埼玉県の鉄道博物館でナンパしました

鉄道博物館に行きました。
私は鉄道にはこどもの頃から詳しいので、それなりに知識があります。
最近は鉄女という女性ファンもいるので多少交流があります。
先日も女性から話しかけられて、いろいろと鉄道についてのレクチャーをしました。
彼女は私のことをすごく尊敬してくれました。
一緒に博物館を出て、喫茶店に入りました。
彼女はいるんですかとその女性が行ってきました。
私は見るからにいけていない外見ですので、嫌味かなと思ったのですが、いませんと言うと、彼女の目が輝きました。
どうして彼女がいないんですか、作る気がないんですかとしつこく聞いてくるので、もてないんですと言いました。
彼女はそんなわけないですよ、と笑いました。
私は馬鹿にされたと思い頭に来て、だったらあなたが彼女になってくれますかと言いました。
彼女はハイと即答しました。
だったら今からラブホテルに行きましょうと私は言いました。
からかわれていると思ったからです。
しかし彼女は、しばらく考えて、ハイと言いました。
初めてのラブホテル、というか初めてのセックスでした。
彼女は私のあそこを舐めて大きくすると、上からまたがって、挿入してくれました。
あったかくて、ぬるぬるしていて、これまでに味わったことのない感覚でした。
彼女のおっぱいも大きくてやわらかくて、頭がおかしくなりそうなくらいでした。
実際に少し彼女が腰を動かしただけで私は発射をしてしまいました。
恥ずかしかったですが、彼女は嬉しそうだったのでほっとしました。
こうして私は彼女もできて童貞からも卒業できました。

大宮駅でOLナンパ


僕は35歳です。
今日は、会社の同僚と飲み会が大宮でありました。
途中から、解散しはじめて、人数が減ってきました。
女性群が少なくなってきました。
そして、ついに僕も、目当てだった子が帰宅してしまったため、
途中で帰ることにしました。
そして、大宮駅に行くと、可愛い女の子がいました。
なにやらしゃがんで、メールを打ち始めたので、
正面からパンティーが丸見えになりました。
そんな姿を可愛い子に見せつけられてしまっては、
声を掛けるしかありませんでした。
そして、酔っていた勢いで彼女をナンパして見ました。
そしたら、即、OKがでました。わざとかなと思いました。
そして、彼女と飲みなおしました。
大宮で働いているという24歳のOLの子でした。
居酒屋では、お触りOKでいい感じになりました。
そして、今夜一緒に過ごそうか?と誘うと、
OKになりました。
大宮のラブホへ直行しました。
そして、彼女の着ていた服をすべて、脱がせて、
僕も真っ裸になり、二人ベッドに入りました。
僕のおちんちんを、フェラしてもらいました。
とても、上手くて、声が出てしまいそうでした。
そして、彼女のお尻をつき上がらせて、
パンパンとお尻を叩き、僕のものを挿入しました。
丸みのある大きいお尻が最高でした。
そして、次におっぱいを責めました。
乳首を舐めまわしました。
そして、脚を開脚させて、おまんこをじっくり
観察して、挿入しました。
あん、あん、と大きないやらしい声で彼女は
喘ぎました。
かなり、思いっきり彼女と遊べてラッキーな一夜と
なりました。

埼玉の大宮でナンパしました


大宮に用事があったので、出かけました。
居酒屋でお酒を飲んでいると、となりに座っている女性がかわいかったのでちらちら見ていました。
身長が小さくて、少し派手目の化粧をしています。
おっぱいがお椀型のいい形をしていました。
ひとりで飲みに来ているようだったので、しばらくしてから話しかけてみました。
彼女もひとりで飲んでいて退屈だったみたいでいろいろと話をしてくれました。
彼女の趣味はフラダンスだそうです。
仕事をしながら週末にはフラダンスをする毎日だから忙しいんですよと言っていました。
ぜひ見て見たいななんていいながら、お酒はどんどん進んでいきました。
そろそろ遅くなってきたの、彼女が帰ると言ったので、私も帰ることにしました。
でも、その時には彼女とセックスがしたくてしたくてたまらなくなっていました。
駅までの帰り道に、暗いビルの裏のようなところを通り過ぎる時に、彼女にキスをしました。
そして形のいいおっぱいを揉みました。
彼女は多少の抵抗はしましたが、徐々に体を私にまかせてくるようになりました。
急いで近くにあったラブホテルに彼女と入って、セックスをしました。
騎乗位になった時の彼女の腰使いがフラダンス仕込みなのか、きれいでした。
結局そのまま、ラブホテルに二人で宿泊することにして、夜二回セックスをしました。
朝起きたら、まだあそこが勃起していたので、寝ている彼女を愛撫し、あそこが濡れてきたところで挿入しました。
とても気持ちよかったです。

