休暇の北海道でセックス三昧

僕は東京都在住の27歳です。
夏は1週間の休暇を北海道で過ごしています。
僕の婆ちゃんちがあるからです。
実は、この休暇、女の子を連れ込んで楽しんでいます。
僕の婆ちゃんは、早くから寝てしまうし、耳はかなり悪く、
女の子連れ込みは大歓迎のようで、色々出来てしまうわけです。
連れ込んだのは、職場の可愛い新人の愛子ちゃんでした。
北海道にお婆ちゃんが住んでいて、夏は気温も高くないし、
自然は綺麗だしという話をしたら、一緒について来ることになりました。
まずは、小樽市内を愛子ちゃんと観光しました。
北海道は初めてのようで気に入ってもらえました。
婆ちゃんちについて、北海道の幸を3人で満喫しました。
そして、婆ちゃんが早くも寝床へ行きました。
愛子ちゃんと二人きりになりました。
どう?いいところでしょ?婆ちゃんもいい人だし。
うん。そうね。と愛子ちゃんは言いました。
ねえ。もっと楽しい思い出作ろう。と愛子ちゃんに触れました。
愛子ちゃんはドキッとした様子でした。
僕は愛子ちゃんを熱い瞳で見つめました。愛子ちゃんは赤くなり、
緊張した様子でした。
愛子ちゃんのブラウスに手をかけ、彼女のおっぱいの丸みを感じました。
彼女は黙って赤面していました。
僕は、そんな愛子ちゃんにキスをしました。
甘いキスでした。
そして、彼女のブラウスを脱がせました。
綺麗な肌でした。
東京の夏と違い、爽やかで、彼女の肌も
さらっとしていて、滑らかですべすべでした。
愛子ちゃんの肌柔らかくて気持ちいい。
もっと、感じたい。と言って、その場で愛子ちゃんのあそこに
僕のものを挿入しました。

北海道のパルコで女の子をゲットした話


個人的な都合で北海道に行ってどうせならナンパしようと思いました。
札幌なら大量のナンパスポットがあるので実際に使いたくなりました。
特に評価が高かった札幌のパルコは狙っていました。

北海道の女の子は非常に可愛いのでテンションが上がりました。
札幌のパルコに行くとどこを探して良いのか分からなくなりました。
しかし、私は入念に女の子をチェックして良さそうなところに行きました。

この場所は非常に広いのであらゆる女性がいるといった感じです。
私はギャルっぽい女の子に声をかけて良い反応を貰いました。
そのギャルは大人でお酒も飲めるという話でした。
早速女の子を連れて飲み屋に行くと気分も高揚していました。

相手の女の子はとにかく口が軽くて何でも話してくれました。
徐々に会話がエロい内容になると気分も良くなりました。
そして、お互いが良いムードになったので相手の家に行ってセックスすることになりました。

女の子の部屋は散らかっていましたがそれも逆に興奮しました。
周囲に下着が落ちていてリアルだったのが記憶に残っています。
そこに行くと直に抱き合ってキスを何度もしました。

相手は非常に乗り気だったので自分も反応しました。
徐々に相手の弱い部分を責めると感じているのが分かりました。
女の子はスタイルも良くて触るだけで柔らかかったです。
そして、激しいセックスでは気温が低いのに汗を掻いていました。

お互いが満足するまでセックスをすると帰る時間になりました。
私はまた会いたいと思ったので連絡先を交換しておきました。
しかし、実際には北海道なのでまた来る機会は少ないと思います。

