北海道旅行でナンパされました

ずっと来て見たかった北海道に、ついにやってきました。
北海道に住む友人を訪ねて一人で来たのですが、友人に会う1日前から北海道に来て、一人で観光をしようと思っていました。

そして、ガイドブックを片手に、いろいろなところを周っていました。
すると、一人の男性から声をかけられ、「旅行に来ているの?」といわれたので、丁度探していたランチのお店を聞きました。

彼は、結構紳士的な人で、優しく案内してくれました。
そして、「良かったら一緒にどうですか?」といってみると、彼はOKしてくれたのです。

ずっと行ってみたかったお店でのランチはすごく美味しかったです。

彼から、「良かったらこの後もいろいろと観光案内しますよ」と言われ、ガイドブックを片手にいろいろ周るのもあまり効率よくないかと思い、彼に案内してもらうことにしました。
彼の案内で、周りたいところをいろいろと周り、夜は彼のお勧めのお店に行って、海鮮料理をご馳走になりました。

そして、この日は少し小さなビジネスホテルを予約していて、そこでとまることになっていたのですが、私はそこに彼も一緒に招いてすごしたのです。
狭い部屋でしたが、その分彼といちゃいちゃすることができ、楽しく過ごしました。

友人に会いに行くと言った楽しみもありましたが、彼と過ごした時間もすごく濃厚な時間でした。
彼とはその後連絡は取っていませんが、いい思い出として、今でも残っています。

北海道のドンキホーテでナンパされちゃいました


北海道の札幌市東区にあるドンキホーテには、たまに一人でブラっと買い物に行きます。

週末の夜に、私は一人でドンキホーテに行ったのですが、そこで一人の男性からナンパされたのです。
丁度暇をもてあましていたので、遊ぶにはいい相手だと思ったのです。

ビジュアルもそんなに悪くはなく、会って2時間ほどで、私は彼と車の中でセックスをしてしまったのです。
車の中でのセックスは初めてだったのですが、彼とのセックスはすごく気持ちのいいものでした。
何気なくフラっとドンキホーテにいっただけなのに、こんなに気持ちのいいセックスをしているなんて思っても見ませんでした。

かれはきっと、ナンパをした女の子とよくセックスをしているのだろうと思ってはいましたが、あえて聞きませんでした。
彼とは体の相性もよかったので、今でもセフレの関係です。

彼とは、セフレの関係になって、週に1回の割合でセックスを楽しんでいます。
今までに体験したことのないセックスをいろいろ体験することができたり、彼の家に行ったり、ラブホに行ったり、野外セックスをしてみたりと、いろいろなセックスを楽しんでいます。

彼とのセックスは、基本的にはハードで激しいセックスが多いです。
AVで見るようなハードなセックスを実際に彼と模索しながら楽しんでいます。

彼と体の関係になってからは、ドンキホーテに行くたびに彼との衝撃な出会いを思い出します。
彼は、きっとまたドンキホーテでほかの女の子にナンパをしているかもしれませんが、あえて気にしないようにしています。

北海道ドームでのデートでドタキャンされて・・・


北海道ドームでの野球の試合観戦をしようと彼氏と約束をしていたのですが、当日になってドタキャンされてしまったのです。

友人も、みんな予定があったりで、結局一人で野球観戦をすることになったのです。

試合も中盤になったころ、すごく盛り上がっていると、隣の人もすごく盛り上がっていてぶつかってしまったのです。
「ごめんなさい。大丈夫でしたか?」
と、隣の男性が声をかけてきました。
「大丈夫です」
など、普通のやり取りをしているところで、男性から「良かったら一緒に見ませんか?」と誘ってきたのです。