浦和のラブホでセックス


浦和付近の居酒屋でお酒を飲んでいました。
そのお店にはひとりでお酒を飲んでいる女性がたくさんいました。
私の目の前の席に座っている女性は、美人なのですが、少し機嫌悪そうな感じでお酒を飲んでいます。
どうしたのかなと思いながら、見ていたのですが、すこし涙ぐんだりして、情緒不安定な感じでした。
私は、彼女の飲んでいた、日本酒を追加オーダーして、彼女のグラスに注ぎました。
彼女はえっという顔をした後、ありがとうと言いました。
このお酒美味しいですよね、という無難な話から、じょじょに話を聞いてみました。
彼女はどうやら彼氏に浮気をされていて、それでやけ酒をしているようでした。
本当にむかつくと言ってました。
でもまだ好きなのか聞いてみると、やっぱり好きだという事でした。
好きだけど浮気されたことが許せないと言う感じでしたので、だったら浮気を一回仕返しにすればいいよと言いました。
彼女ははっとした顔をして、そうだよねと、私に言いました。
彼女はこれから一緒にラブホにいってくれる?と私に言いました。
まさか私が浮気相手になると思っていなかったのですが、もちろんOKしました。
そして、ラブホテルに入ると、できるだけHなことをしようねと言って、フェラチオやシックスナインやパイズリなんかをしました。
立バックで発射したり、お風呂の中でセックスしたりして、浮気仕返し祭りという感じでした。
そんな祭りに参加が出来てラッキーでした。
また彼氏が浮気したらセックスしてねと、彼女は言い、連絡先を交換して別れました。

大宮の盆栽村でナンパしました


埼玉県の大宮にある盆栽村という場所は世界から盆栽好きの人たちが集まる場所です。
私も興味があったので出かけてみました。
外国人が思ったよりも多く、もちろん年配の男性も多くいました。
その中に交じって女性も数人いました。
そのうちの一人に話しかけてみました。
盆栽についてのトークだと、立て板に水等感じでものすごくおしゃべりしてくれます。
彼女と一緒にいろいろな盆栽について何時間もトークしました。
まだ話したりないという感じの女性と一緒に、大宮公園内を歩きながらお話をしました。
お話をすると言っても、ほとんどお話を聞いているだけなのですが。
ビールを売店で買って、ベンチに座って飲みながら話したりしているうちに、彼女のテンションもどんどん上がってきました。
彼女の家にもすごい盆栽があると言うので、見に行きたいと言いました。
さすがに初対面の人を家に連れて行かないかなと思ったのですが、あっさりOKしてくれました。
彼女の家は一軒家で、大きな庭がありました。
ご両親と一緒に暮らしているそうですが、海外旅行に行ってしばらく帰ってこないとの事です。
私は見事な盆栽を見ながらも、彼女とセックスしたいなと思っていました。
晩御飯をご馳走したいと彼女に言って、お寿司の出前を取って、食べました。
彼女が父親が飲んでいるという高級な日本酒を出してくれたので二人で飲みました。
酔った彼女にキスをして、そのままセックスをすることができました。
朝方家を出て、自宅に帰りました。

埼玉県の大型ショッピングモールでナンパしました


私は20代の独身女性です。
休日にやることもないので、ショッピングモールに行きました。
越谷市にある埼玉県でも一番大きなショッピングモールです。
たくさんの洋服屋さんあ飲食店などが並んでいます。
私は服を選んで試着して、数着購入したり、健康食品などをチェックしたりして、ひとりで楽しんでいました。
その後外に出てみると大きな湖があり、その周りにはランニングロードがありました。
そのうちの一人の男性が素敵だったので、眺めていました。
遠くまで走り、しばらくすると目の前を通ります。
そしてまた遠くまで行きます。
何週も何週も走る彼を見て、私も走りたくなりました。
彼がストップしたので、私は思い切って話しかけました。
私も走りたいので、一緒にランニンググッズを買ってくださいとお願いしたのです。
彼はちょっとびっくりしたようですが、いいですよと言ってくれました。
それからショッピングモールに入っているスポーツ用品店に言って、おすすめのランニングシューズを買いました。
かわいいシャツや、帽子やサングラスなどもそろえました。
お礼にと、夕食をご馳走しました。
ランニングを趣味にすると、ビールがすごく美味しくなるよと彼は笑って言いました。
それから、週末に何度も彼と会い、一緒に走りました。
時にはそのままラブホテルへ行ってセックスをしたりもしました。
彼はスタミナがあるので、ずっとずっと腰を動かし続けてくれました。
今はまだ彼とはセックスフレンド以上恋人未満という感じです。

