京都のセフレ

京都で出張中に出会ったデリヘル嬢。現在は、京都に出張に行くたびに愛し合うセフレさんのお話をします。私は大手通信会社でエンジニア兼営業をおこなってます。自慢ではないですが現在34歳で収入も月に45万円以上いただいております。
そんな私は、京都にある支社に1ヶ月に3回は出張している身です。自慢はここまでです。本題にはいります。私がセフレである彼女と出会ったのは3年前です。いつものビジネスホテルで、久々にデリバリーヘルスたるもんでも使ってやろうかって
思ったのがことの次第です。そこで持参したPCからホテル内のWIFIに接続して、ようはシティヘブンからデリヘル店を見つけて、なんと24000円の出費をして指名した、仮にミナちゃんを指名したのが始まりです。普通にプレイをして、言い難いのですが本番行為もしてしまいました。そこでミナちゃんから電話番号交換しよって言われたのがスタートです。出張が終わり、名古屋での生活に戻りました。出張から帰ってから2日後に「連絡待ってたんだよー」ってきました。
ただの社交辞令、もしくは営業かと思いましたが、普通に「また遊びたいよ」っていってきました。やはり営業かと思っておりましたが、そうではなくプライベートで遊びたいとのことでした。そこからです。彼女が名古屋に遊びにきたり
私が京都へ出張するたびに、デリヘルのヘルス嬢という立場でなく「普通の女の子」というカタチであっています。そんなこんな生活をして1年たちます。普通にセックスフレンドです。彼女も普通のお仕事に戻った様子です。デリヘルもやめてネイリストとして活躍中です。そんなこんなでまだ、私たちは名古屋と京都を行ったりきたりして、東京にディズニーにいったり、USJにいったりして遊んでいます。本当に、いま現在はセフレなのか?彼女なのかがまったくわからない状態でつきあっているため
不思議です。このまま彼女がセフレのままで終わるのか、いや結婚相手になって結婚できるのか、本当に楽しみな感じになってます。人生は楽しいです。名古屋から京都、お互いのいったりきたり、東京、大阪、今度は沖縄に旅行に行きますがどうなることやら楽しみな人生です。