京都祇園で人妻と

京都と言えば祇園がかなり有名ですよね?その歴史ある京都は祇園の町で、私は33歳の人妻の方とエッチな大人の関係になることができました。
その人妻とはたまたまクラブで知り合い、すぐに意気投合し遊ぶことに。

そして、私は人妻の色気ムンムンのセクシーな姿に一瞬でやられてしまい、人妻と夜の遊びをしたいために、ホテルへ誘うことにしました。
人妻もすぐにうなずいてくれたため、私たちはラブホテルへ行くことに決定。

夜の8時くらいにチェックインし、私たちは京都の町でハメハメすることになったのです。
とても素敵な豪華なホテルでしたし、ムードも自然と最高潮となりました。

私は人妻のセクシーな体にむしゃぶりつき、まずは人妻のオッパイに吸い付きました。
人妻のかなりエッチな叫び声が印象的で、すごく感じているご様子です。

私は責めるのが大好きなので、人妻の体を1時間はずっと責めていました。
人妻もけっこう責められるのが好きみたいで、私のエッチな攻撃に満足してくれました。

そして、その後は人妻に私の息子を舐めてもらい、出そうになったために、すぐに挿入をすることに。
私のギンギンになった息子を人妻の花園に入れ、まずはゆっくりとエッチを堪能しました。

いろんな体勢になってエッチを楽しんだのですが、その際に人妻のエッチな声がすごく印象的で、すごく燃え上がったのです。
京都祇園で知り合った人妻とのエッチはすごく興奮しましたし、京都でするエッチはやはりすごく良いですね。

僕のエッチは、グレイト


僕は京都旅行で
一人で来ていた。
そして、ある宿に
泊まった。
そこには外国人の
女がいた。
プロポーションが
抜群だった。
目立っていた。
金髪で目は青く
綺麗だった。
年齢は25歳くらいと思われた。
僕は、
ちょっと英会話に自信が
あった。
ハロー。日本には
旅行中ですか?
と声をかけた。
イエス。と答えが
帰って来た。
良かったら一緒に
京都巡りをしませんか?と
行って見た。
答えはイエス。
嬉しくなった。
京都料理屋に
連れて行った。
凄く美味しいと
満足していた。
デリシャス、デリシャス
と連発していた。
金閣寺、二条城などへも
連れて行った。
夕暮れになり、
金髪美女から私、楽しかった。
あなたが好き。と
言われた。
それなら、このまま
僕と一緒にいよう。
と言った。
そして、
僕の部屋に女を呼んだ。
女は美しかった。
おっぱいは巨乳だった。
金髪の髪がおっぱいに
かかっていた。
僕はそっとその髪に
触れた。
そして、その髪を背中に回した。
おっぱいを触った。
柔らかかった。
金髪美女はおっぱいで
僕のアレをパイずりして
くれた。
気持ちよかった。
そして、女から
キスの嵐が、凄かった。
外国人女はかなり
積極的だった。
もっと。もっと。
と懇願された。
腰使いが良かった。
美しかった。
そして、僕のエッチは、グレイト、
ワンダフル、凄い、と
褒められまくった。
京都で最高のエッチが出来た。
女の年齢はまだ20才だった。
若い女と過ごせた特別の日だった。
京都旅行は金髪美女に出逢えて、最高の
休暇になった。
今度は、この金髪美女は
僕の住む場所に寄ってくれる
事になった。

京都の職場で出会ったパートの人妻との体験談


私は現在30代の男性です。仕事はスーパーで社員として働いています。私の勤めているスーパーは全国展開しているので、2,3年に一度は転勤があります。今から3年ほど前に京都市内の店舗に勤めていたときがありました。実はそのときにそのお店でパートで働いた人妻とセフレ関係になってしました。今日はそのときの体験談を記したいと思います。
私が担当しているのは農産と言われる野菜や果物などの生鮮食品を扱う部門です。彼女は同じ部門でパート勤務していました。名前はAさんとします。年齢は35歳です。結婚しているのですが、すでにご主人さんとの関係は冷え切っており離婚を考えている状態でした。最初は彼女とは仕事上の相談を受ける形で、職場で話を聞いていたのですが、内容が職場の人間関係ということで、改めて時間をとって近くの喫茶店などで話を聞いていました。そんなことが何回があると、自然とお互いに距離が縮まり、次第に仕事とは関係のないこと、家庭のことなどを話すようになりました。
そして、あるときに職場で一人のパートの方が退社することになり、送別会を行いました。そして、1軒目のお店が終わったときに彼女から少し相談したいということで2軒目は二人で別のお店に行きました。お互いにお酒が入っていたため、いい雰囲気になり、結局そのままラブホに直行してしまいました。
Aさんはここ数年はセックスレスということで、かなり感じしていました。びっくりしたのは69のときに彼女が上になり、私がしたからクンニをしたのですが、あまりにもぬれすぎて私の胸のところに彼女のマン汁が垂れてしまい、びちゃびちゃになるほどでした。結局、私がそのお店を転勤するまで彼女とのセフレ関係が続きました。

