取引先の社長にナンパされました

宮崎市内でサラリーマンをしている独身男性です。
私は営業職なので、いろいろな取引先の会社に出かけて一緒に昼食をとったり、夜に接待でお酒を飲みに行くこともよくあります。
先日はある取引先の女性社長の会社に仕事をしに行きました。
女性社長は結婚もされていて年齢は30歳半ばくらいです。
私の会社から仕事に使う道具を買ってくださるので、頻繁に挨拶に会う機会があります。
その日は社長とランチを一緒にすることになりました。
社長は私の旦那はすごく年上なんですよという話をしました。
私は最近流行の年の差カップルなんですね、旦那さんがうらやましいですと普通に返事をしました。
すると、社長は伏し目がちになり、実は旦那はセックスができなくて…と暗いトーンで言うのです。
私は、そうかそれはかわいそうだなと思いながら、ランチを終えて会社に戻りました。
夕方家に帰る途中で、なんで社長は私にあんなことを言ったのかなと考えました。
そしてはっとしたのです。
もしかしたらあれって口説かれたのかもしれないと気が付きました。
迷っていたのですが、社長に電話をして夕食に誘ってみました。
そして約束の日に社長はものすごく露出の多い服を着てきました。
これは間違いないと確信した私は、食事をして店を出た後、キスをしました。
彼女は身を任せてきたので、ふたりでホテルに直行し、セックスをしました。
社長はこんなの久しぶりと興奮して、気持ちがいいと言っていました。
私は社長から以前よりもかわいがってもらえ、仕事の発注も増え、セフレにもなれたのでラッキーだと思っています。

 

宮崎の海水浴場でナンパをしました。

昨年の夏に宮崎市の白浜海水浴場に行きました。
その時の目的は完全にナンパ目的です。
私のナンパの方法と言うかセオリーがあって、二人組の女性を狙って声をかけると言う方法です。
私はひとりでナンパをしています。
二人組の女性に対して、二人組の男性が来るとちょっと警戒心が強くなってしまい声をかけても話も聞いてもらえないことが多いですが、男性が一人だと警戒心があまり働かないので話くらいは聞いてもらえます。
でも、話をできれば、ビールや焼きそばなどをご馳走することもできますし、そうすると急速に仲が良くなります。
そんなわけで、最初の警戒をなくすためにも一人で二人組の女性をナンパするのは成功率が高いんだと思います。
その日は、同じくらい可愛い二人組に声をかけました。
二人ともナンパされ慣れている感じですし、男性が一人なので、怖くないので話を聞いてもらえました。
いつものようにビールと焼きそばなどをご馳走してすっかり仲良くなりました。
二人とも同じくらい可愛い二人組の場合は、少し工夫をしてナンパをします。
それは二人を競わせると言う方法です。
お互いのかわいい場所をほめたり、優しさをほめたり、行動をほめたりするのです。
すると、お互いが同じくらい可愛い女性は実は強烈なライバル心を持っているので、競争になります。
つまり、私をゲットした方が勝ちという具合になります。
そうなるとすごく楽で、私は私を勝ち取ったほうの女性をデートに誘い、そしてその夜セックスをしました。
勝ち取った女性は、ライバルに勝ったことが嬉しいので、優越感に浸りながらセックスをします。
なので、すごく激しくて気持ちのいいセックスになりました。

 

宮崎市内のアパートで彼女ができました。

私は宮崎市内の海岸近くのアパートに住んでいます。
大学に進学するときに引っ越してきて数年経ちましたが、すぐに海があるのでとても気に入っています。
そのうちに好きな人ができました。
同じアパートに住んでいる女性です。
私よりも三つくらい年が上のOLさんです。
重い荷物を動かすときなどに手伝ったりして、仲良くなりました。
向こうは自分の事を弟のように思っているようです。
私もお姉さんのように思っているのですが、でもずっと性欲もありました。
ある日ふたりで砂浜を歩いている時に、彼女はできないのかとお姉さんに言われました。
私は、あそこが小さいからできないんだよとふざけて言いました。
するとお姉さんが、じゃあ見せてみてと言うのですが恥ずかしかったのでその場は見せませんでした。
そしてしばらくしたある日、酔ったお姉さんが、そういえば、あそこが小さいって言ってたよねと切り出しました。
私は、そうだよと答えると、また見せてと言うので、今度は見せることにしました。
彼女はしばらく見た後、大きくするねと言って、あそこを手でさすりはじめました。
私はすぐに勃起をして大きくなりました。
お姉さんは大きいじゃん、大丈夫だよ、彼女できるよと言ってくれました。
その時に私は、実はお姉さんの事が好きなんだよと告白しました。
すると、驚いた顔をしたお姉さんは、その後笑顔になりました。
そしてその晩セックスをしました。
ちょっと近親相姦な感じがするほど仲良くなってしまった二人ですが、少しずつ姉妹から、カップルになっていきたいと思っています。