一人で観戦するのも寂しかったので、私は彼と一緒に野球観戦することにしたのでした。

彼のビジュアルにはあまり興味はありませんでしたが、一緒にいてすごく楽しい人でした。

私たちが応援していたチームは気持ちよく優勝したのです。
そして、札幌ドームを出ると、彼から食事に誘われたのです。

食事くらいならいいかなと、私は彼と食事をしました。
ご飯を食べているときも、彼との会話はすごく楽しく、ほとんど笑っていたように感じました。

そして、食事が終わる頃、私はまだ帰りたくない気分だったのです。
彼もまた、「もう少し一緒にいたい」といい、私たちはホテルへ向かったのです。

彼氏がいましたが、彼氏からのドタキャンはすごく悲しかったです。
そんな気持ちもあり、私は初めての過ちを侵すことになったのです。

ホテルでの、彼とのセックスはすごく濃厚なものでした。
すごく気持ちよく、忘れられないものとなりました。

それ以来、彼とは会うことはなく、彼氏とも今までのように付き合っていますが、彼とのセックスは忘れられずにいます。

北海道のセフレ


「出張先での激しいセックス」

私は仕事の出張でたびたび北海道に行くことがあります。

その時にナンパをしてセフレの関係になった子がいます。
北海道に行くたびにセックスをし、今でもセフレの関係は続いています。


彼女と知り合ったのは、北海道にあるバーでした。
出張に来た際に一人でバーに立ち寄ったときに彼女と知り合ったのです。
彼女も一人でお酒を飲んでいたので、私は話しかけました。
彼女がすごく美人だったからと言うのもあるのですが、話してみると、すごく屈託なく話してくれて、すぐに意気投合しました。

そして、彼女と連絡先を交換し、その日のうちにホテルまで行ったのです。
そこで彼女とセックスをしたのですが、体の相性もすごくぴったりで、それ以来彼女とは会うたび必ず激しくお互いを求め合うようになっていくのでした。


この日は、いつもはホテルに行くのですが、彼女の家に行くことになったのです。
「ホテルだとお金かかるし、家でもいいかなと思って」なんていい、おでんを作って待ってくれていました。
ちょっと奥さんっぽい感じでしたが、そんなのもたまにはいいかなと思いつつ、ほほえましくおでんをほおばりました。
そして、彼女との激しいセックスが始まります。
セックスをしていて、やはり、奥さんと言うよりはずっとセフレでいたいと思ってしまいました。


彼女がいるので私は北海道の出張がすごく楽しみなのです。
でも、なぜか恋人にしたいとは思えないのが少し不思議に感じます。

セフレと彼女は違うんでしょうね。

北海道旅行でナンパをしました


仕事で1週間の休暇をとったので、のんびり北海道を満喫することにしました。

北海道はすごく自然が綺麗で、食べ物もすごく美味しいです。
仕事からはなれて久しぶりに満喫できる時間を過ごすことができました。

この日の夜はご当地のスープカレーを食べに札幌に向かいました。

お店に着くと、すごく美味しそうにカレーを食べている一人の女性を発見しました。
女性はカウンター席で食べていたので、私もカウンター席へと座り、「すごく美味しそうに食べますね」と話しかけるのでした。
「え、そうですか?」とテレながら女性は少し恥ずかしくなっていましたが、私はここで少しずつ話の輪を広げるのでした。

「同じの頼もうかな」と言うと、「これすごく美味しいですよ」と勧めてくれました。
私は彼女が食べているものと同じものを頼みました。

彼女と話しながらカレーを楽しんでいると、何と彼女も私のように休暇をとって一人旅に来ているといいます。
彼女は2泊3日の旅行だと言います。
北海道を思い切り満喫してみたいと言い、やっと念願がかなうのだそうです。
せっかくなので一緒に観光はできないかと、彼女に提案してみると、「私でよければ」とすごく嬉しそうでした。

そして、彼女が北海道に滞在している間、時計台やオルゴール館など、いろいろなところを巡りました。
夜になると2人で飲みにいき、彼女は少しほろ酔い気分になっていました。
私はそんな彼女にエッチなお話をし始めたのです。
すると彼女も少しずつ反応し始めたのです。

私の宿泊先はここから近いところにあったので彼女を部屋に連れて行き、部屋に入った瞬間彼女とのキスが始まるのでした。

そして、服をゆっくりと脱がせながらも沢山キスをし、彼女をじっくりと味わっていくのでした。

北海道の一人旅


私は彼氏と一緒に北海道旅行の計画を立てたのです。
すごく楽しみにしていて北海道のガイドブックも買ってすごくわくわくしていました。
しかし、当日になって彼はドタキャンをするのでした。
しかも、「もう別れて欲しい」と言ってくるのです。
何がなんだか分からなかったのですが、彼は実は私と付き合っていたときから浮気をしていて、浮気相手のところに言ってしまったのです。
もしかしたら私が浮気相手だったのかもしれませんが・・・

