京都でセフレ

僕は京都在住の34歳です。
独身です。
数ヶ月前にセフレが出来ました。
出逢いは、京都のカフェでした。
この女の子が、店員として働いていました。
八つ橋好きな話題で盛り上がったのが
きっかけとなりました。
それから一緒に飲みに行くようになりました。
そして、ある日、
僕の部屋へ誘うとついて来ました。
僕は写真撮影が趣味です。
なので、僕の部屋には、京都の風景写真が沢山あったのです。
それを見せると、
凄い、凄いね。とこの女は喜びました。
この子の名前は、さやかと言います。
22才です。
さやかに僕は言いました。
最近、人物写真も気になっていて。
写真のモデルになってくれないかな?
可愛いしさ。
綺麗に撮影するから。
と言った。
さやかはすぐにいいよ。
と言った。
初めのうちは、普通の撮影を
していたが、
だんだんとエロい要求を出して行った。
さやかは、それに応えてくれた。
ミラー越しに手をついて、
服の裾を上げた。
パンティーが見えた。
開脚させて座らせた。
パンティーが丸見え状態にまでなった。
そして、
僕は撮影の手を止めて、
背後から抱きついた。
さやかは、凄く可愛かった。
そして、僕は、さやかの
パンティーを触った。
すでに濡れ濡れだった。
僕はエロい言葉を発しながら、
さやかのおまんこを触った。
そして、僕とさやかはその場でエッチをした。
これをきっかけとして、
さやかは僕のセフレになりました。
さやかは毎週、僕の部屋に訪れては、
ここのところ、エッチを楽しんでいます。
いいセフレが出来ました。