実際にナンパスポットを調査する感じで声をかけてみましたが、まさかギャルとセックスできるとは考えてなかったです。

北海道旅行にて


先日高校からの友人と北海道に旅行に行きました。
主に観光地を巡り美味しい物を食べる事が目的でしたが、夜はどこかに飲みに出かけたいと思っておりました。
観光、食事が終わり一度ホテルにチェックインしました。
札幌市内のそこそこのランクのホテルです。
時間は夜7時を回っていたのでどこに飲みに行くかネットで調べてみました。
なかなか良い所が見つからなかったので、とりあえず繁華街に出てみることにしました。
週末だった為街はそこそこの人で賑わっていました。
適当に見つけた居酒屋に入り飲み始めました。
観光地で飲むお酒は最高でついつい飲み過ぎてしまいました。
千鳥足でお店を後にして散歩がてらに街を歩いていると2人組の女の子が声をかけてきました。
なんと人生初の逆ナンです。
地元の人間に見えなかった私たちに興味本位で声をかけた様でした。
カラオケに行く事になり地元の彼女達に案内してもらいました。
お店に着くなり飲み始め3時間程歌いまくり飲みまくりで皆べろべろになりました。
何となくいい雰囲気でもあったので、思い切って隣の子にキスをしてみました。
まんざらでもない様子でしたので下を入れて体をさわると好反応。
少しずつ下半身に向けて手を動かしていきついにパンティーの中に手を入れました。
向こうも酔っているのか嫌がる様子もなく感じまくっていました。
指を挿入し動かすと間もなくイッてしましました。
そこからはお互い火がつき止まる事が出来ませんでした。
友人と女の子もいつの間にかやり始めていたので気にせず私も生で挿入しました。
バックからつきまくり2回程イカせた後断りなく中に出しました。
しまりが最高に良く相当な量が出てしまいました。
出し終えると女の子達は疲れて寝てしまったので友人とこっそりホテルに帰りました。
それから彼女達がどうしたかは分かりませんが、思わぬラッキーな体験が出来て良い思い出となりました。

北海道さっぽろ夏祭りで、出会った美女と


僕は、36歳の独身です。
夏は、東京から、涼しい北海道へ逃れるのが
僕のここ数年のパターンになっています。
そして、今回も北海道へ行きました。
賑やかなさっぽろ夏まつりに出向きました。
ビアガーデンで、涼む夏は最高でした。
そして、何杯か楽しんでいるうちに、
僕の隣には、一人だと思われる美女が、
ビールを飲んでました。
かっこいいな。と思いました。
お一人なんですか?と声をかけた。
数日前に、彼氏に振られたという
女子大生だった。僕は、彼女の話を
聞いてあげました。
僕は、東京から北海道へ遊びに
きていると伝えました。
どうだろう?僕でよければ、
今日はとことん付き合うよ。と言った。
彼女は、よし。一緒にお祭りを楽しもうと
言って、僕の手をひいていった。
こうなったら、僕のテンションはアップしました。
盆踊りを一緒に楽しみました。
彼女は、とても上手でした。
そして、盆踊りも終わり、
僕達は、キスをしました。
そして、行こうか?と言って、
ラブホへ向かいました。
女子大生のピチピチの肌、
想像するだけで、興奮してきました。
そっと、彼女の着ていた浴衣に
手をかけ、脱がしていきました。
彼女のおっぱいが現れました。
なんと、爆乳でした。美女で爆乳とは、
すごい女と出逢えたと思いました。
僕は、はだけた浴衣から、ちらりと
見えるパンティーへ手を伸ばしながら、
おっぱいを揉みました。
何度も、彼女に、素敵だよ。
綺麗だよ。と褒めまくりました。
そして、乱れた浴衣のまま、ベッドで
激しく交じり合いました。

北海道のド変態娘


私は北海道の変態娘とセックスフレンドになることができました。
30代の私が20代前半のその娘とセックスフレンドになるきっかけとなったのが、出会い系サイトです。
正直出会い系サイトは全く期待していませんでした。
無料のところは競争率が激しいですしサクラやネカマもたくさんいます。
無料の出会い系ではなかなか会うことは難しそうだったので、仕方なく有料制のサイトを利用することにしました。
ポイント制となっているためにまずはポイントを購入しなくてはなりません。
あまり無駄遣いもしたくなかったので、とりあえず3000円分のポイントだけを購入して、これで出会えなかったらやめようと思っていました。
そして購入を終え、いよいよはじめました。
何通かいろんな人とやりとりをして、2000円分くらいのポイントがあっという間になくなりました。
もうこれは無理かなと半ば諦めていたのですが、これで最後と思って送ってみたのが、先ほど登場した北海道の変態娘です。
この娘はすごくノリがよくすぐに打ち解けました。
運良くLINEを交換して、やりとりを開始します。
毎日やりとりは続き、一週間ほど経ったある日会おうという話になりました。
そしてその娘の住む北海道は札幌へ行くことになりました。
実際に会ってみても想像していた通り変態で、すぐにホテルへ向かうことになりました。
その娘は生が好きみたいで、興奮していた私は生ですることにしました。
その日から約2ヶ月セックスフレンドとしてたくさん生でしました。
本当に良い想い出となりました。
残念ながらその娘とは今は連絡は取ってないですが、今でもあの時を忘れられません。
最高のセフレさんでした。

