埼玉で上質なセフレをゲット

還暦を迎えてからというもの、毎日暇すぎてしょうがありませんでした。老人向けの労働グループに加入しようとも考えましたが、何だか自分の肌に合わないので却下となりました。
さらに思考をめぐらせてみると、その日の朝に射精をしたことを思い出しました。自分は絶倫なのだということが自覚できたので、物は試しに埼玉県内で若い女性をナンパしようと画策しました。
となれば最初は場所を決めなければならないのですが、それは既に決まっていたも同然です。浦和駅周辺で、なぜなら私が成人式を迎えたばかりのころに美人のお姉さんにナンパをされてセフレにしてもらった場所だからです。
そんな思い出の場所を自らの性欲発散のために利用しない手は無く、電車賃とホテル代だけを持って家を飛び出しました。体が焼けるように暑い日で、現地に到着した途端に熱中症になりそうでしたが踏ん張りました。
我慢に我慢を重ねた結果、ついにターゲットとなりうるギャルが姿を見せました。
年齢としてはたぶん私よりも若く、推定40代前半だと思います。日に当たりすぎてゾンビのような表情でナンパをしてみると、以外にもあっさりオーケーをもらいました。
聞けばご主人としばらくご無沙汰のようで、今にも誰かとセックスを楽しみたくて仕方が無かったとのことです。
とりあえずホテルまでフラフラしながら歩き、水を一杯飲み干すと銭湯モードに切り替わりました。ズッコンバッコンしたら上質な女性だと分かり、そのままセフレ契約締結です。