 

宮崎の海岸でナンパをしました

私は宮崎県の日南海岸の近くに住んでいる学生です。
最近友人から日南海岸に可愛い女性がたくさんいて、ナンパをしたら結構成功するらしいと聞きました。
私は彼女がいないので、ぜひナンパをして彼女が欲しいと思い、いってみることにしました。
スクーターで30分ほど走ると、海岸線が広がっています。
砂浜には、カップルとか、若い女性の集団も結構いました。
私は意外と面食いなので、可愛い女性を探しながら砂浜をさまよい歩きました。
すると、一人で海を見ている可愛い女性をみつけました。
ギャルっぽい感じだったので、ちょっと怖いかなと思ったのですが、勇気を出して声をかけてみました。
無視されてしまうかもと不安だったのですが、笑顔で話し返してくれました。
年齢は私より一つ下で、21歳でした。
この近くのスーパーで働いていると言います。
私は一緒にレストランで食事をしようと、私が知っているお店の中で一番おしゃれなお店の店名を出しました。
彼女は、もったいないからお惣菜を買って、私の家で食べようと言いました。
そして、彼女のスクーターの後を追いかけてスーパーマーケットに行き、お惣菜を買ってから、私の家まで行きました。
食事をした後、花火をして、部屋についている縁側に座りました。
そしたらいいムードになってきたのでキスをして、その後胸を触ったりして、ベッドに彼女を連れて行きました。
それから彼女と付き合い始めて、今に至ります。
思い切ってナンパをしてよかったと思います。

 

高千穂神社でナンパをしました

私は1人で宮崎の高千穂神社にお参りに行っていて、夏場に黒髪の綺麗なお姉さんのナンパに成功した経験があります。
彼女と別れて数年後に会社の休みを利用して高千穂の方にリフレッシュに行っていて、神社に多くの観光客が訪れましたが、訪れた女性の中で1人で訪れていた綺麗なお姉さんに声を掛けました。
声を掛けた時にモデルのようなスタイルをしていて、ショートパンツを履いていて綺麗な脚が気に入ったので、勇気を振り絞って話しかけてみました。
お姉さんは社会人の新人としてリフレッシュ休暇の合間で、彼氏も生まれた時からいなかったという話を聞いて、神社でセックスフレンドが出来るチャンスであると感じました。
30分ほど話して、高千穂神社に訪れたお姉さんと神社で一緒にお参りをしました。お姉さんはバスで神社に来ていたので、一緒に車に乗ってドライブをしないかどうかを尋ねました。
最初はなかなか決断をしなかったが、時間があるという事で私の車に乗って高千穂の周辺をドライブしながらデートに誘う事に成功しました。
ドライブをした後に一緒に食事をして、宿泊に関して寝泊りするお金もお姉さんが持っていなかったので、宮崎市内のラブホテルで一緒に楽しく過ごす事になりました。
彼氏もいなかったので、ラブホテルにある部屋でお付き合いの告白をして、あっさりとお姉さんと今後も付き合う事が出来て、現在ではナンパをした宮崎のお姉さんと度々会ってセックスフレンドとしても付き合っています。

 

