休暇中の北海道で

仕事の休暇をもらい、北海道にやってきました。
北海道の1週間の一人旅を思う存分に満喫しようと、ススキノ駅付近で綺麗な女性がいたので思わずナンパをすると、見事に成功するのでした。
すごくテンションが上がった私は、私の宿泊するホテルへとお持ち帰りをしたのです。

彼女は若干たまっていた様子。
私と少し雑談をしながらエッチな話しになっていき、連絡先もしっかり交換しました。
そしてその日は、下着まで見ることができ、大きなおっぱいだったことをしっかりと確信し、興奮したまま彼女とお別れをしました。

それから彼女から毎晩のようにメールが来てほぼ毎日会うようになっていたのです。
滞在期間中は彼女とのセックスを思う存分に楽しみたいと思っていた私は、彼女の積極的なセックスアピールに積極的に応えていました。

彼女とのセックスの回数を重ねるたびに私はどんどん彼女にのめりこんで行ったのです。

そして、そろそろ滞在期間も終わろうとしてた頃、私は彼女と一緒にデートがしたいといい、観光案内をしてもらうことに。
そして、北海道で美味しいラーメンを一緒に食べました。

明日には地元に帰ると言うことを彼女に告げると、彼女はすごく寂しそうにしていました。
そして、今日が最後ならと今まで以上にセックスを楽しむのでした。

彼女の大きなおっぱいはすごく大好きで、パイズリをしてもらったりいろいろな体位での挿入をしたりとお互いに時間の許す限りセックスを楽しんだのでした。