京都の居酒屋で出会った居乳女

京都のある居酒屋で一人飲みをしていたところ、若い女が声をかけてきた。
合コンに行ってきたが、相手の男たちがあまりに非常識で怒って抜け出してきたというのだ。
二人でしばらく飲みながら話をした。
きれいな女だった。髪は長くつややかで、切れ長の目が妖しく俺を見つめている。
合コンの男たちはいい獲物を逃したものだ。
合コンだから気合が入っていたのか、胸の谷間が強調されている服に俺は
多少興奮していた。
彼女はとろんとした目で「ここ、気になるの?」
と言い、そして席を立った。
「行こっか?」と言って、初めて俺の手をそっと握った。
それだけで、あそこがギンギンに勃った。

ホテルに着くと、いきなり激しいキスをしてきた。
舌を絡めたり、俺の舌や唇を吸ったりとすごく激しくて、我慢汁が何度も出た。
それから、二人で風呂に入りながら、そこでもキス。
「あたし、酔うとキス魔になっちゃうの」
と言いながら、俺の唇から離れようとしない。
そうしながら、手はしっかりと俺のものをこすっている。
ソフトなタッチで時に早く、時にゆっくりと焦らすように…。
そして、一回目の射精を迎えた。

俺は、お返しとばかりに女にクンニした。
大きなあえぎ声にさらに俺は興奮し、クリトリスを手でもてあそんだ。
女はすぐにイッた。
「セックスでイッたの、初めて」
女は荒い息でそういうと、俺に馬乗りになってとうとう挿入した。
いやらしく腰を振りながら、まるで踊っているようにリズムよく
動くのを見て、俺はもう我慢できず、二度目の射精をした。

その後、朝までやりまくった。
最高の女だった。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!