宮崎駅前で激しいナンパ?!に遭遇、セフレに

私は宮崎の駅前で激しいナンパに遭遇しました。
ナンパといっても、声をかけてくるような生易しいものではなかったのです。
私は28歳で看護師をしています。
職業柄、多くの人と出会う機会が多いのですが、その日は夜勤もなく、早めに(とはいって夜10時くらい)に帰途についていました。
宮崎駅前から少し路地に入った人通りの少ない場所を歩いていたとき、後ろから車が走ってくるのに気が付き、わきへよけました。
その車は私のすぐ横で停止しました。
いったいなんだろう?!と怖くなって警戒していると、車の中から、3人の男が出てきました。
全員、黒い服を着ています。まるで映画の1シーンでした。
その男たちは私の口をふさぐと、両側がわから抱えて、そのまま車に押し込んだのです。
中学、高校と、空手をやっていて、多少腕に覚えはあったのですが、大の大人の男3人にはさすがにかないません。
私はこのまま連れ去られて殺されるのではないかと恐怖心を抱きました。
車の中にいた男が、「怖がることはない」と言いました。
その顔を見て驚きました。先月、私が勤務している病院を退院した人だったのです。半年くらいの入院生活で、退院時に皆で見送ったのでよく覚えていたのです。
結局、車は人気のない民家のような場所に到着し、私は、その男たちとセックスをすることになりました。両手を抑えられて、半ば無理やり挿入されたのです。わたしは涙を流しながら、ヒーヒーとわめいていたと思います。
全身を男たちに舐めまわされ、顔に精液を大量にかけられました。
そのあとに、言われたのです。「俺らのセックスフレンドになってくれないか?」と。
信じられないと思いますが、私は、OK、といったのです。
なぜなら、彼らは一見乱暴に見えますが、実はとても優しく私のことを思ってくれていることに気が付いたからです。
私は、それからもときどき彼らに合っています。もちろん合意の上で。
一人とセックスすることもありますし、同時に3人や4人とすることも。
そんな生活に満足している私がいるのです。

 

宮崎の出会い系で出逢った女とセフレに、

宮崎の出会い系で出逢った女とセフレに、

家内が実家の延岡に子供を連れて帰っていますので、今は帰宅な独身生活しているのが多くなっている実情です。 男盛りの年でもあるので、体のほうがどうしても女が欲しくなり、セフレができないものか思案してます。

こんな時、男女の出会い系サを何気なく眺くようになり、遊び半分でやっていましたが、こんな時、チョット面白そうな反応があったのです。 それは同じ宮崎市内の女性が登録しているのに先ずびっくりしました。

メールのやり取りを何回かいている内に、お悩み事や夫婦間の関係の事から一寸エッチな性的な悩み事なども話の話題になり、この時点どうしてもセフレの意識が芽生えてきます。 勿論、相手の女性もそのような感じに受け止められたのです。
そして、お互い写メを送りあい、確認し合いながら逢うことにきめました。

お互い車ということで、某スーパーの駐車場を指定したところ、約束の時間に実際に現れた初対面の彼女は、写真で見るよりやや細身の身体で、中々の美人タイプでした。
早速、小生の車に乗せながら宮崎のシーガイヤ付近をドライブしながら、サンマリーナのハーバーの公園海岸へ行きました。

走りながら、彼女の太腿へ手を置くと、シッカリと握り返してきて、性的欲求は高まるばかりでしであり、こうなると男と女のすることは唯一つ、会話の必要もないくらいです。車が、公園の隅に着くなり、お互い厚いキスから、上半身をを剥ぎ取るように、そして獣のように攻めあいます。

フラットな車のシートはベットになって、上になり下になり、お互い秘部を舐め合い、イタブリつつ、彼女はフェラで私の一物を吸い上げてきます。 「貴方のって、随分立派ね、早く欲しいわ」といいながら、フェラは舌で亀頭の敏感な部分を十分に舐めまわしてきます。

「ねえっ、もう我慢できない、早くして頂戴」、其の声を待ってたので思い切り挿入すると、 「ああいいわ、本当に久しぶりよ、」天国から響く声のように、切なく、甘く、女特有のよがり声を発しながら、二人は獣のように果てたのでした。

 

