友達からセックスフレンドへ

三重県出身の女性友達と1週間に1度程度、二人きりで飲みに行く関係性が続いていました。
特に付き合うという事もなく、その女性のリアルな恋愛話を聞くという感じです。
その女性の相談というのは地元の三重でお見合いをした男性と結婚するのがいいのか、それとも現在付き合っている男性がいいのか、という話ばかりでした。
付き合っている男性は男前で遊び人だけど、結婚となるとお見合いをした男性の方が将来的に魅力的だというのです。
僕からしてみてはどちらでも問題ないので適当に聞き流していました。その時ふっと頭に過った質問が言葉にでました。
「肉体的な相性はどうなの?そのお見合いの相手とセックスして判断したら」と、そうすると彼女が、「私、不感症で感じたことがないの」という話になりました。
酔った勢いもあってか、女性には必ず感じるポイントがあると力説していきました。今付き合っている男性とセックスする時、自分自身の性感帯を探したりしないの、とか
1人エッチして感じるポイントを探すよ、という話まで発展していきます。
今日飲みに来ているところが居酒屋の奥まった半個室ということもあり、定員さんも呼ばないと現れないという状況でした。
エッチ話が頂点にまで盛り上がっていきます。そこで僕が発した言葉が「10人中10人が感じるポイントがあるけど少し試してみる?」と
服を着たまま彼女のブラジャーを上えとずらし、まずは乳首を吸って立たせました。乳首の下側を僕の舌先でつつく様に愛撫しました。
その瞬間が友達からセックスフレンドに変わった瞬間だと思います。

 

医学部のなつみと念願のベッドイン

なつみとは現代文学の講義で知り合った。あれっ可愛い子がいるなと思っていたが図書館で会った時に思い切って声を掛けた。
それ以来一緒にご飯を食べたり、映画を見に行ったりした。二人とも県外から来ているので伊勢神宮も行って見た。
なつみは医学部で俺には見当もつかない世界だが、頭はいいのだろうが、姿かたちやファッションは普通である。時折話の中で
医学生の発想か何か知らないが時々可愛い顔をして、へんな事を口走る時があるが気にしないことにしている。付き合って
1か月まだキスしかしていなくて進展させたいと思っているがはぐらかされている。
今日は日曜日で大学は休み。大門を歩いてランチを食べた。何処へ行こうかと言ったら、あなたの部屋へ行って見たいという。
え?と思ったが本人は一人暮らしの男の子の生態ってどうなってどうなっているか興味あるのよね。とまた変なことをいう。
練ってもないことだと案内することにする。
なつみはニットのUネックを着てその上に金のネックレスを掛けていた。スカートはミニで短い丈がフリフリと揺れている。
なつみを部屋に入れるとふーんこれが男の子の部屋かきれいにしてるわね、と言った。音楽を聴きながらコーヒーを入れて
無駄話。キスをしようとしてらすらりとよけられてきっかけがつかめない。
お水頂戴って言って台所の蛇口に向かった時、後ろから抱きしめた。後ろからお腹あたりに回した手を撫でてくれたので
思い切っておっぱいっを弄った。柔らかくて感触が良かった。顔をこちらに向けてキスをする。胸がどきどきして体が震える。
スカートの中に手を入れて、股の間をこねる。駄目と言われたが止まらない。キスをしたまま恥丘を撫でる。なつみの目が
とろんとしてくる。
なつみをベッドに誘って裸にする。なつみの肌は白くて彫刻の塑像のようにきれいだった。横になったなつみにその気で
来たの?と聞いたら目を閉じたまま返事がなかった。

 

