島根での出会い系の女性の傾向

出会い系でリアルで出会った女性には1つの傾向がある。島根県ではセックスに飢えている。

コジツケな様で、SNSで出会った女性にも見られた傾向で、2年近くレスなのもあるのか、出会って目的地に希望するはホテル。日常のストレス発散もあるだろうが、男性の肉体に2年近くご無沙汰の女性たちは自らの肉体でくわえたがる。

当然ながら、出会い系は恋人だけを募集する女性だけではないし、普通に恋人募集と明記しながらセフレが欲しい女性も多かった。恋人募集と書いた方が、露骨な募集よりも自分の社会イメージを保てるからだろう。

ホテルに行けば、まず入浴とシャワーから入るのだが、こうはいらずに強姦チックに攻めて欲しいと頼んだ女性も多かった。M気質が多いのも出会い系系の特徴。

ホテルで、まず尺八から入られ、中にはシャワーを浴びた端から尺八をされた事もあった。飢えているのだから、シャワーだけて味わいたいのだろう。

体位に関しても、好みはバラバラ。体位に拘る女性が多く、自分が快楽を得られる体位が何かを承知されている。
自分のアレは非常に大きく、ホテルで脱いだ時に外人並みとはよく言われた。挿入されただけでGスポットに当たるみたいで、わざわざ腰を振らなくてもオーガズムになる方もいた。

一回のセックスのみで疎遠した女性も居たが、普段ならセックスと縁もゆかりも無い女性たちが願望として抱いているのなら、再びメールは届いた。
多数の女性と知り合えた出会い系だが、出会い系であれ献身的な存在ならば、多少は喧嘩しても円満かもしれない。

忘れられないセックスフレンド


数年前まで私にはセックスフレンドがいました。

その当時の私の年齢は29歳、相手の女性は33歳でした。

出会いは、出会い系サイト・・・

たまたま彼女がこんな文で出会いを求めていました。

「心身共に満足できるパートナーを募集しています」

詳しい条件は・・・

「お互いの負担にならない関係、精神的にも肉体的にも満足でき重い関係にならないよう私生活には干渉しないこと」

気になったので連絡をとってみました。

何回かメールでやり取りをしていると・・・

お互いに話はセックスのことに・・・

彼女は独身でつい最近まで彼氏がいたみたいですが性格的に別れてフリーに・・・

しかし別れた後はセックスする相手もいないため欲求不満に悩んでいたみたいです。

そこで掲示板に書き込みをしたらしいのですが、赤裸々にお互いのセックスや性癖を語っていたら数日後彼女から

「セックスしませんか」

というメールが届きました。

正直かなり私は警戒していましたが、メールや電話などで話している内に彼女の言葉がとても丁寧で遠まわしに何回も誘ってくるので、最初はお酒でも楽しもうということで会うことにしました。

