女の身体を知っている男たち。ハッピーメールの楽しみのコツ。

■ニックネーム:さわちん 34歳女性

何度も同じパターンを繰り返して楽しく遊んでいます。もう30代になって、男というものもだいたい分かってきたつもりです。遊んだ男の数も人並みだ思います。処女を捨てたのは、周りよりかなり遅いほうだと思っていますが、かなり濃い男遊びもしてきたので、たいていのことは出合い系歳とてで出会った男たちに求められても受け入れることができると思っています。
20代のはじめから、SM的なことはさんざんやってきているので、アブノーマルといわれるジャンルの遊びも特段の抵抗感もなく楽しめます。私とベッドをともにした男たちは、いつもエロさの極地で初めてだ、とほめてくれるのは、うれしいと同時にちょっと自慢でもあるのです。
出合い系サイトの男たちの共通するいいところは、遊びに純粋だということに尽きます。セックスをしたいという欲求がはっきりしていていいと思います。まじめなフリをしていたって、所詮はセックスから離れられないのが男と女なのです。
前回に出会った男性は30歳でしたが、すぐに隠さずにセックスの話をしました。相手もそのほうがリラックスして、正直にしたいことをできたと思うのです。その男性は、フェラをしてほしいとすぐに言いましたし、私もしてあげるのが好きだと正直に伝えました。そういう格好をつけないで男と女がセックスできるいい機会だと信じています。強く激しいピストをおねだりすれば、それにも応えてくれました。何度も二人ともいったと思います。また会いたいと思っています。