彼にキャンセル料を払って欲しいと言うも、取り合ってくれず、仕方なく一人で旅行に行くことにしました。
2泊3日にしましたが、やはり1人では寂しすぎます。
そこで出会い系を使いデートをしてくれる人を探すと、何と見つかったのです。
さっそくやり取りをして彼と集合するのでした。

外見はそこそこによく、爽やかな人でした。
北海道の観光スポットめぐりをし、時計台にいったり、夜にはすごく夜景の綺麗な場所にも連れて行ってくれました。
2人部屋で宿泊の予約を取っていたので彼を連れ出し、一緒に食事をし、セックスをしたのでした。

結局2泊3日ずっと彼が私に付き合ってくれ、セックスも数え切れないほど沢山絶頂し、楽しい北海道旅行になりました。

彼には遠距離の彼女がいるらしく、私は恋人に離れませんが、彼と一緒にいた時間はすごく貴重な時間だと思いました。

北海道はすごく自然にあふれていて素敵な雰囲気のところでした。
今度はデートで訪れたいです。

傷心旅行に北海道でナンパ


2年付き合っていた彼氏とお別れすることになり、私は1週間経った今でも引きずっていたのでした。
そして、思い切って一人旅行をすることにしたのです。
旅行の行き先は北海道です。

一人旅は初めてですが、前々からしてみたいと思っていたので、ワクワクしていました。

会社の有給を使って3泊4日の旅行に来たのでした。
富良野のハーブ園に行き、すごくリフレッシュした気持ちになりました。
するとそこに一人の男性から声をかけられ、行きたいお店があるんだけど、場所が分からないと言われたのです。
私も、地元の人ではないので、「分かりません」とお断りしたのですが、「もしかして観光?」と聞かれ、「そうです」と応えると、「良かったら一緒にどう」と言う流れになり、私は彼と一緒に観光することになったのです。
彼が行きたかったお店にも無事にたどり着き、すごく楽しい時間を過ごし、彼とも仲良くなっていたのでした。

それから彼と帰る日が同じだったので、旅行中は彼と一緒に過ごすことになったのです。

そして最終日。
私は彼の宿泊するホテルに来ました。

彼と部屋でお酒を楽しんでいると、どんどんお互いにできてきて、気がついたらエッチなことをしていたのです。
彼とキスをしたり、おっぱいをもんでペロペロとなめられたり、気持ちよすぎておかしくなりそうでした。
フェラをしようと彼のものを見ると、すごく大きくて硬くなっていたのです。

我慢できなくなった私は、私から彼のモノを挿入し、すごく感じまくっていたのでした。

北海道旅行に来た女の子をナンパしました


私は札幌に住む会社員です。
仕事休憩でランチに来ていると、ガイドブックを持った女の子を見かけました。

「旅行に来ているの?」
と、私は思わず声をかけたのでした。

彼女はこの辺にすごく行きたかったお店があるそうで、そこでランチをしようとしていたそうです。
私は、このお店なら知っていると案内しました。
すると女の子は「良かったら一緒にどうですか?」と言うので、丁度ランチ休憩だった私は彼女と一緒にランチをすることにしました。

女の子がすきそうなお店だと思いましたが、ランチはすごく美味しかったです。

彼女は友達に会いに来たそうなのですが、友達と合流するのは夕方になり、それまで一人で観光をするというのです。

私はそれまでの時間つぶしに相手をしてあげたかったのですが、仕事に戻らないといけなかったので、ここで彼女とお別れをしなければいけません。
でも、それも残念だと思い、彼女に連絡先を教えるのでした。
彼女は最終日にはまた人で観光をして帰るといい、その日は私も丁度仕事が休みだったので、デートの約束をするのでした。

そして、その当日、私は彼女とデートをしました。
北海道の観光案内をし、海鮮を使ったしゃぶしゃぶご馳走すると、彼女はすごく喜んでいました。
次の日の朝には帰るという彼女、夜は彼女が宿泊するホテルにお邪魔しました。
「友達の家に泊まってもよかったんだけど、彼氏と同棲しているみたいだからあまり一緒にいてもあれかなあと思って」