北海道のスキー場でクラスメイトと再開して・・・


社会人になって3年目の冬
友達3人と一緒に北海道へスキー旅行へ行った。
ニセコのスキー場は雪質もよく最高だった。

するとロッジで休憩をしてる時に不意に声をかけられた。
高校の時の同級生のM美だった。
「久しぶりー」て話もはずみ、向こうも女4人で来てるらしい。
そしたら偶然にも同じ旅館に泊まっていることが判明。
見た目はぼろいがスキー場に激近で格安の穴場中の穴場の旅館。

じゃ後で部屋に遊びにきてよってことでその場を別れた。
夜になり宴会をしてると、約束通りM美たちが遊びに来た。
みんな仲良くなり王様ゲームもやって(キスまで)盛り上がった。
すると飲み過ぎた男が1人2人とその辺で寝始め
疲れの出た女の子も部屋の端の布団で寝て雑魚寝の状態に。

俺とM美もかなり酔ってたけど2人だけ起きてて
小声で話をしていた。
そしたらM美が、あたし達の部屋に行こう
と俺の手を引いて誘ってくれた。

部屋に入ると俺の胸にM美が抱きついてきて
「酔ったみたい」なんてかわいらしく言ってくる。
俺もギュッと抱きしめて長いキスをした。
寝かせてジーンズを脱がそうとすると「ダメっ」って
ここまできてそりゃないよ、と思ったが
みんながいないことに気付いてるかもしれないって言うので
一緒に戻った。

そしたら暗い部屋の中から
チュパッ チュパッ と大きな音が聞こえる。
どうやら誰かがフェラしてあげてる音らしい。
M美と2人それを察するといたたまれなくなり
また彼女たちの部屋に戻った。

今度は俺から襲い掛かりブラの中に手を入れ
乳首をいじってやるとM美も興奮はMAX
ジーンズを片足だけ脱がしてズブリと挿入した。

結局そのまま寝てしまい
何があったかみんなにはバレバレで恥ずかしかったがすごく興奮した夜だった。

北海道のキャンプで酔って野ションした女の子とエッチ


去年の話だけど、バイトの仲間たちみんなでキャンプへ
メンバーはみんな20代前半で男女12人の大所帯。
その中にM美もいた。
M美は少し派手目、だけど1番かわいくてノリがいい子。
キャンプは小樽にある地元では有名な海水浴場。
そこに人の少ない穴場スポットがある。

夜はコンロでバーベキューをして酒も大量に飲んだ。
22:00を過ぎ片づけをして、みんなバラバラに行動し始める。
温泉に行ったり、コンビニに行ったり、酔って寝てしまったり。
俺はB男と釣りに行こうとしてたことろに
M美が声をかけてきた。
「ちょっと~ K(俺) 、B男、どこ行くの~?」
「え、釣りに行くんだよ、釣り」
「あたしも 行く~~~」
ヒマだったのかM美も付いてくることになった。

目的の釣り場に到着。
M美はかなり酔っててフラフラしてる。
そして適当に釣りをしているとM美が
「トイレ行きたーい」と言い出したので「その辺でしてこい」と返したら
懐中電灯持って少し離れた草地に歩いて行った。
すると「きゃーーーーー」という悲鳴のような声。
俺とB男が「どうしたどうした?」と駆け寄ると、M美は
上はビキニ、下は水着の上にホットパンツだったんだが
パンツを降ろしたところでバランスを崩し後ろに倒れたらしい。
しかも泥酔してるM美は丸出しのまま起き上がれない。
その姿を見てB男と2人で大笑いした。

さらにB男はM美が酔って動けないのをいいことにM美の後ろに回り
「ほら していいぞ」と足を持って開かせる体勢に。
酒を飲み過ぎてたM美はがまんしきれず
ジョ ジョ ジョジョジョジョジョー と勢いよく放尿。
M美は「やだぁ 見ないでー」と言うのが精いっぱい。
しかもその時B男は生乳揉むわ、指でアソコを開くわやりたい放題。
それを俺が懐中電灯でしっかり照らしていた。

おしっこが止まって、B男はアソコに指を入れてぐりぐりしたまま
「なぁ ここまで見せたんだから最後までしてもいいだろ?」と迫り
M美もしかたなくうなづいた。
2人でM美を連れ、1番大きな荷物置き用のテントに入った。
最初はB男が、おれはテントの外で見張り。
しだいにM美の怪しい声が聞こえてきて、それから10分ほどして
B男が出てきたので交代。
まずはM美にチ○ポを咥えてもらい
「じゃ挿れるからね」と足を思いっきり広げて正常位で挿入。
最初は拒否ってたM美も結局は感じまくって
「あんっ あんっ!」て大きな声出してた。

