出張先の仙台で女子大生2人

こんにちは、タクヤ(30代前半、会社員)といいます。
つい先日、仙台へ出張に行ってきました。
ちょうど、一週間、月曜日から金曜日まで出張で仙台駅前のホテル住まいでした。
毎日19時前には仕事先での用事を終わらせて、ホテルに戻って寝るという感じでした。
初めの数日は、大人しくホテルで寝ていたのですが、やはり1人の夜に飽きました。
一番町へソープランドに行こうかと考えたのですが、ただSEXをするだけの気分ではありませんでした。
だから、いつもお世話になっている出会い系を使って女の子とのデートをしてきました!

いつも使っているサイトには、宮城県の仙台市のカテゴリーがあります。
そこに登録している女の子を見てみると、SM系のカテゴリーに21歳大学生(メグミ)が居ました。
さっそく連絡をしてみると、遊び相手を求めていたようで、夕飯とカラオケで交渉が成立!
仙台駅の改札口付近で19時30分に待ち合わせをすることに。
ちょうど待ち合わせ時間になった時、メグミからメールが。
「いま、改札に来ました。友達のケイコも一緒だけどいい?」と。
正直、ビビりました。ケイコと言っても、男じゃないの??と。でも、そんなことを言ってもいられません。
「いいよ、是非、一緒に」と、俺。
そして会ってみたら、二人ともめっちゃ美人でした。タイトなミニスカートからストッキングをはいた綺麗な肉付きの良い脚が。
二人に誘われて、仙台名物「牛タン」のお店に連れて行ってもらいました。
そして、そのあと、カラオケに行って、普通に飲んで歌っていたら、私の対面に座っていたケイコが突然、脚を開きました。
ケイコはカラオケの画面を見ながら歌っていますが、マイクを持たない手は、彼女の茂みを広げています。
ケイコはガーターストッキングで、ショーツを履いておらず、股間の茂みと潤いがよく見えます。
私は、驚いてしまい、ケイコのスカートの中を凝視してしまっていたら、メグミが私の股間をチャックを開けて両手でやさしく取り出し、咥えてしまいました。
一瞬、何が起こったかわかりませんでした。が、SM系に登録していたことを思い出しました。
私は直ぐに、彼女達を連れてラブホテルに入りました。

彼女達は、下着を付けていませんでした。
服を着たまま、エレベータの中でケイコにバックから挿入し、部屋までの通路ではメグミに挿入しました。
挿入しながら、もう一人の女の胸や唇を味わえるのです。
部屋に入った後は、二人に服を着せたまま2回ずつ生で発射をしました。
翌日も仕事後に、彼女達と待ち合わせてSEXを楽しみました。駅前のロフト内でのSEXが彼女達の定番のスポットのようです。

今では、私の住む東京に2人がよく遊びに来て、ディズニーランドなどで秘密の遊びを楽しんでいます。
宮城の仙台で素晴らしいセフレをゲットした話でした。
皆さんも、仙台にはメグミとケイコのような女性が沢山いるらしいですよ!

 

 

姉貴を抱いてみたら思いのほか気持ちよかったので報告

俺は姉貴を抱いた。
一度じゃない。何度も何度も。
実を言うと、今も俺の横で裸で姉は寝ている。

義理の姉とかなら、まだいいが、
俺が抱いちゃったのは正真正銘、実の姉なのだ。
姉を抱く。それは世間的にはあまり自慢できるようなことではない。
なぜ、そんな間違いが起こったのか。
それは先月起こったある事件がきっかけだった。
俺がその日はバイトが休みで、仙台駅前のあたりをウロウロしていたときのことだ。

七十七銀行から出てきた男女がなにやら言い争いをしていることに気が付いた。
よく見ると、女の方は俺の姉じゃないか。
気になって遠目に見ていたら、男は、俺の姉を車に押し込もうとし始めたのだ。

