国立大学に通っているハーフ系の男性と一度だけハッピーメールからデートしました

■ニックネーム:塩胡椒さん 26歳女性

男の子からフラれてやけになっていたときにハッピーメールに手を出しました。

「登録した」というよりも本当に「手を出した」という感じだったので、わたしはどうせこんなものを使っても格好いい人には出会えないと高をくくっていたのですが…実際は違いました。

わたしたちが待ち合わせしたのは都内の某ビルの前。

某ビルというか、ルミネの前で待っていたのですが、そこに現れたのは長身(たぶん187cmはあった)のハーフ顔のイケメンだったのです。

これにはわたしも戸惑ってしまって「もっとメイクしっかりしてくればよかった」と思ってしまったのですが、彼は何も気に留めずに「こんなに可愛い子だったんだね」と言ってくれて、そのままわたしをカラオケにつれていってくれました。

カラオケでは、キスも何もしなかったし、手も繋がなかったのですが、私は早くそういうことをしたくてたまらなくて、ずっとドキドキしていました。

またまだ、夜は長いんだしと思ってガマンして、そのまま二人でカラオケを出たのですが、時期が冬でしたし、夕方なのにもう真っ暗だったので、彼が気を利かせて「もう帰ったほうがいいかもね?親御さん心配するでしょ」と言ってくれて、何と、その日は何もしないまま帰ることになったのです…。

結局、デートしたのは一度だけで、それ以降はエッチな画像を送り合う関係に落ち着いているのですが、おたがいになかなか予定も合わないのでなかなかデートできません。
また会いたいので、メールだけはしばらく続けるつもりです。