伊勢志摩スカイラインドライブデート

今日は大好きな彼女との久しぶりのデートだ。僕達は
遠距離恋愛だった。今日は僕の地元、三重に彼女は
やってくるのだ。昨日あるお願いごとをして置いた。
僕好みの超ミニスカートと、ニーハイソックスで
きて欲しいと。また、ノーパンで来て欲しいと。
彼女は電話越しに優しくいたずらに囁いた。
相変わらず、エッチなんだから。
この優しい声は了解したということだ。
そして、当日デート日、彼女は白ティーシャツに
黒の超ミニのハート柄のスカートを履いていた。
フリルが3段ついていて、なんとも可愛かった。
僕達の伊勢志摩スカイラインドライブデートは始まった。
彼女は海と山の景色に感動していた。
僕は待ちきれず、彼女のスカートの上に手を
置いた。彼女はノーパンで来ていた。
裾をもう少し上げてとお願いした。
彼女のおまんこが見えた。最高の
ドライブになる予感がした。
途中車を停車させた。他に車はとまっていなかった。
それをいいことに、彼女のおまんこに指を入れた。
彼女は濡れていた。そして山頂に向けて車を
走らせた。
山頂に着き、散策した。ひと気がない時は、
彼女のお尻を揉んだり、おまんこを触ったり、抱き合ってキスをした。
足湯のすぽっとに着き、二人座った。ひざ掛けを準備して置いた。
人はいたが、僕は大胆に、ひざ掛けの下から手を入れて、彼女の
おまんこを触った。次にハンモックに行った。二人寝そべり、
ズボンのチャックを開けて、彼女のスカートを捲くしあげて、
挿入した。気持ちよかった。彼女は声を出さないように
注意をしているのが、可愛かった。

 

三重のセフレ

私は30歳の男です。
友人達とよく行くキャバクラがあるのですが、そこで仲良くなったキャバ嬢達とLINEグループを作って日々やりとりをしています。
そこで、特に狙ってはいなかったのですが一人の嬢と仲良くなる事に成功しました。
次第と二人で会って食事をしたり遊んだりする事が増えました。
私は一人暮らしをしているのですが、ある日私の自宅に泊まりに来ました。
私の自宅は少し離れた所にある為、他の用事で遊びに来てたキャバ嬢が帰るのがめんどくさくなって泊めてくれと行ってきたのです。
当然断る理由もなく承諾しました。これは大チャンスだと思いました。
普段通りに接しつつ慌てずに機を待つ事にしました。
お互い眠くなってきた事もあってベッドへ入りました。
安心しきっていたのか躊躇なく隣に来たので、お楽しみの時間へと連れて行きました。
拒む事なく身を委ねてきたので、むしろ待っていたかのようでした。
その日を境にセフレ生活が始まりました。
お互い欲しい時には身を委ね、そうじゃないときには普通に遊んでいました。
狙っていないキャバ嬢とセフレ関係を持つ事に成功したのはラッキーでした。
しかも、彼女のヨガリ方は私好みだったのでしばらくはこの関係を楽しみたいと思っています。
若くて胸もありスタイルも良い彼女とのセフレ生活は始まったばかりなので、これから様々な場所で色んな楽しみ方をしていこうと思います。
もうひとり仲の良いキャバ嬢がいるのでその娘とも良い関係が築ければ三重でのセフレ生活は大成功です。

 

三重のナンパ!

自分が三重県において、ナンパをしようと思ったのは、恋人に振られてその時は自暴自棄になっていたからです。
喧嘩をきっかけに恋人と別れることになったのですが、喧嘩をしたきっかけが価値観の違いだったので、もう本当に愛想がつきた、といった勢いでした。
自分の方から、もう別れようかな、と考えていたのですが、恋人の方から「友達に戻ろう」ということを言われて、そうすることにしました。
友達になってから、なんとなくさびしくなり彼女が恋しくなりましたし、やっぱり恋人としてやり直した方がいいのかな、と思いました。
しかし、彼女に連絡をとってみると、もうすでに恋人がいるということ。もう戻れないんだ、ということで友達に戻ろうと了承したのは自分なのに後悔などの渦が押し寄せてきて、自暴自棄になってしまいました。
なので、誰でもいいから三重県内の誰かをナンパして、新しい出会いを求めることにより、この寂しさを埋められるのではないかと自分は考えたのです。
ナンパをしたのは、三重の繁華街でしたが、なんとなく声をかけてみて、長島スパーランドなんかの約束などを取り決めたり、さらにセックスフレンドなどになって、そういった関係をしていくうちに寂しさを紛らわせることができるのではないかと思いました。
そこで、ナンパをしましたが、何人かに声をかけましたが、失敗。
なので、もう少し自然にナンハ゜と言うより、「少しだけ良いですか」って感じで声をかけてみることにしました。
なんなら「10秒だけいいですか」って感じで声をかけてみました。
すると何人かが話を聞いてくれて、カフェなんかに連れ込むことが出来ました。

 

地方でナンパも悪くない

先日私は三重県に観光に行きました。
そして、私の地方旅行の楽しみと言えば、観光だけではなくナンパです。
やはり、その土地のおいしいものと観光スポットを楽しんだら、女の子も味わいたいですからね。
そして、私がナンパをしたのは、近鉄四日市駅周辺です。