まさかM美とあんなことできるとは。
いい思いができた夏のキャンプだった。

北海道にて


数年前友人と北海道に旅行に行きました。
場所は札幌です。
当初は美味しいものを食べに行くのが目的でしたが、夜になり食欲が満たされると次ぎに満たしたいのは性欲です。
旅先で開放感もあり、普段ではあまりしないナンパをしようという事になりました。
シラフの子をナンパするのは難しいと考え携帯で色々と調べ札幌市内のお洒落なバーに移動しました。
週末だったので混んでいて若い女の子も多数いました。
目的の二人組の女の子も何組かおり、ビールを飲みながら物色しました。
目をつけたのがOL風の20代前半であろう二人組。
友人は声をかけるのは得意だったためすぐに話しかけに行きました。
私たちは東京在住で女の子二人は東京に憧れを持っているらしく、話しはすぐに盛り上がりました。
1時間程話しお酒もいい感じにまわって来た所で上手く連れ出しました。
バーですでにいい雰囲気だった為即ホテルに移動。
後で聞くと二人もナンパ待ちをしていた様でした。
ホテルに着き別々の部屋に移動しました。
私はどちらの子でも良かったのですが、友人がA子とやりたいというのでB子と部屋に入りました。
シャワーを浴びプレイに入ったのですが、ここで感じたのが東京の子より積極的だという事です。
しかもかなりのテクニックも持っており満足する事が出来ました。
2回程交わりそろそろ寝ようと思っていた時友人から電話があり、私の部屋の外に入るから出てこいと言われ出ると友人がパートナーを変えようと言い出しました。
面白そうだったので私はA子の元へ。
部屋に入るなりA子に襲いかかるとこちらもB子に負けじとすばらしいテクニックで応戦してきます。
結局A子とも2回、計4回のSexで私はくたくたになり、そのまま寝てしまいました。
翌朝目覚め皆で番号を交換し、東京で再会することを約束しホテルを後にしました。

ネットで出会った北海道の女の子とセフレになりました


出張で北海道に行くことが決まった日からネットを利用してある女の子と友達になっていました。
それはセフレを前提とした出会いでした。
彼女は日ごろからサイトで男性と仲良くなっては色んな所でエッチをして楽しんでいるのだと言っていました。
俺ともエッチをしてみたいという話になっていて、当日、札幌市のとあるラブホで待ち合わせをしました。
パット見た目はすごく大人しそうで清楚なお嬢さん風でした。
ホテルの部屋に入って20分ほど会話をした後で「そろそろシャワー浴びよう」と彼女の服を脱がせました。
黒のレースのセクシーなランジェリーが露わになりました。
手を止めず、するりするりと脱がせていくと白くてスベスベのぷるんとしたおっぱいが目の前にありました。
おっぱいを揉みながら軽くキスをして、そのままシャワー室へと入り、二人でイチャつきながらさっとシャワーを浴びました。
体を拭きあいっこして、二人でベッドの中に倒れこんでからはディープキスをして、首筋を舐めそのままおっぱいを舐めまわしました。
チューチュー吸っていると乳首が立ってきてマンコのほうがややしっとりと濡れてきました。
「クリを触って」と彼女がリクエストしてきたので、ゆっくり擦ってあげるとだんだんビショビショになっていきました。
彼女も俺のチンチンを触り始めてお互い気持ちよくなってきたところで69をしました。
彼女の体がビクンビクンと跳ね「欲しい」というおねだりもすぐには聞かずに、しばらくはお預け状態でマンコをしゃぶりました。
口の周りにべちょり愛液がついたところで、そろそろ入れますかってことで挿入しました。
しょっぱなからぬちゃぬちゃと突きまくって、彼女は思いっきり喘ぎ声を出していました。
「もっとぉ、もっとぉ」と言って股を開きながら欲しがるのでさらに強く突くとすごく喜んでいました。
途中、あえてゆっくり動いてみたり、彼女の脚を方にかけて深いところまで挿入してみたりしてお互いキモチイイ所を探しました。
「私バックが好きなんだ」と言っていたので、バックからもぐいぐい突いてみました。
「あっあっ、だめぇ、イッちゃう・・・」と言ってチンチンがキュッと締め付けられたと同時に俺と彼女はイッてしまいました。
エッチが終わった後、しばらく他愛のない会話をして、体力が回復してからもう一回エッチをしました。
シャワーを浴びて洋服を着た彼女は「出張で北海道に来たらまた呼んでね」と俺に軽くキスをして部屋を出て行きました。
最初、出張先での用事が終わったらすすきのでも行こうかなと思っていましたが、いい出会いがあったので本当に良かったです。
数か月先にまた出張で北海道に行く予定なので彼女と今度は別の場所でまたエッチしたいと思います。