京都のセフレ


京都で出張中に出会ったデリヘル嬢。現在は、京都に出張に行くたびに愛し合うセフレさんのお話をします。私は大手通信会社でエンジニア兼営業をおこなってます。自慢ではないですが現在34歳で収入も月に45万円以上いただいております。
そんな私は、京都にある支社に1ヶ月に3回は出張している身です。自慢はここまでです。本題にはいります。私がセフレである彼女と出会ったのは3年前です。いつものビジネスホテルで、久々にデリバリーヘルスたるもんでも使ってやろうかって
思ったのがことの次第です。そこで持参したPCからホテル内のWIFIに接続して、ようはシティヘブンからデリヘル店を見つけて、なんと24000円の出費をして指名した、仮にミナちゃんを指名したのが始まりです。普通にプレイをして、言い難いのですが本番行為もしてしまいました。そこでミナちゃんから電話番号交換しよって言われたのがスタートです。出張が終わり、名古屋での生活に戻りました。出張から帰ってから2日後に「連絡待ってたんだよー」ってきました。
ただの社交辞令、もしくは営業かと思いましたが、普通に「また遊びたいよ」っていってきました。やはり営業かと思っておりましたが、そうではなくプライベートで遊びたいとのことでした。そこからです。彼女が名古屋に遊びにきたり
私が京都へ出張するたびに、デリヘルのヘルス嬢という立場でなく「普通の女の子」というカタチであっています。そんなこんな生活をして1年たちます。普通にセックスフレンドです。彼女も普通のお仕事に戻った様子です。デリヘルもやめてネイリストとして活躍中です。そんなこんなでまだ、私たちは名古屋と京都を行ったりきたりして、東京にディズニーにいったり、USJにいったりして遊んでいます。本当に、いま現在はセフレなのか?彼女なのかがまったくわからない状態でつきあっているため
不思議です。このまま彼女がセフレのままで終わるのか、いや結婚相手になって結婚できるのか、本当に楽しみな感じになってます。人生は楽しいです。名古屋から京都、お互いのいったりきたり、東京、大阪、今度は沖縄に旅行に行きますがどうなることやら楽しみな人生です。

京都で家庭教師をしているお宅の母親とのエッチな体験談


私は現在20代の男性です。京都の大学を卒業して教員を目指していたのですが、なかなか採用試験に合格しないため、2年ほど臨時講師や家庭教師をしながら過ごしていました。そのときの体験談なのですが、実はある家庭教師でお邪魔していたお宅のお母さん(Aさん)とエッチな関係になってしまいました。今日はそのときの体験談を記したいと思います。
私が担当していたのは小学5年生の男の子でした。彼は中学受験というよりも性格が内向的で、普段学校でもわからないところを質問できないというような子でしたので、授業の補習をするという感じでした。そのため、毎回終わるたびに保護者であるお母さんに授業内容とその様子を報告していました。そして、段々とお母さんからも信頼されるようになり、たまにメールでその子の様子や相談を受けるようになりました。
ある時、これまでよく担当してくれたお礼とねぎらいという意味で、ランチに誘われました。普段は保護者と時間外に会うこともないのですが、信頼を得ていた手前断るのも嫌でしたし、実際、Aさんは年齢が35歳くらいできれいな女性でしたので、思わずOKしてしまいました。
そして、ランチの際にはいろんな話をして盛り上がりました。次第と、話の内容が子供のことから私の女性関係の話へと変わり、当時は彼女がいなかったのでそのことを正直に話すと、「若いのに大変ね」などと性欲処理の心配をされました。冗談で「そうなんですよ。Aさんが彼女だったら良かったな」と言ったら、Aさんから「1回ならいいよ」という意外な反応が返ってきました。
そこで、思い切ってラブホに誘ったところ一緒についてきてくれました。そして、まさか生徒のお母さんとエッチをするとは思わなかったので、その状況だけで興奮してしまい、2時間の間に3回も射精してしまいました。Aさんは1回だけといってはいたのですが、やはり若い男性のエネルギーに魅せられたようで、結局その後月に1,2回ほどのペースでセフレとなっています。