実際に会ってみるとビックリしました。

美人で見た目は清楚系、上品な感じの印象でした。

胸は少し小さい感じですが、それがまた可愛く思える体系でした。少し細身ですが和服がとても似合いそうな印象でした。

二人でお酒を楽しみながら色々話していると酔いが回ってきて彼女からホテルに誘われそのままホテルへ・・・

見た目とは逆に彼女のセックスはとても激しい、しかも彼女の方から責められるので私の方は抵抗できないくらい身を任せていました。

最初のセックスが忘れられずにその後は2週間に一回のペースで会うことに・・・

セックスだけを楽しむ関係、お互いの性癖もわかるので、色々なセックスを楽しもうと会うたびに様々な行為を行いました。

SM、屋外、車内、エレベータの中、コスプレや体位の追及など本当に様々でした。

しかし、その関係も彼女の転勤で幕を閉じることに・・・

今ではメールもしなくなりましたが、本当に彼女との体験はとても現実的ではなく不思議な思い出として今も残ってます。

セフレと3Pをした


博史と私の家で飲む事になり、2人でコンビニでお酒と食べ物をいっぱい買いました。

家に戻ると玄関の前に敦士(彼氏)がいました。

「なんで2人で買い物してきてんの?」ってすごくムッとした感じで聞かれました。

私は敦士がそこにいる事にびっくりして「来るなら連絡してくれればよかったのに~」って言いました。

「俺、スマホ家に忘れてきて連絡できなかった。智子に会いたかったから家の前で待ってた」って言われました。

博史が「敦士、ごめんよ~。俺が悩みがあるからって言って智子に付き合ってもらう事になったんだよ」ってフォローしてくれました。

敦士は「なんで家?」って聞いてきたので私は「ゆっくり話を聞いてあげようかなって思って」と博史に合わせました。

結局3人で家に入りました。

私はお酒を出し、コンビニで買った食べ物も出しました。

3人とも飲み始めたんだけど、とにかく敦士が不機嫌で。

ものすごーく敦士がグチグチ私達に文句を言いながら、1人でピッチ早く飲んでいました。

でも、どんどん敦士が酔って来て「智子好きだよ~。」って言いながらキスしてきました。

「博史に智子はやらないからな!」って言いながら、私のおっぱいを揉んできました。

私もどんどんエッチな気分になってきました。

敦士の舌を吸ったり、敦士の乳首をつまんだりしていました。

敦士は酔っぱらってるので、感度がいいようで「ハァ・・アッ」って声を出しながら私のクリをパンツの上からイジイジしてきました。

その時、博史を見ると博史もものすごくエロい顔をして私達を見ています。

股間を見るとすごく膨らんでいます。

3Pしたいな・・って私の願望が顔を出してきました。

敦士とは3Pした事ないし、博史とのセックスも敦士公認になるかもって期待もありました。

敦士が私のブラを取り上半身が裸になりました。

敦士が「博史、智子のおっぱいエロいだろ?」って博史に言いました。

当然、博史とはセフレなのでおっぱいはすごく見ているはずです。

でも博史は「本当おっぱい大きいし、エッチな気分になるよ」って答えたら、「博史もおっぱい触る?」って言いました。

博史が「敦士いいの?智子のおっぱい触って。嫌じゃないの?」って言うと「嫌だ、触るな!誰が触っていいって言った?」・・・

「俺帰ろうかな」って博史が言うと敦士は「ダメ、居ろ!」って言ってます。

「俺と智子のセックス見てろ!」っと言いながら、私のおまんこを敦士が触ってきました。

「スゲー濡れてる・・」って言いながらシックスナインで私のおまんこを舐めてきました。

私は敦士のペニスを咥えました。

そしてイキそうな瞬間に敦士が「まだイッちゃだめだよ」って言いながら耳元で「博史がちんぽ出してオナニーしてるよ」って囁きました。

私は敦士の声に感じてしまって、博史のオナニーも激しくて、ものすごく大きな声を出してしまいました。

敦士が「博史、智子のおまんこしゃぶってあげて」って博史に言いだしました。

博史は今度はなにも聞かず、私のおまんこを激しく舌でベロベロしてきて、クチュクチュって音をわざと出してました。

敦士が「智子どうだ?博史に舐められて気持ちいか?」って言ってきます。

しゃぶってる博史を強引にどけて、私のお尻を敦士の前に突き出させてちんぽを挿入してきました。

博史に私と敦士のちんぽがズブズブ入ったり出たりしてる目の前に居させてます。

博史は自分のちんぽを上下に激しく動かしています。

敦士は激しく腰を動かし、果てました。

でも私はまだイケてないので、敦士が「博史、智子の中にちんぽいれて気持ちよくさせてやれよ」って言ってきました。

博史は敦士に言われるままちんぽを入れてきました。

「智子気持ちいいよ。お前のおまんこ熱い!」って言いながら激しく動いてきます。

そして「アッ、ハァ~、アーーー」って大きな喘ぎ声をあげ、二人で同じタイミングでイキました。

私は敦士のちんぽも博史のちんぽも隅々まで私の舌できれいにしてあげました。

その後また3人で裸のままでお酒を飲み始めました。