北海道で会う


私は先日一人旅のため、札幌に向いました。
札幌では、時計台や大通り、羊が丘公園などなど有名スポットをめぐりました。
そして、私はもう一つ目的があって札幌に行ったんですよね。
それは、女に会う約束をしたからです。
そうなった理由は、ツイッターを介して仲良くなった女性に、札幌に来てみてと社交辞令を言われたからです。

そして、本当に行くと伝えると彼女も驚いていましたが、それでも会ってくれる事になりました。
私が彼女と待ち合わせをしたのは、円山公園のある入り口です。
それで小一時間待っていると、彼女が時間より20分くらい遅れてやってきました。
彼女「ごめーん、バイトが長引いちゃって!」
俺「いいよ!というか、やっと会えたねw」
彼女「うんうん!ツイッターの画像よりも痩せてるよねw?」
俺「痩せて無いよ!」
とテンプレみたいな会話を交わしたと、地下鉄で大通りに行き二人で飲みに行きました。

2時間ほど、彼女と盛り上がった後には、もう二人とも出来上がっており、
タクシーですすきの近くのラブホに向い、部屋に着くと二人無言で抱き合い、キスをはじめていました。
彼女のキスはエロイキスで、舌を絡ませてきます。
彼女は、元キャバクラ嬢だけあり、こういうテクニックも上手です。
そして、お互いシャワーも浴びずに、服を脱ぎあいシックスナインからイマラチオ、
それから私は興奮が高まり、彼女の小ぶりなお尻をスパンキングしていました。

それが終わると、二人ともTシャツを着たまま、ズボンとスカートだけを脱いだ状態でセックスを始めました。
着衣のセックスは、全裸よりも興奮するので私は大歓迎でした。
彼女は、身長が170あり手足が長いので、その乱れた様子はモデルのような普段の様子との、
ギャップがかなりエロく感じます。
それから、最後は彼女のTシャツにザーメンを掛けてしまい、ジョークながら怒られましたw。

彼女「これお気に入りのシャツなのにw なにやってん!」
俺「掛けてしまったw まぁ大通りで同じ奴買ってやるよ!」
と実際にその後、大通りに行き同じブランドのTシャツを買いに行きました。
そして、それは有名ブランドの物だったので、ちょっと高くて彼女にやられた!と思いましたね。

北海道の子って簡単だった・・・


私は去年から転勤で札幌市に在住しています。
そして、慣れない土地なのでさびしく思い、出会い系サイトに手を出してしまいました。
それから、いろいろとメールのやり取り等を行った結果、一人の女性が会ってくれる事になりました。
彼女は、札幌の看護師で21歳の女の子です。
写メールを見る限りでは、黒いアイシャドーと明るい茶髪をしており、ギャル系だというのが分かりました。
それから、私たちが会うことになったのは、私の最寄り駅の新札幌駅です。

当日、私はいち早く新札幌駅のある改札口で待っていると、私を呼ぶ声が聞こえてきました。
女の人の声「すいませーん、○○さんですよねw」
俺「え?写メールと全然違うやん!」
そう、そのときの彼女は黒に近い茶髪になっており、黒いアイシャドーもありませんでした。
彼女の顔を見て思ったのは、ギャルと言うよりは清純な感じがしました。

そして、私の車で新札幌から20分くらい外れに行ったところになる、地元では知られているラブホに入りました。
実は、このときは札幌に来てデリヘル以外では、初めてラブホにきました。
そのラブホは、地方特有の汚いラブホではなく、綺麗で広い部屋なので人気です。
俺「ここ初めてきたよ」
彼女「いつもきてんでしょw?」
俺「うん この前デリヘル使ったからよ!」
彼女「うわあああ、引くわ!」
と言う下らない会話を10分くらい続けると、私は彼女に先にシャワーを浴びさせました。
その後、私もシャワーを浴び終わると、特にする事も話すことも無いのでおっぱじめました。