そして、独りのほうが気楽でいいともいっていました。
休めのビジネスホテルを頼んだからか部屋は狭かったです。
でも、私たちはその分密着することができました。

そして、その日の夜は彼女と密着をして、イチャイチャしながら過ごしたのでした。

北海道で楽しいひと時を過ごしました


夏になり、お仕事の休暇で2週間の滞在に北海道を選びました。
東京の都会とは違ってのんびりとすごすことができるところです。

そして、休暇中には札幌のススキノで女の子をナンパすることも目的の一つに入っていたのでした。

何度か声をかけてみましたが断られ、それでもあきらめずに声をかけ続けたところ、一人の女性がOKしてくれたのです。
黒髪ストレートで細みの女性です。

彼女は押しに弱いタイプのようで、少し強引に食事に誘うと、彼女は着いてきてくれました。
彼女のお勧めのお店でジンギスカンをたべ、すごく満足しました。

それから少し話し込んだ後、私の宿泊しているホテルへと誘うのです。
会話をしたからか、彼女は少しは警戒心がなくなったようでした。

そして、ホテルに着き、少しイチャイチャしていると、彼女も少しずつ開放的になってくるのでした。

「おっぱい大きいよね」
「そんなことないよ~」
「じゃあ見せてよ」

オヤジくさい発言をしつつも、彼女にせまる私。
そして、真っ白の下着を取り、大きなおっぱいを見せてくれました。

思わず触ると、彼女は感度がいいのかすぐにエロいあえぎ声を漏らすのでした。
おっぱいをもみ、パンツに手を伸ばすとすごく濡れていました。

そして、彼女も私のモノをフェラしてくれるのでした。
彼女のフェラがすごく気持ちよすぎて私は彼女の口の中に思いっきりフィニッシュするのでした。

その後は連絡先を交換し、私が北海道にいる間は彼女といろいろなことをして楽しみました。

休暇中の北海道で


仕事の休暇をもらい、北海道にやってきました。
北海道の1週間の一人旅を思う存分に満喫しようと、ススキノ駅付近で綺麗な女性がいたので思わずナンパをすると、見事に成功するのでした。
すごくテンションが上がった私は、私の宿泊するホテルへとお持ち帰りをしたのです。

彼女は若干たまっていた様子。
私と少し雑談をしながらエッチな話しになっていき、連絡先もしっかり交換しました。
そしてその日は、下着まで見ることができ、大きなおっぱいだったことをしっかりと確信し、興奮したまま彼女とお別れをしました。

それから彼女から毎晩のようにメールが来てほぼ毎日会うようになっていたのです。
滞在期間中は彼女とのセックスを思う存分に楽しみたいと思っていた私は、彼女の積極的なセックスアピールに積極的に応えていました。

彼女とのセックスの回数を重ねるたびに私はどんどん彼女にのめりこんで行ったのです。

そして、そろそろ滞在期間も終わろうとしてた頃、私は彼女と一緒にデートがしたいといい、観光案内をしてもらうことに。
そして、北海道で美味しいラーメンを一緒に食べました。

明日には地元に帰ると言うことを彼女に告げると、彼女はすごく寂しそうにしていました。
そして、今日が最後ならと今まで以上にセックスを楽しむのでした。

彼女の大きなおっぱいはすごく大好きで、パイズリをしてもらったりいろいろな体位での挿入をしたりとお互いに時間の許す限りセックスを楽しんだのでした。

北海道時代のセックスフレンド


私は今、東京でサラリーマンをしていますが、以前北海道の札幌の支店で勤務をしていました。その時には営業でいろいろなクライアントを抱えていましたが、その時にあるクライアント企業の営業事務の女性とセフレでした。当時彼女は35歳くらいの人妻で、私は26歳くらいで10歳くらい年が離れていました。何度か食事に行ってからあるとき、ホテルに誘ってみたらあっさりOKが出て、ラブホテルに行きました。当時の私は年上の女性とセックスをしたことがなかったのでかなり緊張しましたが、かなり濃厚で今までにない気持ちよさでちょっと感動してしまいました。特に濃厚なフェラをしてくれるのですぐに逝きそうになって毎回ちょっと困ってしまうほどでした。35歳なのでぜい肉も少しついていましたが、それが逆に興奮を誘っていました。