ホテルの受付嬢に番号渡してナンパ成功

「チキン南蛮よりも君を食べたいな」こんな古典的なセクハラジョークに宮崎の女は引っ掛かってくれました。
宮崎に一人で観光旅行に行った際にホテルの受付をしていた23才の女性に一目惚れしてしまい電話番号を渡してチェックアウトしました。
この時はいつものナンパという軽い気持ちだったので、そこまで期待はせずに次の観光地である宮崎県庁に向かっていました。
するとコンビニでジュースを購入していたら登録していない電話番号から電話がかかってきたので電話に出てみました。
まさかと思いながら「もしもし?」と尋ねてみるとさっきのホテルの女性だったのです。
彼女は昼休みを利用して電話をかけてくれたらしく、電話番号を渡された時から私の事をイケメンと思ってくれたらしいのです。
私は予定を変更して彼女の仕事が終わるのを待つことになり、宮崎にも一日多く滞在することになりました。
取り合えず彼女の仕事が終わるまで時間があるので宮崎県庁の他にも冷や汁なども楽しみました。
そしてとうとう時間が来て彼女から指定された待ち合わせ場所に到着すると既に彼女の方も来ていて私服の可愛さにときめいてしまったのです。
居酒屋で乾杯すると徐々に緊張も解けてきてタメ口になっていき、冒頭の誘い文句となったのです。
彼女の返事は勿論OKで彼女から道案内でラブホテルに向かったのです。
お互いにシャワーを浴び終わると私の方から抱きついて、そのまま九州の女の肉体を堪能させていただきました。

 

宮崎の地元へ帰って来た幼なじみと

僕は27歳で、宮崎県在住です。
田舎の宮崎、夏休暇だが、とくにすることもなく、
宮崎駅へふらと1人、やってきた。
そこで、ばったりあったのが幼馴染だった香織だ。
香織とは、高校時代まで一緒で、大学になってから、上京して以来、
会っていなかった。
香織は、美しさをましていた。東京のファッションが似合っていた。
ミニスカが可愛かった。
香織から気づいて、声をかけてくれたのだ。
暇なんだ?カラオケ行く?と。
ラッキーな展開だと思った。そして、香織とカラオケへ行った。
昔の話題で盛り上がった。
僕は未だ実家暮らしだが、今日、僕の両親は、二人とも、父の実家へ
数日間行っていて、いないのだ。
チャンスだと思った。
僕はカラオケでは、いやらしい態度は出さなかった。
そして、香織から、ねえ。叔父さん、叔母さん、元気にしてるの?
僕は答えた。まあな。そうだ。挨拶に来いよ。
うん。と香織は、答えて、僕の実家へ行った。
僕は、あれ?変だな。いないな。直ぐ、帰ってくるかな。と言った。
香織に、宮崎産、マンゴー酒を出した。
宮崎、戻ってんだから、マンゴー味わっていけ。と言った。
香織はお酒が弱かった。美味しい。と言って、目がとろんと
潤んでいた。正座していた脚が崩れていった。
香織のミニスカから、パンティーが見えた。
酔った。大丈夫?と後ろから、香織に手を回し、
支える感じで、わざと、軽く、胸に触れた。
まさかとは思ったが、ブラジャーをしていなく、
乳首の感触を直に感じてしまった。僕は、ビンビンになり、
畳に香織を倒して、いい?と尋ねて、
香織のパンティーを下げて、エッチをした。

 

私にとってのチ○ポはもはや生きがいなんです

私は男の人のチ○ポをしゃぶって見たいです。
そう、授業参観で発言し、あとで親と先生にこっぴどく叱られてから20年。
未だにチ○ポが大好きな私がいる。

そう、私は、自他ともに認めるエロい女だ。
道を歩いていると、私の体からエロスも漏れ出るのかわからないが、男が寄って来て声をかけてくる。

ちょっと聞いてほしい。この間なんて、宮崎市フェニックス自然動物園をちょっとブラっとしただけで、5人に声をかけられた。これってすごくないですか?
結局その5人とはセックスはしなかったけれど。

でも、この間美術館で声をかけてきた男とは、寝た。
どうして?と聞かれてもよくわからない。ただ、チ○ポが好きだから。と答えるしかない。
私はセックスはもちろん好きだ。ただ、それ以上にチ○ポそのものが好きなのだ。

実は、私はひそかな趣味がある。
それはチ○ポのコレクション。
セックスした男は、必ず、チ○ポの写真を取らせてもらうことにしている。
それを集めているのだ。ひとりひとり、形が微妙に違うのが面白い。私がしゃぶって、勃起したところを写真に取る。
ギンギンに興奮したチ○ポはもはや芸術だ。

なので、私にはセックスフレンドが大勢いる。
小学校のとき、友達を100人作りたいです。と入学式のときに皆の前で話したが、大人になってから、みごと達成した私。
フレンドはフレンドでもセックスフレンドだけどね。