もう、あたまにカーッと血がのぼって、気が付くと俺は飛び出していた。
そして、ボコボコに。

そうなのだ、ボコボコにしたのではない。されたのだ。
弱いなー俺。

回りに人が集まってきたので、その男は車で走り去って行ってしまった。

姉は俺のことを心配し、そのまま家に帰ることもできず、休める場所として、ラブホテルに俺を連れて行った。

俺はラブホのベッドに寝かされ、姉は泣いていた。
事情を聴くと、姉の昔の男で、今もそのときに借したお金のことでもめているとのこと。

姉のそんな話を聞いていたら、たまらなく姉のことが愛おしくなってきた。
姉の涙をゆびでそっと拭ってあげた。

姉は「ありがとう」と俺にいって、口にキスをしてくれた。

俺はそれだけで立ってしまった。
姉を女とみている自分がそこにいた。
確かに、姉とはいえ、仲間由紀恵に激似な姉だ。
女として見てしまってもおかしくはない、と自分に言い聞かせた。

俺も姉の唇にキスをした。姉は拒まなかった。
舌を差し込むと、姉も舌を絡めてきた。
姉の吐く濃い息を感じた。
姉の唾液を思う存分吸い取った。

姉はそのまま俺をベッドに押し倒した。
姉が上になる格好で、俺にまたキスをしてきた。
長い髪が俺の顔の両側をすだれのように塞いだ。
俺の顔は完全に姉の髪の毛の内側に覆われ、さらに俺の唇全体が姉の唇と舌でねっとりと覆われた。
そして唾液を俺の口の送り込んでくる。息ができないくらいの俺は、それをすべて飲み干さざるを得なかった。
これ以上ないくらいにエロくなっている姉をそこに見たのだ。

そのまま、その日は、姉と弟ではなく、女と男になった。

俺のペニスは、いままでに経験したことがないくらいに膨れ上がっていて、
頬を赤らめて完全な女になってしまっている姉に、差し込んだのだ。

半開きの姉の口から洩れる吐息。
いままでの23年の人生で見たことのない姉がそこにいた。

まさか、父も、母も、まさかいま俺のペニスが姉の恥部を貫いてしまったなどとは想像もしていないだろう。
もし知ったら、どんな顔をするだろう。怒るのだろうか。呆れるのだろうか。まったく見当もつかない。
勘当されるかもしれない。おふくろは泣くかもしれない。
それでもいい。それでも、いま、この瞬間、姉と繋がっていたいと思った。

お互い裸になり、思う存分に抱き合って、最後に果てるときに「おねえちゃん、出るっ」と言うと、「いいよっ中に出してっ!」と言ってくれた。
俺は甘えた。そんな姉に甘えた。中に、精子を、姉の中に精子を注いだ。
きゅううって姉の膣が俺のちんぽを締め上げ、俺の精液を一滴残らず搾り取ろうとしているかのようだった。

姉との初めてのセックスが終わって、彼女のマンコをみると、白い精液と膣液がまじりあい、こぼれていた。

してしまった。姉を抱いてしまった。と、わずかな罪悪感。
しかし、それ以上に、妙な達成感があって、俺の心は高揚していた。

いいんだ。これでいいんだ。そう、自分に言い聞かせた。
姉も終わった後、笑っていた。幸せだよ。そういってくれた。

それからも、ときたまホテルで二人でセックスをしている。
お互いに姉弟だからか、体の相性がぴったりで、もう、このままお互い恋人はいらないよね、なんて話までしている。
セックスフレンドは姉。とても人には言えないが、ちょっと言いたいこの気持ち。わかるだろうか。

 

多賀城のイオンでバイトの同僚をセフレにしちゃった件

俺は多賀城のイオンでバイト仲間だった佐々木優奈(苗字は仮名)を抱いた。
ついに抱いた。
この喜びをなんとか皆に教えたい。そう思っていま文章を書いている。

店の名前をだすといろいろ問題になりそうなので、ここではあえて伏せるが、
俺は、ずっと多賀城のイオンでバイトをしている。
イオンがジャスコだったころから。震災の日もバイトだった。屋上に逃げて助かった一人だ。ここ数年はずっと「がんばろう塩竈」「がんばろう俺」と自分に言い聞かせて頑張ってきた。

去年、新しいバイトの子が入ってきた。「佐々木さん」だ。
それ以来、俺はずっと、「佐々木さん」に片思いしていた。
バイト中も、横目でよく佐々木さんを見ていた。
そして仕事後に皆でご飯を食べに行ったとき、スマホで彼女を隠し撮りしたりしていた。その画像は僕の宝物だった。
家に帰ってからは、佐々木さんを思いながら毎晩オナニーをしていた。
彼女の画像を見ながら。彼女の画像に精液をぶっかけたこともあった。それからスマホの調子が悪くなった。自業自得だ。なさけないぞ俺。