京都河原町三条でナンパ


僕は京都に来ていました。
ナンパ目的でした。
京都河原町三条の繁華街に行きました。
酔って足元がふらついている
女を発見しました。
プロポーションはいい感じでした。
大丈夫?酔っているようだけど。
と言って、女の肩に僕の手を添えました。
う、うん。とはっきりしない
声の返事が返ってきました。
一人で、こんなに酔っているなんて
危ないよ。少し休もう。と
言って、持っていた水をあげました。
女は言いました。
だ、だいじょうぶ。で、です。
私ともう一軒付き合って。
とお願いされました。
ナンパ目的なので、
話が早かったです。
介抱しながら、一軒
一緒に行くことになりました。
女は美しい女でした。
女は酒を飲み続けました。
片思いしていた彼に
振られてしまったとの事でした。
こんなに美しく綺麗な君を振るなんて
その男は何を考えているんだろうね。
きっと、神様が君にはもっと
いい人がいるよって言っているよ。
って話をしました。
僕の話に酔っているこの
女は引き寄せられているようでした。
冗談混じりで、
そのいい人って、
僕だったりしたりしちゃったりして。
と言いました。
そうだね。
助けてくれて、
飲み付き合ってくれてるしね。
と笑っていました。
嘘だよ。
僕はいい人じゃないよ。
エッチの事で頭が
いっぱいなんだ。
君って可愛いしね。と
言った。
女は完全に寄っていた。
可愛い?魅力的?
と言って、
おっぱいを僕の方に近づけて来た。
そう、君の可愛いおっぱい、
触りたくて仕方がないのさ。と
言った。
女はいいよ。と言った。
ちょっぴり触った。
女は私のとこ来て。と
言ってきた。
それで、女の家に上がり込んだ。
エッチは最高だった。

京都祇園のホストクラブに遊びに行く


私は大阪在住でしたが、一時期ホストクラブにはまったことがあります。
そのときは誰にも友人にホストにはまっているなんてことを言わずに通っていたのですが、いつも行く場所だと、自然に女性同士知り合いになったりするんですよ。
そうやってホストクラブに通う仲間が何人かいたのです。
その中の友人から私は実は相談を受けていました。
大阪のホストクラブに凄く気に入っている子がいたのに、京都に行ってしまって、一度京都に様子を見に行きたいと。
彼女のこの言葉を聞いて一度いってみることにしました。
大阪と京都なんてとても近いですよね。
だから週末で彼女と行く計画を立てました。
もちろん同伴からです。
彼女が連絡を取っておいてくれたので、17時位から同伴で一緒に食事に行き、それからそのままホストクラブに行きました。
彼は私のためにもう一人ホストをよんでおいてくれました。
私は大阪の乗りのホストとは少し違うホストがすっかり気に入りました。
そしてホストクラブでも凄く楽しんだのです。
彼女はそこでアフターもお願いしていたのですね。
そして彼女はアフターは二人だけでと言ってそこで別れました。
私はどうしようかと思いましたが、先ほどの彼が付き合うよと言ってくれたので、一緒にカラオケに行くことに。
そこで何となくいい雰囲気になっちゃって、キスしたり、ボディータッチしたり。
さすがにエッチまではできなかったけれど、彼の手つきはとっても気持ちがよかったです。
それからホテルに移動して彼に思う存分可愛がってもらいました。
彼女とはアフターで別行動して良かったかな・・・・。

