしてしまいました。
ぶっちゃけ彼のモノもすごく大きく、その日は始めてあった彼の家で大きな声であえぎ叫んでしまったのでした。

西武百貨店で買い物する女の子をナンパ


この日は土日ということもあり、福井駅近くの西武百貨店ではそれなりに人のとおりは多かったです。
そこで一人で歩いている女の子を発見し、「買い物につき合わせてや~」など話しかけてみました。
最初は怪しんでいた女性でしたが、私は粘りました。

すると、「買い物だけなら・・・」といい、彼女と一緒に買い物をすることに。
福井名物の話とか、仕事の話などをしつつ、彼女とウィンドウショッピングを楽しみました。

ワンピースにブーツ姿のすごく似合う彼女。
ふわふわ系な可愛い女子といった感じでした。
まさに、女の子といった感じですね。

彼女とお買い物を楽しんだ後、私は今日のお礼にと福井名物のおろしそばをご馳走しました。
彼女がおそばが大好きだというので、すごく喜んでもらえました。
それもあってか、彼女のほうから「もう少し一緒にいたいです」といわれ、思いもよらない展開にすごく興奮してしまいました。

私の家で一緒にお酒を飲むことになったのですが、一人暮らしの男の家に入って何もないなんてことはありません。
当然エッチな展開も待っているのです。
しかし、彼女はそれを望んでいたかのように、セックスに応じてくれたのです。
ワンピースという名の鎧をとれば女の体。
しまった体つきに巨乳のおっぱい。

セックス自体もすごく気持ちよく、最高の夜をすごしました。

セックスが終わって彼女はすごく満足そうな顔をしていいました。
「彼氏がいるのに、ほかの人とセックスするのってこんなにスリルがあって気持ちいいんですね」

まさかの彼氏もち・・・
彼氏ともセックスをしているそうなのですが、ほかの人ともしてみたかったのだとか・・・

彼女とはこの日以来あっていません。

開放的な夏に出会ったOLとセックス体験


季節の中で、夏が一番開放的になる時期なのではないでしょうか。
そんな夏に私は長期休暇をもらったので、どこか旅行に行こうと思ったのですが、地元を楽しむことにしました。

ナンパをするなら都内の方がナンパに成功する確率があるのかと思っていましたが、地元福井でもナンパに成功する確率は低くないはずと思っていました。

映画館へやってきた私は、一人の女性に「どの映画が今人気なんですかね~」なんて自然な感じで話しかけ、会話を膨らませていました。
そして、これからご飯でも・・・といった流れに持ち込み、ナンパ成功です。

彼女も、丁度仕事が休みだったので一人でフラフラを外に出てきたといいます。
暇をもてあましていたようです。

映画館に来たのも、何か面白そうなものはしていないのかと思ってやってきたそうです。
お互いに映画は好きで、好きな映画もかぶっていたので、私たちはご飯を食べた後、私の家でDVD鑑賞をすることに。

福井市の某駅から私の家は近くだったのですが、まさかの彼女の家とのご近所さんだったのです。
しかも、近くで見るとフェロモンがすごいです。

私の家に彼女をいれると、あっという間に女性の香りが漂ってきます。
密着すると、生足にショーパン、大きなバストがすごくエロいです。

あらかじめ借りてきたDVDを一緒に見るのですが、私の視線はDVDよりも彼女の体に釘付けになっています。

DVDが終わって「面白かったね~」なんてあどけない顔で言う彼女に、私は思わずキスをしました。
嫌がられるかとも思いましたが、彼女は恥ずかしそうに「・・・優しくしてね・・・」と言ってきたのです。
これはOKサインなのか!!

私はすごく興奮しました。

そして、その日は一晩中彼女とのセックスに燃え、今ではセフレの関係になっています。

出会い系でナンパ体験談


出会い系を使って女性をナンパした時のことです。
プロフィール写真を見てすごくピンときました。
それからメールのやり取りをしていて、やっと会える日が来たのです。

福井県にある漫画喫茶は少し古い感じがあり、なつかしのゲームがいくつかあったりします。
よく続いてるなと思いながらも、私はよく漫画喫茶を利用しています。
今回も、彼女と漫画喫茶で待ち合わせしました。

笑顔の可愛い女性で、すごくスタイルも抜群!!
写真よりも可愛いのではと思わされました。
彼女としばらく漫画喫茶でDVD鑑賞をしたり、漫画を読んだりして過ごした後、ラブホに向かいました。

出会って数時間でラブホに行く私たち。
彼女もやる気満々なようです。

実は彼女、あまりエッチの経験がないらしく、今回はすごく楽しみにしていたのだとか。
メールでのやり取りでも、エッチ目的な流れになっていたのでまさか本当にエッチをすることができるなんて思っても見ませんでした。

部屋に入り、彼女は恥らいながらも徐々に服を脱いでいきます。
そして、シャワーを浴び、早速プレイ開始です。

もちろんセックスは私がリードします。
キスをしながらいろいろなところを愛撫していくと、恥ずかしがっていた彼女もだんだん感じていくようになり、エロくあえいでいくのでした。
バックで挿入して、激しく突きまくったときには、あえぎ叫んでいた彼女。
よほど気持ちが良かったのでしょう。

彼女のお肌はすごくすべすべしていて、私もすごく気持ちのいいセックスをすることができました。
セックスが終わった後の彼女の表情はすごく満足そうでした。