ある日、佐々木さんとシフトが被った日、帰りは車で彼女を送ることになった。
車の中で彼女は泣き出した。彼と別れたことを知った。
車で彼女の家には向かわなかった。
ホテルへと彼女を連れ込んだ。もう抑えることは出来なかった。

彼女も、俺を受け入れてくれた。いつもスマホの画面の中にいる彼女。想像の中のベッドで喘ぎ声をあげる彼女。「いっちゃう!いっちゃう!」と俺の想像の佐々木さんはいつも声を張り上げていた。その彼女がいま俺の目の前で裸になって俺の下にいる。それが奇跡だと思えた。ベッドの横に無造作に脱ぎ捨てられた、見慣れた佐々木さんの私服がエロさをさらに際立たせていた。
俺のいきり立ったちんぽの先を佐々木さんの熱いマンコにあてがう。すでに十分に濡れていた。それだけで発射しそうだったが、なんとかこらえた。
そして、灌漑に浸りながら、ゆっくりとペニスを白い彼女の細い体に沈めた。
佐々木さんは、顔をしかめる。「う」と声にならない声をあげた。
それからだんだんと腰を振り、彼女は、俺にしがみついてきた。

ああーーーっいっちゃう!いっちゃう!

想像の中の彼女が、いま現実に俺のちんぽを受け入れている。
バイト中には聞けないような声で叫んでる!

そう思うだけで俺の興奮は最高潮に達した。
そのときには下の名前を呼んでいた。「優奈(ゆうな)----っ」と。

ペニスを抜く暇もなく、俺は彼女の中にすべてを放出しながら、彼女にしがみついた。
佐々木優奈も俺にしがみついた。

そのあと、そのままの体勢で、いつまでも終わることのない濃厚なキスを続けた。
お互いの唾液が全部入れ替わるのではないかと思えるほどに。

俺は彼女に告白し、いままでずっと好きだったこと、できれば付き合ってほしい旨を伝えた。

彼女は、
まだ彼のことが忘れられない。ちょっと時間がほしい。
しばらくはセフレ(?)という関係でいてほしい。
今日のセックスは最高だった。

そんなことを言ってくれた。

まだ、恋人にはなれない二人だが、一歩前に進んだことは確かだ。

今後、どうなるかは俺にもわからない。
でも、いま俺は地球上で一番幸せであることに変わりはないのだ。

 

一夜限りの楽しいかった思い出

SNS系出会い系サイトで出会った女性に会いに隣県である宮城県へ行ってきました。サイトで知り合い、LINEを交換してから約半月でお互いの休日の都合があったので会う流れとなりました。宮城県出身ではないものの、仙台市にある私立大学に在籍していたのでLINEでのやりとりは盛り上がりました。待ち合わせ場所も「仙台駅の元伊達政宗像のあったところ」で通じ(10年位前に像が移動されて現在はないのですが、仙台駅の待ち合わせ場所の定番だったところです)、合う前からお互いに良い雰囲気だったと思います。

緊張しながら待ち合わせ場所に行くと、自分と同じ30代前半くらいの女性がいました。SNS系サイトなので顔写真はプロフィールに載るのでお互い顔は知っていましたが、実際会ってみるとサイトの写真と印象が違いました。それでも充分に美人だったので気にはなりませんでしたが、聴いてみると数年前に撮った写真を使用していたとのことでした。

その日は買い物に付き合ってもらう予定のみだったのですが、気が合うらしくせっかくだしお酒を飲もうという話になり国分町で飲むことに。終電も近づいてきたので、帰ろうとするとなんと「朝まで付き合って欲しい」との言葉が。電車で来て正解でした。居酒屋を2軒ほどまわり、自然な流れてホテルへ。彼女も久しぶりだったらしく、お互いに1回じゃ物足りなくて朝方までずっとやっていました。

楽しかったし、これからもやっていけそうだなと思っていたところに、彼女から「実は・・・」との爆弾発言が!なんと人妻でした。
その後、何度か連絡がきたのですがさすがにまずいと思い、返信していません。せっかく良い女性に会えたと思ったのに残念だった苦い思い出です。

