京都での一人暮らしに・・・

20代前半で新社会人になり、京都に上京し一人暮らしをしていました。
職場はすごくハードで、残業も当たり前なところでした。
1日のほとんどを職場ですごしているせいか、プライベートではあまり充実することがなく、友達もいませんでした。
ただ、淡々と1日が過ぎていき、京都での生活にも慣れてきたとき、一人の時間が急に寂しくなってきたのです。

職場の同僚とよく飲みに行く機会も増えてきて、少しずつ日々の生活が充実してきたある日、私は職場での友人と鴨川の川沿いで2人で話していました。
日が沈みそうで少し薄暗くなったいたのですが、景色はすごくよかったです。

そんな私たちに2人の男性が声をかけてきたのです。
最初は警戒していた私たちでしたが、次第に打ち解けていきみんなでカラオケに行くことに。

歌って騒いでいるうちに意気投合していったのでした。

一人暮らしで独りになる瞬間が寂しかったので、私は友人と別れた後も一人で道端をお散歩していました。
すると、さっきまで一緒にいた男性の一人から連絡が来て「これから一緒にどう?」ときたのです。
私は寂しさを紛らわすために彼と合流し、2人で居酒屋に行きました。

お酒を勧められ、私はだいぶ酔い始めてきました。
酔い初めて眠気が襲ってきて、ホテルに誘導され、そのまま寝てしまいました。
目が覚めると、彼が隣で寝ていました。
お互いに服は着ていたので、何もないと思っています。

彼も目を覚まし、私に「よく寝ていたよ、襲おうと思ったけど・・・今襲ってもいい?」
彼は私が目を覚ますまで我慢していたようです。
彼のモノはもう元気になっていました。

そして、私も彼に体を許したのでした・・・