敦士は「くそ~、智子は博史でイッた」ってまた怒ってました。

そして敦士は寝てしまいました。

博史に小声で「敦士公認になったかな?」って言うと「どうかな~、敦士すごく嫉妬の塊だったから今日だけかもね」って言ってました。

でも2人で「最高だったね~」って笑いあいました。

次の日敦士は「すごい事やっちゃったね。俺嫉妬でいっぱいだった。智子がヤバイ位好きだよ。もう博史にはやらせない」って言われました。

私もその嫉妬が嬉しかったし、愛されてるなってすごく純粋に思ったから内心出会い系サイトのセフレとは少し控えようと考え「敦士大好きだよ~」って答えてました。

そして「お前と博史のセックス・・・エロかったな・・」って1人事のようにつぶやいてました。

タクシー運転手などという稼業を長年やると、


人間には恥というものが本当にあるのかどうかと疑いたくなるような場面に出くわす時がある。

とある政令指定都市で個人タクシーを営む私は、主に夜の繁華街を流して酔客相手の商売で経営を維持している。

前後不覚となった者もいれば、今まさに殴り合いを始めようかという者たちを見かけることもある。

そしてごく稀にではあるが、情事の真っ最中という若い男女に出くわすこともある。

ある日、下半身の衣類を全て脱ぎ、人が二人ようやく並べるような雑居ビルの隙間で、立ったまま結合している男女を見かけた。

時間は午前三時を回っていた。平日ということもあって、周囲に酔客はほとんどいなかった。私も仕事を終えようかと思案し、繁華街をぐるりと巡っていた最中に情事にいそしむ彼らを発見したのである。

二人とも酔っているせいなのか、はたまた行為に夢中なのか、見つかる心配などしていなかったのか、とにかく私に気づくことがなかった。

私はタクシーを降り、売り上げの入ったバッグを手にその情事を物陰から眺めた。

声を上げるでもなく、ただただ荒い息を吐きながら腰を動かす二人。時折派手に怒張した男根が女から引き抜かれて僅かに見えた。

私はそこで、二人の結合位置が少々高いことに気づいた。肛門に挿入している。

しばらく二人は同じような動作を繰り返すだけだったが、やがて男の動きが速くなってきた。

ひそひそとした声で男が「出る、出る、出る、出していい?」と言う。残念ながらいくら声を殺したところで、私には漏れ聞こえていたのだが。

女が「出して出して、もう痛いから」と答えた。確かに男の陰茎は相当に大きい部類に入るだろう。少なくとも私にはそう見えた。

男が動きを更に速め、ラストスパートをかけた。そして一際勢いよく、深く突き刺したかと思うと、そのまま腰だけをゆっくりくねらせるように動かし、小刻みに身を震わせた。

間違いなく女の肛門の奥深くで、男の亀頭から精液が噴出している。それはかなり長かった。

「痛い痛い、早く抜いて」と女が声を震わせながら男に訴えると、まだ精液を出し切っていない男の陰茎がスルリと女の肛門から抜け出し、二三度しゃくりあげるかのように残滓を吐き出す。

結合の解けた二人。すると女が男から僅かに身を離し、勢いよくしゃがみこんだ。

「あー痛い!出る!」と、女はもう声を抑えることなく言い放つと同時に、まるで派手に障子を破くような音を立てて脱糞した。

ねばつく精液を第一陣に、少々固めの物を排泄し終えると、あとは形な黄土色の液体便を肛門から噴出する。

女は男の陰茎を痛がっていたのではなく、飲みすぎによる腹痛をこらえていたのだ。

排泄したくても情事におよんだがために出来ず、こんな屋外での排泄となってしまったようだ。後で酔っ払った彼を善意で介護するように話しかけたら出会い系のセフレとよく外でやってしまうとか・・・

出会い系サイトって聞くと、中々登録しにくいし、


本当にセックスした人たちばかりが集まっているところをいうイメージです。

そういうそころは、可愛い純粋な女の子は寄り付きません。なので僕はあえてモバゲーなどの、女の子たちが気軽にコミュニケーションを取れるサイトに登録し、

友達申請や、メッセージ交換をしています。中には結構大胆な子もいて、ちょっとメールのやりとりをして仲良くなっただけなのに、「会ってみたいなあ」と言うと、

軽々しく「いいよ~」と言ってきます。本当に大丈夫なのかこの子とこっちが心配になるくらいですが、僕も男なのでどんな子なのかまずは写メを送ってもらいます。

今時のプリクラは可愛く撮れるらしいのでダメですね。前にも可愛い!と思って実際に会ってみたらダメなパターンがありましたので。

まだ写メのほうが真実味があると思います。写真を撮ってもらって、気に入った子だと会う日を約束し、実際にデートをしてそのあとお泊りと言うパターンも少なくないです。

僕みたいな特に顔もよくないオジサン(と言っても30代ですが)でも、大丈夫みたいです。

モバゲーはおつむの弱い子が多いみたいですね。でも、犯罪意識も少ないみたいなのでこっちは逆に助かってます。

今付き合ってる子もモバゲーで知り合った子です。僕のいうことは何でも聞いてくれます。10歳以上も歳が離れています(一応成人してます)

出会い系サイトよりも可愛い子と知り合えるんじゃないでしょうか。