久しぶりに会った高校の友人が人妻になるらしいので

先日、久しぶりに高校の部活の友人との同窓会がありました。
高校のころは弓道部で、割と女子の部員が多い部活動だったので当日も男女の比率は2対8くらいでした。
自分たちは27歳で、女の子は何人かすでに結婚して子供もいる子もいました。

その中で、愛美という高校の時に仲が良かった女友達とも1年ぶりに会いました。
人当たりがよく、男女分け隔てなく接する子で、大学時代や卒業してからも帰省するたびに飲みに行ったりしていました。
今年は仕事が忙しくて年末の飲み会で久しぶりに会ったのですが、飲み会早々に
「私、来年の9月に入籍するの」
と発表をしました。

いきなりのことでみんなびっくりしていましたが、すぐにお祝いムードになりました。
なんでも、付き合って6ヶ月目だそうで、かなり早い決断です。

私も本当にうれしかったので
「おめでとう!貰い手がいてよかったね」
なんて話をしていました。

その日は、愛美が独身で年末の飲み会に参加できる最後ということで、愛美ははっちゃけてお酒を飲み進めていました。
酔いつぶれるタイプではないのですが、もともと人当たりが良いので酔うとボディタッチが多くなるというくせがあります。
当然この日も酔ってきたら私の肩に寄りかかって
「○○も早く結婚しないとね~」
なんて上目づかいで笑いながら言ってきます。

いままで女性として見たことがなかったのですが、私も酔っていたこともありドキドキしてしまいました。

飲み会が終わると、各々がタクシーで帰るのですが、私に家(一人暮らし)が愛美の家と近いので途中から歩いて送ることに。
歩いている最中も腕を組んできて、小さな、でも柔らかいおっぱいが腕にずっと当たっていました。
女の子特有のいい匂いもして、わたしは
「そんな近づいたら襲っちゃうよ」
と冗談っぽく言いました。
すると愛美が
「・・・やっちゃう?」
といつもの笑顔でいってきました。
いつもなら、笑って冗談で返していましたが、私はキスをしていました。

近くの公園に入って、さらにキスを。
ニットの上からBカップのおっぱいをまさぐると、小さく喘ぐ愛美。
彼女に服装はニットの上着にしたはスカートとタイツ。
私はトイレの個室に入って壁にてをつかせて、パンツの中に手を入れました。
「はっ!はっ!あっ!・・・あっ!・・イ・・イ・・イク・・もう・・もうダメー!もうダッメー」
公園のトイレなのに大声で感じまくる愛美。
いつもは笑顔で冗談を言い合う彼女の女の側面をみて、興奮しました。
「おねがい、もうびしょびしょ・・・」
彼女がそういって、お尻をこちらに向けてあそこを広げてきました。

結婚する彼にもいつもこうやっておねだりしているのか。
そう考えると私の息子はこれでもかというくらいに大きくなり、いきなり入れました。
「イヤー!もうだめ!くっ、くはっ!イクー!イッちゃうー!」
何回もいく彼女を見ながら、バックで攻め続けました。
私が行きそうになると
「服汚れるから、くちに、、」
そういってしゃがみこんで加えてくれました。
彼女は全部飲んでくれました。

そのあと、お互い少し冷静になって
「やっちゃったね、まだ独身だからいっかw」
と言っていました