伊豆高原温泉での体験談

僕は最近新しく僕の会社に
来た派遣社員の百合亜を、
温泉デートに誘った。
百合亜は、ちょっと社内で
噂になるほどの、巨乳だった。
有名なAV女優に似ているとも
噂されていた。
そんな百合亜を誘えたのには訳がある。
僕と百合亜は、部署が同じで、
営業周りも、一緒という幸運だった。
営業の合間に、コーヒーをおごったり
していたので、僕に気を許すようになっていた。
僕は日頃の感謝のプレゼントだよ。温泉旅行と
言って、百合亜に綺麗な伊豆高原温泉の
パンフレットを見せた。百合亜は嬉しそうだった。
タイミングも良かった。彼女は最近、彼氏と別れたばかりで、
少し退屈していたのだ。
僕達は伊豆の宿に着いた。伊豆七島を一望出来る客室に、
その上、部屋には露天風呂付きだった。
僕は百合亜に言った。ねえ、少し肩が凝ってるんだ。
マッサージしてくれないかと。
百合亜は僕の肩を揉み出した。僕は言った。
もっと、全身を使って揉んでみてと。
百合亜は全身を使った。百合亜の巨乳が
僕の背中にリズム感良く触れ、気持ちよかった。
僕は、ありがとうと言って、今度は、君に尽くす番だね。
と言った。露天風呂いこうよと誘った。
僕が百合亜の身体を洗ってあげるよ。と言った。
僕は百合亜の着ていた服を脱がせ、一緒に
露天風呂に行き、百合亜の体に沢山のシャボンを
つけた、おっぱいを揉みながら、綺麗に力を込めて
洗った。二人、湯船につかった。海の景色が最高で
開放的だった。湯船から上がり、僕はふるちん姿で
、ビールを飲みながら、裸の百合亜を触りまくった。
そして、布団の上に一緒に倒れ込んだ。

これは夏の伊豆でのナンパ体験談です。


大学のサークルの友人達5人で伊豆の白浜に旅行に行きました。主目的はスキムボードとナンパです。白浜にはそれまでに何度も足を運んでいましたが、有名なナンパスポットの一つとして挙げられていました。

到着後に早速ビーチに繰り出し、女子大生風のグループの子達を中心に声を掛けていきました。ナンパはシカトやスルーされることがほとんどなので、そのようなことがあっても僕たちの心は折れませんでした。

中々女の子をゲットできずに、皆でビーチで日焼けをしていると、先ほど声を掛けてやんわり断られた女子大生4人組が遊んでくれませんかと逆に声を掛けてきました。皆スタイルの良いお姉系だったので、OKして、早速ビールを飲みながらビーチバレーやバナナボートをしました。

夕方になり、女の子達は近くのホテルへ一度チェックインし、私たちは宿泊先のコテージに一度戻りました。夕食後に砂浜に再合流し、花火を楽しみました。花火中に上手く4組カップルになっていて、友人の余った一人は早々にコテージに帰ってしまいました。花火後はカップル毎に分かれ、私もゲットした女の子と二人きりになりました。

話を聞くと彼氏と別れたばかりで傷心しているらしく、慰めているうちに良いムードになっていました。私は女の子の宿泊先のホテルの部屋に連れていかれ、そこでHをしました。暑い気候ということもあり、かなり激しく求め合いました。女の子とはそこから付き合うことになり、2年ほど付き合いました。

夏になると思いだす、夏の思い出です。

熱海での体験談


僕は、この夏、社員の女の子達から
熱海のサンビーチに遊びに行かないか。と
誘われていた。誘ってきたうちの
リーダーは、どちらかといえば、
女の子よりは、男みたいだった。
そんな奴だから、何の用心もなく、
俺を誘ったのだろうと見え見えだった。
この女が、俺を男扱いしていないことなども
しっていた。が、この提案された
お泊り会は、この女を含め、女、4人、
男、俺一人というハーレムだ。
そして、その内の一人は
いつも、社内で気になっていた彩奈がいた。
清楚で可憐な感じがとても可愛かった。まあ、
行ってみるかという気になった。
熱海の宿泊場に着いた。二部屋予約してあり、
やっぱり、女と男の俺の部屋は別々だった。
隣の女子の部屋からは、キャッキャと声が聞こえた。
声だけなら、あいつも、女性だなと思った。
そして、熱海のサンビーチへ出かけた。
4人とも、おっぱいはそれなりにあり、
ビキニ姿でそれなりに楽しませてもらった。
宿へ戻って、また部屋に、俺一人残された。
そこへドアのノック音がした。ドアを
開けると、気になっていた彩奈が
目の前にいた。他の女子はいなかった。
僕は、ドキドキしながらもどうぞと部屋に
彼女を招いた。どうしたの?と聞くと、
少し疲れちゃって。皆、お風呂にいっちゃた。
と。僕は、いいのかと思って、彼女に
寄り添った。今日のビーチ遊び楽しかったなと
言った。オッケーのようだったので、
昼間みたビキニの下のおっぱいが気になり、
手を突っ込んだ。彩奈は静かだった。そして、
畳上に彩奈を押し倒している僕がいた。
こんな瞬間をくれた男のような女にも感謝した。

