冗談の連鎖でエッチな体験をすることになった

決してナンパ目的で女性を褒めたわけではなかったのですが、何故か最終的にエッチする方向へ話が進みました。
家の近くに有名なコーヒーショップがオープンしたので、興味本位で立ち寄ろうと思いました。
愛媛県にとっては店舗数が少なかったので、大々的に宣伝されていたような気がします。
そのためか、愛媛に住む若い女性が多く来店していました。

店内が混雑していたので、女性二人組が座っているテーブルに相席する形でコーヒーを飲むことになりました。
二人組の顔をよく見ると、どちらも唇がふっくらしていてフェラしてもらえたら気持ちいいだろうなと考えてしまいます。
そんな私の気持ちが漏れだしたのか知りませんが、私から見て右側の女性が急に自慢話を始めたのです。
数年前に大学生だったころはモテすぎて困ったと言っていました。
私も何か相槌を打たないと失礼だと考えたので、恋人になったら毎日が楽しそうだと適当に思いついたことを話しました。
意外にも彼女は真に受けたようで、本当に恋人になってみないかと誘ってきたのです。
冗談交じりに了承してみると、店内を出てから良さそうな場所でエッチすることが決まりました。

童顔に似合わず巨乳だったので、パイズリやシックスナインなど全ての行為で強烈な快感を得られました。
二人ともイッたのでベッドの上で抱き合いながらトークを楽しんでいると、彼女が私の褒め言葉を真に受けたのは演技だったことがわかりました。
お互いに本心を言わなかったにせよ、冗談のおかげでエッチできたので上出来だと思っています。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!