京言葉の女性と初めてセックスした話

その時は大阪の豊中という所に住んでいたんですが、ネットで京都の大学生の子と知り合う機会がありました。
京都に住んでいる女性と交際履歴というものがない私にとっては、是非お相手願いたいなと思う相手だったんですが、なかなかガードが固くて距離を詰められませんでした。

多少、乱暴な作戦に出てみるかと、京都への旅行を勝手に宣言して、といっても彼女が休みだという日を狙ったんですが、あえてその日に旅行をぶつけて、京都駅前に来てくれて会ってくれるなら嬉しいということだけ伝えてみることにしました。
もしも彼女が来なくても京都旅行を一人で楽しんじゃえば無駄にはならないという、彼女はオマケ扱いとしての強行手段でした。

当日、彼女は来てくれました。
出会って数分話して感じたことは、京言葉だというイントネーションです。
普段周囲で聞く関西弁ではなく、もっと優しく、慎ましい感じを受ける独特のイントネーションに、声フェチというか方言フェチの私はやられていました。

私は何度も京都に来たことがあり、名所はだいたい行ったこともあったので、彼女が行ったことがないという所を狙って一緒にデートをしてポイントを稼ぎ、好感度を上げる努力をして、最終的にホテルに誘いました。
思った通り、押しに弱い子でもあり、押されることが嫌いじゃないらしく、少し嬉しそうに頷いてくれました。

ホテルでは京言葉を耳元で堪能させてもらいながら、肉体も堪能させてもらいました。
過去にもこうやって押し切られたこともあるのか、もしくは押されることを楽しんできたのか、セックスに関しては慣れている様子であまり恥ずかしがらず、割と大胆に乱れたり、こちらがなにも言わなくても京言葉を操りながら攻めてくれて大満足でした。

それからは時間が合う時に強気で押して、京都でのデートと肉体関係を楽しませてもらっています。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!