富士山の見えるコテージ泊で


僕は休暇にゆっくりと
休めるとこをを選んだ。
それは、静岡にある
ちょっとした別荘気分を
味わうことの出来るコテージだ。
この僕の休暇には、時々バーで会う仲になっていた
女性友達の緑を同行させた。
緑とは現地静岡集合した。緑は
颯爽とした格好でやって来た。
ボディにぴったりなサイズの白のシャツに、
ブルーのスキニージーンズだった。
僕はこのラフな格好が似合うのは、
数多い女性友達の中でも、彼女だと思った。
モデル風の美人で背丈が高く、脚がすらりと長く、
おっぱいは巨乳で形が良く、お尻がいい感じで
突き出ているのである。彼女のくびれもすごかった。
よう。元気だったか。と声をかけた。
まあまあよ。と緑は答えた。
コテージ内、どんな感じか見てみようか?と
声をかけた。うん。と緑はいって、コテージ内へ
入っていた。わあ、素敵ね。富士山が部屋の
真正面に見えるなんて、最高と言った。
そして、私、コテージの雰囲気って大好き。
山小屋みたいなぬくもりがあるといった。
僕は君の身体の温もりを早く感じたいのだけど
と想像を巡らした。
緑は周囲を散歩してくるねといった。
僕は、手料理が自慢だったので、
夕食を用意して、緑の帰りを待った。
緑がもどってくると、わあ、素敵と
並べられた料理を見ていった。
ワインで乾杯した。緑はほろ酔いになっていた。
よし、今だと思った。緑はワインが入ると、
急に女の部分が全開になるのを知っていた。
今まではバーで飲んで、ちょっと触って、さようならだった。
今日は違う。二人きりのコテージの部屋の中だった。
甘えてくるのだ。緑のシャツのボタンに手を
かけ、脱がした。彼女は大きなおっぱいを
僕に押し付けるように、甘えてきた。
僕は彼女のお尻をジーンズの上から揉み、
脱がした。彼女の長い美しい脚が見事だった。
彼女に、M字開脚させたり、好き放題出来た。

富士山の見えるキャンプ場で


僕と僕の仕事場の
アシスタントのゆきと
静岡へキャンプしに行くことに
なった。ゆきと遠出するのは
はじめてのことだった。
ゆきはいつもの私服でやってきた。
そう、ゆきの私服は、ロリコン系だった。
大きなピンクのリボンが胸元につき、レースが
フリフリのスカートを履いてきた。
ニーハイソックスは履いておらず、生脚が
綺麗だった。静岡のキャンプ場へ
車を走らせた。キャンプ場についた。
ロケーションが湖のそばで、くつろげそうな
いい感じの雰囲気だった。ゆきの格好は
ちょっと目立っていた。キャンプ場の他の男の
視線がゆきの胸元やお尻に向けられているのが、
わかり、僕を興奮させた。
富士山をバックに、ゆきの可愛い格好を、
カメラで撮影しまくった。胸を富士山に
突き出しているポーズや、お尻を富士山に
向けるようになど、指示を出した。人がいない
場所に移動し、ゆきに命令をした。
ご主人様からのお願いだよ。
スカートを両手で捲り上げて。と言った。
ゆきは、恥ずかしそうに顔を赤らめ、僕の
お願い通り、捲り上げた。僕は言った。
もっとだよ。可愛いゆきの
パンティーがしっかりと見えるまで。と言った。
そして、僕達はテントの中へ入った。
それからは、ゆきの身体を触り放題だった。
僕は、ゆきを倒して、ディープキスをした。
身体のあらゆるところを舐めまわした。
ゆきの下半身に僕の口が到達すると、
ゆきは感じて、声を出しそうになった。
ここはキャンプ場だよ。声は出しちゃダメだよ。
と優しく、ゆきの口元を抑えた。声を出さないように、
頑張っているゆきが、とても可愛かった。
明日の早朝、富士山を見ながら、ゆきのおまんこに
僕のものを挿入する事を考えている。