 

街頭アンケートが、まさかの展開

仙台駅のペデストリアンデッキの大きな時計の前を歩いてると、黒髪の眼鏡をかけた華奢な女の子が「アンケートをお願いします」声をかけてきました。
不動産のことについていろいろ聞きたいらしく、昼間からずっといろんな人に声をかけているが無視されたり怒られたりなかなかアンケートに答えてくれる人がいなくて困っていると嘆いていました。
まだ入社したばかりで不動産の見習いをしてるそうで、上司に喝を入れられてアンケートでもとってこいとどやされたらしいです。
暇だったし、そこそこ可愛かったのでじっくり話を聞いてみました。アンケートはたわいもないことばかりで今住んでるアパートの家賃や広さや場所などたいして役に立ちそうもないことばかりでした。
しばらく話すとアンケートには書いてない事も聞いてきたので、いつのまにか雑談になっていきました。よっぽとアンケートに答えてもらったのがうれしかったのか目がウルウルして涙目になっていました。
そして女の子のほうから電話番号を聞いてきたので番号の交換をしました。可愛かったのでついムラムラ来てしまいそのままハグをしてしまいました。抵抗する様子もなかったので、そのままキスをしてしまいました。
私の背後の20mぐらい先にこっちは見ていなかったのですが交通整理か何かで警察官がいましたが、気にせずしばらくキスをしました。少し顔を赤くして恥ずかしそうにしていた顔がまた可愛かったのでしつこくまたキスをしました。
女の子の先輩が少し離れたところで同じくアンケート活動をしていたらしく、「こっち見てるからまずいよー」といわれてたので、一旦はなれて、話も終了でさようならになりかけましたが、またしつこく抱き着いてキスをしました。
全然抵抗せず嫌がらなかったので、女の子のほうもまんざら嫌ではなかったのだと思います。夜の11まで仕事があるとのことだったので、終わったら電話するように言って別れました。
女の子の職場の近くの西公園で待ち合わせをして、暗い野球場の真ん中で激しくキスをしました。そのあと一緒に食事をして、国分町のホテルに行きました。

 

宮城県の蔵王の山で最高の女性に再会しました

私は宮城県に住んでいる大学生で、大学のサークルで登山サークルに入っています。私は小さな頃に父親に登山に連れて行ってもらってっから山が大好きになり、大学に入って迷いもなくこのサークルに入りました。私はプライベートでも家のすぐ近くにある蔵王に山登りに出かけており、最高の環境で生きていると幸せを実感しています。

ついこの間蔵王に一人で山登りに出かけていると、なんと小学生の同級生に会いました。彼女は小学生の高学年の時にクラスが一緒でたまに遊んだこともある仲です。私は10年ぶりの再会に心を躍らせて長い間蔵王の山で語り合うことになりました。彼女は美容院で働いていて現在一生懸命頑張っているようです。彼女と私は蔵王の山で再会し電話番号を交換し再び付き合うようになったのです。

彼女は現在結婚もしておらず、恋人もいないと言うことなので、私は彼女のマンションに良く出かけるようになり恋人の仲に発展していきました。彼女がセックスがとても上手で、男性経験も豊富なことから、私を最高の天国に導いてくれます。私もこんなに気持ちよいセックスをするのは生まれて初めてで、今までの彼女とのセックスがなんだかつまらないものと思ってしまうほどであります。

私は週に3回ほど彼女のマンションで生活するようになり、毎日飽きるほどセックスを楽しんでいます。彼女は私のことが好きみたいで、私は当分セックスを我慢する必要がなく、本当に充実した大学生生活を送ることが出来そうです。

 

宮城の秋保温泉で女性とセックスフレンドに

私は会社員であり、普通の商社に勤めるサラリーマンであります。私は普通の人よりも精神的に弱い人間で仕事が忙しくなるといつもストレスで体調を崩す人間です。よって仕事が忙しくなると休日に宮城県の秋保温泉でゆっくりリフレッシュしています。秋保温泉は泉質が良く疲れが取れやすいので、私は1ヶ月に3回ほど温泉で療養をしており仕事の疲れを癒やしています。