春日部でナンパされました


埼玉県の春日部にあるショッピングモールで映画を観に行きました。
一日でしたので、映画の日と言うことで安く映画が見れたしラッキーでした。
映画の余韻を引きづりながら、ショッピングモールの中にあるスーパーでビールを買って、ベンチで飲んでいました。
こうやってほろ酔いになりながら映画を反芻するのが大好きなのです。
ベンチの隣に座った男性も、同じ映画を観たらしくパンフレットを読み込んでいました。
私は思わず話しかけると、男性もその映画について熱く語り始めました。
そして、ちょっと待っててと彼は言うと、ビールを買ってきました。
私にもくれました。
あなたのビールを見ていたら美味しそうだったので真似しちゃいましたと言いました。
その後も話が盛り上がり、ここで酔っ払うのも恥ずかしいからと、居酒屋に行きました。
たくさんの映画の話をしていたら、おすすめの映画を彼にも見てもらいたくなりました。
彼に話すとまだ見ていなかったので、これから家で一緒に観ようと誘いました。
そしてビールを再び買い込んで、私の住むアパートに行きました。
その映画は観はじめて思い出したのですが、激しいラブシーンが途中に入っていました。
やばいかなと思った通り、彼はそのシーンで興奮してしまい、私を押し倒しました。
私も胸を揉み、股間を触りました。
私はだんだん気持ちよくなり、映画の途中でしたが、彼を迎え入れてしまいました。
その後も彼とは友達で、たまにセックスをするセフレ兼映画友達です。

埼玉のプールでナンパをしました


去年の夏の出来ごとです。
埼玉県に住んでいる女子大生ですが、埼玉県には海がありません。
その代りなのかわかりませんが、大きなプールが自治体ごとにあったりするので、みんな夏になるとプールで遊びます。
もちろんそこはナンパのメッカにもなります。
私がビキニ姿でプールサイドを歩いていると、男性のギラギラした目線が私の胸やお尻に向いているのを感じます。
私は自慢ではないですが、胸も大きくスタイルが良いと思うので、水着を着て男子に見られるのは結構快感です。
おおらかな性格と言うか、セックスをする事にもさほど抵抗がないので気に入った男性に会ったら関係を持ちます。
その日は、ちょっと大人しい男子が私の体をじっと見ていたので、声をかけてみました。
年齢は同じくらいですが年下みたいに幼い人でした。
彼は私と話しながらも、ちらちらと、おっぱいの谷間を見ていました。
見られているのが気持ちよいので、気づかないふりをしています。
よくよく話を聞くと童貞のようでした。
私は、童貞を卒業させてあげたことも何回もあるので、今日はこの子とセックスすることに決めました。
彼を誘って、ラブホテルに入りました。
彼は初めてラブホテルに入ったようでドキドキしていました。
私は、彼のあそこを優しく触り、大きくしてあげました。
彼にも裸になって、あそこを見せたり、胸を触らせてあげたりしました。
そして彼を仰向けに寝かせてキスをした後、騎乗位の体勢で彼と結ばれました。
彼は何とか頑張って三分ほど耐えて発射しました。
もう一度今度はゆっくりとセックスをしました。
ホテル代は割り勘にして、その場で彼とは別れました。