その理由は、近鉄四日市周辺が三重県最大の繁華街だからです。
この周辺は近鉄百貨店や、ララスクエアや109シネマズなどがあり、若者がたくさん集まっていますからね。
そして、ナンパを始めて思ったことは、他の地域に比べるとスルーが少ないことです。
まず一人目は女子大生風の子に声を掛け、「やっほー、東京から来たんだけど、この辺のおいしいお店おしえて?」と私が言うと、
「○○町にある△×っていう洋食屋さんが有名ですよ・・・」
と自信無さそうに私に返してくれました。

「じゃあ一緒に連れてってよ。僕がおごるからさぁ」と勝負に出ましたが、「ごめんなさい、友達と待ち合わせいしてて・・・」
と断られましたね。
それ以降もそんなノリで断られ続けましたが、やっと付いてきてくれる子に出会いました。

彼女は27歳でアラサーでしたが、童顔で女子大学生かと思えるほどでした。
「大学生でしょ?この辺のおいしいお店おしえてよー」と声を掛けると、
「ごめんなさいアラサーなんですよw」と返され私はちょっと恥ずかしかったですからね。
それでも彼女はノリがよく「駅の近くのバーが人気ですよ」と教えて食えました。

「じゃあ一緒に行こうよ!」と誘うと彼女は付いてきてくれましたね。
それから、バーでは仕事や恋愛の話などを、ひたすら話されました。
正直興味は無かったのですが、エッチにもちこむまでの辛抱です。
そして、バーを出ると彼女の自宅に行きたいと私がねだってみました。
すると、「うち散らかってるし、今度にしてよw」と拒否られ、
私は「散らかってる部屋の方が興奮するし!」と下らない返しを。

彼女は、「じゃあお茶だけ飲んで帰ってよ!」と結局許しをくれました。
もちろん、お茶だけでは終わらず私は彼女の体もおいしく頂きました。
彼女は童顔だったのですが、エッチの際は積極的でグイグイ責めてきました。
特に、フェラチオの際は喉の近くまで、チンコを加えて凄まじい吸引力で、私のチンコを刺激してきました。

まるで、洋物のAVのような感じでした。
そして、セックスも騎乗位でグイグイせめてくるなど、彼女が欲求不満で久々にエッチをしたのが分かりましたね。
このように、三重での楽しい旅行の締めくくりは、やっぱりセックスでしたね。

 

三重のイチゴ巨乳娘に大満足

三重県で女漁りをしていた頃の貴重な体験です。実際に行くまで知らなかったんですが、三重ってイチゴが名物だそうで、イチゴ狩りを観光の一環にしているんですね。デートに向いているのかなと心配にもなりましたが、意外に女ウケが良くて、ナンパした子を適当にデートに誘うのにはピッタリでした。
3回目のナンパで成功した子は、巨乳のショートカット。20代前半くらいの美容師関係の子でした。もちろん主目的はその子自身のイチゴを狩っちゃおうというわけです。
ホテルで早速上着を脱がすと、まあ見た目よりもさらに大きな膨らみが。我慢できずにブラを勢いよく外すと、「プルンッ!」って効果音が聞こえそうなくらいのたまらない美乳でした。
おっぱいの頂点には美しいイチゴのようなつぼみがあります。口に含むとほんのり甘いような気がして、夢中で吸いまくりました。
胸が性感帯だったようで、しばらく吸っていただけで股をモジモジ・・・。もしや思ってパンティーに手を這わすと信じられないくらいの熱気を帯びていて、爆濡れ状態でした。
「これはセックス好きな女だな」と悟り、そのまま強引に挿入を開始。喘ぎ声がうるさくて思わず口を塞ごうかと思ったくらい感じまくりのエロ女でした。
いやー、都会じゃなくてもこんないい女がいるんですね。その後、たまに会ってはセックスしていましたが、後半はもうパイズリ専用機になっていました。あの柔らかい谷間に吸い込まれるガチガチに勃起した怒張のエロい光景ときたら・・・。乳のデカい女はたまらんです。

 

