夏休みの海、友人が彼女に命令、エッチまでしなさい

夏休みに海に行ってきた。
京都の舞鶴にある海水浴場、そこはあまり人のいない穴場。
メンバーは俺と男友達2人、Y男と友人D。それに友人Dの彼女C子の4人。
誰もいない空地に車を停め、車の中でさぁ着替えようとなった。
でもC子だけはここで着替えるの?と困惑。そりゃそうだ。
でもC子はいかにも気の弱そうな体の小さいかわいらしい子で、変態の気のある友人Dにいろんなプレイを強要されている子だった。
もたもたしてるC子に友人Dは、見てないから着替えちゃいな、と命令。
後ろ座席でC子はおどおどと脱ぎ始めた。
俺とY男は前に乗ってて、一応見ないように気をつかってた。
C子が服を着たままブラをはずしビキニの上をつける。
今度はスカートはいたままパンツを脱いだその時、隣に座ってた友人Dが突然、子どもをおしっこさせるみたいに足を開かせて後ろから抱えた。
「はい、見ていいよ」
俺とY男が後ろを見るとC子のアソコが丸見え。
C子はいやいやと両手で顔を隠くすのがせいいっぱい。
友人Dはさらに上の水着も強引にはずした。
「やだ、水着返して」
「しゃぶったら返す」
涙目のC子に容赦なくフェラを要求。
C子は俺とY男が見ていることを気にしてたけど、やむなく友人Dの亀頭を口に入れた。
男2人に見られながらC子はがんばってフェラした。
「やっぱ入れたくなってきた」
友人Dは倒してあるワンボックスのシートでC子のスカートを脱がしてしまい、向かい合う座位の姿勢で挿入。
俺たちのほうからはちょうどC子のうしろ姿が見えてて、マ○コに出し入れされる度に大陰唇がリアルに動くのが見えた。
「あの2人にもやらせてあげな」
友人Dは腰を動かしながら、まさかの寝取られ命令。
これはさすがにC子がかわいそうに思ったが、股間はもうギンギンで友人Dを心の中で応援した。
C子は観念したのか、シートにうつぶせで寝て俺を受け入れてくれた。
Tシャツに乳首が立って浮いてるのが見える。Bカップくらいか。
C子のアソコはきゅっと締まってて気持ちよかったなあ。
最後は友人Dのリクエストで顔に出した。
その日は海の中でも3人でC子をおもちゃにして、フェラさせたり立ちバックで入れたり、そんなことばっかりしてた。
それでも友人DとC子は今も続いてるんだから、よくわからない世界だ。

オススメ出会えるサイト一覧↓
Jメール
PCMAX
YYC
ワクワクメール
ハッピーメール
メルパラ



シェア!