牧之原公園にて


最近職場で出逢った、
可愛い14歳年下の
彼女を夜の静岡へドライブデートに誘った。
彼女は、まだ23歳で初々しいしかった。
デートには、白のフレアスカート、ピンクのレース生地
のトップスを身につけていた。
トップスからは、白い綺麗な
肩と、胸の谷間が見え、ドキドキした。
彼女の私服は最高だった。
カップルで有名な牧之原公園の夜景を
見に行った。
富士山や駿河湾を一望できる眺めはすごかった。
そして、なにより、ここはイチャイチャムード
全快だった。ここならムードに流されやすい、
あいなを思う存分触れそうだと思った。
僕は、夜景を眺めながら、夜景も綺麗だけど、
あいなちゃんはもっと綺麗だね。いつも、
僕は君にドキドキしているよ。と
言って、彼女の身体を僕の身体へ
引き寄せた。彼女は身体を預けてきた。
あいなちゃんのおっぱいがすぐ至近距離に。
まあるく、ふわふわマシュマロのようで、
今にも欲しかった。
そして、言った。あいなちゃんのおっぱい、
すごいね。いつもは、制服の下に隠れてたんだね。
今日は特別かい?いいんだね。あいなちゃんの
おっぱいが欲しくてたまらないよ。と言った。
そして、あいなちゃんの豊満なおっぱいを
思いっきり掴んだ。吸った。下半身にも
触れた。僕のおちんちんが欲しいのであろう、
かなり濡れていて、パンティーがすでに、ぐっしょり
だった。僕は、もっとエッチなことを楽しもうと
言って、駐車場に戻った。車内へ二人入り、
おっぱいを揉みしだき、パンティ脱がせ、
脚を開かせ、カチンカチンになっていた
僕のおちんちんを思いっきり挿入した。
静岡の夜景は最高だった。

富士山の見えるロッジの敷地内で


僕の彼女が言った。
ねえ。静岡につれて
行ってよ。富士山が
急に見たくなっちゃた。
うん。いいよ。来週、
平日、休み取れそうだから。
わーい。と無邪気な年下の
彼女。彼女といっても、
僕は、特定の彼女は持たない
主義で、女の子の友達の
一人で、その中では、
ルックスよしの、モデル風の
顔立ちの子だった。
僕は、そう、今まで生きてきて
女性に恵まれていた。
僕の優しさと、甘い雰囲気の
ためであろう。
ドライブデートで、静岡の富士山の見える
ロッジを目指した。車内の中で、
彼女のスカートに手を入れたりして、
軽く楽しんでいた。
今日は快晴で、富士山が綺麗に見えた。
ロッジ場についた。僕は知っていた。素敵な
秘密の景色と、ひと気がない絶好の場所が
ここにはあることを。ロッジ場の奥に
進むと、茂みがあり、その茂みは人は
まず来ないのだ。
そして、さらに進んで行くと、茂みが
窓枠のようになっており、雄大な富士山が
そこから浮かび上がるのだ。
そこへ彼女を連れて行った。彼女は、
びっくり。こんな景色が見えるなんて、
感動と夢の世界に浸っている様子だった。
僕は彼女の背後から、お尻を触り、
スカートをたくし上げて、力強く
彼女の柔らかいお尻を揉みまくった。
彼女は、もう、こんなところで。と
言った。僕はこんなところだからでしょ。
こんな景色を見せてあげることが出来るのは、
僕だけ。富士山の景色だって、その日、
その日で、違うんだから、しっかり、
楽しまなくちゃと言った。
そして彼女の耳に噛り付いた。
僕は彼女のおっぱいに手を
回し、彼女は僕の首に、
両腕を回してきた。
僕は、パンツを脱ぎ、彼女の
パンティーをずり下ろし、
挿入した。

