友人の誘い

これはある日の体験です。
私には風俗なんかも一緒に行く仲のいい友人がいました。
その友人がある日、「従順なセフレが出来たから今度お前にもヤらしてやる」と言われました。
私は期待感半分、何か嫌な感じ半分でしたがその日はすぐにやってきました。
友人に俺の家で飲もうと言われ、友人宅へ行きました。
するとそこには女の子がポツンと座っており、小さな声で「こんばんわ」と言われました。
この子がそうなのかと思いつつ、見た目が全然そう見えなかったのを覚えています。
酒を出され、飲み始めると友人が「挨拶がわりに舐めさせてもらえよ」と女の子にいい「はい」と言うと私の方に近寄ってきました。
「失礼します」と彼女は言い、私のアソコを丁寧に舐め始めました。
私は驚き、友人の方を見ると「好きに命令していいよ」と言うので手を使うなと言ってみると「はい」と口だけで始めたのです。
私が満足していると友人も参加してきてもうそこからは友人も自分も全ての欲望を彼女にぶつけました。
2人の欲望をいろいろな所で懸命に受け止める彼女の姿に燃えた私は今までにしたことのないぐらい果てました。
友人も私に感化され同じぐらい果てて2人とも力尽きました。
その一方彼女はハァハァ言いながらも「お相手ありがとうございました」と頭を下げる余裕があり、驚きました。
その後彼女は私を気に入ってくれたらしく、2人でも会うようになり私は風俗どころかオ○ニーもする体力がなくなり、彼女に搾り取られています。