私は彼女のDカップある胸にしゃぶりつき、乳首周辺を指で刺激しました。
もれる吐息と、喘ぎ声を聞きながら、次はアソコに手をやります。
2本指でアソコを刺激すると、穏やかな彼女が一変して、大声で喘ぎまくります。
正直うるさいのですが、同時にとてつもない官能を味会えます。
次は、彼女に私のアソコをしゃぶらせ、フェラからイマラチオに移し、玉も舐めてもらいました。

その後は、もう挿入して夜の運動会をおっぱじめるだけです。
私は彼女を窓際に立たせ、後ろからバックで突きまくりました。
普段は体位をコロコロ変えるのですが、今回はひたすらこれです。
彼女「いああああ! いっちゃーう!」と窓際で叫ぶので、通行人に聞かれないか心配になったほどです。
もちろん、窓の外は見えませんが。。。
そんな感じで、小時間たちバックをした後、私のアソコから大量のザーメンが飛び出し、ゴム中だしをして、夜の密会が終わりました。

これをきっかけに、私は北海道でいろいろな女性と会っており、東京に比べるとハードルの低さに驚いても居ます。

北海道の人妻はとても開放的で最高


私は北海道で生まれ北海道で育ちました。現在は二人の子供に恵まれ幸せな家庭生活を送っています。私の妻は私よりも4歳年上で近所に住んでいた女性でありますので、若い頃からよく遊んでおり家族同然の形で結婚をしました。私は妻のことが好きではありますが、それほど性的に満足できる関係ではなくて、なかなかセックスを楽しむことがもはや出来なくなっています。

そんな時私の会社の同僚で部下の女性が私のことを非常に好きでいてくれて、私と良く一緒に食事をしたりする仲になっていました。彼女も北海道育ちで北海道の大学を卒業して私の会社に5年前に入ってきたのです。彼女は2年前に結婚しましたが、なんだか夫婦仲がうまくいっておらずほとんどセックスをしない関係であると私に愚痴をこぼしていたのです。

私は彼女の肉体にとても性的な興奮を覚えていましたので、彼女と飲み会の後一緒にラブホテルに行こうと思いきって誘ってみたのです。酔ったときの勢いですので、彼女も酔いに任せて二人でラブホテルでセックスをすることになったのです。彼女の肉体は思ったよりも豊満で、私の性欲を完全に万足させてくれる最高の体を持っていました。彼女はとても開放的なセックスをする女性で、妻が持っていない多くのテクニックを私にしてくれたのです。私は非常に快楽的な気分になり、それから1ヶ月に1度ぐらい彼女とラブホテルに通う関係に発展しました。これは普通で言えば不倫状態の関係です。私はセックスフレンドと思って彼女と性の楽しさを味わっています。

来月は彼女と襟裳岬に旅行に行き、セックス旅行をする予定です。

北海道のセックスフレンドは非常に情熱的


私は北海道で働いているサラリーマンであり、地元は大阪になります。大学生の時の北海道の大学に進学し、それから現在6年目を迎えています。北海道は私にとってとても心落ち着く土地であり、北海道にいると大阪の街を恋しく思うことはほとんどなく幸せな社会人生活をしています。

しかし私に1つだけ問題があり、それは恋人が全く1人も出来ないことであります。私はそれほど容姿が悪いわけではありませんが、引っ込み思案な性格をしておりなかなか女性真剣にお付き合いすることが出来ません。そのせいもあって未だに童貞であり、少し恥ずかしい人間だと自分で思うようになりました。

そんな時に私の取引先の飲食店の若い女性店長と仲良くなり、私はその女性店長とたまに食事に行く関係になりました。その女性店長はそれほど美人ではありませんでしたが、しかしとても情熱的に人であり、私はすぐにその女性店長を好きになったのです。私は思いきってその女性と温泉旅行に誘い、そこで女性と関係を持ちたいという思いを持っていました。

旅館で私は彼女とセックスをしたいという思いを強くぶつけ、その女性もなんと同じ気持ちを持っていたのです。私たちはすぐに旅館の布団の上で肉体関係を結び、何度もセックスを楽しみました。その女性はあまり男性経験がなく、私のことを好きでいてくれたらしく、私を好きでいてくれることを感じていたので、私の童貞物語は終焉を迎えたのです。現在では友達未満セックスフレンド以上の関係になり、週に1回ほど彼女の部屋でセックスを楽しんでいます。