名古屋に行ったついでに…

私は先日、友人に会うために名古屋に行きました。
そして、思った以上に用事がすぐに済んだので、どこかに観光をすることにしました。
それから、私が行先に決めたのは岐阜県です。
それは、今まで一度も行ったことがなかったからです。

私は名鉄電車の特急に乗り、岐阜駅に向かいました。
名鉄岐阜駅周辺はちょっとした繁華街になっておりました。
そして、私は近くを散策して食事をしたり、柳ケ瀬の歓楽街を歩いたりとしていました。
それから、私はちょっと下心が芽生えてきて、ナンパをしたくなってきました。

結果、私はその下心を行動に移し、一人の女性に声をかけました。
彼女は、女子大生風で茶髪で流行りのふと眉毛のメイクをしている子です。
私「こんちわー この辺においしいお店ない?」
と声をかけると、彼女は嫌な顔をせずに私にいろいろと、岐阜のことを教えてくれました。

そして、私たちはいろいろと雑談をしたのち、近場のバーで飲むことにしました。
彼女は見た目通り女子大生で、21歳だそうです。
就職活動が始まるらしいので、いろいろと不安があるようです。
それから、私は就職活動の相談に乗るという大義名分で、彼女をホテルに誘うことにしました。

彼女も、遊び慣れているのかわかりませんが、それを快諾してくれました。
ホテルでは、実際に彼女へいろいろとアドバイスをしました。
そうしているうちに、お互いが無言になりお互い手をつないでいる状態になっていました。
私が彼女にキスをすると、彼女もお返しをしてきたので、私と彼女は夢のひと時を過ごすことにしました。

お互いシャワーも浴びず、下半身のズボンを脱ぎました。
私はパンツを脱がしクンニを。
彼女「いやあああ。べろが当たってるよ。いやあああ!」と大声であえぐ。
次は、彼女にフェラをしてもらい、慣れているのかかなり上手です。
こんな感じで、さっさと前戯が終わると、私たちは合体をし夜の運動会を始めます。

彼女のあそこはしまりがよく、私の下半身をきつくしめつけます。
それから、私が腰を振るごとに甘い高い声で、「イクー あああああああああ!!!!」と大絶叫です。
そして、体位はバックから正常位、駅弁、立ちバックとコロコロ変えました。
最期は、立ちバック中に彼女のお尻へザーメンをぶちまけ、白い液体が彼女のピンクのお尻を白く染めました。
このように、岐阜で忘れられないほどのエロい夜を過ごせました。