地下アイドル風の女の子にツインテールをリクエストした夜

出会い系サイトを漁っていると、ツインテールが良く似合う地下アイドル風のAちゃん、21歳に目が留まりました。メッセを繰り返していると、実際にアイドル活動してますと教えてくれたので、最初は、そういう活動の勧誘というか、ファン集めでやってるのかなと疑ったりしましたが、そのルックスの良さならカモになってもいいやと思えてきたので、会ってほしいと伝えました。今お金がなさすぎて、電車賃レベルでどこにも出れないと言うので、男だったらデート代ぐらい出すのが普通と自分を説得しつつ、そんなにお金がないならまともな食事もできてないだろうから、がっつり焼肉とかどう?と誘ってみると、二つ返事で了解がもらえました。アイドル級の女の子とデートすることや、ましてやヤれるとなったら、食事代ぐらい痛くはありません。
待ち合わせは、太田駅前のロータリーになりました。登場した彼女は、プロフの写真よりも大人っぽい印象の服装でしたが、アイメイクはガーリーにふんわりとユルい印象を与え、そのギャップにヤラれてしまいました。お腹が空いてるというので、いきなり焼肉店へ直行、いっぱい食べるといっても10代の女の子、一人前で満腹になってくれました。きゃははとよく笑う元気な子という印象の彼女でしたが、お酒が入るとトーンダウンしてきて、トロンとした悪戯な表情になりました。あぁ、これが出会い系サイトに登録してる理由かと瞬時に理解した私は、目の前で緩めてくれたガードを見逃すはずもなく、彼女を連れ出し、ラブホへ直行しました。獣のように犯す一発目が終わり、二発目は、やっぱりツインテール姿も見たいとリクエストすると快諾してくれ、小さい頭を抑えて腰を振りました。食事と身体のWinWin出会い、しばらく病み付きになりそうです。