埼玉県の鴻巣でナンパされました


私は埼玉県在住のOLです。
ふだんは浦和で生活をしているのですが、運転免許証の更新の季節がきたので鴻巣にある運転免許センターに行きました。
浦和からはそんなに遠くないのですが、ふだんあまりいかないところなので、すこし旅行気分です。
手続きをしたりしているとき結構な行列になり、手持無沙汰な私はついつい後ろの人に話しかけてしまいました。
その人は中年男性で、免許更新を忘れたのでゴールド免許から普通の免許になっちゃったと嘆いていました。
感じのいい人だったので、その後も一緒に行動して、講習も受けて帰りのバスも一緒でした。
帰る場所も浦和だったので電車も一緒です。
駅について、そのまま解散しようかなと思ったのですが、男性が一緒にこれから飲みませんかと声をかけてくれました。
断ろうと思ったのですが、彼が指さしたのが、開放的な立ち飲み屋さんでした。
私もビールが飲みたかったので、思わずOKしちゃいました。
外気に当たりながらのビールと焼き鳥ってすごい最高な幸せを感じた私は、すっかり酔っ払ってしまいました。
恥ずかしながらその流れではしご酒をして酩酊していしまい、気が付いたらラブホに入っていたのでした。
彼が私の上で動いてるので目が覚めたくらいの感じで、ボーっとしながらも少しずつ気持ちがよくなってきました。
彼がコンドームをしていたのを確認してほっとした私は、せっかくだし楽しもうと思い、大いに乱れまくったのでした。
翌日はすっかり二日酔いで、彼の顔も覚えていないくらいでした。
どうやってあれから家に帰ったのか記憶がありません。

埼玉スタジアムでナンパされました


先日埼玉スタジアムにJリーグの試合を観に行きました。
私たちはOL仲間の女子二人で初めてのスタジアム観戦でした。
ゴール裏とかは応援が激しいから初心者はやめたほうがいいと、会社の男子に言われていたので真ん中の中立な席で見ていました。
グラウンドの芝生が美しくて、開放感があって最高でした。
同じように私の隣の席で観戦していた男性が、声をかけてきました。
友達と来る予定が来られなくなったので、席が一つ空いているので、よかったら荷物を置いてくださいとの事でした。
ありがたく私たちは荷物を置かせてもらいました。
彼はサッカーに詳しくて、サッカー解説をしてもらいながらの楽しい観戦になりました。
私の友達が、すっかり彼の事を気に入ったようで、試合の後三人で飲みに行こうという事になりました。
ふたりが付き合うといいなと、私は親の様な気持ちでふたりが仲良く飲んでいるのを見ていました。
友達はすっかり飲みすぎてしまい、寝てしまったので、私の家に連れ帰ることにしました。
彼がおんぶをして、タクシーに乗せてくれて、そのまま私の家に行きました。
彼はまた友達をおんぶして、部屋のベッドに寝かしつけてくれました。
ほっとして、彼に感謝をして、ゆっくりとビールを飲みました。
すると彼が私にキスをしてきました。
彼は友達よりも私が好きだったようです。
実は私も彼が好きになっていました。
友達を起こさないように、声をあげずにセックスをしました。
友達には悪いけれど、すごく興奮したセックスでした。
その後も友達に内緒で付き合っています。

川越でナンパされました


私は歴史的な雰囲気がある場所が好きで、埼玉県の川越も大好きです。
蔵造りの町並みや、駄菓子屋横丁など、風情があってすごくいいです。
一日中いても飽きません。
その日も昼前から観光をしました。
足つぼにきく石を踏んでみたり、神社やお寺を参拝したり、そしてやっぱりお菓子をかったりして楽しみました。
駄菓子屋さんで、駄菓子を選んでいた時に、若い男性が、お菓子全部おごってあげると言いました。
典型的なナンパでしたが、若くてかわいかったのでお願いしちゃいました。
全部でも300円くらいなので、これくらいならいいかなと思いました。
目の前に喫茶店があったので、お茶をおごってあげることにしました。
私よりも五歳くらい年下の彼は、きれいだからつい声をかけちゃったと言いました。
社会人になってからはあまり、こういう風に直接的に口説かれたことがなかったので悪い気がしませんでした。
そして、若い彼に抱かれたらどんなかなと想像するとぞくぞくしたのも事実です。
私は彼をラブホに誘いました。
彼は少し緊張気味に私についてきました。
ラブホに来るのは初めてっぽかったです。
ホテルの部屋選びをしている時、スゲーと言って、彼は目を輝かせていたので、笑ってしまいました。
部屋に入り、彼にキスをすると、火が付いたようで、私の体を激しく求めました。
荒っぽいけれど、激しいセックスに飢えていた私はすごく満足していました。
時間内では彼も私も満足できなくて、延長をしてもっと楽しみました。