京都の歯科衛生士とのセックス


 私は今、京都に住んでいるんですが、先日歯科衛生士とセフレになることに成功しました。私は年に1度歯医者で検診としせきのそうじをしてもらっているのですが、今年はいつもと違う歯医者に行ってみました。1回目は検診で2回目は歯石の掃除で終了しましたが、2回目に行ったときに歯科衛生士の方から「今度合コンしませんか?」とお誘いがあったんです。その彼女はとても美人だったので私もとてもうれしくなり、同僚をかき集めて合コンを開きました。彼女も同じ歯医者に努めている歯科衛生士を連れてきて、合コンを行いました。

 合コンはとても盛り上がり終了したところで、その私の担当だった彼女に「この近くにバーがあるので行きませんか?」とさそってみたところあっさりOKが出て、バーに行きました。そしてそろそろ帰ろうか、というときにこれからホテル行かない??と思い切って誘ってみたんです。するとこれまた意外とあっさりOKが出て、近くのラブホテルに入りました。別々にシャワーを浴びていよいよベッドインですが、彼女のおっぱいは意外と大きくムッチリ体系でかなり興奮です。彼女は見た目は少し派手で奔放なセックスをするのかなあ…と思っていたらアソコを触ると恥ずかしがったりちょっと意外で、喘ぎ声も小さめでしたが、気持ちいいセックスが楽しめました。これをきっかけに私たちは付き合い始めました。彼女は意外と誠実な人柄で料理も上手で、楽しく付き合っています。

京都で出逢った女と


僕は東京都出身です。
今月は、久しぶりの
休みを取り、
京都まで来ていました。
京都中を巡り歩いて、
休憩をある茶屋で取りました。
その茶屋の看板娘が
美しく、
つい声をかけていた。
黒髪が綺麗な20代前半と
思われる美しい女だった。
気さくに話返してきた。
が、口元の色っぽさは
ぽってり感がたまらなく、
誘われた。
この看板娘に
僕のメールアドレスの書かれたメモを
さっと渡して、
店を出た。
女は、なんとなく、
笑ったように見えた。
その夜、
女からメールが会った。
僕は、会いたい。
とメールを送った。
いつ?明日?
と答えた。
明日、夜なら時間あるわ。
とメールが返って来た。
僕は昼間、そわそわしながら、
金閣寺を見つめていた。
そして、夜になり、待ち合わせ場所に女が来た。
やはり綺麗で美しかった。
長い黒髪を垂らしていた。
そして、一緒に酒を飲んだ。
女は、ある男性との結婚が破綻になったそうだ。
もう、結婚は誰ともかんがえていないの。
と決心したように言っていた。
そして、
僕に寄り添ってきた。
一夜かぎりになるかもしれない。
と言った。
いいの。と女は静かに答えた。
そして、
素敵な夜にしてね。
と言ってきた。
女を抱き寄せて、頭を撫でた。
服を脱がせて行った。
細身で美しかった。
脚がほっそり美しかった。
全身にキスを浴びさせながら、
僕と女は混じり合った。
そして、部屋の明かりを落とした。
僕達の身体は熱く熱くなっていた。
ベッドがきしんだ。
何度も混じり合い、
女の喘ぎ声だけが部屋中に響き渡っていた。

京都でセフレ


僕は京都在住の34歳です。
独身です。
数ヶ月前にセフレが出来ました。
出逢いは、京都のカフェでした。
この女の子が、店員として働いていました。
八つ橋好きな話題で盛り上がったのが
きっかけとなりました。
それから一緒に飲みに行くようになりました。
そして、ある日、
僕の部屋へ誘うとついて来ました。
僕は写真撮影が趣味です。
なので、僕の部屋には、京都の風景写真が沢山あったのです。
それを見せると、
凄い、凄いね。とこの女は喜びました。
この子の名前は、さやかと言います。
22才です。
さやかに僕は言いました。
最近、人物写真も気になっていて。
写真のモデルになってくれないかな?
可愛いしさ。
綺麗に撮影するから。
と言った。
さやかはすぐにいいよ。
と言った。
初めのうちは、普通の撮影を
していたが、
だんだんとエロい要求を出して行った。
さやかは、それに応えてくれた。
ミラー越しに手をついて、
服の裾を上げた。
パンティーが見えた。
開脚させて座らせた。
パンティーが丸見え状態にまでなった。
そして、
僕は撮影の手を止めて、
背後から抱きついた。
さやかは、凄く可愛かった。
そして、僕は、さやかの
パンティーを触った。
すでに濡れ濡れだった。
僕はエロい言葉を発しながら、
さやかのおまんこを触った。
そして、僕とさやかはその場でエッチをした。
これをきっかけとして、
さやかは僕のセフレになりました。
さやかは毎週、僕の部屋に訪れては、
ここのところ、エッチを楽しんでいます。
いいセフレが出来ました。

