出張したあの日をきっかけに

私は良く仕事で愛媛に出張をする事が多かったのです。

出張先の職場で、私はひとりの女性と出会ってしまったのです。
彼女は、最近派遣で入社した女性で、凄く初々しい感じの女の子でした。

職場ですれ違うと、彼女はにこっと挨拶をしてくれて、その顔が凄く可愛らしいと思いました。

彼女と何とかお近づきになれないかと私は妻子がいるにもかかわらず、そんなことばかりを考えるようになっていたのです。
ある日、彼女の歓迎会が開かれると聞き、なぜか私も参加する事になったのです。
出張で都内からきた私にも声がかかるなんて思いもしなかったので、意外な感じはしましたが、チャンスだと思いました。

彼女の歓迎会で、私は何とか彼女と近づこうと、頑張っていました。
そして、彼女の思い切って話しかけてみると、彼女も笑顔な対応だったのです。

飲み会後半になると、全体的にグダグダな状態になっていたので、私は思い切って彼女を連れ出し、ホテルへと向かいました。
彼女もまんざらではなかった様子。

そして、部屋へ入ると、私は彼女にキスをしながら、服を脱がしていました。
妻や子供のことは私の頭の中にはありませんでした。

彼女を抱きたいという気持ちだけが私の頭の中では大きかったのです。
彼女の服を脱がせると、体中を愛撫しまくり、バックから思い切り挿入し、激しく突き上げたのでした。

彼女は、次に出張に来たときにはまたしたいといい、私は彼女との次回のセックス燃やす即するのでした。