それをきっかけに私たちは定期的に会ってセックスを楽しんでいました。私が東京に帰るときに一緒に温泉旅館に旅行に行ったんですが、その旅館には部屋に露天風呂がついていました。彼女がこの露天風呂でセックスをしようと言い出したので、ちょっと困りましたが、きれいな景色を見ながらのセックスってとても気持ちよくって今までのセックスでは最高でした。今は私は東京に住んでいますが、半年に1度くらいの間隔で北海道に出張していますので、その時は彼女と会ってセックスを楽しんでいます。ですので北海道の出張がいつも楽しみでたまりません。

北海道の札幌で若い女子大学生とセフレになった


彼女にふられて寂しい生活に戻ってしまったのでなんとか出会いを見つけたくて出会い系のサイトを利用して彼女をゲットしたいと意気込むようになりました。とはいえ、以前のように同棲生活は疲れるので、今度は必要な時にセックスをしてくれるセフレが欲しいそんな思いでサイトを利用していると、ついに自宅に近い一人暮らしの女性とやりとりができるようになり、北海道の札幌駅の前で待ち合わせをすることになったのです。

彼女は女子大学生であり一人暮らしで、目がぱっちりとしているかわいい女の子でした。この日は北風強くて肌寒い気候だったこともあり、すぐにショッピングモールに入ってショッピングなどを楽しんでいたのですが、疲れてきてちょっと休みたくなってしまったので椅子に座っていると彼女の方からホテルにいこうかと誘ってくれたのです。意外な誘いにびっくりしましたが最もしたかったことなので、すぐにラブホを探して部屋に入ることになりました。彼女の服を脱がすたびに興奮してきて、おっぱいを揉むことができたときは大興奮でした。そしてスカートをめくってパンティの中に手を入れるそんなエッチなことをしていくうちに彼女のアソコがすでに濡れ濡れになっているのがわかり、彼女が欲しがっていたので立ちバックでまず1回がんがん突いていき、その後で対面座位でもう1回、最後は正常位でと3回もやってしまったのです。セックスの後でシャワーを一緒に浴びたのですが、その時に彼女がフェラをしてくれて、あまりの気持ちよさにそこでもイッてしまいました。こうした彼女とはセフレの関係になることができました。

卒業旅行で北海道旅行


僕は卒業旅行で北海道をまわる計画を立てました。
友人と二人です。
この友人が結構旅好きで、どこに行くかを調べていろいろ提案してくれましたね。
それで、せっかくだから北海道に来たなら北海道の風俗も味わいたいし、ナンパもしたい、そして出会い系でいい女性にも出会いたいと言い出したので、それもすべて計画に入れておいて、旅行の日を迎えたのです。
北海道についてレンタカーで移動の最中には、出会い系の連絡を取っていましたね。
その日どんなこと出会えるのか楽しみにしていました。
旅行初日はいい子がいなくて、結局風俗で終了。
でも2日目には札幌で会えるという子にあたったのです。
僕たちは二人だけど彼女は一人で来ると。
でも一人で二人の相手はできるよと。
僕たちはその日札幌の観光をしたのですが、もう夜を心待ちにしていましたね。
そして出会い系の彼女とは会ってすぐに居酒屋に。
彼女も結構酒豪でお酒を楽しむことができました。
かなりのりもよくて、お酒が入るたびに下ネタ満載の会話になっていくのです。
そして居酒屋の後はホテルに。
彼女おすすめのラブホにいきました。
ラブホに着くと、彼女がもう待てないといい、すぐにエッチが始まりました。
僕は3Pなんてどうしていいか分からなくて、ちょっと戸惑ってしまったけれど、彼女が座っている僕のフェラをしているときに、もう一人の友人がバックでついたりして、とても楽しくエッチができましたね。
これも北海道のいい思い出です。

