単身赴任先のセフレは情熱的な人妻です

私が宮崎の延岡に単身赴任してからもう3年で、あと3年はここにいなければいけないというような状況なのですが、ここに来て得たものは初めてのセフレなのです。

仕事を終えるとアパートの近くのスーパーで買い物をするのですが、そのレジの女性と毎日会う度に親しくなり私も買い物の時間が毎日の楽しみになっていました。

水曜日は彼女は休みという事で、私も少し寂しい気持ちでいつものように買い物を済ませてアパートに帰ろうとすると、休みのはずの彼女が声を掛けてきたのです。

今日は休みだから料理を作ってくれるという事で私を待っていたようで、初めて見る彼女の洋服姿はとても綺麗に思えてかなりドキドキしてしまいました。

彼女は私の部屋に入ると笑いながら、汚い部屋を片づけはじめてエロDVDなど隠す時間もなく恥かしさに下を向いていると洋服を脱ぎだして、先にスッキリしてからご飯にしようと言い私のズボンを脱がしてきたのです。

年上である彼女は巧みに私の服を脱がしはじめ、仕事で汗臭いと思う私の体を気にする様子もなく甘いささやき声と共に言葉と舌を使って愛撫されていき、私の頭は真っ白になるほどに感じていました。

ペニスを舐められる事がこんなにも温かく感じると思ったのも初めての経験で、彼女の口の中で私は大量の濃いザーメンを出してしまい指で全部すくいあげて残らず飲み込む彼女の姿をただ茫然と眺めるだけでした。

ペニスはその後は彼女の下の口に飲み込まれていき、そこでも大量のザーメンを全て飲み込まれていき私は感じすぎて動けなくなっていました。

彼女はそんな私に優しくキスをしてくれて、夕飯を作り一緒に食べながらその日は彼女を抱きしめながら眠りにつきました。

しかし、夜中に彼女は帰ったのでしょう、手紙が置いてありまた休みの日に来ますという事が書かれていて、毎週彼女との夕飯とセックスが私の唯一の楽しみになっているのです。