スタジアムでナンパしてお持ち帰り成功


週末に埼玉をホームタウンとしている某サッカーチームの試合を友人と観に行きました。試合内容も応援しているチームが勝利したのでウキウキ気分でスタジアムを後にしようとしたその時に友人から「あの娘たち可愛いな」と言われたので友人が指差す方へ視線を送ると本当に可愛い女の子二人がいたのです。友人と相談した結果、ナンパすることになり私の方から女の子たちに話しかけたのです。

女の子達は埼玉県在住の大学生でチームの勝利の話をネタに話を広げていくと彼女たちのノリも良くなってきて食事に行くことに成功したのです。お互いにはいテンションになっていたということもあって食事の後のカラオケやビリヤードも盛り上がって最後にダーツで勝負して一番ハイスコアを出した人が次の行き先を決めるということになり、ダーツが得意な友人に何とか頑張ってもらってお持ち帰りすることができますようにと祈っていました。

案の定友人は結果を残して私の家での見直す事になったのです。私の家に到着して部屋の中に案内すると女の子達は警戒するどころか私のアダルトビデオを発見してキャーキャー騒いでいました。このテンションなら絶対にエッチに持ち込めると確信した私はお酒を飲みながら彼女たちに積極的にアピールしていくようになり、一人の女の子を私の寝室の方へ誘い出すことに成功したのです。

ベッドの上で横になった私のお腹を枕代わりにした瞬間私は体型を逆転させて彼女の唇を奪ったのです。そこからはお互いに思惑が一致して濃厚なセックスを楽しみました。終了後友人ともう一人の女の子が扉の隙間から覗いていることに気付いてベッドを彼らに譲ったのです。

女だってセックスフレンドがほしいんです


女だってセックスしたい時があるんです。女の人って気持ちがないとセックスできないと思っている人って結構いるみたいですね。
たまに、そういう気持ち抜きでセックスしている人は、特別な人だと思っているみたいです。私の周りの男性は、結構そういう人が多くて、その間違った先入観にすごく驚きました。そういう男性にかぎって自分は風俗とかにいったりしてるから正直笑っちゃいます。
私はもちろんだけど、私の友達だってセックスフレンドがいます。私の相手は、10歳年上の会社の上司です。上司とは不倫関係です。上司の家庭を壊そうとは思っていないから、お互いにおもいっきり体だけの関係です。
もちろん、私は結婚も自分の人生のなかに取り入れているから、彼氏がます。彼には上司のことは秘密です。彼はいい人だし、セックスも激しくて上手だけどちょっと自分が気持ちよくなりたいところが多くて、私を悦ばせてくれないセックスなんです。
その点、上司は私を悦ばせることを重点においたセックスをしてくれます。年齢を重ねたテクニックが違うんだと思います。それに、お互いにセックスを求めた関係だから彼とはできないことも上司とはできます。例えば、ソフトSMとかです。
嫌になったらいつでも関係を断ち切れるところが気がらくなのかもしれません。彼とは絆を求めて、上司とは快楽を求めている感じです。
でも、ちょっと違うタイプの人ともセックスをしてみたいなって思っているので、もう一人ぐらいセックスフレンドを増やそうかなて思っています。年下を狙って自分が育てるのも楽しいかもしれないですね。

大宮駅近くのアニメイトで腐女子をナンパ!


実は腐女子が狙い目だってことを知らない男の人はいっぱいいます。
ライバルが居なくて嬉しいんだけど、独り占めも悪いかなって感じがします。
埼玉に住んでる女の子は、微妙に性的なことに飢えています。
さらに、普段からエロ本を読んでいるような腐女子は、奥手なので、自分からは男性に声をかけられません。
悶々とした欲望をたくわえているので、アニメイトで同人誌コーナーをうろうろとしているような女の子に声をかけて、少し遊んで、大人の男の余裕を見せてあげると簡単に連れ込むことが出来ます。
腐女子も最近は小奇麗に飾っているし、化粧ッケも少ないので、初々しい魅力があります。
いわゆる初物食いで、いっぱい処女を食べることが出来ました。
特に初フェラさせる瞬間の女の子の表情は、たまらないですね。
体つきも、むちむちとして抱き心地が良いことが多いので、たまりません。
一番よかったのは、中川翔子似の女の子をナンパした時のことです。
まだ大学一年生の女の子でした。同人誌を買ったことがなくてドキドキしているところを、俺に声をかけられたそうです。
セックスの気持ちよさの話を、お酒を飲ませながらしてあげたら、ころっとついてきました。
大宮は池袋まで出やすいので、ラブホにすぐに特攻できたり、飲ませるために居酒屋に連れ込むのが簡単なのもいいです。
池袋のラブホで、何も知らない女の子に過激なプレイを教えこむ喜びは最高でした。
おっぱいももちもちしていて大きく、その子は今でもセフレとして関係を続けています。
埼玉の女の子、ガードがゆるくて本当にいいですよ!