なので、セックスの相手に困ることはない。今日は、A君、明日はB君と日替わりで相手を変える。
だって、その方が楽しいもの。
そして、コレクションを増やすには、新しい男性のセフレも増やしていかなきゃ。

セックスが終わった後、安心して眠っている男の人のチ○ポをこっそりとしゃぶってみる。
男の人が知らない間に私の口に含まれて、舌で唾液でべちょべちょになって、またコチコチに固くなる。
人によっては、それでもう一度、射精してしまう。
実はそれが最高の楽しみだなんて、誰にも言えない。

 

宮崎に住む女子大生との少し離れた遠距離恋愛

私は鹿児島市内に住む30歳の会社員です。いい年なのでそろそろ結婚相手を見つけたいのですが、中々出会いに恵まれなかった事もありこれまで付き合った人はいませんでした。このまま結婚出来ずに独身で終わるのかなとネガティブに考えたりでしましたが、そんな私にもようやく春が訪れました。相手は宮崎市内に住む20歳の女子大生、知り合ったきっかけは昨年の会社の慰安旅行で宮崎の青島に行った時の事です。青島のビーチで会社の仲間と戯れていた時に偶然傍に居合わせた三人の女の子と話す機会がありました。見た目好みだったので思い切って声を掛けてみたら相手も乗ってくれて話す事が出来ました。三人とも地元の女子大生という事で嬉しくてちょっとテンションが高まりましたが、会社の連中に見つかると面倒なので何とか繋がりが出来ないかとダメ元で携帯の番号を聞きました。そうすると一人の子が携帯の番号を教えてくれてその場でのやり取りは終わりましたが、繋がりが出来たことで鹿児島に帰ってから電話でやり取りをするようになりました。

電話番号を交換した子は彼氏はなく、他の子は既に彼氏がいたようなので電話を教えてくれたと後で聞き、非常にタイミングが良かったのだと思います。それから週末は宮崎市内まで二時間以上かけて通う事になります。私がわざわざ宮崎まで来てくれる事で彼女の気持ちも私に傾いてくれたようで、通って三回目で彼女のベッドインしました。南国の子ながら肌が白く巨乳で私のモノで突きあげる度に可愛い喘ぎ声をあげるのでますます彼女の虜になってしまいました。鹿児島から宮崎市内までの少し離れた遠距離恋愛ですが、彼女が出来てその度に抱けると思うとワクワクして行き来するのも苦ではありません。30歳にしてようやく訪れた春を謳歌しています。

 

宮崎県におけるナンパ経験について

私は宮崎県に出張に行きました。けれども今回は珍しく、そこまで忙しい過密スケジュールの出張ではありませんでした。そのため多少は観光を楽しむことのできる余裕もありました。
観光は存分に楽しむつもりではいましたが、女の子遊びをするつもりは全くありませんでした。なぜかというと最近の私は性欲が弱まっていたからです。
その性欲が弱まってしまったことにも原因があります。ずばりダイエットです。年を重ねるにつれて代謝が悪くなってしまうので、そこまでたくさん食べなくても太ってしまうのです。
ダイエット対策として今までは大好きでたくさん食べていた肉をほとんど食べない習慣に変えたのです。肉は食べれば食べるほど性欲が強くなることで有名です。
性欲があまりに強すぎて困っているという悩みを抱えている女性もよくいます。そういった女性の方は大抵、肉が大好きで肉をたくさん食べています。
私は肉を食べないようにしたので性欲が非常に弱まっていました。けれどもフェニックス自然動物園で動物がじゃれあっている場面を見て羨ましくなってしまいました。
私も体を密着させたくなってしまったのです。そこで宮崎の町の中心部に行き、一緒にセックスをしてくれないかとナンパを重ねました。
そして何度かナンパを繰り返しているうちに、一人のセックスフレンドをゲットすることに成功しました。決して若くはないのですが、肉付きが良くて体を密着させるととても気持ちが良いです。
セックスを最高に楽しむことのできるセックスフレンドをゲットできたのです。

 