京都の祇園で会った美人と


僕は京都在住の28歳です。
この日は祇園に来ていました。
祇園の甘味処から
二人組の美人が出て来た。
僕は軽いノリで声を
かけた。
そう、ナンパだった。
そして、祇園をこの
美人2人と歩いた。
テンションが上がっていた。
美人の一人がスマホをいじり出した。
何やら用事があるということで、
先に帰って行った。
なので、僕ともう一人の
美人という展開になった。
この美人の名前はさゆみだった。
さゆみちゃんは、二人になると、
少し色っぽくなった。
ディナーにそのまま一緒に行くことになった。
そして、僕はさゆみちゃんに、
気に入られたようだった。
その後も僕についてくるさゆみちゃんだった。
なので、この美人を
お持ち帰りしてしまった。
後先の展開など考えている暇は
なかった。
もしかしたら、いろんなこと
出来るかなと一人ただ妄想に走っていた。
僕のところへついた。
ビールがあったので、
それで、さゆみちゃんと
乾杯した。
さゆみちゃんは、
僕に寄りかかってきた。
なので、さゆみちゃんを支えた。
耳を優しくかじっていた。
そして、色っぽいね。
ゾクゾクするよ。
と言って、
抱きしめた。
さらにさゆみちゃんは、
強く僕を抱きしめ返して来た。
僕は、さゆみちゃんを
抱き抱えて、ベッドルームへ
運んだ。
そして、寝かせた。
二人、重なり合った。
美人のさゆみちゃんの顔が
至近距離にあった。
さゆみちゃんの着ていた服の
ボタンを外した。
可愛い綺麗なおっぱいがポロリと出て来た。
そこからは、無我夢中だった。
美人と甘い激しい時を過ごせました。

京都で人妻の女性をナンパしました


京都にすんでいる人妻の女性とは、出会い系サイトで知り合いました。
サイト内で少しお話し、LINEの交換をして、LINE無料トークで盛り上がったので、私は彼女をご飯に誘ったのです。
すると、彼女もノリよくOKをしてくれたので、私は彼女と一緒にご飯を食べに行くことになったのでした。

であった彼女はすごく可愛い女の子でした。
若妻と言う感じで、所帯じみたかん時はありませんでした。
子供もまだいないと言います。
彼女の服装はすごくラフな感じです。

安い居酒屋に連れて行き、お酒と食事をご馳走すると、彼女はすごく喜んでいました。
会話もそこそこに盛り上がり、居酒屋で食事を済ませた後、私は彼女を自分の家に誘導しました。
彼女も意外にあっさりとOKしてくれて、私たちは家に向かったのです。

彼女は人妻なので、面倒な関係のお付き合いはしたくないと言います。
私はそれとなく、「友達以上恋人未満な関係がいい」と言うと、お互いに条件が一致したのか、彼女は食いついてきたのでした。

彼女が私に心を開いてくれるようになると、セックスも少しずつ大胆になってきました。
そして、2,3時間ほど私たちはアツイ時間をすごし、彼女はすっきりしたような表情で帰って行ったのです。

その後は、私たちは定期的に京都駅で待ち合わせをしては私の自宅でエッチを楽しむような関係になっています。
私より5つ若い彼女ですが、若い女の子の小ぶりなお尻からはすごく沢山のエッチな知るがあふれています。

