人妻との行為。

最近幼馴染に再会しました。お互い田舎を出て、どこに行ったのか知らないほど疎遠でした。
それが偶然同じ町に住んでいたのです。
私は男、相手は女で思春期になれば大抵のそういう幼馴染同様に疎遠になったのでした。
それが偶然図書館で再会し、たまに会うようになりました。といっても一緒に本を読み、彼女の愚痴を聞く程度のことです。
が、その関係に数日前変化が起きました。
家でコーヒーぐらいと誘われ、行ってみると座るのは隣で、しかもかなり近い。
二人きりで既婚女性とそれはどうかと思っているうちに、夫への不満を口にし始めます。
今幼稚園に行っている子供が生まれてから、セックスレスだと聞いたとき、鈍い私も彼女の気持ちというか考えに気づきました。
不用意に近づいているわけではないと。
こちらとしては、彼女のことは特に好きでも嫌いでもありません。昔は兄弟同然でしたが、高校に行ってから十年以上はなれていた時間は、元から実際の兄弟ではなく他人だった関係を血縁相応に戻すに十分な期間だったと思います。
私は幸い独身、誘いに乗らない理由は特にありません。
「もったいないよな」
自分なら、絶対セックスレスなんてありえないのに、と冗談めかして言います。
私と結婚すればよかったかも、とまた冗談めかして彼女が返してきます。
それは冗談として出てしますが、一線を超えた言葉でしょう。
距離をさらにつめ、前から好きだった、と心にもないことを言います。相手もたぶん信じていませんが、その場ではそれを信じたほうが楽しいことをおそらく計算したのでしょう、嬉しそうな顔をします。
その後、実も蓋もなく言えばセックスしました。
まずは大人同士、濃厚なオーラルセックスから。
一物を出すと、驚きます。
「こ、こんな大きくなってたんだ」
「エロい女が目の前にいるからね」
「そういうことじゃなくて。旦那のよりすごく大きい」
人妻であることを最大限利用した殺し文句の一つでしょう。
彼女のフェラは口に一物をくわえ込み、頭を左右にねじったり前後に動くダイナミックなものでした。
私も旦那さんに負けないように必死でクンニを仕返し、夫婦の寝室で本番行為に及びます。
背徳感で感普段より早く出ましたが、久しぶりだったという彼女はかなり満足してくれた様子。
「次はいつ会えるかな」
そう聞いてきたからには、いった姿は演技ではなかったのでしょう。
しばらく刺激的な日々が送れそうです。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!