北海道の店員をナンパして


僕は北海道の友人のところへ遊びに来ました。
小樽の居酒屋へ飲みに行きました。
そして、そこで巨乳美人さん店員を発見しました。
さっそく、ざっくばらんに、語りかけて、僕たちのケータイアドレスを
渡して去りました。
僕たちは、ちょっとした会話で女の子達の気分を盛り上げるのが
得意です。数語の言葉で女の子の気を惹くことが出来てます。
夜、仕事が終わって、彼女から連絡ありました。
ノリがいい女の子でした。
そして、僕たちは、彼女と待ち合わせて、ラブホテルへ3人で出かけました。
彼女の服を一気に脱がせて、3人でエッチを開始しました。
おっぱいを撫でまわし、揉みまくり、吸いまくりました。
そして、巨乳で美乳乳首の持ち主なのでした。
可愛い乳首に僕は、吸い付きまくってしまいました。
そして、友人は、彼女のおまんこを攻めました。
指で弄繰り回して、観察をしてました。
その後、おまんこを舐めまくってました。
彼女のエロいボディーは最高でした。
そして、彼女を4つんばいにさせて、
僕のおちんちんを加えさせました。
友人はバックでつきました。
おっぱいがプルンプルン震えていました。
今度は逆になって、僕が彼女を攻めました。
おっぱいを揉みまくりながらのバック攻めで、
最高でした。
その後、騎馬上位にさせて、エッチしました。
いい感じの腰のふりに興奮しました。
ビデオ撮影までしてしまいました。
すごく、エロい恰好、エロい喘ぎ声、
巨乳をビデオに収めまくりました。
楽しい3pになりました。

北海道の夏と女の子


僕は、38歳、フリーランスで働いてます。
夏は北海道へ行くのが好きです。
そして、同じくフリーランスで働き始めたいという23歳の若い女の子に
最近出逢いました。
アドバイスをあげるうちに、ちょくちょくカフェで話をする仲になりました。
この女の子は、若く可愛く、巨乳なので、僕の好みのタイプでした。
北海道へ夏行くから、一緒に遊びに行かないか?と誘いました。
OKをもらって、一緒に北海道へ飛行機で行きました。
小樽の運河沿いを一緒に散歩しました。
小樽の運河沿いがライトアップされて、いい雰囲気になり、
僕は静かに彼女の手を握りました。
彼女も黙って、握り返してきました。
そして、彼女の手を僕の指で撫で回しました。
彼女は、僕のマッサージによって、身体中の体温が上昇しているようでした。
ホテルへ向かいました。
フリーランスの話をしました。
そして、中断した際、彼女を静かに後ろから抱きしめました。
北海道へ一緒に来てくれたって事は、いいんだよね。と言って、
彼女の首筋にキスをしました。
そして、後ろから、彼女のシャツの中に手を入れて、ブラジャーのホックを外しました。
僕の手が彼女のおっぱいへ行きました。
柔らかい彼女の巨乳に興奮しました。
何カップあるの?と彼女の耳をかじり、静かに囁きました。
彼女は、Fカップ。と静かに答えました。
揉みしだきたい要求にかられました。
服をそっと脱がせました。彼女のFカップのバストを
揉みしだきました。
彼女が感じ始めました。
壁におっぱいを押し付けて、エッチをしました。

夏は北海道でスワッピング


僕達は、旅が好きな30代、カップルです。
自由気ままに生きてます。

性の方も、オープンな関係の僕達です。
昨年の夏、北海道へ、僕達は休暇で行きました。

その時、僕達と同様に自由気ままな夫妻に出逢いました。
今年も夏はそこへ行くことにしました。

彼らが、今年の夏も、北海道で、スワッピングしませんか?
と連絡をくれたのです。

彼女の愛ちゃんにその話をすると、乗り気で、コスプレを持っていく。と旅行カバンに詰め始めました。
そんな彼女がとても可愛くて、ナースのピンクコスプレを新しく北海道用に購入してあげました。

そして、出発の日
僕達は、胸をドキドキさせながら行きました。

A夫妻は、空港まで出迎えてくれて、北海道ラーメンを一緒に食べて、ビールで乾杯しました。
そして、A夫妻の自宅へお邪魔して、彼女と向こうのお嫁さんの、絵里ちゃんがコスプレ姿へと着替え始めました。

愛ちゃんは、もちろん僕が購入してあげたナース服になりました。
おっぱいがさらに盛り上がり強調され、ミニスカナース服からは、パンティーがちらちらと見えて、いい感じでした。

絵里ちゃんの方も、バニーちゃんに変身しました。
網タイツ、お尻のラインが丸く可愛いです。

早速、ソファーに腰掛けて
相手を交換して、お触りを開始しました。

僕は絵里ちゃんバニーのおっぱいを触ったり、お尻を撫で回しました。

向こうの旦那は愛ちゃんの膝に横になって、下から、愛ちゃんのプルンプルンのおっぱいを触ってました。
そして、コスプレガール二人をソファーに並ばせて、僕と、向こうの旦那がバックからついてスワッピングを楽しみました。