京都観光中に出逢った美女


僕は、京都観光に来ていた。
一人旅行だった。
僕は既婚者だが、
この旅の自由な時間が
好きだった。
妻から解放され、
仕事からも解放される、
至福の時間なのだった。
京都では、清水寺が
お気に入りの場所で
しばらく風景を
眺めていた。
すると、僕のそばで、
僕と同じように、
真っ直ぐな眼差しで
風景を見つめている
美しい女性が
立っていた。
まつ毛が長い、
綺麗な一重まぶた美女だった。
京都に似合う純和風女性と言えるだろう。
その女の瞳が濡れていた。
泣いたのであろう。
そっと、ハンカチを差し出していた。
この美女は、静かに差し出されたハンカチを
受け取って、目頭をふいた。
そして、綺麗な景色ですよね。
と女が口を開いた。
そうですね。と
風景を見ながら
答えた。
何故、泣いていたのでしょうか?
思い出深い土地でして。
と美女はそう僕に答えた。
そして、
あなたも京都が好きですか?
と聞かれた。
はい。と答えた。
息を吸えるんだ。と言った。
それはいい事ですね。
と美女は答えた。
もう、女の目から涙は消えていた。
そして、この美女と京都を
一緒に過ごすことになった。
僕達は休暇の恋に走った。
既婚者であることを伝え、
一夜限りの関係になった。
この女は妻と違って、美女で
手が震えていた。
緊張していたのだ。
まさか、この旅で、
こんな美女とこんな事が
出来るなんて思ってもいなかった。
僕には、こういう美女は、
現実には会えない存在だと
思って行きてきた。
それが、この旅で、
崩されたのだ。
美女は乱れまくった。
ウエスト周りの細さ、
脚の長さ、美乳と、
どこをとっても美女だった。

京都駅での待ち合わせで人妻の女性と・・・


京都駅の近くに彼女の働いている職場がありました。
私は、仕事の関係で彼女と会うことが多く、仕事のやり取りをしているうちに彼女のことが気に入ってしまい、ナンパをすることにしたのです。
「今度、お食事でもどうですか?」
と、さりげなく言ってみると、彼女は快くOKしてくれました。

そして、約束の日になり、京都駅で彼女を待ち合わせ。
現れた彼女は、仕事のときの服装からはガラッと変わってすごく可愛らしい格好をしていました。
仕事着とのギャップに今まで以上にドキドキしてしまい、私は彼女に悟られないように必死で興奮を隠すのでした。

ご飯を食べに居酒屋に入り、いろいろな話をしながら彼女との時間を楽しんでいました。
すると、ここで衝撃な事実が発覚するのでした・・・

彼女は人妻の女性だったのです。
私はそれを知らなかったので、ショックでした。
しかし、彼女はご主人とは長年のセックスレスなのだとか・・・
そして、すごく欲求不満なことを私に暴露するのでした。

ご飯を食べた後、私は彼女を駅まで送ろうとしたのですが、彼女から「まだ帰りたくない」と言われ、私は興奮を抑えることができず、ついにホテルへと誘い込むのでした。
そして、彼女とセックスをするのです。

私とのセックスではすごく感じてくれて、私も感じてくれる彼女にすごく興奮をしました。
お互いに体を求め合い、愛し合いました。

ご主人をのセックスでイッタ事がないと言う彼女。
私とのセックスで初めてイクということを体感したと言いました。

京都銀閣寺で二人組を


僕は京都在住です。
京都には観光目的の人がいっぱいです。
なので、一夜限りの相手を
見つけるのが楽なのです。
今日もふらりと銀閣寺まで行ってきました。
まず、きゃっきゃ騒いでいる女グループが
目につきました。
グループは多すぎて声をかけませんが、
かなり綺麗どころの集まりだったので、
少し残念でした。
また周りを見回しました。
すると、2人女性を発見しました。
二人だったら、声をかけてます。
なんせ、上手く行けば2人丸ごと
お持ち帰り出来るからです。
この女達は静かだし、
良い感じでした。
京都には二人で観光ですか?
と声をかけました。
はい。と答えが帰ってきました。
後は、僕が京都に住んでいるから、
案内しようか?という流れでした。
少し、土産屋さんを回った後に、
美味しい京都の甘味処へ
連れて行ってあげました。
二人は大喜びでした。
そして、その後、良かったら、
僕のとこによって、休んで行って。
と声をかけました。
二人は、京都の案内をしてもらい、
甘味処まで連れて行っているので
OKでした。
後は僕のところへついたら、
エロトーク開始でした。
京都の思い出にね。と言って、
何色のパンティーはいてるの?
ピンク。
少し見せてくれる?
二人ともかわいいね。
と持ち上げて行きました。
そして、おっぱい触らせて。と
おねだりして、
触りました。
もうこうなったら、エロ全開でした。
フェラをするように、お願いして、
してもらいました。
そして、二人のあそこを観察して、
はめました。
楽しく過ごせました。