ついこの間秋保温泉で一人でゆっくりしているとある30代の女性と仲良くなりました。彼女も疲れを癒やしにちょくちょく秋保温泉に来ているようで、私たちは意気投合しお互いの旅館の部屋で一緒ににお酒を飲む仲に発展していますl。彼女と連絡先を交換して、彼女と合わせるような形で秋保温泉で再会するようになりました。私と彼女は会ってから3ヶ月目に温泉旅館の私の部屋でセックスをする仲に発展し、私たちはお互いの疲れやストレスを癒やすセックスフレンドになったのです。彼女は自営業をしており仕事が忙しくストレスがたまってしまう性格で、私とのセックスが最高のストレス解消になるようです。

私も彼女の体を目的に秋保暗線に出かけるようになり、私たちはお互いの性欲を満たしながら本当の大人のセックスフレンドの最高の関係になりました。若い人間の関係ではないので案外さっぱりとした付き合いが出来ていますので、お互いの足を引っ張る恐れがなく、本当に良い大人のセックスを楽しめる人間関係であります。最高の宮城の生活を楽しめています。

 

宮城県のナンパは大成功を収めました

私は東京に住む19歳の大学生ですが、友達と旅行に行こうと言うことになり、北上して宮城県に行く計画を立てることになりました。宮城県は子供の頃から見たかった松島があり、松島でゆっくりと友達と楽しい旅をしようととても楽しみです。後はそれ以外でも友達と一緒に宮城の女性をナンパしようという密かな計画持っていました。

私と友達は東京でナンパを繰り返していましたが、あまり成績の方が良くなくいつも空振りに終わることが多かったので、宮城の土地では東京の強みを出して女性をナンパし、そのままホテルに連れ込もうという作戦を練っていたのです。

私たちは宮城で松島観光を終え、三井アウトレットパークに行き、そこでかわいいに宮城美人を探していました。そうすると大学生風の二人連れが喫茶店でコーヒーを飲んでいましたので、私たちも彼女の横の席に座り彼女に話しかけたのです。彼女たちとの会話はうまく成功し、彼女たちとこの後ボーリングとカラオケに行くことになりました。彼女たちは宮城出身の女性で、現在宮城の福祉関連の大学に通っているそうです。

ボーリングとカラオケが終わり彼女たちを自分のホテルに誘うと、彼女たちは喜んでくることになりました。それからはお酒を飲み当然合意の上でのセックスを楽しみました。彼女たちは東京に憧れを持っていて、東京の男性と付き合うことが夢だったようです。やはり地方に行くと東京のナンパよりもはるかにナンパの確率が上がると実感できた一日でした。彼女たちの肉体は本当に最高でした。

 

セックスフレンドを宮城県の松島で見つけました

私は宮城県で生まれ育った23歳の男性で、現在は飲食店を経営しながらなんとか細々と宮城の土地で生きています。私は松島でボラティアをしており、良く観光客の相手をしながら楽しく休日を過ごしています。そこで一緒に働いている大学生の女性と仲良くなり、私たちは時間が空いているときに食事に行ったりお酒を飲んだりしながら楽しい時間を過ごすようになりました。彼女はまだ男性経験をしたことがなく、セックスを体験したいと素直に私に言ってきましたので、私は彼女のアパートで彼女と性行為をすることになったのです。

彼女の身長は170センチ近くもあり、バレーボールの部活動に入っていることから、非常にスレンダーな体と筋肉が印象的で、セックスをしていても彼女の肉体を抱く感触は本当に最高の感触であります。私は彼女とのセックスにのめり込み、週に一回は彼女のアパートに訪れ彼女と性行為を楽しむ日々が続いています。

彼女は将来は公務員になりたいと言っていて、宮城県で就職をすることを私に相談してきました。今後彼女が宮城県に長くいることになると、私は最高のセックスフレンドを宮城県で確保したことになりますので、毎日楽しく生きていくことが出来そうであります。彼女はまだ結婚に関しては考えていないようで、若い時代にもっと男性と遊びたい欲望が強くなっているようです。今度は温泉にでも行き、そこで彼女ともっと激しいセックスを経験しようと考えています。楽しい夜になりそうです。

 

セフレと何故かデート風に……訳あり?