山ガールをナンパしてセフレにしちゃいました


自分ですが昔から登山なんて大嫌いだったのですが、この頃の山ガールが可愛い!という情報を手に入れてからはもっぱら登山者を装ってナンパをしています。

この前も静岡側から富士山に登ろうと試みましたが、いるわいるわの山ガール。

こんなにいたらナンパ天国ジャン!と思い次々と声を掛けていくのですが、ほとんど無視されてしまい少し休憩をする事にしたんです。

そうすると何やら一人の山ガールらしき女子がいて、自分に声を掛けてきたのですがそれはただ単に写真を撮って欲しいだけでした。

でも、こういう一人の女子なんて滅多にいないので写真を撮り終えた後には恒例のナンパ作戦を開始しナントその女子と食事に行ける事になったんです。

そして話を聞いてみるとその女子は横浜に住んでいて自分は川崎とあり、さっそく連絡先を交換しての宴会を始めました。

酒が進むと自分も大胆な行動になってきて、彼女の隣に座って手を握ったりしていると、今度は彼女も自分の手を握り返してくるんです。

もう酒なんかそっちのけで近くのホテルに入り、我を忘れて腰を振っていました。

彼女もセックスが大好きなようで、絶倫とも言える自分の体力を気にいったようでした。

自分もかなり頑張って明け方まで彼女を楽しませていたのですが、彼女は昼から用事があるという事でその場は別れる事にしたんです。

でも夜になるとすぐに連絡が入り、今度は彼女の家に向かいセックスを楽しむ事になったのです。

もうこうなると二人のセックスは野獣のようになっていて、彼女もかなりスケベらしく玉舐めの時は袋をクチに含んでのご奉仕ですし、自分も彼女の股の間は隅々まで舐めつくしてやりました。

こんなイヤラシイセックスを朝までやっているともうセフレになるのは当然のような感じで、週に2回程は彼女とセックスをしている自分がいます。

熱海の海でナンパ


僕は友人と地元、静岡の熱海に来ていた。
夏の海辺。
可愛い女の子を物色していた。
いたぞ。好みの女の子二人組が。
砂浜にビニールシートを敷き、
寝そべっている二人の女性達。
一人は黒髪にポニーテールに、白のビキニ
を着ていた。もう一人の方は、
茶髪に長い髪の毛を背中までおろした
状態で黒のビキニを身につけていた。
僕の好みは清純そうなポニーテールの子で、
友人の方は、黒のビキニの方だった。
可愛い系とセクシー系がそろっているなんて、
なんともラッキーだった。
僕達は、声をかけた。
どこから来たの?東京と
二人は答えた。
熱海いいところでしょ。僕達は
ここ出身なんだと言った。
カフェでお茶しようよ。
おごるよ。と言った。
黒のビキニの子が、白の
ビキニの子に、いいんじゃない。
行ってみよう。パフェ食べたいし。と
声をかけていた。
僕達は、夏は皆、ビキニのまま、
カフェに入るよと行って、そのままの
格好で誘った。二人、立ち上がった。
脚は二人ともすらりと長く、綺麗だった。
また、起き上がって、正面から二人を見ると、
小さなビキニをつけていて、おっぱいがふたりとも、
ビキニのブラからはみ出しそうになっていた。
こんな二人の身体を拝みながら、
共にお茶出来ることは、幸せだった。
その後、海の中へ入って、泳ぐことを
提案した。僕は白のビキニの子の手を取って、
泳いだ。彼女のおっぱいが気になった。
僕の友人はさすがだった。すでに、
おっぱいを揉んでいた。黒ビキニの
彼女もはしゃいでいた。
僕にチャンスが来た。
白ビキニの彼女のブラが外れたのだ。
僕は守るように、おっぱいに触れた。
彼女はいいよ。と言って、
もっと揉んだ。これが熱海の海での
出来事だ。