埼玉スタジアムで!


まだ梅雨前なのに、夏の盛りを思わせるような暑い休日の午後、私は一人の熟女と埼玉スタジアム2002へ向かっていた。

最寄り駅の(埼玉新高速鉄道)浦和美園駅で下車して歩くこと約二十分、ようやくスタジアムが見えてきた。スタジアムの周りには大勢のファンが列を成して並んでいる。サッカーの大ファンである彼女に連れられて、とうとう日本代表戦を観戦しにやってきてしまった。もちろん、彼女はサムライブルーのユニフォームに身を包んでいる。白のポロシャツに紺色のスラックス姿の私はどこか浮いた存在に見えた。

約六万人の大観衆が見守る中、試合開始のホイッスルが鳴った。
いつもは沈着冷静な彼女が、選手の一挙手一投足に合わせて嬌声を上げる。自然と私も大声で選手の名前を呼び始めた。興奮してジャンプするたびに、彼女のふくよかな双丘が大きく上下する。一刻も早くその巨乳をこの手で揉みしだきたい欲求を必死で抑えながら、綺麗に刈り上げられた芝生の上を駆け回る選手たちを目で追った。カクテル光線の中で、彼らは国の誇りを懸けて必死にボールを追い駆けているというのに、私の欲望は昂まるばかりだった。

試合終了のホイッスルが鳴った。
日本が接戦の末、2-1で辛勝したが、選手たちの不甲斐なさにファンの怒りは爆発寸前だった。日の丸を掲げながらも、スタジアムから駅まで向かう人の顔には怒りの表情が張りついていた。
「なによ、あの本田のシュート。あれを外すかなぁ~」
彼女も少し怒っていた。
「それに、香川もダメだったなぁ~。ねぇ、そう思わない?」
サッカー音痴の私には何が何だか分からなかった。ただ、彼女の気持ちを宥めることで頭が一杯だった。
「美味しいものでも食べに行こうか?」
女心と秋の空である。彼女の表情が一変し、いきなり私の腕を掴んできた。巨乳の弾力が気持ち良く、二の腕で少し押し返してみる。少し頬を赤らめ、はにかんだ表情が堪らない。

その夜も彼女の豊満な肢体を堪能し、家路に着いた時には、時計の針は午前一時を回っていた。

男子大学生の凄い性欲に萌えた


私には恋人のようなセフレのような関係の男子大学生の子がいます。彼とはオンラインで知り合い、2回ほど現実で会ったことがありました。彼は大宮の少し先に住んでおり、私の地元からは1時間足らずで家まで行くことが出来ます。初めて家に招待された時の喜びが忘れられないらしく、またしても私は彼の家にお邪魔することになったのです。
その日は親がいましたが、さっと彼の部屋に入れば何も問題がありませんでした。この日も外は冷え、暫くは二人でベッドに潜り込んで身体を温めていました。その時もついイチャイチャとちょっかいを出してしまい、彼の性欲を煽ってみました。彼のものはすぐに硬くなり、それを服ごしにぐりぐりと押し付けて来ます。私が服の上からそれを握ったり擦ったりすると、彼は躊躇いがちにズボンと下着を下ろし始めました。これくらいの刺激ではイかないだろうと優しく上下に何度も擦っていたのですが、彼は突然一際高い声を上げると私の掌に向かって射精をしたのです。彼の精液はいつも飲んでいたので、自分の目で見るのは初めてでした。
それから1時間程度一緒にゲームをしていたのですが、彼が少し休みたいからとベッドに寝転びました。私も便乗して隣に入って、またイチャイチャとし始めたのです。すると彼はまた自分から下半身を露出させ、硬くなったものを見せつけました。剥けますが皮を使った自慰に慣れきっているようで、先端は非常に敏感になっていました。私は皮を剥いたまま先端を執拗に舐めて愛撫しました。最初は気持ちよさに抵抗していた彼も段々その虜になっていき、10分ほどで私の口内にまた射精しました。一度のデートでしかもあまり時間を置かずに2回も射精をしてしまう男子大学生の性欲にとても萌えました。