卒業旅行で三重に遊びに行った時の美味しい話

私が大学の卒業旅行に行った時の話です。この日はいつも大学でつるんでいた男三人で三重の温泉に行きました。

温泉宿について荷物を部屋に運んでいる時に、自分たちの部屋の方から浴衣を着た女の子三人が歩いてくるのが見えました。友達とあんな子と旅行に来れたら最高だったのにねー、なんて話していました。温泉につかって割と早い時間から酒を飲み始めたのですが、おつまみが足りなくなりみんなで近くのコンビニに買いに行くことになりました。するとそこでまた女性三人に会ったのです。思わず「おう!」と声をかけてしまったのですが、向こうも反応が良く「こんばんは(笑)」と返してくれました。そこで引くと後悔すると思って自分たちは卒業旅行にきているんだということを話すと、向こうは学生時代の友人同士で仕事のストレスを抜きに遊びに来ていると教えてくれました。実は年上だということを知ってとても驚きました。意気投合して向こうの部屋で一緒に飲むことになりました。

酒が進んでいくと友人と向こうのメンツの一人が消えていることに僕は気づきました。もしかしたらうまいことやったなぁと思って、最初から僕と話していた女の子に「ちょっと煙草買いに外に行きたいんだけど行かない?」と聞くとついてきてくれました。コンビニからの帰り道、エレベーターの中でキスをすると向こうもこちらの舌に自分の舌を絡めてきました。自分の部屋にその子を連れ込んでそのまま一発ヤりました。向こうもこういう展開が欲しかったようです。地元の話やプライベートの話は結局聞けずじまいでこの日限りの関係で終わりましたが、最高の卒業旅行になりました。

 

三重旅行で一夜限りの情事

大学を卒業するにあたり友人数名で卒業旅行を企画したのですが、その際に行く事になったのが三重県です。
三重県は私をはじめ友人も誰一人として行った事が無いという事もあって決まったのですが、あまりこれといったイメージが無いエリアですので新しい発見に期待しつつ不安もありました。
もちろん旅行に当たって行き先なども決めておいたのですが、野郎ばかりという事もあって盛り上がりに欠ける感じでしたね。
そんな状態になると自然と女性を求めるようになる訳ですが、ナンパをするにあたり行ってみたのがアスト津です。
なんでも若い女性も集まるエリアらしいのでワクワクしながら行ったのですが流石ナンパスポットです。
あちらこちらに若い子がいましたのでナンパをするにも最適でした。
こっちは四名という事もあって二人一組で行動したのですが、私のペアはからっきしでしたね。
本命はもう一つのペアという事もあって期待していたのですが、流石友人の中でもイケメンの部類に入るペアという事もあって見事に女性3人をゲットしてきてくれました。
しかも顔もまぁまぁという事もあってテンションも上がり、それからご飯を一緒に食べに行ったのですが、その中の一人とちょっと良い雰囲気になる事ができました。
ただ、私達は県外から来ていましたので、付き合うとかそういった気持ちは特に無かったです。
でもエッチをしたい気持ちだけは持っていました。
彼女達とは食事をしてカラオケをした後には分かれたのですが、私達の宿泊先のホテルに戻った後に連絡先を交換した子とまた落ち合いそれからホテルに直行です。
その子はどちらかと言えば清楚な感じの子だったのですが、エッチになると豹変する女性でしたね。
テクニックも凄かったですし大満足でしたが、卒業旅行の一番の思い出がこのエッチになるとは思わなかったですね。

 

三重のゲストハウスで知り合った女の子とセックス

「観光先で癒し系の女の子がしようと言ってきて…」


以前旅行で三重に行った時の話しです。
旅行は一人で行ったのですが、たまたま泊まった
ゲストハウスで、同じように一人旅の女の子と知り合いました。

観光の時期ではなかったので、ゲストハウスには私とその女の子の2人しか
泊まっていませんでした。
たまたまリビングで食事をしていると、
その女の子も食事を始めたので、それで仲良くなりました。
その女の子は大学2年生で、薬学部に通っているとのこと。
顔は綾瀬はるかに似た、癒し系でした。
そして、お互い一人旅ということで、一緒に観光をすることにしました。


次の日三重の観光スポットに遊びに行きました。
伊勢志摩のテーマパークに行き、夜は伊勢えびを食べました。
一緒に遊んでいるうちに、だいぶ仲良くなり、
踏み込んだ話もできるようになりました。
その女の子は、彼氏と別れたばかりで、
それを吹っ切るために、一人旅をしているとのことでした。