熱海の海からお持ち帰り


熱海の海で、初めて、ゆきに出逢った。
その日を境に僕達は時々
遊ぶようになった。
あの日ゆきは、熱海の海で
しゃがみこんでいた。
失恋して、しくしく泣いているところを、
僕が優しく声をかけたのだ。
もう、日がくれかかっているのに、
パラソルの下で、一人でいた。
しかも、水着のままで。
僕はそっと、タオルをゆきの
肩にかけ、もう、日が暮れてきたよ。
ずっと、ここに座ってたの?と
声をかけた。少しづつ、彼女は
失恋の事を話し出した。
日が暮れかかり、熱海の夜景が見え始めていた。
さあ、涙をふいて。熱海の夜景がもうすぐ
綺麗に見えてくるからと言った。
ここから、僕のアパート、数分だけど、
もしよかったら休んで行く?と声をかけた。
彼女は、こくりと頷いた。
水着のまま、彼女をアパートへ
連れて行った。
シャワー使ってと声をかけた。
ありがとうと彼女はいって、
シャワーを浴び始めた。
ガラス越しに、彼女の
裸が映し出され、
彼女のくびれや、おっぱいの
形が見えた。彼女がシャワーから出ると、
僕のダボダボのシャツを渡した。
ゆきには、かなり大きいシャツだった。
パンティーが見えそうで見えなかった。
彼女は僕に身体を甘えるように擦り寄せてきた。
僕は彼女の身体を包み、優しくキスをした。
それからだ。僕がメールを入れると、ゆきは
すぐに熱海の僕のアパートへ遊びに来るようになった。
2回目は裸にして、優しくおっぱいに触れ、キスを
した。3回目の時は、ベッドに連れて行き、激しく
彼女のおっぱいを揉んだ。そして、数回たった
今も僕が呼ぶたびに、ゆきは僕のアパートに来て、
僕と遊んでくれるのだ。

静岡に会社の出張で言った時の話。


出張は美味しいもの食べられるし、ホテルもそこそこのレベルを用意してくれているから嫌いじゃない。
特に今回の出張以降は静岡出張なら大歓迎になった。まずついたら普通に仕事をこなしていた。今回は結構大きい商談で、一週間の滞在時間がある。
仕事とと言っても24時間拘束される訳ではないから夜とかは意外と自由な時間がある。だから夜は結構自由な時間を過ごせる。一人でお酒でも飲もうかとちょっと洒落たバーに入ってみた。
洒落たといってもネットで調べて評判が良かったくらいしか知らなかったのだが。店内は薄暗くテーブル席がいくつかと横に長いカウンターがある。一人だし、カウンター席で飲んでいた。
おーい、一番奥のテーブル席から呼ばれた。結構酔っている女性が一人で飲んでいた。どうやら一緒に飲みたいらしい。顔はよく整っていてきりっとした目が美しい。
髪はロング、暗いが、それでもつやつやなのが分かる。綺麗な女性だったので付き合ってやらことにした。あやと言う人らしい。
34歳のバリバリのキャリアウーマンどうやら仕事が上手くいかないで飲見たくなったらしい。自暴自棄になってるのか自分からホテルに行こうと言い出した。
断る理由もなく行く事にした。シャワーも浴びずに入るなりあやは舌を絡めてきた。そのままベットに倒れ込む。かなり激しく攻めてくる服をあっという間に脱がされフェラもかなりのうまさだ。
あまりの気持ちよさに思わず口に出してしまう。
それを飲み込むと、すぐに自分から服を全て脱ぎ始めた。スタイルもかなりのものだ。何より着やせするタイプなのか胸がEはあるんじゃないかと思うほど立派だ。そのまま騎乗位でやられ、その後はこっちからも責め、後ろから前からとにかく、やりまくった。何度かいった後にお互い酔いがさめてきたが、あやは連絡先を渡してきてまた静岡に来るときがあったらやってくれると言う。

パチンコ屋で会った人妻


自分はよく静岡の掛川のパチンコ屋で遊んでいるんですけど、ハッキリ言って結構勝つんです。

毎日行ってると出る台自体もわかるし、結局は設定をある程度わかってしまうと月に30万位は余裕で稼げるからもっぱら収入はパチンコです。

その日も自分は午前中で2万位出したのでそろそろ帰ろうとしていると、台を叩いてる今時は珍しい女がいてかなり注ぎこんでるような感じでした。

自分はもうやめるからその女に自分の台で打ってみたら良いと言いそのまま帰ったのですが、その女は次の日もいて同じように台を譲ってやったんです。

女も二日目だと台をキープしたあと話かけてきて、昨日は7万位出たお礼を言われて自分も人助けが出来たと思い喜んで帰ろうとすると、女から明日は暇?といった誘いの言葉が出てきてもしかしたらヤレルかもって思いました。