宮崎にてのナンパでイケメンセックスフレンドを獲得しました。

私はたった一人で宮崎県に旅行しに行くことにしました。もちろん観光目的です。けれどもその時の私にはもう一つ大きな目的がありました。
それはイケメンのセックスフレンドを見つけることです。九州男児には魅力的な人間が多いと頻繁に言われています。私はそのことを信じてきました。
そして高校野球を観てからそれは確信に変わりました。高校野球を見ていると、顔が良いなあと感じる男の子がよくいます。
そしてなんとそんな顔の良い男の子は九州の高校に多いのです。そのため私は九州に顔の良い男の子を探しに行くことにしたのです。
ではなぜそんな九州の中でも宮崎県を選んだのかというと、観光目的では一番魅力的に映ったからです。宮崎県では一時期、芸能人であるそのまんま東さんが知事を務めていました。
その時にそのまんま東さんはどんどん宮崎県の観光面における長所をPRしていたのです。そういったものをたくさん見ていたので、観光面では宮崎県が私にとって一番だったのです。
実際に行ってみると、本当にイケメンがたくさんいました。私は色々な所でナンパをしました。そしてついにようやくナンパに成功したのは高千穂峡にいたときのことでした。
もちろんその時にナンパに成功した相手もイケメンでした。私のかけがえのないセックスフレンドになりました。彼とは定期的にセックスフレンドとしての交流を続けています。
具体的にどういうことかと言うと、会うたびにひたすらにホテルに行くのです。もちろんやることはずばりセックスです。

 

宮崎での女の子との体験について

私は友人と合計3人という人数にて、宮崎へ旅行に行きました。私たちはずっと東京都に住んでいます。関東甲信越や東北、北海道などといった東京よりも北部に位置する所にはたくさん行ったことがあります。
けれども宮崎のような東京よりも西側の方へはほとんど行ったことがなかったのです。そのため新鮮さを求めて宮崎県に旅行へ行くことに決めたのです。そんな私たちには彼女がいませんでした。
私は生まれてから一度も彼女がいたことがありません。私以外の友人も彼女がいない期間がかなり長くなってしまっていました。そのため非常に女の子に飢えていました。
ずっとアイドルイベントに行くか、風俗に行くか、家でAVを観てオナニーをするという寂しい日々が続いていたのです。けれども私たちはシャイでした。
ナンパをできるような性格ではなかったのです。しかし宮崎に行くと変わりました。旅の恥は掻き捨てという言葉があるように、私たちは旅先である宮崎にてシャイな性格が変わったのです。
そのためサンメッセ日南という宮崎県で屈指の知名度を誇る観光名所のテーマパークに行ったのですが、そこで思い切ってナンパをしました。
そして見事にナンパに成功しました。そしてお互い大切なセックスフレンドとなることができたのです。東京に帰るまでセックスを繰り返しました。最高の快楽でした。
連絡先もしっかり交換しました。それからは大きな休みがあるたびに宮崎にそのセックスフレンドとセックスをするために行っています。

 

夏の日南海岸でナンパ

私は宮崎県在住の男性です。
私のおすすめのナンパスポットはやはり日南海岸です。
鬼の洗濯岩などで有名な海岸線はとにかく長くてドライブにも最高な場所です。
私は夏になると日南海岸の砂浜にいる女性をナンパするのがここ数年の日課のようになっています。
ビキニの女性、それも白ビキニの女性は経験上落としやすい気がしています。
昨年のある夏の日も、私は砂浜にレジャーシートを敷いて陣地を作ると、女性の品定めを始めました。
胸が大きくて、童顔で、若くて、白いビキニの女性がいたら必ず声をかけます。
もちろんほとんど成功しないのですが気にしません。
失敗しても近くでおっぱいが見れるのでいいのです。
ある日、二人組の女性がふたりとも白ビキニ、しかも巨乳で幼顔だったので声をかけました。
ドライブに行こうと言うと、OKしてくれました。
私はどちらかというエロそうな女性にアプローチを続けると、彼女はどんどん欲情してきました。
そこで思い切ってラブホに車を入れました。
欲情した女性に続いて、もう一人の女性も戸惑いながらついてきました。
まずはエロそうな女性とセックスをはじめました。
見せつけているうちに、もう一人の女性も欲情してきたようでした。
そして発射をせずに、あそこを引き抜くと、もうひとりの女性のもとに行きました。
愛撫をすると、すでに濡れていたので、あそこを挿入しました。
これでもうふたりとセックスできるので、安心して発射をしました。
その後は交代で何度もセックスを繰り返しました。
こんなにうまくいくことは少ないのですが、うまくいくとスワッピングも楽しめます。