合コンで知り合った理想のぽっちゃり彼女とのエロい楽しみ

今つきあってる彼女とは合コンで知り合いました。僕は20代後半のふつうのリーマン、彼女は20代前半のショップ店員です。
僕の完全な一目ぼれ。某女芸人に似ている彼女のルックスが、僕の理想にぴったりだったんです。
自分でいうのもなんですが、僕はわりとすっきりしたタイプのイケメンで、女性からもてるほうだと思ってます。けど、なかなか理想にあった外見の彼女ができず、ずっとフラストレーションがたまってました。
そこにあらわれたのが、そのぽっちゃり彼女。背が低めで、コロンとした感じで、どこかしらゆるキャラ風のかわいらしい風貌。どこをとっても、僕の「ど真ん中ストライクゾーン」。積極的にアプローチして、関係を持ちました。
実は彼女にとって、僕は理想とはかなりちがう男性のようです。彼女の理想は「体育会系のがっちりマッチョ」で、僕はかなり細身の王子様キャラ。なので、口説き落とすのに、けっこう時間がかかってしまったんです。
けど、熱意が通じて「OK」もらうことができました。セックスのほうもばっちりです。大好きなパイズリも楽しめますし、太目体型を恥ずかしがるところがまたかわいい。それに、彼女はかなりのドスケベで、放っておいてのおしゃぶりしてくるんです。
経験はそれほどでもないみたいなんですが、つまりは「好きモノ」なんでしょうね。僕も嫌いじゃないんで、コスプレさせて楽しんだりもしてます。ぽっちゃり体型の彼女は何を着てもゆるキャラっぽくてかわいい。特にチェック柄のスカートにおしゃれなブレザーの学生服を着せると、なんともキュートでエロいんですよ。
そして、ポイントは小さめのパンツ。わざと小さなパンツをはかせるのが、僕の楽しみの一つなんです。小さなパンツをはかされて窮屈そうな「お肉」を見ていると、最高に興奮してしまいます。
以上、変態な僕とぽっちゃり彼女のエッチ報告でした。