彼女と別れてもう半年以上女のアソコも見てないし、この女にしてもちょっとケバそうな感じだけど体つきは良くて、尻とかデカイから自分好みの体型だったんです。

次の日はすでに朝からその女もいて台を選んでやると二人で午前中だけで10万程出て、女はお礼といって近くのレストランで昼をおごってくれました。

少しは期待してたけど、まあこんなものかなって思い駅まで送って下さいと言ってみると、女は私の体って魅力ない?って誘ってくるのです。

ハッキリいってもう車に乗り込んでそのまま頂いちゃいましたよ。なんたって久しぶりだし女の香水の香りがもう自分のアソコをビンビンにさせてたから車で犯すようにやっちゃいました。

女もかなり喜んで車はギシギシいってるし昼間から駐車場でのセックスなんて初めてだったけど、たっぷり女の顔にかけられてマジで気持ち良かったんです。

その日からは午前中はパチンコで稼いで、午後は勝っていたらラブホでたっぷり楽しんで出なくても車でセックスの毎日です。

日曜は旦那がいるから来ないけど、週6のセックスってやっぱり良いですよね。女なんかもう朝からしようって言う時もある位に自分のアソコが好きになってるみたいでかなり良い人妻セフレが出来ました。

観光に来ている人を狙ってナンパ


静岡に観光に来ている人を狙ってナンパすると成功率が高いのでおすすめです。

東海大学海洋科学博物館・自然史博物館という場所が好きで自分は良くいきますが、ついでにナンパしちゃいますね。

商店街などでナンパするよりはずっと成功率が良いです。
風俗なんてそもそもないですし、良い店もないですし、安く済むのでナンパが最高です。
東海大学海洋科学博物館・自然史博物館にいる女の子は、観光していることが多いのでそのまま案内するよと同行してしまうことが多いのです。
先日は、女の子二人組を見つけたので案内しながら途中から友達を読んで2対2になりました。
夜にそのまま飲みに行って、2時間別行動と言ってセックスしちゃいました。

友達もうまくやったみたいで、感謝されました。
自分は、彼女の宿泊する部屋でセックス。

バックからガンガン突き上げて、声が出ないように口をおさえてやりました。
犯しているみたいですごく興奮しますね。

女のほうも濡れまくりで、旅先でのセックスって興奮するんじゃないかと思います。
おまんこの毛が濃くて、セックスに慣れていない反応がそそりました。

「好きだよ」とたくさん言ってあげたので、女にとってはロマンスなのではないでしょうか。

こっちはやれれば誰でも良いのですが、女にはストーリーが必要ですからね。
友人たちが帰ってくるまでに化粧をなおして、何でもない顔をしている様子にむらむらして、またヤリたくなりましたが、今回はここでお別れになりました。

駒門風穴で出会ってセックス


私は幼稚園のころから静岡に住んでいます。

お気に入りの場所があって、落ち着くので私が一人で行く場所があります。
駒門風穴という場所で、神秘的でちょっとしたパワースポットです。

失恋の傷が癒えずに、先日も言ったのですがカメラを抱えた男の人に会いました。
旅行中のようですが、私を見ると「人物も入れたいから写真を撮らせてほしい」と言われました。

私はきれいでもないので躊躇しましたが、人間なら老若男女誰でも良いらしく、承諾しました。
写真を撮られているときに、「きれいだ」というのが私のことなのか、駒門風穴のことなのか…

なんだか非日常的なのでドキドキしてしまいました。

その後も時間があれば観光に付き合ってほしいと言われて、暇なので同行することになりました。
静岡には自然公園がたくさんあるのですが、そこで抱きしめられてしまいました。

私もなんだか、相手にドキドキしていたので拒むことができず、
外なのに、彼の手が私の服に入ってきて、胸を揉み始めました。

もう片方の手が腰にまわりお尻を撫でます。
お尻の手がだんだん、あそこに伸びてきて、気が付けばくちゅくちゅと

あそこをさわられていました。
こんなこと外でしても良いのかな…と思いながらも、木にしがみつくような格好で
彼が私に入れてきます。

初めての経験にすごく感じちゃいました。
自然な流れのようで強引で、男っぽさに拒むこともできず
私はお尻を出して、野外セックスをしています。

そんなはしたない自分に興奮していました。
中には出さず、私のお尻にかけています。
少しだけスカートについてしまいましたが、気持ちよかったです。