一通り観光が終わった後、再び宿に帰ってきました。
その女の子は次の日出発だったので、名残惜しい感じもして、
また一緒にお酒を飲むことにしました。
1216d

部屋は別々だったのですが、宿泊客は私と彼女だけだったので、
私の部屋に彼女を呼んで、一緒にお酒を飲みました。

お酒を飲んでいるうちに酔っ払ってきたのか、女の子は
私の肩にもたれかかってきました。


「大丈夫?」と聞くと、少し間が空いて「・・大丈夫」との返事。

しばらくお互い見つめあっていましたが、彼女のほうから「しよう」
言ってきました。
そして、ベッドでセックスをしました。
服を脱がしてみると、思った以上におっぱいがあったのを
よく覚えています。声が外に漏れないように、お互い声を押し殺していました。

今は良い思い出です。

 

会社の先輩とのセフレライフ

私は以前三重県の県庁所在地、津で働いていたことがあります。会社に入って最初の配属されたのが津の支店だったんですが、その時私に仕事を教えてくれた3歳年上の女性と仲良くなりました。彼女は一般職で三重県の人だったんですが、私の隣のデスクにいていつも仕事を教えてくれたりとてもお世話になりました。そんな彼女には彼氏がいましたがいつの間にか仲良くなりたまに私に食事を作ってくれたり、私のマンションに泊まりに来たりしました。
泊りに来ているので当然セックスもしていました。「彼氏がいるのにいいの??」と思いましたが彼女曰く私とは「体の相性が良い」という理由らしいです。私も彼女とのセックスは結構好きだったんですが、彼女はとてもまじめで男性慣れしていなさそうな雰囲気なのにセックスは結構奔放なんです。特に喘ぎ声が大きく隣の部屋に聞こえるんではないかといつも不安でした。私は彼女と初めてセックスしたときにこのギャップに驚いてとても興奮したのを覚えています。一緒にお風呂に入ったりそしてそのまま立ちバックでセックスしたりなんだかアダルトビデオを見ているような感じの時もありました。なので彼女とは何時も楽しくセックスしていました。
また彼女に温泉旅行に誘わて一緒に行ったこともあります。部屋に設置されている露天風呂に一緒に入りそのままセックスしたのを今でも覚えていますが、あの時の快感は今でも忘れられません。最近彼女には会っていないんですがまた会いたいです。

 

鈴鹿の変態女の貪欲セックス

最近F1系のカーレースに興味が湧いているんですが、そんなF1の超有名レジャー施設、宮﨑の鈴鹿サーキットでいい女と運命の出会いを果たしちゃいました。
観客席にいた25歳くらいの女性を強気にナンパしてみたら、あっさり成功!
始めはモータースポーツに関しての知識がある女性との会話自体が楽しくて、最近の注目ドライバーなどについて話していたんです。
連絡先を簡単に聞けたことから交際が始まり、レースを観に行った帰りには近くホテルに寄って夜のレース開始・・・というパターンが典型的。二人の関係性はぶっちゃけセックスフレンドに近くて、お互いの性欲が高まったときにしか会わなくなっていったんです。
僕の中ではその女は「鈴鹿の女」と呼んでいたんですが、それがまあセックス時になると豹変。上品な感じの普段と違い、セックス時になると隣近所に聞こえるくらいの喘ぎ声を漏らし、絶頂するのが大半でした。
性欲もかなり強い方で、自分の欲望が満たされないと2回、3回とセックスを再び求めてくるんです。
電マやバイブも大好きで、いつもカバンに持ち歩いているくらいの変態女でした。ローターなどはこだわりがあるらしく、最初は軽く責めて徐々に振動率を上げていくのが彼女のやり方。
脚をガクガクと震わせてイッてしまうのがとても淫靡でした・・・。
その鈴鹿の女は僕以外にも男がいたようで、何と3股もしていたんです。あの変態セックスでも満足できなかったのか、と女性の性欲の深さに衝撃を受けました。

 