2年くらい続けてるセフレの女性からメールが来て会いたいと言われました。またラブホテルでも行くのかと思ってたけど、どうも今回は違うみたいで、ドライブしたいって。
うーん、車持ってないし、いつもと違う雰囲気だし朝からだしで、面倒くさいなとかちょっと思ったけど、さすがに断るのも気が引けたからレンタカー借りて仙台駅で待ち合わせ。会った時は笑顔でしたが、どうも所々で悲しそうなのが気になりました。
車を少し走らせて、まずは八木山ベニーランドへ。以前付き合ってた彼女と来たことがあったけど、ずいぶん久しぶりだし横にいるのは付き合ってるわけでもない女性だしで不思議な感覚でした。いきなり八木山サイクロンとかコークスクリューとか絶叫系に付き合わされて、かなりヘトヘトに。
昼食を取ってからは八木山動物公園に行ってのんびりと動物見ながら二人でぶらぶらと。それが終わったらドライブしてる間に夜になったから仙台駅の近くで夕食を取って、いつも通りラブホテルに。食事の時に何かあったか聞こうと思ったけど、楽しそうだったし悲しい話だったら雰囲気が壊れちゃうしと思って躊躇してたので、まだ話は聞けていません。
ホテルについたら、シャワー浴びて、一回軽くエッチをして、落ち着いた時にやっと話を聞くことが出来ました。
どうも付き合ってる彼氏と別れたとのこと。遠距離恋愛だって聞いてたけど、別れたって聞いた瞬間は、ばれたか!?とか少し戦々恐々としてましたがどうも違うみたいです。その悲しさがあったから今日は色々と気分転換をしたかったと。
まあ、そういう事情なら仕方ないかなと思って、彼女の話の聞き役に徹していました。話を聞き終わった後に、もう一回という雰囲気にもなれず、そのまま別れることに。聞いてもらって安心したということだったので、今日一日付き合ってよかったです。
別れ際に冗談交じりに付き合う?って聞かれた時には驚くやら迷うやらしてしまいましたが、そういう時に決めない方がいいよ、とだけ伝えて別れました。タイプの子だし、今私も彼女がいるわけではないのでもったいないことをしたかもしれませんね。
その彼女とはそれからもメールをしたり、食事をしたりラブホに行ったりと、変わらずに彼氏彼女ではないけれど付き合いを続けています。

 

宮城でナンパした女の子たちをOLかと思いきや

雪が舞う中、友人と私は仙台名物牛タンを食べながらこの後のスケジュールを立てていました。男二人という暑苦しい展開に良いアイデアも浮かんでこずにいると私たちに幸運の女神が微笑んでくれたようです。
女性二人が雪を払いながら店内に入ってきて席を探していたのです。
私が二人とも可愛いなと思って見とれていると手の早い友人がいきなり「こっちの席が開いていますよ」と声をかけ、二人の女性を私たちのテーブルの隣に呼び寄せたのです。
私は心の中で友人にナイス!と言ったものの、いざ隣にここまで可愛い女の子たちが座ってしまうと意識しすぎて何も話かけられなかったのです。
そんな空気を変えてくれるのがやっぱり女好きの友人だったのです。友人は積極的に女の子たちに声をかけて笑いを誘っていたのです。
盛り上がってきた頃に女の子たちが注文した食事がきたので私たちはお店を後にしましたが、私たちの中では女の子たちに好感触を得ることができたのでお店の前で待ち伏せしたのです。
女の子たちが20分程して出てきたので私たちは偶然を装って話しかけると女の子たちは意外にあっさりと誘いに乗ってくれて私たちの行きつけの居酒屋に行くことになったのです。
お酒が飲めない私以外の三人はお酒が進んでテンションも上昇していき、私の中ではホテルまで行けるかもという印象を受けたのでトイレに抜け出し、友人にメールを打ちました。
友人も同じような印象を受けたようで友人にお願いして最後の口説き文句を言ってもらいそのままラブホテルに行くことに成功したのです。しかし私はホテルで驚愕の事実を聞かされてしまったのです。
二人とも最初はOLと言っていたのですが、既婚者で子供もいるという事実だったのです。
私は結局その日限りで関係を終えてしまいましたが、友人は依然と関係をもっているそうです。