巫女さんとの性欲発散セックス

伊勢神宮で巫女さんのバイトをしていた22歳の女の子と知り合いました。普通のナンパだったんですが、聞いてみるとあの有名な伊勢神宮で働いていると言うんです!
巫女さんとのセックスは昔からの憧れで、「いつかあの清純なイメージの巫女をセックス漬けにしてやりたい」という欲望がありました。
さすがに本物の巫女さんの衣装を借りてくることは出来ないので、コスプレショップで買った安めの巫女さん衣装に着替えてもらいました。
それでもなかなか雰囲気が出ています。立ち振る舞いはやはり巫女経験者という感じで、普通の女の子とは違いどこか上品な感じがそそるんです。
後ろから抱きしめ、着物の上から胸をサワサワ。こんなこと巫女勤めをしている現場じゃ絶対に出来ませんが、そんな興奮する見た目とシチュエーションが堪りません。
なかなか乳房の形も良く、乳だけを出す形で着物を少しずらします。胸に顔を埋めて、「巫女さんがこんなことしていいの?」と煽ると、顔を真っ赤にしている彼女。
そこからはもう興奮しまくりで理性が飛ぶまでのセックスです。借り物じゃなくて良かったと思えるほど巫女さん衣装が乱れ、ほとんど破れ掛かっていました(笑)。
もちろん彼女の方も相当興奮していたようで、大洪水の爆濡れ状態。負けじと白濁液を思いっきり着物にぶちまけると、お掃除フェラのサービスまで行ってくれました。
巫女さんとして働いていると奉仕の精神が身につくのでしょうか?性のご奉仕、最高でした!

 

潮干狩りでナマの美ギャルゲット

三重県って潮干狩りが有名で、観光客誘致にも役立っているそうです。そんなシチュエーションで潮干狩りギャルを美味しくゲットしたときの話があります。
元々僕は海の幸好きなのでグルメ目的で潮干狩りに向かったのですが、イメージ以上にかなりの重労働。腰を痛めてしまい早々に日陰で休んでぐったりしていると、そんな僕に声を掛けてきたのがミクちゃんでした。
最初は僕の体調を本気で心配してくれて、泊まっている民宿まで送ってくれたんです。見ず知らずの僕にそこまでしてくれるなんて心優しい人だ!と思い、そのご厚意にもっと甘えることにしました。
ミクちゃんの泊まっているホテルにまで挨拶に行くと、すでにミクちゃんは泥酔状態。これはラッキーだと思い、「晩酌相手に」と上手く理由を付けて部屋に上がらせてもらいました。
そこからセックスへの流れは簡単すぎるほどでした。キスが好きなようで舌を絡めるベロチューを積極的に行うと、ミクちゃんの方からもたれかかってきてそのままベッドに。
聞けば彼氏の別れたばかりの傷心旅行だったらしく、その穴埋めにとばかりに美味しくミクちゃんの体をいただくことが出来ました。
潮干狩りでは決して手に入らない美しくぱっくりと割れた赤貝は最高の興奮度で、ミクちゃんとのセックスは全てを忘れるくらいの快感。
翌日、ミクちゃんが起き出す前にそっと部屋を抜け出しました。いわゆるヤリ捨てのような形でしょうか・・・実に美味しかった体験でした!

 

友人がいつもナンパしている四日市の有名スポット

「友人秘伝のナンパテク!」


自分の友人が前に四日市に住んでいて、四日市の駅前にあるスターアイランドの前でよく女子をナンパしてたって聞いたかな~。
20時以降になるとアパレル関係で働いてそうな女子がこのスターアイランドの前でたむろしていて、
中にはナンパ待ちの女子も結構いるって聞いた。

大学生ぽい子もいたけど、ほとんどフリーターって感じ。
最初は連れと2人でナンパしてたようだけどその連れは仕事の関係でいなくなってそれ以降は一人でもナンパに出掛けてるらしい。
意外と一人でナンパした方が成功率は高いようだ。


ちなみに四日市の駅前にあるスターアイランドは商業施設で、
友達とおしゃべりしてる女子がほとんどだが、中には一人でいる女子もいる。
スマホ触りながら時間を潰してるようだけど、ど~見てもナンパ待ちっていうのもいるから
それらしい女子に声をかけると成功率が高いと聞いた。

友人は金曜や土曜を狙うよりは平日の方が成功しやすいと言ってたね。
次の日仕事で朝早くて遊べない友人もいるから一人でいる女子も多く、10人に声掛けたとすると4人はOKしてくれるって!
別に友人はイケメンってわけではないし、少し面白い事言えば興味持ってくれるようだ。


あと、友人はいかにも彼氏いそうな女子より、いるかいないか分からないぐらいがちょうどいいって言ってた。
ナンパでゲットできた女子と少しドライブしてホテルに行くパターンが多く、
中には何回か会って遊んでる女子もいるようで、羨ましいな~て思ったよ。
1222o